タグ:稲垣吾郎の記事一覧

タグ:稲垣吾郎
ジワジワ陰険…ジャニーズのイジメが酷い!元SMAP3人に対する圧力実例

[スポンサーリンク]

 

8月1日発売の「週刊文春」がマツコ・デラックスさんによる元SMAP3人への圧力について報じたことが話題になっていますが、実は同誌ではジャニーズによる圧力の実態についても実例を挙げて詳しく報じています。

 

それによると、もはやそれは”イジメ”とも取れるもので、公正取引委員会が”注意処分”にとどめたことが甘すぎると感じるほど壮絶なもののようです。

 

 

 

 

[以下引用]
ジャニーズによる元SMAP“イジメ”の対象はテレビ局だけではなかった。
 
「今年八月から公演が予定されている稲垣の舞台から、長年、彼の主演舞台で企画と製作を担当してきたパルコが外れました。稲垣サイドには同社の担当者から『今後一緒にやることが難しくなった』という連絡があったそうです。その理由は、ジャニーズ事務所からパルコに対し、ジャニーズタレントの舞台名をちらつかせ、『うちとカレンのどちらを取るのか、はっきりしてください』と通告されたことだといいます」(舞台関係者
 
一二年から昨年にかけて、パルコは複数回に渡って稲垣の主演舞台「恋と音楽」シリーズの企画と製作を請け負ってきた。ところが、一八年八月に稲垣が独立後初となる舞台「FREE TIME,SHOW TIME」を上演したところ、ジャニーズ事務所の幹部B氏が、パルコの担当者に「これ(稲垣の舞台)を続けるなら、うちは全部外します」と告げたという。
 
ジャニーズの舞台やイベントを数多く手がけるパルコは、稲垣の舞台から手を引くこととなった。
 
「B氏はジャニーズの関連会社で、舞台などの企画、運営を行なう『東京・新・グローブ座』の取締役です。藤島ジュリー景子副社長の覚えもめでたく、今年五月に同社の社長に就任したばかり。取り引き先に無理難題を告げる際にはB氏は必ず『ジュリーさんの考えではありませんが』と付け加える。その一言がかえって相手を萎縮させるのです」(同前)
 
稲垣は長年仕事を共にしたプロデューサーが離れることにショックを受け、舞台の企画自体が潰れかけたこともあったという。
 
「それでも、昨年まで音楽を担当していた作曲家が亡くなったことを受け、自分たちで何としても追悼公演をやろうと立ち上がったといいます」(同前)
[週刊文春]

 
 
トカナというネットメディアには、「たとえば編成権を持っている編成部長や編成局長などがジャニーズのチーフマネージャーなどとどこかでバッタリ会ったときに『香取さんの番組は春以降も継続ですか?』などと聞かれるんです。素直に『続くと思います』などと答えると、『そうですか…なるほど…』という返事がくるんです。ただの質問と答えのような会話ですが、この言葉の間が怖いんです」というテレビ局プロデューサーのコメントもありました。
 
元SMAP3人はテレビの世界から追放されたものの、舞台の世界では順風満帆な活動を続けていると思っていましたが…
 
裏ではここまで酷いことになっているとは、驚きました。
 
「新しい地図」の所属事務所であるカレンは、この件について次のようにコメントしています。
 
「経緯はしかとは判りませんが、稲垣吾郎主演の舞台『FREE TIME,SHOW TIME』の令和元年八月公演の企画・制作について、株式会社パルコ担当者より辞退させて頂きたい旨のお話をいただいたことは事実であります」
 
一方、パルコは「企画の経緯につきましてはお答えしておりません」、ジャニーズ事務所は「弊社従業員がご指摘のような行為を行なった事実は一切ございません」と回答したといいますが…
 
ここまであからさまな圧力を掛けている以上、調査をしっかり行えば確たる証拠が出てくるのは時間の問題でしょう。
 
公取委の調査は、テレビだけではなく舞台を含めたすべての芸能活動が対象になりますし、排除効果・妨害効果が大きかったという有力な証拠があれば、行政指導でも一段大きい警告に至る可能性もあります。
 
※それでも、しっかり頑張ってます。 

 [AMAZON]
 
さて、ジャニーズによる元SMAP排除の動きはこれだけではありません。
 
6月28日に公開された香取慎吾さん主演映画「凪待ち」も、民放キー局では番宣が全く出来なかったといいます。
 

[以下引用]

「メガホンを取ったのは2017年に『彼女がその名を知らない鳥たち』、翌年には『孤狼の血』などでブルーリボン賞監督賞に2年連続輝いた白石和彌監督。本来ならもっと話題になってもいいはずですが、民放キー局はジャニーズに忖度して、完全にスルー。情報番組などでも一切取り上げられることがなかった」(映画ライター)

 

スクリーン数は85館と小規模とあって、興行成績的には大きな数字は見込めなさそうだが、映画そのものや、香取の演技に対する評価は、関係者の間でうなぎのぼり。白石作品のファンからも絶賛されている。

 

「SMAP時代も、香取はけっして演技がうまいわけではなかった。しかし、この作品に限っては『見直した』『いい意味で期待を裏切られた』という声が圧倒的。関係スタッフからは、『映画賞を狙える』との声も出ています」(前同)

[日刊サイゾー]

 

ということですが、映画賞という話が出てもジャニーズに潰されてしまうことは必至ですし、もしも受賞したところでワイドショーではカットされる未来もほぼ確定ですね。

 

東京オリンピック・パラリンピックを支援する日本財団の笹川陽平会長はブログでこう喝破しています。
 
〈「ジャニーズ事務所からの圧力はなかった」などとするテレビ局側の白々しいコメントを信じる視聴者など、どこにもいないだろう。独禁法違反につながりかねない状況を公取委が確認したのであれば、各テレビ局も謙虚に事実を認めるべきである〉
 
今となっては、世論のほとんどが笹川会長の意見に賛同していると思います。
 
ジャニーズとテレビ局に自浄作用は期待できない以上、世論の後押しを受けた公取委の”英断”に期待したいところです。
 
 



◆マツコ・デラックスは自らピンチへ向かった…

今後の身の振り方の難しさ → geinou ranking geinou reading

今後の身の振り方の難しさ → geinou reading geinou ranking

 

 

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

マツコに失望…「稲垣吾郎起用するなら降りる」と共演拒否!SMAP排除に加担

[スポンサーリンク]

 

「それはさぁ、公正取引委員会が調べりゃ色々出てきますよ。だってテレビ局は使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけで、SMAPじゃなくなった三人に魅力を感じますか。公取も暇よねぇって話ですよ」

 

これが、元SMAP3人がジャニーズ事務所から圧力を受けていたということに対するマツコ・デラックスさんの回答です。

 

なんともはっきりしていますが、このウラには何かあるのでしょうか。

 

 

 

マツコ・デラックスが稲垣吾郎との共演を拒否

 

週刊文春がジャニーズ事務所による圧力問題を取材するなかで掴んだのが、TOKYO MXの『5時に夢中!』のキャスティングで稲垣吾郎さんの準レギュラーへの抜擢が拒否されていたこと。

 

稲垣さんにとって『5時に夢中!』は2016年12月にSMAP解散した後初めて生放送となった番組でした。

 

その反響は大きく、当然のように稲垣さんの月1レギュラー化が決まりかけていたそうですが、番組関係者いわく、マツコさんの事務所が「稲垣を出すならマツコは降板する」と申し入れたために流れたとのこと。

 

マツコさんは『5時に夢中!』の顔であり番組の人気と知名度を上げた功労者ですから、稲垣さんと天秤にかければそりゃマツコさん、ということで、稲垣さんの起用は見送られたそう。

 

この件についてマツコさんの言い分がこちら。

 

[以下引用]

「一方的に私が妨害したみたいに書かないでよ。だって、稲垣吾郎が『5時に夢中!』に入って楽しいと思う? いち視聴者として冷静に見れば、旬かどうかわかるでしょう。あの三人は木村拓哉や中居正広とはマンパワーが違うのよ。

あの騒動直後の稲垣が出ることによって、あの番組が築き上げたカラーがどうなるか考えてよ。一つの色に染まっちゃうじゃない。当時なら中居正広や木村拓哉でも断ってたわよ。そういうところを見ないで、公取が(出演)時間だけ調べれば、あの三人が使われてないですねってなるわけ。データ上で見たら違反かもしれないけどさぁ、結局は番組の判断なわけ」

[週刊文春]

 

なんというか、答えが微妙…。なにより、稲垣を出すならマツコは辞めるという拒絶の仕方が汚くて嫌です。

 

木村さんや中居さんとはマンパワーが違うというのはよくわかります。

 

でも「あの騒動直後の稲垣が出ることによって、あの番組が築き上げたカラーがどうなるか考えてよ」という部分は、ちょっとよくわからないのですが。稲垣さんを起用することで「ジャニーズに忖度しない」という色がつくのはわかりますけど、それってダメでしたかね。

 

MXテレビは「わけありタレント再生工場」「非ジャニーズの王国」とも言われており、稲垣さんはピッタリだったような。

 

あえてライバル的存在のボイメンやらなにやらの冠番組も放送していましたしね。

 

◆MXテレビにもジャニーズが着手

その人選がビミョー → geinou ranking geinou reading

その人選がビミョー → geinou reading geinou ranking

 

また、「旬かどうかわかるでしょう」は、当時かなりの旬だったと思うんですけどね。

 

SMAPの解散は2016年年末。

 

で、3人は2017年9月にジャニーズ事務所を退所し、当然の流れとして今後この3人は露出がなくなり「あの人は今」的存在になっていくんだろうと思われていました。

 

しかし、稲垣さんが退所1ヶ月ほどの同年10月24日に『5時に夢中!』に緊急生出演し、やっぱり元SMAPはこれまでの辞めジャニとは違うと相当盛り上がっていました。

 

確かに木村さん、中居さんと比べればマンパワーはなかったでしょうけど、まったくないなら今も続けて仕事があるわけもなし。

 

当時もしも月1レギュラー出演が実現していたらまた今とは違う立ち位置にいたと思うんですけどね。

 

※マツコさん、デラックスじゃない

[amazon]

 

マツコとジャニーズ幹部の親密な関係

 

[スポンサーリンク]

 

もともとマツコさんは舌鋒鋭いコラムニストとして活躍しており、その矛先はジャニーズも例外ではなく、木村拓哉さんの出演ドラマにもケチをつけ、ジャニーズ系を出しておけばいいでしょ的なテレビ局のあり方にもケチをつける人でした。

 

それが変わったのは2012年に関ジャニ∞の村上さんと共演するようになったころからだそう。

 

[以下引用]

「関ジャニ∞の村上信五と『月曜から夜ふかし』(日テレ系)をはじめた頃から、ジャニーズ事務所と急接近。村上の紹介で事務所の幹部とも頻繁に食事をする間柄になった。SMAP解散後、それまで距離を置いていた高校時代の同級生でもある木村との共演も果たし、今では彼の自宅に招かれるほど親密にしています」(プロダクション関係者)

[週刊文春]

 

マツコさんはジャニーズ幹部との関係について答えたがらず、「あの3人を使うならキンプリを使いたい」と答えていました。

 

そりゃそうでしょうけど、どこもかしこも全部にキンプリというわけもないでしょうに。

 

とにかく自分は忖度したわけじゃない、番組としての判断だと言いたいのはよくわかりました。

 

が、そこにジャニーズとマツコさんの関係が影響していないとはちょっと思えませんでした。

 

実際、マツコさんの言う「3人はSMAPだから使われてきた」にはこういう反論もあります。

 

[以下引用]

「『新しい地図』はジャニーズ御用メディアから干されているだけで、むしろそうでないメディアでの活動はSMAP時代より盛ん。特に『新しい地図』を起用している『ドラゴンクエスト』(スクウェア・エニックス)関連のCMやパラサポ(日本財団パラリンピックサポートセンター)の活動なんかはSMAP時代から続いているもので、起用側がジャニーズ残留組よりも退所組を選んだ形。マツコの言う『SMAPだから使われていた』という発言は的外れに思えます」(記者)

[エンタメガ]

 

確かに、ドラクエもパラサポも5人でやっていた仕事ですから、ジャニーズや木村さんや中居さんのマンパワーだけで取っていた仕事ならそちらを起用していたはずですね。

 

正直、3人を選んだのは、3人だけの魅力というかマネジメントする側であるジャニーズと飯島さんの魅力と、木村さんと中居さんが組んでの仕事というのがあり得なかったというのもあるような気もしますが。

 

マツコさんの毒舌はとにかく公平だったから多少きつくても納得できたのですが…残念です。

 

テレビ局からジャニーズへの何らかの気遣いがあるのは明らかです。

 

3人が出たイベントがテレビで放送されても3人の映像がカットされたこともありますし、先日も五輪スタッフのユニフォームの発表会を取り上げたコーナーで、選考に関わった香取慎吾さんについてまるっと言及しない、なんてこともありましたが、有名人が関わっているのに一言も触れないほどに「マンパワー」ないですかね?

 

また、同じ週刊文春には、稲垣さんが出演する舞台で長年企画と製作を担当してきたパルコが外れたのは、ジャニーズから「うちとカレンのどちらを取るのか、はっきりしてください」と言われた結果だと報じています。

 

結局、3人がジャニーズを離れた後に地上波レギュラーがなくなり、映画や舞台、個展、五輪関係などで活躍しても一切テレビで報じないからテレビしか観ない人にとっては3人は過去の人になり、どんどん旬から外れていくわけです。

 

取り上げてもらえるかどうかが事務所の力、これまではその事務所の力に守られていたというならそうなんでしょうし、タレント本人の人気とどうもそのへんってもともと分かりづらいところです。

 

が、それを言い出したら、より一層テレビが胡散臭すぎて観てられなくなりそう。

 

◆もう始まってるんじゃない?

中居正広へのプレッシャー→ geinou ranking geinou reading

中居正広へのプレッシャー→ geinou reading geinou ranking

 

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

紅白決定!元SMAPの稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が強力な後ろ盾で存在感をアピール

ジャニーズから退所した稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が2018年の紅白歌合戦に出場することが決まったと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「今年のテーマはズバリ、2020年の東京五輪・パラリンピック。NHKは、局を挙げて平成最後の紅白を東京五輪一色に染め上げるつもり」(NHK関係者)

 

それにしてもなぜ、元SMAPの3人の名前が取り沙汰されるのか?

 

「3人はパラリンピックの広報大使なんです。また、配信限定でしたが、パラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』は12万ダウンロード超えを記録し、大ヒットとなりました。しかも3人は、この売り上げを全額パラスポーツ支援のために寄付したんです。1億円近い金額になったはずですよ」(音楽プロダクション幹部)

 

NHKとしては、こうした社会的な貢献度から、元SMAPの3人を無視できないという。

 

さらに――、


「彼らの後ろには日本財団が付いている。NHKもスルーはできないでしょう」(テレビ関係者)

[週刊実話]

 

制作事情通によると、3人は常に二桁の視聴率を誇ると言われる人気番組『チコちゃんに叱られる!』とのコラボ企画で出演予定とのこと。

 

ちなみに3人はボランティア枠であるためノーギャラ出演、ジャニーズも「天下の御旗に近いパラリンピックを前面に出されると、何も言えない。しかも、ノーギャラ。黙るしかありません」というのが芸能関係者のコメントでした。

 

週刊実話なので正直どうなのかわかりませんが、ない話ではないですよね。

 

※歌も売れましたが、歌で出ると言われるより納得

[Amazon]

 

何しろ平成最後の紅白歌合戦だというのに目玉不足なのは明らかです。

 

ドリカムや桑田佳祐さんがサプライズで登場するのではとか、米津玄師さんをギリギリまで口説くとか言われていますが、ドリカムや桑田さんはもはや特別感がないですし、米津さんも出るとは思えません。

 

元SMAPの3人が出れば、盛り上がるかはちょっとよくわかりませんが、NHKのジャニーズに対する姿勢が話題になりそうですし、元SMAPの3人にとってもボランティア枠だろうがノーギャラだろうが、紅白に出れば健在アピールになります。

 

ただ東京五輪は再来年です。

 

今年の年末からそこまで盛り上げてたら息切れしそうですが…それだけの一大イベントということでしょうか。

 

◆1985年の紅白歌合戦出場者が

凄いと話題→ geinou ranking geinou reading

凄いと話題→ geinou reading geinou ranking

 

 

※順調です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

誤発注商法?元SMAPの「新しい地図」カレンダーが在庫大量で「助けて!!」

元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が2018年のカレンダーを作成したところ、「誤発注」で大量にあまり中の人が「助けて!」と援助を要請していることにつき、「誤発注商法」との声が上がっています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

元SMAPの3人が作成した「新しい地図」カレンダーのお知らせはこちら。

 

 

新しい地図さん(@atarashiichizu)がシェアした投稿

 

限定15万部で作成したものの、残ってしまったよう。

 

アイドルファンは「限定」に弱いこと、さらにジャニーズはデビュー10年でカレンダーを出さなくなるため3人がカレンダーになること自体久々であることから、売り切れ間違いなしかと思われました。

 

しかし、たびたびカレンダーの宣伝が繰り返されるため、もしかして売れていない?という声があがり始めたところで、「新しい地図」のキャラクター図っくんが「たすけてー」というタイトルでサイト内の「図っくんルーム」というブログを更新しました。

 

それがこちら。

 

[以下引用]

「新しい地図のカレンダーが大大大大大大大好評につき・・・!!」と前置きした上で、「どちゃくそ余ってるっず」と、大量の段ボール箱が積み重なっている写真をアップした。図っくんの主張によれば、「初めてのことで前のめり過ぎて発注し過ぎちゃって、、、!」「いろいろ言い訳ブッこいておりますが、要は、いわゆる発注ミス。ぜんぶ『中の人たち』の責任なこれ。ナイショ」とのこと。

 

切羽詰まった状況をアケスケにつづり、“NAKAMA”ことファンクラブ会員に対して「在庫抱えまくりの、『NAKAMA限定』カレンダーですが、、、『一般のお客様』にも、お売りしちゃっても、いいかな~???」と、投げかけた。なおも、カレンダー情報の拡散を呼びかけた図っくんは、最後に「このままだと大赤字で偉い人に怒られちゃうっずマジでほんとガチで」と、冗談交じりに告白している。

[サイゾーウーマン]

 

ネットではこれについて、「確信犯だな」「誤発注商法」「いらないし」「発注ミスというより、売れる数の見積もりをミスったってことでしょ」といった声が上がっていますが、ファンの人達は「正直すぎて笑っちゃいました。追加購入しましたよ」「買えなくて悲しい思いをするNAKAMAが続出するよりは、余ってもみんなの手元に届く方がずっと素敵」とちょっと違うよう。

 

また、現在発売しているのはファンクラブ会員対象、つまり、ファンクラブ会員に優先販売しているため、売れ残ったら一般も対象にすることになり、それだと「これから買うつもりだったのに」と困るファンクラブ会員もいるかもしれない、ということで、そのあたりも気遣った対応だとして高評価になっているよう。

 

ちなみに、現役ジャニーズで一番売れたHey! Say! JUMPでも週間で8.0万枚だといいますから、15万部はかなり作りすぎたと言わざるをえないかと。

 

その辺、飯島さんが見誤るとも思えないのですが…。やっぱり誤発注商法?

 

まあ、それをやっても笑いにできる3人なのかも。これに木村拓哉さんや中居正広さんが混じっていたら、たとえ明らかな発注しすぎでも 「人気凋落」というのが前面に出てしまいますしね。

 

とはいえ、今年はまだ独立したばかりなのと、「ジャニーズ=ブラック」のイメージが強いのでどうにかなる部分もありますが、いつまでもそれが続くわけじゃないですし、気をつけたほうが良いのでは。

 

◆ジャニーズ入所当初のがぞういろいろ

若いです→ geinou reading geinou ranking

若いです→ geinou ranking geinou reading

 

 

※これが噂のジャニーズ白抜き、元SMAPはそのまま雑誌の表紙[楽天市場]



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAPさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング