タグ:検察側の罪人
ホームPage 1 / 212

木村拓哉さんと二宮和也さんが共演し木村さんがダークな役を演じることで話題だった『検察側の罪人』が8月24日に公開され、その週の映画興行ランキング1位を獲得しました。

 

初週の興行収入も4億を超え、このままのペースなら最終的に30億近く行くと予想される好調なスタートとなり、SMAP解散後のイメージダウンで苦しんできた木村さんも一息ついたかと思うのですが、長年木村さんを応援してきたファンの中には映画を見てかなり衝撃を受けたよう。

 

※以下若干のネタバレもあり※

 

※?あれ?キムタク??

 

『検察側の罪人』は、ざっくり言うと、政治家の汚職事件や裏社会の人間の暗躍なども描きつつ、殺人事件の捜査を巡り、過去の殺人事件の時効問題も含めて2人の検事がそれぞれの正義で激突する、という、かなり骨太で考えさせられる作品です。

 

※原作は上下2巻

 

ジャニーズ人気を牽引してきた木村拓哉さんと、現在一番人気の嵐のメンバーで演技力に定評のある二宮和也さんが初共演という、SMAP解散前ではあり得なかったキャスティングが実現したという意味でも話題でしたが、木村さんがダークな役を演じることでも話題でした。

 

どの映画もそうですが、公開後の評価は賛否両論。しかし「何を演じてもキムタク」と言われる木村さんの演技もこれは一味違うとか、木村さん、二宮さんも含めて出演する俳優全員の演技が素晴らしいと、称賛の声が多く見られます。

 

そんな中でも、ファン目線からするとところどころ許せないものがあったようで。

 

 

[以下引用]

女性ファンは、「検察側の罪人」における木村拓哉には、「ネット上における木村拓哉バッシング」を連想させるところがあると感じたという。

 

「原作で主人公は官舎に住んでいますが、映画は芸能人が住みそうな高級マンションです。妻と娘も、映画版は妙に工藤静香さんやKoki,さん(15)を連想させるところがあります。また文庫で上下2冊という大作だから仕方がないかもしれませんが、木村くんが演じる検察官が犯罪に手を染める動機が、やっぱり伝わってきません。悪役でも見せ場は必要です。特にこの映画は“正義”を巡って2人の検事が対立するのですから、木村くんの役も『こっちの言っていることも分かるなあ』と観客に共感してもらわなければならないはず。ところが映画の木村くんは悪役ではなく、単なる嫌な奴です。常にイライラして、不機嫌な表情を浮かべながら、ひたすら暴走に暴走を続けていくだけです」

 

女性ファンは「木村くんが犯罪に手を染める場面など、素晴らしいシーンもいくつかありました。だからこそ、余計に残念です」と唇を噛む。

 

「一方、ジュリーさんが寵愛するニノは、正真正銘の善玉キャラを楽しそうに演じて終わりです。悪の木村くんと正義のニノが対等なら、私も楽しめたでしょう。でも木村くんの役は“暴走を続けるだけの検事”で、そこに人間性は感じられません。飯島さんが制作に参加すれば、もっと木村くんとニノが、がっぷり四つに組む映画になったのではないでしょうか。こうなった原因が、プロデューサーのジュリーさんにあるのは明らかです。『可愛いニノに、噛ませ犬として木村拓哉をぶつけよう』という意図が見え見えです。SMAPファンなら誰もが、この悪意を見抜いています。劇場で上映が終わると、50代のSMAPファンが無念そうに溜息をつき、30代の嵐ファンが大満足の笑顔を浮かべていました」(同・女性ファン)

[週刊新潮]

 

ファンにとっては「木村拓哉が藤島ジュリー景子に苛められる2時間」でしかなかったよう。それは残念ですね。

 

妻役を演じたのは土屋玲子さん。映画の音楽も担当した音楽家です。

 

[Amazon]

 

確かにちょっと雰囲気似てるような…

 

木村さんの役の娘は原作では大学生ですからKoki,さんより年上ですが、こうやって顔が見えてしまったことで、木村さんからイメージがしやすい存在になってしまったと思うと、やっぱりある程度隠すことって芸能人にとっては大事なことですね。

 

[Amazon]

 

ファンの方の感想は被害妄想も入っているような気もしますが、ネットでも妻役が工藤静香さんに見えた、描写が少なすぎてエリート検事である木村さんが殺人を犯すまで思い詰めた理由がいまいちわからなかったという声は他にもちらほら見られました。

 

原作では家族については、エリート検事として多忙に過ごし単身赴任もしていた結果妻は韓流にハマり娘はバイトに精を出し家族がバラバラになってしまったということがわかるくらいの描写で、その一方で肝となる犯罪に手を染めるまでの葛藤は相当詳しく書いてあり、だからこそ、終盤に向けて木村さんの正義と二宮さんの正義、どちらにも揺れて考えさせられる内容になっていたんですけどね。それがただ不機嫌に暴走を重ねるだけのエリート検事とただの善玉との戦いに見えてしまったならとても残念です。

 

やはり2巻に渡る長編をたった2時間に、というのは難しいということなのかも。

 

原作は面白かったので、連ドラでじっくり描かれていたら、また違った評価があったかもしれません。

 

ただ、絵面をきれいに、ということなのか、原作では古い官舎住まいだったはずがおしゃれなマンション住まいだったり、旧友と会うのが居酒屋というよりは洗練されたバーだったりと、細かいところで「やっぱりキムタクはカッコイイ役しかできないんだ」という感想を持った人もいたようですが。

 

いろいろ書いてありますが、それでも木村さんが新たな一歩を踏み出したのは事実です。

 

もうSMAPは解散し工藤静香さんと娘のKoki,さんはインスタでバンバン存在をアピールして、木村さん本人も父親であることをアピールする発言もしています。

 

もうそういう道を進み始めてしまったわけですから、少しでも有効活用してこれまでのかっこいいだけのキムタクから味のある俳優になってほしいものです。

 

◆当然こういう話もありますよ

キムタクVSニノ不仲説→ geinou reading geinou ranking

キムタクVSニノ不仲説→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

今週末に公開が迫った木村拓哉さんと二宮和也さんの共演映画『検察側の罪人』試写会での二人の衣装が酷いと話題になっています。

 

※このキムタクもスゴイと話題でした

 

話題の写真がこちら。

 

 

 

木村さんのヒゲ、テロンとした格好、そして二宮さんについては言わずもがなで、ネットではなかなか衝撃だと話題になっています。

 

先日宣伝で出演した『ぴったんこカンカン』がセンスがない二宮さんに木村さんがアドバイスするというもので、その後公の場に出る二人の衣装には注目が集まるのも予測できたと思うのに、もうちょっとどうにかできなかったのでしょうか。

 

※個人的にはこの木村さんも何かがスゴイと思います

[Amazon]

 

衣装に注目が集まっていますが、『検察側の罪人』はそもそもこれまで共演のなかったSMAPの木村さんと嵐の二宮さんが初共演ということや木村さんがダークな役を演じるということで話題になっていました。

 

ジャニーズのトップに君臨する二人が共演、しかもジャニーズが制作に加わっているとあって、どうしてもコケるわけにはいかないと言われていますが、どうでしょうね。

 

原作自体は面白かったですが、100億が期待される山下智久さん主演の『コード・ブルー』のような作品とはちょっと違う面白さなのでそこまで派手な結果を残せるとは思いませんけど、そこはジャニーズですしファンの応援体制も万全でしょうし、初動ではずみがつけば結構いくかもしれませんね。

 →竹内涼真は「金を生まない俳優」

 

 

初動が発表された来週の今頃はどんなニュースが出ているでしょうか。

 

◆どこまでも不思議な二人の衣装

足元も…えっ?!→ geinou reading geinou ranking

足元も…えっ?!→ geinou ranking geinou reading

 

 

※ずっとこんな感じでも良かったんじゃ…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんそっくりkoki,さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

嵐の二宮和也さん主演の映画『ラストレシピ』が爆死コースだと話題になっています。

 

その結果、続いて来年公開される木村拓哉さんとの共演映画『検察側の罪人』も厳しくなるのではと報じられています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

ラストレシピ』は一度食べたものを再現できる「麒麟の舌」を持つ二人の料理人が、戦前と戦後、時代を越えて重なり合い生まれるストーリーを描いたもので、公開初週の土日2日間に10万7,000人を動員して週末の動員数ランキングで3位、興行収入は1億3800万円と発表されています。

 

映画がヒットしたかそうでないかの境目は、全国公開の映画だと10億と言われており、そこに制作費や主演などキャストへの期待値が加わり、コケた、当たったと報じられることになります。

 

そして、最終的な興行収入は多くの場合初週2日の興行収入の7倍前後になるため、今回の『ラストレシピ』は爆死、大コケと表現されています。

 

題材が地味ですが、出演者は二宮和也さんを始め、西島秀俊さん、竹野内豊さん、綾野剛さん、宮崎あおいさんと豪華な面々で、セブンイレブンやJALとのコラボ、数々の雑誌の表紙とインタビューなど、宣伝もしっかりしていての1億3800万円です。

 

地味さで言えば前作『母と暮せば』も同様で、その週の動員数ランキングで3位、興行収入は約2億4,400万円と、当時は当時で苦しいスタートだと言われ、最終興収は19.8億円で二宮さん出演作の中で最も低いものしたが、今回それをさらに下回ってしまいました。

 

あちらは内容が高く評価され日本アカデミー賞を11部門で受賞し、結果的に「演技派二宮和也」の体面を保った形になりましたが、今回はどうなるでしょうね。

 

企画に秋元康さんの名前がありますし、アカデミー賞までが一連の計画になってそうですが。

 

※原爆で息子が亡くなったことを受け入れられない母の元に亡霊となって出てきた息子の話[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

母と暮せば [ 吉永小百合 ]

価格:3724円(税込、送料無料) (2017/11/8時点)



 

映画の内容については観た人の感性によりますし賛否両論ありますが、数字は客観的なものとして残ります。

 

嵐の二宮さんが出演しても10億いかなければコケに分類されるのは仕方ないところ。

 

そして木村拓哉さんが主演した『無限の住人』は最終的な興収はまだ発表されていませんが、GWに公開され、現時点で10億には達していないのでこれもコケに分類されるのも仕方ないところ。

 

それで不安視する声が出ています。

 

 

[以下引用]

「2018年に公開される映画『検察側の罪人』で、二宮は木村拓哉と初共演を果たすのですが、すでに心配の声が上がっています。というのも、木村が今年主演を務めた映画『無限の住人』は初登場6位とスタートの時点で足踏みし、話題作の割りに客足が伸びず。このまま『ラストレシピ』が大コケしてしまうと、爆死した2つの映画の主役が『検察側の罪人』でタッグを組んでしまうことになるんです。ネット上では『「検察側の罪人」ヤバくない? 爆死コンビの映画とか誰が見るの?』『これは次もダメだろうな……』『公開前から、二宮と木村の映画は爆死確定っていうイメージが定着しそう』などの声が続出しています」(芸能ライター)

[サイゾーウーマン]

 

 

公開前から爆死確定のイメージは怖いかもしれません。

 

内容云々の前に評価されてしまうということですから。

 

ただでさえ、SMAP解散騒動でブラックなイメージになってしまった木村拓哉さんと、ブラックなジャニーズ事務所の代表的なグループ・嵐の二宮和也さんの映画というイメージがある上で、さらに爆死確定イメージとなると…。

 

今年は嵐のメンバーである相葉雅紀さんのドラマ『貴族探偵』、櫻井翔さんのドラマ『先に生まれただけの僕』と低迷続きです。

 

松本潤さんの映画『ナラタージュ』は先日10億超えし、大野智さんの映画『忍びの国』は24億とまあいい話もあるのですが、コケのイメージを覆すほどでもなく。

 

まあでも、『ラストレシピ』がコケるかはまだわかりません。

 

映画の最終的な興収は初週2日を元に7倍で予測計算されますが、あくまでそれは予測です。

 

EXILE一族の映画『HiGH&LOW』は全国200回のシークレット舞台挨拶をこなし初日2日で4億8000万円の興行収入を達成しましたが、その後が続かず最終興収21億円、逆に『君の名は』のように初週が9億3,000万円スタートで評判が評判を呼び250億突破という極端なケースもあります。

 

『ラストレシピ』が伸びる映画だといいですね。

 

◆『検察側の罪人』ネタバレ

キムタクって結局…→ geinou reading geinou ranking

キムタクって結局…→ geinou ranking geinou reading

 

※漫画版[Amazon]

http://amzn.to/2zmyer3

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

映画「検察側の罪人」の撮影現場で、主演を務めるキムタクがスタッフも声をかけられないほどピリピリしていると、8月25日発売の「FRIDAY」が報じています。

 

 

[以下引用]

8月17日の夜、キムタクにとってSMAP解散後、初の主演映画となる『検察側の罪人』の撮影が都内で行われていた

 

「後輩、『嵐』の二宮和也との共演です。よくドラマや映画の撮影現場の休憩時間に、キムタクは『長丁場になりますが頑張っていきましょう』などとスタッフに気軽に話しかけるんですが、今回は黙って考えにふけっていることが多いんです。ピリピリしたムードで、声をかける人もほとんどいない。これまでの『カッコいい二枚目ヒーロー』という役柄から、イメージチェンジしようと必死なんでしょう」(同作関係者)

 

キムタクの役は二宮の上司にあたるベテラン検事。知人を殺された復讐心にかられ、周囲の反発を買いながら容疑者に苛烈な取り調べを続けるという、ダークな演技が初めて求められている

 

「キムタクも今年の11月で45才。これまでのキャラクターではもう通用しないと本人もわかっています。二宮がクリーンな検事で自分がダークな役柄という配役についても悩んでいたようですが、同じジャニーズ事務所ということで最終的に受けたそうです」(同前)

[フライデー]

 

SMAP解散騒動以降、キムタクに対する世間の風当たりはとても強く、裏切り者としてのイメージが定着してしまったとも言われています。

 

それを象徴するかのように、4月29日に公開された主演映画「無限の住人」は興行収入10億円にも届かないという大コケに終わりました。

 

これは自身の最低記録を大幅に更新しただけではなく、最低目標とされた興収30億円にも遠く及ばなかったことから、「キムタクは完全に終わった」と言われる事態に。

 

そういったことを考えれば、今作がキムタクにとって「絶対に負けられない戦い」となるのは間違いありませんし、ピリピリするのも仕方ないような気もしますが…

 

 

[以下引用]
「今回はSMAP解散後、初となる主演映画なので力が入るのは分かりますが、周りの人を近づけない無言の威圧感が漂い、共演者やスタッフが困惑している。木村は普段なら気さくに話しかけたり、差し入れをしたり、座長としてドンと構えているのですが今回は少し様子が違うようです」(ジャニーズに詳しい週刊誌記者)

 

周囲は、キムタクの焦りの原因が後輩・二宮和也の存在にあると見ている。



「撮影開始当初、木村は二宮を飲みに誘ったり、大量の服をプレゼントしたりして先輩の余裕を見せていると『女性セブン』なども報じている。しかし撮影が始まると、二宮が演技で圧倒的な存在感を発揮して木村が焦り始めているとも。なにせ二宮は世界の蜷川幸雄(故人)やクリント・イーストウッドも演技力を絶賛した実力派俳優。一方の木村は”万年青年役者”と言われるほど演技に幅がない。キムタクがピリピリするのも仕方ありません」(前同)



もし、本作が公開されれば、W主演の両者の演技が比較されるのは避けられない。



「木村はまじめに脚本を読んで役柄を作り込むタイプの役者。一方、二宮は突然憑依したように切り替わる天才タイプ。一度、木村がスタッフに細かい演技の確認をしている傍で、二宮が延々と携帯ゲーム機を続けるという出来事があったとか。ジャニーズの10歳差は天と地の上下関係なので、これはヤバいと周囲が騒然としたものの、なぜか木村は黙ったまま見なかった風を装い、サーッと現場を去っていったとも。2人の距離感を感じさせるエピソードです」(前同)

[デイリーニュースオンライン]

 

原作通りなら、今作はキムタクと二宮さんのW主演となるのが自然な形。

 

監督自身も「二人がW主演として…」と発言するなど、実際には二宮さんの存在感はかなり大きいものと思われますが、なぜかジャニーズ寄りのメディアはそれを揃って否定。

 

あくまでも「キムタク単独主演」であることを強調し、W主演と表記したメディアに対してクレームを入れたとの報道もありました。

キムタク単独主演にこだわり過ぎてストーリーが大幅に改変されることは確実な状況に

やはり、キムタクだけではなくジャニーズ事務所もピリピリしているのでしょう。

 

ちなみに、二宮さんによると「もう、僕の出番は山を越えた」そうです。

 

となると、後は主演・キムタクが自分自身の演技に集中できるはず。

 

原作の面白さは折り紙付きですから、キムタクの迫真の演技に期待したいところです。

 

※「検察側の罪人」ネタバレと最新情報はこちらから

 

※アジアを代表するトップ俳優になれるかどうか…



 

ホームPage 1 / 212