タグ:松本潤

 

2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の主演に松本潤さんが決まりました。嵐が活動休止となれば、松本さんは後輩グループのコンサート演出やプロデュースなど裏方仕事に専念すると見られていただけに、業界では驚きの声も飛び交っていますが、実はそれ以上の衝撃的なキャスティングが実現しそうだといいます。

 

※23年には40歳になりますが、ナイーブな青年家康を演じます。



 

23年大河のサプライズは松潤の主演にとどまらない。脇を固める出演者は随時発表されていくが、その中には古沢作品でお馴染みの名前が既にリストアップされており、昨年8月に離婚を発表した杏と東出昌大の名前も並んでいるという。

 

「『コンフィデンスマンJP』シリーズの脚本家である古沢氏は東出さんと面識があります。昨年の不倫騒動で痩せ細っていく彼をテレビ画面で見た古沢氏は、映画関係者を通じて『どんなことがあっても役者を続けてほしい』と励ましの言葉を送ったそうです」(民放関係者)

 

古沢氏は、杏が初めて主演した月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ系)の脚本も手掛けた。彼女の演技を見た古沢氏は「こんなにしっかり役をつくり込める女優だとは…」と唸ったと聞く。つまり、東出も杏も古沢氏にとっては大切な役者であり、一世一代の大仕事を前に声を掛けないはずがないのだ。

 

もし、杏と東出が共演することになれば、13年下期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」以来、実に10年ぶりのコンビ復活となる。

 

2人にとって再共演の障害はほとんどないと思います。昨年の離婚発表直後から、杏は『(東出には)仕事をとにかく頑張ってほしい』と漏らしていました。ダメ亭主で3児の父親としては失格でしたが、俳優としての実力は高く評価しているのでしょう。杏は周囲に『万が一、東出から共演のオファーが来ても絶対に断らないでくださいね』とお願いしているともいいます。NHKの演出スタッフが勝手に忖度しない限り、元夫婦の再共演の可能性は高いと思います」(女性誌記者)

[日刊ゲンダイ]

 

今回、古沢氏が大河脚本のオファーを受けるに当たり、主演を松本さんにすることを絶対条件としてNHK側に伝えていたといいます。

 

「カリスマでも天才でも野心家でもない弱く繊細で頼りないプリンス――。それを表現するため、松潤は絶対に欠かせないんです!」

 

と強く主張したとのことです。

 

※なんかディスられてるような気がするのは、気のせい?

永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎 [Blu-ray] - 松本潤, 深田恭子, 宇梶剛士, 小日向文世, 江口洋介

永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎 [Blu-ray]

[関連商品]

 

まあ、普通であれば、ジャニーズのトップアイドルをキャスティングするのは至難の業なはずですが、それをNHKがなんとかして実現させたということは、それだけ脚本家としての古沢氏の実力に期待していることの証でしょう。

 

となれば、古沢氏が「杏と東出が欲しい」と言えば、NHKが拒否する理由はありません。

 

さらに、不倫の”被害者”である杏さんも「元夫からオファーがあっても断らないで」と念押ししているのなら、もはや共演は決まったようなもの?

 

気になるのはジャニーズの動きですが、杏さんも東出さんもジャニタレと共演NGというウワサは聞いたことがないので、特に問題はないかと。

 

ただ、「松潤主演!」よりも「東出&杏共演!」というのが注目を集めるようだと、一部ジャニーズ幹部をプリプリと怒らせてしまいそうではありますが。。

 

とにかく、二人の共演が実現すれば視聴者が驚くようなキャスティングになりそう。

 

話題性を考えたら、まさかの夫婦役もアリでしょうし、東出さんの正妻役としてKEさん、そして側室役に杏さんを抜擢したりしたら、トンデモナイことになるのは必至。

 

そこで妙に生々しい壮絶バトルが繰り広げられたら、視聴率爆アゲは間違いありません。

 

今後の追加キャスト発表に要注目です!

 

◆歴史を揺るがした正妻VS側室のあり得ないバトル!

 コワイ…→ geinou ranking geinou reading

 コワイ…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ワタシのこと、呼びました?



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※東出さん、杏さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

昨年末で活動休止となった嵐の松本潤さんが、2023年の大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めると発表されました。

 

戦国武将の中でも特に人気のある徳川家康を主人公にした作品ということもあり、すでに「視聴率は約束されているようなもの」との声も多く飛び交っていますが、これを期にジャニーズの偉大な先輩・キムタクを超える可能性も出てきたといいます。

 

※ルックス的には…



 

[以下引用]
「テレビ朝日の特番『国民10万人がガチ投票!戦国武将総選挙』でも、家康はトップ5に入っていて、とにかく歴史上の人物の中でも人気が高い。大河ドラマはたまに歴史上それほど注目を集めていない人物や近代史に手を出すことがあるけれど、それだと結局数字が取れないんですよ。やっぱり“戦国もの”“有名な歴史上の人物”という題材がテッパン。最近は視聴率が落ちてきているし、そういう意味では来期の渋沢栄一(『青天を衝け』)も、その次の北条義時(『鎌倉殿の13人』)も、視聴率は少々不安。それに比べれば徳川家康が主人公なんてもうヒットは目に見えてます。前の2作がコケても安泰ですね(笑)」(テレビドラマ制作スタッフ)

 

◆10万人がガチ投票!戦国武将総選挙で堂々の1位に選ばれたのは…

 この人!→ geinou ranking geinou reading

 この人!→ geinou reading geinou ranking

 

松本は「勝ち馬に乗ったも同然」といった状態だが、それまで業界内ではあまり高くなかった俳優としての評価も、このドラマが当たれば風向きが大きく変わるだろう。

 

「松本さんはジャニーズの俳優の中でも業界内での評価が高くなかった。結局人気マンガ原作の『花より男子』が当たっただけで、ほかに代表作といえる作品がなかったですし、どうしても“キャラもの”の作品が多くて、重厚な芝居ができるイメージがないんです。このタイプの俳優が大河の主演に抜擢されるのは異例ですよ。ジャニーズが営業をかけたのか、不調の大河ドラマをどうにかしたくてNHKが嵐人気にあやかりたいだけか……(苦笑)。いずれにせよ、大河ドラマで主演を張れば否が応でも俳優としての評価はあがるでしょう」(大手芸能事務所関係者)

 

嵐の中では二枚目を担当し、『花より男子』ヒット後は“ポストキムタク”候補といわれていた時期もあったが、木村拓哉ほどヒットを量産できずにいた。しかし、大河主演とならば、ジャニーズ内の“とあるランキング”で木村を超えることになるだろう。

 

「大河ドラマの主演になれば、CM出演のオファーが格段に増えるので自ずとギャラもハネ上がります。ジャニーズ内で今一番CM出演料が高額なのは木村拓哉ですが、大河がヒットすれば松本が追い抜くことになるかもしれない。木村はかつて大河ドラマ『龍馬伝』の出演を断ってしまった。あれに答えていれば、その後の俳優人生は変わっていたでしょうね。それくらい大河ドラマは一世一代の大仕事ですよ」(同)

[日刊サイゾー]

 

確かにに大河ドラマで成功すれば、松潤の俳優としての格が大幅にアップすることは間違いないでしょう。

 

岡田准一さんを見ても分かる通り、日本を代表する役者の一人になれるかもしれません。

ですが、キムタク超えというのはなんか違うような。

 

松潤が視聴率30%超えの主演ドラマを連発してようやく並ぶ…というレベルですから。

 

地上波テレビが”その他メディア”の一つになった現代では、もはや同様のことを成し遂げるのは不可能。

 

キムタクが平成時代に打ち立てた記録は、もはやテレビ史において”不滅級”といっても過言ではないと思います。

 

※全話平均視聴率32.3%。



 

さて、古沢さんがキャラもので味を出す松潤とタッグを組むとなると、面白い予感しかしません。

 

それが大河で、というのがなんだか合わないのですが、そもそもタイトルが「どうする家康」です。

 

大河=重厚という時代じゃないという、新しい試みなのかも。

 

大河の新しい試みというのは「どうする家康」が初めてのことではなく、「いだてん」もでした。

 

大河としては異例の主役2人、2つの時代の交錯という手法をとっていて、脚本は宮藤官九郎さんでした。

 

10%を切ったという視聴率がよく話題になっていましたが、実はその中でNHKが気にしていたのは個人視聴率で、どういった層が大河を観ているのか、「いだてん」で新しい視聴者を獲得できたか、といったところを分析していたとか。

 

その結果、年代を問わず新しい視聴者を獲得していること、特に30代、40代、そして60代の女性に「いだてんだから大河を観た」という人が多いということが判明し、あの視聴率でもNHKは大満足だったといいます。

 

もちろん、大河に重厚さを求める人は少なからずいますから、そういった層向けの作品を作る年もあり、新しい視聴者獲得のための挑戦の年もあり、でいいのかもしれません。

 

◆歴代の家康を超えるのは、かなりハードル高いですよ!



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松潤のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

嵐の松本潤さんがいろいろと気の毒になる記事が乱立しています。

 

 

※いい役でした

 

 

気の毒その1:オンラインを覗かれる 

 

松本潤さんというと、井上真央さんとの結婚がもう半分以上ネタになっています。

 

二人はツーショットを撮られたことがないために交際自体を怪しむ人も多いですが、個人的には、井上さんが何度も直撃されていい加減迷惑だろうに交際を否定したことがない、ということから、少なくとも過去付き合っていたのは事実だと思っています。

 

井上さんの返答は、正確には「答えてしまうとみなさんにご迷惑をおかけしてしまうので。お答えしたい部分もあるのですが、申し訳ありません」でしたが、答えると迷惑がかかるような答えって、この場合肯定ですよね。もし誤報なら、交際や結婚予定を否定したら逆に喜ばれるんじゃ?

 

それが、葵さんとの二股発覚後に女性自身が松本さんとの結婚について直撃した際は、初めて「いやいや、全然全然!」と否定的な回答をしたので、さすがに別れたんだなと。

 

その後も度々復縁→結婚が噂されていますが、今回もそんな感じの噂が。

 

 

[以下引用]

「今年に入ってから、松本と井上がまたしても急接近しているようです。外出自粛中は週刊誌の目もあるため、お互いの家を行き来するようなことはなかったみたいですが、その分、オンラインで近況を“密”に報告し合っていたとか。というのも、実は二人とも、同時期に仕事上の悩みを抱えるようになり、相談し合っているようなんです」(民放関係者)

[サイゾー]

 

サイゾーによると、松本さんは嵐活動休止後のソロ活動について、井上さんは7月クール放送予定の日テレドラマの撮影がコロナ禍で予定が立たず、10月クールの柴咲コウさん主演ドラマを優先する流れになっていることに女優としての格の差を見せつけられたように感じ悩み自信を失いかけていたところだったそうで。

 

 

[以下引用]

「『花より男子』で二人と共演している小栗が一肌脱ぎ、松本も参加するオンライン飲み会に井上を誘ったようです。色々あったカップルなので初めは気まずかったようですが、お酒が進むにつれ昔話に花が咲き、今では互いに仕事の相談をし合ったりと、かなりいい関係になっているようですよ」(同)

 

松本も、小栗や生田ら親友たちの幸せに続いて、井上と“復縁”——どころか、“電撃結婚”する可能性もあるかも知れない。

[サイゾー]

 

これがもし本当なら、オンラインなのになぜ漏れたと、誰が話したんだと友情にヒビが入りかねない事態ですよね。または、ハッキング疑惑でセキュリティをチェックか。

 

しかも、悩み事まで勝手にバラされて…。

 

とはいえ、ここまできたら松本さんの結婚相手は井上さん以外ピンと来ないです。

 

裏切り報道があったため、井上さんのファンはお相手が松本さんだと複雑かもしれませんが…。

 

 

気の毒その2:勝手にソロ活動が不安なことにされる

 

サイゾーにもありましたが、嵐の活動休止後のソロ活動が一番心配されるのはどうやら松本さんのようです。

 

[以下引用]

「最近は家で過ごすことが多いため、自宅でパソコンの画面越しに友達とお酒を飲む“リモート飲み会”をすることが多いそうです。小栗旬さんや生田斗真さんなど、仲のいい友達と飲んでいるといいます」(松本の知人)  

 

気心知れた仲間とたわいのない話で盛り上がっている……だけではなかった。

 

「彼らに“俺は来年以降どうすればいいかな…”“嵐の看板がなくなったら、何も残らないかもしれない”と漏らしているそうです。来年以降のことに不安を感じているみたいですよ」(同・松本の知人)

[週刊女性プライム]

 

大野智さんは、一旦芸能界から離れると見られているので別にして、二宮和也さんは来年TBSの日曜劇場で『ブラックペアン』続編の話が進んでる、相葉雅紀さんは3月に亡くなった志村けんさんに代わって『天才!志村どうぶつ園』のMCを引き継ぐ、櫻井翔さんは『news zerо』と、来年以降もそれぞれの道が拓けているけど、「松本さんは自分にはそうした強みがないと感じているようです」とのこと。

 

以前の話では、松本さんは裏方として活動希望があるということだったと思うのですが。しかもこちらもオンラインで相談しいてる内容を「松本の知人」がばらしてしまって。

 

気の毒です…

 

 

気の毒その3:「『嵐の松本潤』になってしまった」と言われる 

 

[スポンサーリンク]

 

嵐がブレイクしたのは、松本さんが『ごくせん』と『花より男子』で存在感を発揮し、所属するグループ「嵐」に注目されるようになったから、と言われています。

 

それが松本さんにとって足かせになってるという指摘がこちら。

 

[以下引用]

ところがこの嵐のブレイクは、ソロとして活躍する実力が十分にあった松本を、良くも悪くも“嵐の松本潤”という存在に変えてしまった。彼はその後も『ラッキーセブン』(2012年/フジテレビ系)、『失恋ショコラティエ』(2014年/フジテレビ系)、そして現在放送中の『99.9-刑事専門弁護士-』など多数の主演作を世に送り出す。

 

しかもどの作品も視聴率が怪物級で、『ラッキーセブン』は15.5%、『失恋ショコラティエ』は14.4%。『99.9』に至っては17.1%という高数字を叩き出し、2018年にSEASONⅡが製作されただけでなく、視聴率も17.6%。そのクールの民放連続ドラマ1位という、文句なしの結果も残してみせている。

 

しかし気の毒なことに、どれだけ好演を見せても、彼は俳優としてではなく「嵐の松本潤」というアイドル枠にはめられてしまう。高視聴率も、嵐という付加価値があるから出せた数字、と捉えていた人も少なくなかっただろう。

[フライデー]

 

うーんどうなんでしょう。確かに言われてみれば…という気もしますが、でもジャニーズでソロで売れる人って、そうそういないような。

 

SMAPのブレイクも木村拓哉さんが牽引したと言われていますし、他のジャニーズのグループも、グループで売り出すにはまず誰か一人が結果を、ということで、一般的にも受けそうなタイプ、例えばキスマイだったら前の3人、Hey!Say!JUMPだったら山田涼介さんが、先にグイグイ押されていたんだと思います。そうやって突破口を作ってからグループ自体の認知度をあげていったんでしょうね。

 

じゃあ、木村さんや松本さんがグループ活動がなくても売れたかというと、やっぱりグループで歌を歌ったりバラエティに出たり、他のメンバーも合わせて活動してなかったら、こうも長く最前線にいるほどのタレントにはならなかったんじゃ、という気が。

 

まあでも、たらればは意味がありません。

 

もしも松本さんが嵐の活動休止後に俳優業に邁進したいなら、今の再放送の嵐は松本さんの俳優としての力量をいろんな方向にいろんな意味で再認識させられるチャンスでしょう。思わぬところで2021年からの活動への不安が解消されたのでは?

 

復縁やら不安なことやら焦りやら、何かと勝手に心配されたり予想されたり大変ですが、そんな窮屈さも人気があるから。

 

ソロ活動後はどんな立ち位置になっているでしょうね。

 

◆嵐のブレイクに貢献したのは松本潤。

でも人気は?→ geinou ranking geinou reading

でも人気は?→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※嵐のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

二宮和也さんの結婚に続き櫻井翔さんの熱愛・結婚間近報道に揺れる嵐ですが、松本潤さんには2人の「お相手」が報じられており、混乱を呼んでいます。

 

 

 

井上真央は子育て雑誌に出て存在アピール

 

葵つかささんとの二股交際が報じられたとき、破局報道も出た井上真央さんとの仲ですが、その後も井上さんは直撃を受ければ「答えられない」と煮え切らない回答を続けています。関係がないなら「答えられない」という答え方はしないでしょうし、何なら何年も続くこのしつこい報道に怒りを見せてもいいと思うのですが、それをしないことで交際継続が噂されています。

 

そんな中、今年に入り週刊新潮がある変化を報じました。

 

[以下引用]

「記事によると、熱心な学会員として知られる井上真央が最近、創価学会系の雑誌『灯台』(第三文明社)に登場したとのこと。井上は巻頭5ページのインタビューで出演映画『カツベン!』について語っているが、これまで学会イメージがつくような媒体に出ていなかったことや、子育てに関する記事も多い同誌に出演したことで、松本との結婚話に進展があったのでは、と見る向きも多い」(芸能記者)

 

ネットでは「松潤が入信=結婚を決めたのか」といった声が飛び交い、動揺するファンも多いようだ。

[サイゾー]

 

松本さんの入信も何度となく噂されていますが、さてどうなんでしょうね。

 

 

これまで松本さんのためにも宗教色を出さないようにしてきたとも言われる井上さんですから、ただの創価雑誌に出たなら単純に破局も考えられますが、子育て雑誌ですからね。思わせぶりなのは確かです。

 

しかしもうひとり、葵つかささんとの復縁も噂されています。

 

松本潤が土下座して復縁した葵つかさ 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「1月19日の『覚醒ナックルズ』が、松本と葵つかさの復縁を報じたのです。2016年の暮れに4年にわたる交際が報じられた2人ですが、翌年の5月には破局したと伝えられていました。しかし、同サイトでは、昨夏、松本の知人がパーティを開いた際、松本が出席する条件として葵を呼ぶように頼んだ。その知人が2人の密会の手助けし、用意された部屋で再会したそう。葵に未練タラタラの松潤が土下座して復縁を懇願したといい、葵のために恵比寿にマンションを借りてやり、月々のお手当も渡しているという話もあるようです。葵といえば、昨年9月に10周年記念フォトブック『Masquerade -マスカレード-』(徳間書店)を発売。当初は“暴露本”とみられていたものの、出版直前になって松本に関する記述はNGになったといわれている。復縁していたとしたら、納得の話です」(週刊誌記者)

[サイゾー]

 

こちらはかなりウソっぽいような。

 

が、葵つかささんがクラウドファンディングで暴露本を出版するとしていたのも、結果として暴露本の内容に松本さんのことが含まれていないのも事実です。

 葵つかさが暴露本出版で松本潤顔面蒼白

 

復縁のための土下座ではなく、これまでの非礼を詫びる意味での土下座と、愛人のように囲う目的ではなく、タクシー代も葵さんもちで何度も呼びつけたお詫び+口止め料的な意味で恵比寿のマンション、というならありえるかも?

 

何しろ嵐はボロボロです。

 

当初は匂わせゼロとして受け入れられそうだった櫻井翔さんの彼女も、長い付き合いということで過去をたどるとマウントするタイプだったことが判明し、今ではベトナム旅行のときに着ていたワンピースの形から「レジ袋」呼ばわりされています。

 

歓迎されるまま結婚というのが難しそうな嵐の結婚ですが、井上さんならもしかして、バッシングされることなく受け入れられるかも?

 

◆櫻井翔が彼女・高内三恵子さんを抱き寄せる写真が流出!

コレまじ?→ geinou ranking geinou reading

コレまじ?→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※嵐のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング