タグ:新しい地図の記事一覧

タグ:新しい地図
元SMAPの紅白出場が確実に。ジャニーズの相次ぐ不祥事を追い風に飯島三智が狙うものは地上波テレビへの完全復帰

今年の「NHK紅白歌合戦」に元SMAPの稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人が出場することが濃厚となったようです。

 

いくつかのメディアが報じているもので、「新しい地図」が所属するCULENの飯島三智社長は、ここ最近のジャニーズ不祥事連発を追い風に着々と地上波テレビへの復帰の道筋を付けつつあるといいます。

 

※カレンダー、ものすごい数が余っていたようですが…?

 

[以下引用]

「元TOKIOの山口達也がMCを務める『Rの法則』の出演女子高生に強制わいせつをはたらき、同番組が終了。NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキには未成年飲酒疑惑が報じられ、彼らがMCを務める『ザ少年倶楽部 プレミアム』も放送自粛と、不祥事続き。6月20日にはNHK・木田幸紀放送総局長が定例会見で、『タレント、アイドルである前に社会人としての自覚や責任を果たすようにしていただきたい』と、厳しい表情で苦言を呈しています。これまでなら、ジャニーズとの関係を重視し、退所したばかりの3人を紅白に出場させることはありえませんでしたが、相次ぐ不祥事もあり、その関係性に変化が出てきたようにも見えるだけに、可能性は十分あり得そうです」(放送担当記者)

[日刊サイゾー]

ジャニーズとNHKの関係は、3月末に起きた井ノ原快彦さんのあさイチ降板騒動でもかなり亀裂が入ったと言われています。

 

それに加えて山口事件、NEWS事件と立て続けに発生し、NHKとしても「損害賠償を検討している」と公言するなど怒りを隠していませんでした。

 

もちろん、山口事件については「NHKも加害者だろ!」とのもっともな意見もありましたが、とにかくNHKとしてはジャニーズに忖度する必要性はなくなったことは確か。

 

山口事件をスクープした記者を表彰したくらいですしね。

 →NHKが山口達也事件を表彰する

 

業界では「今年の紅白ジャニーズ枠は3グループまで減らされた」とも噂されていて、減った分は再ブレーク中の「DA PUMP」と「新しい地図」が相応しいともっぱらです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

U.S.A (初回限定盤A CD+DVD) [ DA PUMP ]

価格:1944円(税込、送料無料) (2018/7/17時点)

 

ところで、7月9日には「新しい地図」のチャリティーソング「雨あがりのステップ」の収益金約2300万円が、日本財団パラリンピックサポートセンターを通じて各競技団体へ寄付されました。

 

これは利益ではなく、消費税を除いた売り上げ全額とのことで、3人はもちろん、作詞家・作曲家・レコード会社らもノーギャラで協力していたというのがスゴイところ。

 

飯島さんの豪腕が伺い知れますが、パラリンピックに協力的なNHKも「おはよう日本」などのニュース番組で大々的に報じていました。

 

民放各局が過剰なジャニーズ忖度で「新しい地図」の活動をスルーしていることを考えると、飯島さんとNHKはとても良好な関係を築いていることは間違いなさそうです。

 

[以下引用]

「これは、紅白への布石ではとの見方もできそう。パラリンピック関連の企画コーナーでもなんでも、紅白への出演を勝ち取れば、大きく存在をアピールすることになるし、3人を締め出している民放の対応の不自然さが浮き彫りになる。これから夏、秋にかけて、策士の飯島氏がさまざまな仕掛けで話題をさらっていくのではないでしょうか。実際11月には、昨年、72時間ぶっ通しの生放送で話題を呼んだ『72時間ホンネテレビ』がまた放送されるというウワサも聞こえてきます」(放送担当記者)

[日刊サイゾー]

ということで、果たして今年の紅白に元SMAPは出るのでしょうか?

 

どうせなら、中居さん司会、キムタク審査員で5人を共演させたら、ジャニーズの評価も一気に急上昇するかもしれません。

 

※元SMAPよりも一足先に大ブレーク目前となっているジャニタレとは?

 バックにはあの超大物女帝が…→ geinou reading geinou ranking

 バックにはあの超大物女帝が…→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※香取慎吾さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

元SMAPの3人が紅白出場へ!一方、ジャニーズ枠は大幅に削減される見通しに

今年の紅白歌合戦で、ジャニーズ事務所所属タレントの出場枠が大幅に減らされることが確実になったようです。
 
理由はもちろん、山口達也さんの事件や小山慶一郎さんと手越祐也さんが相次いで未成年飲酒騒動を起こしたことで、NHK内部では「これでジャニーズからの圧力を排除できる」と歓迎する声もあるそうで… 
 

 

 

[以下引用]
「今年の紅白歌合戦では間違いなくジャニーズの出場枠が減るでしょう。ジャニーズは山口の他にも小山慶一郎らによる未成年飲酒強要などが発覚。NHKの木田幸紀放送総局長も定例会見でジャニーズに対してタレントへの指導徹底を求めたほどです。この状況で今まで通りにジャニーズからは多く出演させられません」(NHK関係者)

ジャニーズ事務所のタレントが紅白歌合戦に出場したからといって、必ずしも視聴率が高くなるわけではない。

「昨年の紅白歌合戦に出場した『Hey! Say! JUMP』は登場時の視聴率が32.7%、『関ジャニ∞』が36.6%、『TOKIO』は37.2%。いずれも全体の平均視聴率より低いものでした。“ジャニーズ枠”という圧力がなければNHKだって使いたくはないのです」(同・関係者)
[まいじつ]

 

6月の定例会見で飛び出した異例の”苦言”には驚きました。

 

5月の定例会見でも、山口事件により「Rの法則」が打ち切りになったことに対し「損害賠償請求を検討している」と明言していましたよね。

 

NHKとしてはジャニーズ枠を減らすのは当たり前だと思われますが、それをあのメリー女帝が簡単に受け入れるとは思えません。

 

「そうですか。それなら、ウチは紅白から完全撤退させて頂きます」と、ジャニーズ不在の紅白になる可能性もあるのでは?

 

※業界でアノ人の評価が急上昇中!

 ジャニーズ危うし?→ geinou reading geinou ranking

 ジャニーズ危うし?→ geinou ranking geinou reading

 

一方、元SMAPの稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人については、SMAP解散騒動を乗り越えて見事にイメージ回復を成し遂げたことから、NHK内部では「ぜひ、起用したい」という意見が広がっていると言います。

 

[以下引用]
「すでに稲垣たちは紅白出場の際の選曲に入ったという話もあります。3人が配信限定でリリースした『雨あがりのステップ』は、10万ダウンロードに届く勢いの大ヒットを記録しました。ただし、この曲はチャリティーソングなので、NHKも許諾するか迷っているそうです」(ジャニーズライター)

そんな中、有力候補として挙がっている曲がある。1971年にリリーズされた故ジョン・レノンの曲『イマジン(Imagine)』だ。

「ジョンは妻が日本人のオノ・ヨーコですし、日本でもっとも支持されているシンガーの一人です。しかも『イマジン』は愛と平和をテーマに、世界中の人々に歌われてきた。芸能界の秩序を乱し続けるジャニーズ事務所を正すという意味のメッセージ性も高い。3人が歌えば視聴率50%越えもあり得るでしょう」(同・ライター)
[まいじつ]

 
イマジンですか…
 
まあ、苦肉の策といったところでしょうか?
 
個人的には、チャリティソングだからこそ紅白で歌わせる意味があると思いますが…
 
いずれにせよ、3人が出演すれば大きな話題になることは間違いないですし、ぜひ実現して欲しいところ。
 
そうなったら、中居正広さんが司会、木村拓哉さんが特別審査員というのもアリかも?
 

映画 クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブック (TJMOOK)

映画 クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブック (TJMOOK)

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※昔熱愛関係だった紗栄子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

8位スタートは大コケ?とんでもない!『クソ野郎と美しき世界』の手腕に絶賛の声続出!

昨年9月にジャニーズを退所した元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが出演する映画『クソ野郎と美しき世界』の公開が開始し、初日の動員数が34,855人、公開3日間で87,528人を初週の動員ランキングが8位であることが判明しました。

 

テレビでの宣伝がほぼゼロの状態でこの結果を出したことについて絶賛されています。

 

※オフィシャルブックです



 

絶賛される理由その1:結果を出している

 

『クソ野郎と美しき世界』は4編からなるオムニバス作品で、園子温監督や爆笑問題の太田さんなどがメガホンをとり稲垣さん、草なぎさん、香取さんが主演、全国86館(87とする媒体もあり)、2週間限定で公開されています。

 

[以下引用]

「初週3日間で9万人弱動員という数字は、86館の公開規模なら上々です。2週間限定上映という“プレミア感”もあるので、最終的な興行収入は2~2.5億円あたりで落ち着くのでは?」(映画ライター)

[日刊サイゾー]

 

参考までに最近公開された映画をジャニーズタレントメインに選び、初動を調べてみました。

 

『鋼の錬金術師』山田涼介:約19万人、約2.6億円(441)

『ラストレシピ』二宮和也:約11万人、約1.4億円(313)

『ナラタージュ』松本潤:約15万人、約2.2億円(289)

『忍びの国』大野智:約40万人、約4.8億円(333)

『無限の住人』木村拓哉:約14.5万人、約1.9億円(331)

 

( )内は公開スクリーン数です。

 

通常は公開初週の土日の興行収入がベースになっていてるのですが、『クソ野郎ー』は金曜公開ということで金土日を単位にしているようで若干わかりにくくはありますが、86という公開スクリーン数も考慮し比較すれば、現役ジャニーズと良い勝負なことがわかります。

 

 

絶賛される理由その2:お金がかかっていない

 

その現役ジャニーズと大差ない結果を、『クソ野郎ー』は少ない費用で出しています。

 

[以下引用]

「この作品は撮影期間が短く、制作スタッフや監督たちは3人が所属するカレンの飯島三智氏が人脈を駆使して集めたため、ギャラも“お友達価格”に抑えられている。マスコミ試写会や、テレビ、雑誌などでの大々的なPRもありませんでしたが、裏を返せば、それだけ宣伝費を使わなくて済んだということ。さらに、自社配給なので採算性が高い。初日の舞台挨拶で目標動員数は『15万人』だと明かされましたが、そこまでいかなくても“成功”といえるでしょうね」(同)

[日刊サイゾー]

 

テレビで『クソ野郎ー』が触れられたのは、監督の1人である太田光さんが自分の番組で取り上げたくらいですかね。

 

よくある宣伝に伴うバラエティ番組出演や雑誌の表紙をジャックするようなことはありませんでした。

 

その他宣伝というと、元SMAP3人がSNSを使用したり、ジャニーズ時代は出なかった週刊女性や東スポなど、あとはファンの力なんでしょうか。

 

木村拓哉さんの映画だとよく制作費にウン十億掛かっているからウン十億の興行収入が最低ラインになっている、なんて報じられていたのを思い出します。

 

木村さんの制作費を上げていたのも飯島さんだと思いますが、制作費を掛けずとも結果を出すことを示してみせた感じでしょうか。

 

 

絶賛される理由その3:その後の商売展開が見える

 

最後に映画公開が終わった後の商売展開です。

 

[以下引用]

「まず、通常の作品より、パッケージの売り上げが見込めること。2週間の限定公開であることはもちろん、現在残っている3人のファンはSMAP時代の“ライト層”が消え、コアなファンばかり。劇場での動員人数から、DVDやBlu-rayソフトの売り上げ数が読みやすいということです。特典映像をふんだんに盛り込めば、劇場鑑賞者の中の、かなりの割合が手を伸ばすことになるでしょう」(同)

[サイゾー]

 

今回、スクリーン数と公開日数をかなり絞ったことで、観たくても観られなかった人もいるでしょうし、地上波で放送されることもおそらくないでしょうし、通常よりも購入に近いかもしれません。

 

購入にもうひと押しするには作品の評価が高い方がいいと思いますが、ネットの映画評価サイトを見るに、酷いと言う人もいるものの、コメントを詳細にたどれば実際に観た人の評価は高いように思います。

 

作品の評価はこの後また固まっていくんだと思いますが、個人的には凄いなあと感心するばかりです。

 

今回のような方式は、コアなファンがいて、知名度もあり、演技にも定評があった3人だからこそ採ることができたものだと思いますが、大金を掛けなくても同等の結果を出すことができると示したことは、3人の今後を明るくするのではないでしょうか。

 

◆いつ身を助けるか…

ジャニーズの意外な特技→ geinou reading geinou ranking

ジャニーズの意外な特技→ geinou ranking geinou reading

 

※ファンクラブのモノが売られています

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

誤発注商法?元SMAPの「新しい地図」カレンダーが在庫大量で「助けて!!」

元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が2018年のカレンダーを作成したところ、「誤発注」で大量にあまり中の人が「助けて!」と援助を要請していることにつき、「誤発注商法」との声が上がっています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

元SMAPの3人が作成した「新しい地図」カレンダーのお知らせはこちら。

 

 

新しい地図さん(@atarashiichizu)がシェアした投稿

 

限定15万部で作成したものの、残ってしまったよう。

 

アイドルファンは「限定」に弱いこと、さらにジャニーズはデビュー10年でカレンダーを出さなくなるため3人がカレンダーになること自体久々であることから、売り切れ間違いなしかと思われました。

 

しかし、たびたびカレンダーの宣伝が繰り返されるため、もしかして売れていない?という声があがり始めたところで、「新しい地図」のキャラクター図っくんが「たすけてー」というタイトルでサイト内の「図っくんルーム」というブログを更新しました。

 

それがこちら。

 

[以下引用]

「新しい地図のカレンダーが大大大大大大大好評につき・・・!!」と前置きした上で、「どちゃくそ余ってるっず」と、大量の段ボール箱が積み重なっている写真をアップした。図っくんの主張によれば、「初めてのことで前のめり過ぎて発注し過ぎちゃって、、、!」「いろいろ言い訳ブッこいておりますが、要は、いわゆる発注ミス。ぜんぶ『中の人たち』の責任なこれ。ナイショ」とのこと。

 

切羽詰まった状況をアケスケにつづり、“NAKAMA”ことファンクラブ会員に対して「在庫抱えまくりの、『NAKAMA限定』カレンダーですが、、、『一般のお客様』にも、お売りしちゃっても、いいかな~???」と、投げかけた。なおも、カレンダー情報の拡散を呼びかけた図っくんは、最後に「このままだと大赤字で偉い人に怒られちゃうっずマジでほんとガチで」と、冗談交じりに告白している。

[サイゾーウーマン]

 

ネットではこれについて、「確信犯だな」「誤発注商法」「いらないし」「発注ミスというより、売れる数の見積もりをミスったってことでしょ」といった声が上がっていますが、ファンの人達は「正直すぎて笑っちゃいました。追加購入しましたよ」「買えなくて悲しい思いをするNAKAMAが続出するよりは、余ってもみんなの手元に届く方がずっと素敵」とちょっと違うよう。

 

また、現在発売しているのはファンクラブ会員対象、つまり、ファンクラブ会員に優先販売しているため、売れ残ったら一般も対象にすることになり、それだと「これから買うつもりだったのに」と困るファンクラブ会員もいるかもしれない、ということで、そのあたりも気遣った対応だとして高評価になっているよう。

 

ちなみに、現役ジャニーズで一番売れたHey! Say! JUMPでも週間で8.0万枚だといいますから、15万部はかなり作りすぎたと言わざるをえないかと。

 

その辺、飯島さんが見誤るとも思えないのですが…。やっぱり誤発注商法?

 

まあ、それをやっても笑いにできる3人なのかも。これに木村拓哉さんや中居正広さんが混じっていたら、たとえ明らかな発注しすぎでも 「人気凋落」というのが前面に出てしまいますしね。

 

とはいえ、今年はまだ独立したばかりなのと、「ジャニーズ=ブラック」のイメージが強いのでどうにかなる部分もありますが、いつまでもそれが続くわけじゃないですし、気をつけたほうが良いのでは。

 

◆ジャニーズ入所当初のがぞういろいろ

若いです→ geinou reading geinou ranking

若いです→ geinou ranking geinou reading

 

 

※これが噂のジャニーズ白抜き、元SMAPはそのまま雑誌の表紙[楽天市場]



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAPさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング