タグ:川島明

 

TBS朝の情報番組「ラヴィット!」が、絶体絶命の窮地に立たされています。

 

今年3月29日、麒麟の川島明さんを迎え、吉本興業とのエージェント契約を切られたばかりの加藤浩次さんを”潰す”べく、満を持してスタート。

 

 

加藤浩次がついに芸能界追放へ!レギュラー番組2つが相次いで打ち切りとなったのはその前触れか?

 

しかし、初回は平均世帯視聴率2.7%、個人視聴率1.3%という悲惨な結果で始まり、その後も世帯1~2%台、個人0%台という壊滅的な記録を更新し続ける有り様で…

 

※母の日も父の日も関係なし。美味しいものはいつでも美味しいんです!



 

[以下引用]

「5月20日の数字は、世帯1.8%、個人0.8%。TBS局員も“終わる、もう無理”と口をそろえます。やはり数字を見れば、これ以上続けるのは難しいということのようで、この秋の改編、9月末の打ち切りも囁かれています」(制作会社関係者)

 

当初、川島がギャラの安さにMC就任を渋っていたとも報じられた。

 

「夜のバラエティ番組では大活躍している川島さんを説得し、引っ張り出したにも関わらず、“たった半年で打ち切るのはさすがに失礼なのでは”という声もあります。それはもっともなのですが、ここから急激な上がり目があるかと言われたら、それは難しい。局上層部が川島さんへの非礼を承知のうえで、打ち切りに踏み切る可能性は十分にあり、すでに秋以降に向けた動きもあるようです。もちろん、まだ決定ではないでしょうが、半年での終了が現実味を帯びてきています」(前同)

[日刊大衆]

 

ということですが、同時間帯トップのテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」は毎回10%を超えていることを考えると、さすがにこの数字では続けるのはムリでしょう。

 

先日、前番組「グッとラック!」の司会を務めていた立川志らくさんが、アベマTVの「News BAR 橋下」という番組で、

 

「これからもっともっと面白くなるっていうところでいきなり打ち切られちゃって。その後続く番組がもっと低視聴率って何だよ!」

 

と文句を言っていたそうですが、その気持ち、分からなくもありません。

 

正直、芸能ネタを扱わないという「ラヴィット!」の方針はいいと思うのですが、朝の早い時間帯はもっと速報性の強いニュースを取り扱ったほうが効果的だと思います。

 

これはあくまでも個人的な意見ですが、特に注目度も話題性も高くない情報をメインに扱うユルイ番組であれば、お昼過ぎのマッタリした時間帯のほうが合っていたのでは?

 

まあ、川島さんのイケメンボイスを持ってしても、女性たちのハートをがっちり掴むことはできなかったようですね。。

 

 

秒速打ち切り!川島明「ラヴィット!」が前代未聞の低視聴率連発で出演陣全員が降板へ

 

ちなみに、同番組が9月で打ち切りになったとしても、川島さんが困ることはないそう。

 

というか、むしろビッグチャンスが転がり込んでくる可能性が高いといいます。

 

というのも、川島さんはTBSサイドからの説得を受けて、渋々ながら格安で朝帯情報番組の司会を受けたという事情があるから。

 

今回の打ち切りはどう考えても川島さんだけの責任ではないですし、逆にその奮闘ぶりはTBS首脳陣からも高く評価されているとのこと。

 

そのため、TBSから謝罪の意味も込めて、川島さんの意向を取り入れた別番組が用意される可能性は高く、そこで結果を出せばバラエティ司会者としての地位を確かなものにすることもできると。

 

もちろん、本当に半年で終わってしまえばショックは大きいでしょうけど、ピンチの後にはチャンスありともいいますからね。

 

ここで腐らず、次の成功に向けて頑張って下さい!

 

◆打ち切り番組の衝撃度ランキング!

 懐かしいあの番組も→ geinou ranking geinou reading

 懐かしいあの番組も→ geinou reading geinou ranking

 

◆性格的にユーチューバー向きだと思います。



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※川島明さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ

 

まだ始まって1ヶ月も経っていないTBS系朝の情報番組「ラヴィット!」が、信じられないような低視聴率を連発し、早くも打ち切り確定状態になってしまったといいます。

 

 

※あなたを作ったのが何なのか、そんなことに興味はありません。



 

[以下引用]
番組MCを務めるお笑い『麒麟』川島明と局アナの田村真子アナの〝ヒキツリ笑い〟が話題です。前番組『グッとラック!』が事件、スキャンダルを追うワイドショー系で視聴率2~3%で打ち切りとなり、『ラヴィット!』は真逆に活路を見いだしてニュースを一切追わない生活情報のみに特化。前宣伝でも大々的にブチ上げました。しかしながら、生活情報番組というのは耳障りはいいものの、ウリが見えない。何をもって生活情報とするのか、視聴者も困惑しているようです」(テレビ雑誌編集者)

 

初回の3月29日から視聴率2.7%、以降も同2%前後の推移が続き、4月9日には何と1.1%の驚くべき数字を記録した。

 

「12日の月曜日には5.6%が出ましたが、これは直前まで放送していたゴルフの『マスターズ』の延長分の視聴率が『ラヴィット!』の視聴率としてカウントされたからでしょう。何はともあれ、情報番組の1~2%台常態化は、打ち切りが常識。リニューアルして部分的な内容変えをしても『つまらない』というイメージが視聴者の頭に残るからです。もう完全に打ち切って別番組に一新した方が賢明ですよ」(前同)

 

さらに同番組の視聴率は致命的な問題があるという。

 

「わずか10回程度の放送で視聴率1~2%台を連発しているというのは、別に見ていないのにとりあえず、そのチャンネルがついているという〝無興味派〟だとされます。見てもいないのに、いつも同じチャンネルのまま。自宅のネコや犬のために画面を見せている可能性さえあります。〝ワンニャンチャンネル〟と呼びます」(同)

[週刊実話]

 

あんなに皆さん一生懸命喋っているのに、テレビの前に座ってるのはワンちゃんとニャンちゃんばかり…

 

そんな画を想像して、思わず笑ってしまいました。。

 

※あなたの低音イケメンボイスに犬猫もウットリ。

麒麟川島単独ライブ 雨降る夜 [DVD] - 川島 明(麒麟)

麒麟川島単独ライブ 雨降る夜 [DVD] - 川島 明(麒麟)

 

さて、TBS関係者によると、当然ながらこのまま放送が継続される可能性は低く、今後は2通りのシナリオが考えられるんだとか。

 

1つ目は3ヶ月で打ち切るケース。

 

2時間放送の情報番組はゲストもスタッフも多く、コストも非常に掛かっているため、サッサとやめた方が傷口が小さくて済むと。

 

まあ、当たり前ですよね。

 

ただ、川島さんもいちおう吉本興業という大手事務所所属ですし、番組にもヨシモト芸人がたくさん出てきて盛り上げに協力してくれているという事実もあります。

 

そうなると、さすがに3ヶ月で「ハイ、終わりね」では、大人の事情的によろしくないという判断もあるわけです。

 

そこで2つ目のケースとしては、とりあえず半年間は我慢して現体制で継続し、その間に浮上の気配が見えてこなければ、川島さんと田村アナ、コメンテーター全員が降板。

 

そして、9月以降は別の司会者(吉本興業から起用?)を立てて番組が変わったように装い、それもダメだったら来年度から新番組を立ち上げると。

 

いずれにせよ、現出演陣がサヨウナラ…となるのは避けられそうにありません。

 

しかし、川島さんも芸人の端くれ。

 

ここは思い切って今月いっぱいでクビにしてあげた方が良いのでは?

 

そうすれば、彼も

 

「テレビ史上最速でクビになったオトコ」

 

として思う存分ネタにできますし、TBSも傷口を最小限で済ますことができます。

 

まさにWin-Winの関係。

 

どうですか、TBSさん!吉本興業さんっ!!

 

◆川島明と言えばこの女性!で、その破局理由が…

 意外です→ geinou ranking geinou reading

 意外です→ geinou reading geinou ranking

 

◆相方はこのネタで億稼いだっていうじゃないですか。



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※川島明さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

極楽とんぼの加藤浩次さんのレギュラー番組2本が、3月いっぱいで立て続けに終了することが明らかになりました。

 

その番組は「スーパーサッカー」と「この差って何ですか?」(ともにTBS系)とのことですが、業界では「吉本興業上層部批判から1年半が経ち、いよいよ粛清が始まった」と噂されているようです。

 

※北海道に帰ればいくらでも仕事があるから大丈夫!



 

 

吉本興業が加藤浩次を見捨てた理由とは?

 

芸能界でも一二を争うほどのサッカー好きとして知られる加藤さん。

 

「スーパーサッカー」は1993年のJリーグ開幕から続いてきた長寿番組で、加藤さんは2001年からメインMCに起用され、TBSサッカー番組の顔として活躍してきました。

 

しかし、4月以降は総合スポーツニュース番組「S☆1」に吸収される形で消滅するそうで、28年の歴史に幕を閉じることになると言います。

 

また、加藤さんが川田裕美アナウンサーとともに司会を務める情報バラエティー番組「この差って何ですか?」も打ち切られるとのこと。

 

同時に2つの番組を失うというのは、さすがの加藤さんでもかなり厳しい状況に追い込まれるのは必至でしょう。

 

[以下引用]

「昨年秋にテレ朝の『やべっちFC』が終了したことからも分かるように、サッカーニュース番組は存続が難しい時代に入った。また『この差って何ですか?』も、かつては2ケタ視聴率だったが、最近は1ケタに落ち込んでいた。打ち切りもやむなし、といったところ」(TBS関係者)

 

確かに視聴率を見ると番組が終わるのも無理はないのだが、よりによって加藤がMCを務める2番組ということで、不穏な空気が流れているのだ。

 

「一昨年に巻き起こった一連の闇営業騒動の時、加藤は日テレの『スッキリ』で吉本の大﨑洋会長ら幹部を糾弾。いわゆる〝加藤の乱〟を起こした。加藤が吉本とエージェント契約を結ぶことで一応の決着は付いたが、この時のことを吉本幹部は許しておらず、すぐにではなくタイミングを見て仕事を減らしていくのでは?とみられていた」(芸能プロ関係者)

[東スポ]

 

”加藤の乱”が起きた直後、吉本上層部の怒りはハンパなかったといいます。

 

しかし、当時は世論的に(闇営業に関わっていない)吉本タレントに対する同情的な雰囲気が強かったので、大崎会長らはエージェント契約という形で歩み寄った”フリ”をすることを決めたとも。

 

で、東スポ記事にもある通り、数年単位の長い時間を掛けて徐々に加藤さんを干していくだろうと言われていたのですが、まさにその通りの展開になってきた?

 

そういえば先日、フライデーの直撃を受けた大﨑会長は、今でもテレビ復帰を事あるごとに訴えている宮迫博之さんに対し、次のように突き放した言い方をしていました。

 

「テレビ局と直接やったらええやん。吉本がテレビ局に圧力かけたり、逆にテレビ側が気を遣って降ろすとか噂されてるけど、そんなんあるわけないやろ」

 

つまり、吉本側が積極的に番組終了へ動くことはないものの、もし数字が悪いという理由で打ち切り危機になったとしても、一切助ける気はないと。

 

また、テレビ局としてもそういった吉本側のスタンスを理解しているからこそ、忖度することなく数字優先で番組を再編成させて頂くと、そういうことなのでしょう。

 

 

加藤浩次の刺客として選ばれた麒麟・川島明

 

[スポンサーリンク]

 

さて、こうなると加藤さんにとっては朝の情報番組「スッキリ」が残された最後の牙城となってくるわけですが、こちらは今のところ打ち切りの動きはありません。

 

しかし、実はヨシモトは怪しい動きを見せているそう。

 

3月26日には「スッキリ」の裏番組であるTBS系「グッとラック!」が終了し、翌週月曜日から新番組「ラヴィット!」が始まりますが、ここで司会に抜擢されたのは渋いバリトンボイスで知られる、お笑いコンビ「麒麟」の川島明さん。

 

もちろん、川島さんはヨシモト所属ですが、これがなにやらキナ臭いらしく…

 

[以下引用]

「この枠は1996年から『はなまるマーケット』が放送されたが、MCは昨年亡くなった岡江久美子さんと薬丸裕英、その後の『いっぷく!』と『ビビット』は国分太一、続く『グッとラック!』は立川志らくと、吉本にはあまり縁がなかったが、ここに来て吉本の川島がMCの座をゲットした」(テレビ関係者)

 

「スッキリ」の裏番組に川島のMC起用したウラには〝加藤潰し〟の意図があるとの見方も浮上している。現時点で「スッキリ」が終わるという話は出ておらず、加藤がテレビから姿を消すという日は当面来ない見込みだが・・一寸先は闇だ。

[東スポ]

 

なるほど…

 

川島さんが加藤さんへの刺客ということですか。

 

※不倫はしなさそう。

ぼくをつくった50のゲームたち - 明, 川島

ぼくをつくった50のゲームたち - 明, 川島

[関連商品]

 

TBSによると「ラヴィット!」は芸能ネタや政治・社会問題などは扱わず、「王様のブランチ」のように生活密着情報を主体とした番組内容になるといいます。

 

ただし、これは「はなまる路線」を復活させるということではないそうで、番組制作もバラエティ班が担当し、今までになかった”ライフスタイルエンターテイメント番組”を目指すとのこと。

 

そうであれば、裏番組とは内容が被りませんから、朝からワイドショーを見たくない層の取り込みに成功すれば、視聴率争いで優位に立つ可能性はあるでしょう。

 

イノッチ&有働コンビ時代は一人勝ちだった「あさイチ」も、現在では「羽鳥慎一モーニングショー」に完全に抜かれてしまい、1桁台を記録することも多くなりましたからね。

 

とにかく、普通であれば同じ事務所所属のタレントが同時間帯の朝帯番組で裏被りするなんて、普通では考えられないこと。

 

ヨシモトによる”加藤浩次・芸能界追放作戦”が、本格的に始まったのかもしれません。

 

※コロナ禍の今こそ、ポイ活を始めるチャンスですよ!

 

◆声が好きな芸能人ランキング!2位は川島明、そして1位は…

 この人!→ geinou ranking geinou reading

 この人!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※加藤浩次、川島明さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング