タグ:山田孝之
ホームPage 1 / 3123

 

最近明らかに評価が急落している俳優が二人います。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\好評予約受付中/【ケーブルニット風布マスク(kbm191)】<ご予約受付中♪(...

価格:1280円(税込、送料別) (2020/10/22時点)


楽天で購入

 

 嫌われ俳優その1:竹内涼真

 

[以下引用]

“イケメン俳優”として飛ぶ鳥を落とす勢いだった竹内涼真(27)の空回りぶりが止まらない。18日、竹内は自身のインスタグラムを更新し、相手の顔がハートで隠された思わせぶりな“カップルショット”をアップしたものの、ネットを中心に罵詈雑言が飛び交っているのだ。ワイドショー関係者はこう話す。

 

 「これは来年1月に放送されるドラマ『君と世界が終わる日に』のインスタグラムのアカウントをPRするためのもの。インスタで竹内は『知らない間に公式できてる!フォローしてくれ~皆様』などとコメントし、最後は『隣は誰でしょう……お楽しみに』と締めくくった」  

 

ところがこの記事をアップした「Yahoo!ニュース」には辛辣なコメントが次々に寄せられてしまったのだ。 「ネット民のリアクションはバッシングの嵐と言っても過言ではない。多くの読者は『番宣だろ』『どんなにイケメンだろうと女性との別れ方って本性が出ます』『なぜだろう。以前は、めちゃカッコいいと思っていたのに。今はむしろ、顔は、イマイチ』などといった厳しい意見が続いている」(前出のワイドショー関係者)

[ゲンダイネット]

 

問題の写真がこちら。

 

 

正直これだけなら罵詈雑言にもならなかったんだと思うのですが、これを「竹内涼真、インスタに女性との"匂わせ風写真" 『プライベート流出?』と話題に」と報じた記事がYahooにピックアップされたのがマズかったような。

 

明らかに番宣なのに「匂わせ」とか全然おもしろくないですが、その記事を書いたのはスポーツ報知なのにちょっと気の毒な気もします。

 

まあそれだけ嫌われてしまったんでしょうね。

 

三吉彩花さんとの熱愛報道で元カノ吉谷彩子さんとのトラブルが明らかになりすっかり評判を落としたために、もとから一部であった「あざとくてキモい」という評判が膨れ上がったような。

 

 

共演女優に「あざとい界の帝王」と呼ばれた竹内涼真

 

以前はSNSさえやらなければ演技は別にいいのに、という声もありましたが、今は演技についても辛口の評判が目立ちます。

 

そう言われてみれば、いつもハァハァ息を切らしながら話すイメージで、棒とは違いますがイマイチな感じも。

 

よほど良い役をすれば、またいい位置に戻って来られる、かも??

 

 

 嫌われ俳優その2:山田孝之

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

女優の松本まりか(36)が21日に自身のインスタグラムを更新し、俳優・山田孝之(37)との2ショットをアップした。

 

「たー。昨日誕生日おめでとう」と山田のバースデーを祝福。2人は、松本のデビュー作・NHKドラマの「六番目の小夜子」(2000年)で共演しており、「私15歳。孝之16歳。山あり谷あり紆余曲折あり。よくみんなで渋谷のNHKまで通ったね」と懐かしんだ。

 

フォロワーは「ドラマ見てました!」「昔から仲良しなんですね」と2ショットに喜んだが、ファンの目に留まったのは山田の“サイズ感”で「丸々してますね」「貫禄が出すぎ…」「横幅の差が面白いです」などの声が寄せられた。

[スポーツ報知]

 

問題の写真がこちら。

 

 

 

 

確かにかなりガタイがいいですね。

 

ネットでは「嫌い」「どんどん嫌いになっていく」「太り過ぎー」「年取るにつれて性悪さが顔に出てきてる」「沖縄豪遊以降ほんと嫌い」「手越といっしょなのになんで非難されないの」といったコメントばかり。

 

以前だったら「山田孝之なら許す」みたいな風潮がありましたし、「全裸監督の役作りでしょ」「さすがの役作り」「楽しみだね」くらいだったような気もするのですが、これはコロナ禍の銀座豪遊、沖縄旅行とその後の対応が効いてるんでしょうね。

 

 

[文春砲]終了!山田孝之、真剣佑、丹羽仁希がコロナ自粛中に沖縄旅行!危機感ゼロで批判殺到

 

個人的には、コロナ禍で小さい映画館が危機に陥っている、助けてという活動をしていながら夜遊び豪遊、旅行までしていたのが、自分は他人事で遊んででも助けてほしいと主張だけはして嫌だなと思ってしまいました。

 

 

山田孝之、お前もか。コロナ禍で外出自粛中に合コン、歩きタバコで映画を救う気になれない

 

 

山田さんも、よほど世間を納得するような役をしないとこのまま嫌われていく一方な気も…

 

 

◆山田孝之の嫌われ起源は

結局ここ→ geinou ranking geinou reading

結局ここ→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山田孝之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

山田孝之さんが女性自身に掲載された、山田さんがユニオンを結成という記事をSNSで否定し、保身がひどいとネットが反応しています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ディーン&デルーカ エコバッグ 折りたたみ コンパクト ロゴ 【 DEAN &a...

価格:7980円(税込、送料無料) (2020/10/5時点)


楽天で購入

 

 山田孝之が否定した「ユニオン結成」

 

[以下引用]

俳優の山田孝之が、9月30日にインスタグラムを更新し、自身にまつわる報道を否定した。しかし都合の良すぎる態度に、ネット上では呆れ声があがっている。

 

コトの発端は、同日に週刊誌『女性自身』が報じた記事。山田と俳優の小栗旬が、俳優や映画監督向けのユニオン(合同労組)を結成するべく動いているという内容だ。背景には、芸能界のギャラ事情など〝闇深い問題〟が関係しており、ネット上では期待の声があがっていたのだが…。

 

山田はこの報道に対してインスタグラムで、

《知人にYAHOOニュース見たよと言われ記事を見せてもらいましたが、女性自身のファンタジー作家さんの文章はとても面白かったです(妖精のスタンプ)》

と、かなり皮肉交じりに否定した。

[まいじつ]

 

 

山田さんが週刊誌報道を否定したことで、「週刊誌って話をつくるんだ」と思った人もいる反面、コロナ禍で外出自粛要請の期間に銀座で夜遊びしていたり、沖縄が来島自粛を要請しているときに沖縄に行ったりしたときはノーコメントだったのに、と、保身に走ってダサいというコメントをする人も。

 

 

山田孝之、お前もか。コロナ禍で外出自粛中に合コン、歩きタバコで映画を救う気になれない

 

[文春砲]終了!山田孝之、真剣佑、丹羽仁希がコロナ自粛中に沖縄旅行!危機感ゼロで批判殺到

 

確かに、沖縄のときなんて真剣佑さんや丹羽仁希さんは反省コメントを出していましたが、山田さんはスルーしてましたもんね。

 

その一方で、山田さんはコロナ禍で危機に瀕するミニシアターを救おうという活動に参加しており、政府に援助を求めるとともにクラウドファンディングで基金を募っていたのですが、そもそもコロナが終息しないと根本解決にはならないのに、山田さん自身が自分は関係ないとばかりに夜遊びしていてお金は他人に求めて、なんて、首尾一貫しておらずかっこ悪いですよね。

 

それで今回また一つ、こんなカッコ悪さが露呈しました。

 

 

 

小栗旬がまたがっかり 

 

[スポンサーリンク]

 

今回ユニオン結成を否定したのもこんな裏が指摘されています。

 

[以下引用]

一般人の批判はなんてことないが、芸能界を敵に回しかねない〝ユニオン結成〟報道にはさすがに怖くなったのか。こうした移り身の早さも、〝カメレオン俳優〟らしいといえそうだ。

[まいじつ] 

 

ありそうな話です。

 

ユニオン自体は、以前雑誌の対談で小栗旬さんが作りたいと言っていたものです。

 

「アイツを使うな」小栗旬が芸能界追放のピンチ!主演映画「ルパン三世」は好調でも、芸能界批判発言に大手勢力から圧力が…

 

「僕らの同世代でも上の世代でも“この人、何も考えてないのによく生き残ったな”っていう人はいますから。事務所の力もありますし」

 

「“映画にしか出ない”とか言ってる人がコンサバなテレビコマーシャルに出ているのを見ると、“話が違くね?”って思ったりするんですよ。“金もらったらコンサバなテレビコマーシャルに出るのに、テレビドラマは下に見るんだ。意味わかんねえ”って」

 

と、今考えてもスゴイこと言ってるなと思うのですが、労働組合をつくる旗振り役になろうとしている小栗さんに対し、みんなけっこう、いざとなると乗ってくれないんですよ」「たぶん傷つきたくないからだと思うし、今の自分の立場を失いたくないからだと思う。その気持はわかるけど、『意外と口先だけで覚悟がねえんだな』って思うことは多いし、ちょっと悲しくなりますね。僕はどこかで、無理してまでこの世界に生き残っていたいとも思ってないんですよね。だからこそ、変えるしかないじゃんと思ってる」という発言もしていました。

 

飲んでるときとかは、「組合作ろうぜ」「おー!」とかやってるのに、いざとなると「え、そんなこと言ってないよ?」とか言う山田さんが想像できてしまいました。

 

小栗さんは今も、映画撮影の現場で働き方改革として撮影スケジュール厳守を主張するなど、役者を守るべく行動しているよう。

 

俳優のみならずスタッフのためにも働き方改革が実るといいですね。

 

◆え、山田さん!?どうしたの?

顔がまんまる→ geinou ranking geinou reading

顔がまんまる→ geinou reading geinou ranking

 

※山田さんが評価され

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山田孝之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

新型コロナウィルスの感染が拡大し緊急事態宣言が出され生活エリアを越えた移動の自粛が求められている中、沖縄に旅行していたことが報じられた山田孝之さんが一人完全スルーを貫きそうだと報じられています。

 

同じタイミングで旅行していた真剣佑さん、丹羽仁希さんは謝罪コメントを発表するも、今後は厳しいとか…

 

※「ダイソンの空気清浄機は、ウイルスを捕らえます」ってマジですか

 

 

 真剣佑、丹羽仁希は謝罪コメントも山田孝之は…

 

文春が報じた山田さんたちの沖縄旅行詳細はこちら。

 

[文春砲]終了!山田孝之、真剣佑、丹羽仁希がコロナ自粛中に沖縄旅行!危機感ゼロで批判殺到

 

新型コロナウィルスの怖いところは、感染していても無症状の場合があること、その場合でも感染力があること、発症の数日前から感染力があること、治療法が確立しておらず、軽症といってもかなりの苦しさがあり、持病のある人や高齢者が罹患した場合の死亡率が高いこと、などです。

 

沖縄だけではありませんが、地方は新型コロナウィルスのような病気に対応できる病床数が少ないため、都会と比べて医療崩壊が起きやすい状況です。

 

沖縄はGW前、4月の時点で40ほどの病床数に対し患者数が112名と既にキャパオーバーしており、本来であれば観光客は大歓迎したいところを人命優先で今だけは遠慮してほしい、という状況であることは、沖縄県知事の会見やニュースなどで報じられていました。

 

こういったことが耳にタコができるくらい報じられてきて、緊急事態宣言なんて誰も経験したことのないような事態になっているのに、自分の楽しみで旅行し、しかもマスクをする配慮も見せていないことに、ネットでは怒りの声しか見られません。

 

 

 

あくまで山田孝之を守るスターダスト 

 

[スポンサーリンク]

 

そんな声を受け止め丹羽仁希さん、真剣佑さんは謝罪コメントを出しました。

 

が、現時点で山田さん一人、無反応です。

 

よく見れば山田さんに関してのみ炎上の形跡がないそうで。

 

 

[以下引用]

「インスタのコメント欄を制限して批判が殺到するのを避けていた疑惑が浮上。おまけに、所属事務所は各メディアに対して後追いしないように“圧力”を掛けていたといいます」(芸能記者)

 

山田といえば、4月上旬にも東京・銀座で豪遊していたことが一部で報じられたばかり。自宅に複数の女性を呼んで“キャバクラ状態”にしていたNEWS・手越祐也同様に、その辞書の中に「反省」の二文字はなさそうだ。

 

「昨年は主演した動画配信サービス・Netflixのドラマ『全裸監督』が大当たりし、続編の製作を控えている。古株に加え、所属タレントの中でもダントツに稼いでいるので、事務所の幹部ですら物申せない」(テレビ局関係者)

[リアルライブ]

 

インスタのコメント欄を制限して批判が殺到するのを避けていた疑惑と言いますが、実際に山田さんのインスタを見ればコメントが制限されています。

 

Twitterは1ヶ月以上放置されており、それでも非難のコメントはありますがごく少数。

 

その上事務所が後追い報道を制限しているなら、そりゃ一見何事もないように見えるかもしれませんが、確実に幻滅している人はいますし好感度は下がり支持者は減っています。

 

しかも、文春の直撃には「軽率な行動に対し、本人にも厳重に注意いたします」と言っているのに、ですから、スターダストが圧力をかけているなら、事務所ごとイメージも悪くなります。

 

木下優樹菜さん、小倉優子さんの騒動で「事務所総出」がありえることを知った一般人は嫌悪感を持っていますし。

 

木下優樹菜、活動自粛へ。しかし事務所総出の火消し作業が逆効果で復帰は厳しい

 

小倉優子は既に離婚を覚悟。怖いのはCM違約金。ダメージを避けるべく事務所総出で印象操作中!

 

5月20日の厚労省の集計によると、全国の現在感染者数は2975人、新規感染者数は37人と終息の気配を見せていますが、治療法が確立していないのは変わりませんし、ワクチンがないのでいつまた感染爆発が起きるかわかりません。そんなことになれば、今でも疲弊している医療現場の人たちはどうなってしまうでしょう。

 

そして新型コロナによる死亡者数は777人です。

 

子どもたちは卒業式、入学式、新学期の生活、授業、運動会、修学旅行、そして各種部活の大会等々、数え切れないものを犠牲にしています。

 

俳優は演技ができればいい、あとは多少破天荒でもいい、みたいなのは、ことコロナに関しては他人の命に関わることなので当てはまりません。

 

 

「コロナで死亡すると遺体と面会できないまま火葬」志村けんさん逝去で初めて知った現実

 

ビジネスジャーナルには今後の世論の動き次第では「ジョージア」CM降板や一定期間の活動自粛も免れない情勢だというテレビ局関係者のコメントもあり、山田さん、想像力と他人を思いやる気持ちの欠如で仕事をなくすかもしれませんね。

 

◆ジャニーズと全裸監督村西とおるの遺恨って何だったの?

へーなるほど→ geinou ranking geinou reading

へーなるほど→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山田孝之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

新型コロナウィルスの感染拡大で全世界的に外出自粛となっている最中、人気男性タレントXが夜遊びに興じるのみならず、自分がコロナに感染していたかのようなことを口走っていたと報じられています。

 

※ふだん使いに

 

 

 コロナ感染をポロッと漏らした人気男性タレントX

 

[以下引用]

芸能人もファンにSNSやユーチューブなどで「ステイホーム」を呼びかける中、あまりにも危機感がない行動で、周囲をあぜんとさせているのが、男性人気タレントのXだ。

 

不要不急の外出自粛を求められているにもかかわらず、Xは周囲の忠告をガン無視して、夜の街でドンチャン騒ぎしていたという。それだけでも芸能人として失格だが、なんと周囲に“コロナ感染疑い”を言い放っていたというから2度あきれる。

 

「自粛期間中だけに、周囲には感染を心配する声があったようだが、Xは『そういや熱があって、味覚も変だった時があったよ』などとあっけらかんと口にしていた。症状はすでに治り、PCR検査もしていなかったようで、本当に感染していたのかは本人も分からない。でも人前で『熱があって味覚が変』などと平気で言うとは…。Xのあまりに無神経な姿に驚いた」(芸能関係者)

 

もし冗談としても、笑える話ではなく、感染したような虚偽発言をして逮捕された例もある。

 

新型コロナは高齢者が重症化しやすいと言われる。Xはまだ50歳に達しておらず、「感染しても大したことないだろう」というのが本心なのかもしれないが、仕事では多くの芸能人と接点があり、感染させるリスクも考えてしかるべき。もっとも、もしそんな思慮があるならば、リスクが高い夜の街で遊んだりはしないだろうが…。

[東スポ]

 

人気男性タレントって何でしょうね。

 

ジャニーズならアイドル、俳優なら俳優、と書くでしょうが、司会もやるけど俳優もやる、みたいな感じの人がタレントと書かれたりしますかね?

 

そこからしてぼんやりしているのでXが誰か、まるでわかりませんが、50歳に達していない、と書いてあるのは、割と年齢が高めということなのか、少なくとも若手ではないんでしょうか。

 

自分が罹っていたかも、なんてケロッという人の気はしれませんし、そんな自覚症状がありながらも遊び続ける人の気もしれません。

 

 

※外に出ないとダメな人はまずは家でトランポリンでもすればいいのに。

 

[Amazon]

 

コロナで終わりそうな芸能人

 

[スポンサーリンク]

 

今回のコロナで評判を下げた芸能人というと、まず石田純一さんや宮藤官九郎さんが思い浮かび、そしてホットなところでは山田孝之さん、真剣佑さん、丹羽仁希さんがいます。

 

[文春砲]終了!山田孝之、真剣佑、丹羽仁希がコロナ自粛中に沖縄旅行!危機感ゼロで批判殺到

 

宮藤さんは一緒に仕事をしたことがある岡江久美子さんが亡くなったことで、「うかつな行動で多くの人を濃厚接触者にしてしまった」「自宅待機中に亡くなった人、検査を受けられない人。自分がかかっていなかったら、そのぶん誰かが助かったんじゃ…」と考えるようになり、自責の念に駆られているようでした。

 

自責の念を語るも好感度が下げ止まらない…宮藤官九郎に望むこと

 

そういう情報が発信されていても、自分の行動を顧みない人がいるということに驚いています。

 

コロナが流行し始めたころ読んだ体験記で、軽症と診断されたけどとにかく辛かった、8日間40度近くの発熱があり、咳をするたび全身が痛くて…なんて言ってた人が、回復の兆しが出てくると、免疫ができた、これからは感染の心配をしなくて良いんだ、今ベッドの余裕があるうちに罹ってよかったかも、なんて言っている人がいて、非常に複雑な思いになったのを思い出しました。

 

どれだけ要請されても外出を自粛しなかった人たちというのは、もしかすると自分は若いから罹っても軽く済むし、むしろ早く罹ったほうが手厚く診てもらえるし、一度罹れば免疫ができるし、みたいな考えだったんでしょうか。

 

しかし、コロナに関して一度罹ればもう罹らない、という保障はされていませんし、自分が大丈夫なら他人にうつす可能性を考えない、というのは非常識としか言えません。

 

今回東スポが報じたXが誰かわかりませんが、東スポもはっきり報じてしまえばいいのに。証拠の写真があるわけではなくて難しいんでしょうか。

 

 

しかし、コロナでは、自粛なんて程遠いところにいながら補償だ、援助だと言う芸能界にいる人たちの多さに驚きました。

 

山田孝之、お前もか。コロナ禍で外出自粛中に合コン、歩きタバコで映画を救う気になれない

 

コロナではいろんな人の本質が見えたような気がしますね。

 

◆手越祐也、さすがに人間性を疑う

除名発表直後の行動→ geinou ranking geinou reading

除名発表直後の行動→ geinou reading geinou ranking

 

※使い捨ては気楽ではありますが…

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山田孝之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ホームPage 1 / 3123