タグ:山口真帆の記事一覧

タグ:山口真帆
西潟茉莉奈と太野彩香の実名暴露!元NGT48山口真帆暴行事件でAKSの浅はかさ発覚で大ピンチ!

[スポンサーリンク]

 

週刊文春デジタルが元NGT48山口真帆さん暴行事件直後の音声データの実名部分も公開しました。

 

これにより、西潟茉莉奈さん、太野彩香さん、特に太野さんが深く関わっていることが判明しました。

 

 

 

 

実名が出たのは西潟茉莉奈と太野彩香

 

音声データは1万4000字ということで、起こしたデータは有料サイトで確認できます。

 

が、以前週刊新潮公開したのと同じものです。

 → NGT山口真帆、事件直後の録音データを入手(週刊新潮)

 

ここで伏せられていた実名を、今回週刊文春が明かしました。

 

週刊新潮でAとされていたのが西潟茉莉奈さん、Bとされていたのが太野彩香さん、CとされていたのがD子で、文春によると「新潟県警が事件と関係ないと判断したメンバーの実名などはカットしている」とのこと。

 

つまり、西潟茉莉奈さんと太野彩香さんは、警察も事件に関係あると判断したメンバー、ということになります。

 

これは事件直後の報道からのことで、当時スマホを押収されたとも報じられています。

 

録音データの中には、「じゃあさっきなんで茉莉奈の名前出したの?」「さっき言ったよね?」と繰り返し確認する山口さんに対し、犯人が「いや、その、落ち着いて話せるかなと思って、それは言っただけで」等々、しどろもどろになっている部分があります。

 

つまり、録音する前には西潟さんや太野さんの名前を出していた犯人グループの人たちも、録音しているとなってからは必死にそれを否定したようですね。

 

ただ、山口さんの「なんであやかに(太野彩香)の向かいの家が私って知ってたの?」という質問には、「それは相当前にあやかにか誰かに聞いたな」と答えています。

 

また、Cが「西潟と関わりがあるとしたら、まあ俺だけど、それは。俺は、西潟と関わりがあるのは俺だけど」と答えています。

 

西潟さんはNGT主催のボウリング大会でこの犯人グループと何度も一緒に対戦しているので、繋がっていないという方が無理というか…

 

一方で、「全然関わりない(山口)からすれば相当驚かせただろうし」と、山口さんとは関わりがなかったことを犯人は明かしています。

 

 

事件の登場人物

 

[スポンサーリンク]

 

参考までに、週刊文春がまとめた事件の登場人物です。

 

<犯人グループ>

・A(当時25・大学生) 第三者委員会報告書では「甲」、週刊文春1月24日号では「B」と表記。山口のファンと言われている。暴行事件の少し前からは西潟のファンとも言われていた。吉成氏の発言では、事件前から山口と繋がりがあったとされている。逮捕後、不起訴に。

・B(当時25・無職) 第三者委員会報告書では「乙」、週刊文春1月24日号では「A」と表記。山口の帰宅時、Aが借りている部屋(かつて太野彩香が借りていた部屋)から飛び出し、山口に最初に声をかけた。太野のファンだと言われている。逮捕後、不起訴に。

・C(当時24・大学生) 第三者委員会報告書では「丙」と表記。D子から帰宅時間を聞き、A、Bに伝えた。西潟のファンと言われているが、当時はメンバー・E子と交際していた。

 

<NGTメンバー(元メンバーを含む)>

・山口真帆(23) 暴行事件の被害者。12月8日帰宅時にA、Bから暴行を受けた。現在は芸能プロダクション「研音」に移籍。

・太野彩香(22) 暴行事件直後から山口が関与を疑ったメンバー。事件発生当時、A、Bは太野が当時住んでいた部屋から出てきた。第三者委員会報告書によると2018年夏に既に部屋を引っ越している。

・西潟茉莉奈(23) 暴行事件直後から山口が関与を疑ったメンバー。事件発生前のNGTのイベントではA、B、Cが親しげな様子で西潟のレーンに並んでいたという。Cが西潟のファンであることはファンの間では有名な話だった。

・D子(未成年) 12月8日、劇場公演を終え、送迎バスを降車する際にCに声をかけられ、送迎バスに山口が乗っていることを教えてしまう。

・E子(未成年) Cと交際。事件後、NGT運営に事情を聴かれ、「Cとつきあってます」と告白。既に処分されている。

・M子(20代) 山口からの電話を受け、現場に駆け付けた。犯人グループとのやり取りを録音した。

 

 

双方の主張まとめ

 

実際の録音データの文字起こしなので非常に長く、分かりづらいのでまとめだけにします。

 

<山口さんの主張>

家に入ろうとしたらいきなり話しかけることもなくドアを掴み顔を掴み部屋に押し入られそうになった。抵抗していたら向かいの太野彩香さんの部屋から他にも人が出てきた。

1年くらい前から寮の中にこういう人たちがウロウロしだしてメンバーと交流していた。

部屋の鍵は、太野さんが渡していたんだと思う。太野さんは引っ越してはいない。大家さんに確認して。

暴行の証拠として、顔からDNAや指紋を採ってほしい。ケガもしている。

 

<犯人の主張>

山口さんと話してみたかった。

これまでも他のメンバーに同じことをして拒否されたことがなかったから、同じように軽く考えて行動したら、予想に反してパニックになられてこっちもパニックになってあんなことになってしまった。

部屋の鍵はポストに入っていたのを「大家さんから」受け取り自由に出入りしていた。あの部屋は「短期で入る、できるみたいなやつでそれでその次に行けば大丈夫だよってなったから、次に行って」借りていた。

 

NGTの寮だという話だったんですけどね。

 

実際にはウィークリーマンションみたいなものだったと?

 

いずれにせよこの大家さんに確認すれば太野さんの部屋だったのか犯人グループの部屋だったのか、はっきりすると思うのですが。

 

太野さんは非常にゲスな動画を公開して話題になったこともある人物です。

 

NGT疑惑メンバーのクズ動画が超不快!マネージャー暴行事件の関与を匂わせる

 

 

明らかになったのは、AKS社長の浅はかさ

 

[スポンサーリンク]

 

先日週刊文春が明かしたNGT48保護者会での吉成社長の音声データによると、Aはもともと山口さんと繋がっていたと話しており、さらにNGT48メンバーに対しては山口さんとAが不仲になったために起きた事件と話しています。

 

が、この音声データの書き起こしを見れば、そうだったなら起きなかった事件だろうとわかります。

 

既述の通り、犯人は「全然関わりない(山口)からすれば相当驚かせただろうし」と山口さんとは関係がなかったと明言していますし。

 

山口さんは犯人たちに対し、全部言わないとSNSですべてを告発し、人生めちゃくちゃにすると繰り返しており、怒りはホンモノです。

 

「犯人が繋がっていたのは山口真帆」NGT運営が保護者会で明かした不信感

 

客観的な証拠もないのに「原因は山口真帆」発言!NGT48暴行事件をまるで男女関係のもつれかのように印象づけるAKSに呆れの声

 

今回の件はこうやって吉成社長がまるで山口さんの自作自演だったかのような説明をしたことを週刊文春が報じたことでまた再燃気味ですが、正直なところ、世間の興味はもはや違うところに行ってますよね。

 

なんで今さら墓穴を掘るようなことをしたのか…。

 

吉成社長はこの音声データを聞いているはずで、それでも山口さんに疑念が行くように内部に説明したというのは、単に自己保身というか、外に出た山口さんのせいにしてしまえという浅はかさな感じがします。

 

そして、ずっとAKB側についていたような印象の週刊文春が、これをなぜ今また掘り返したんでしょうね。

 

はっきりとわかるのは、AKSのいい加減さと、この「ファンと交流する会いに行けるアイドル」と「女の園」はなかなか相性が悪いということでしょうか。

 

同じことは他のAKBグループでも起きうることで、上の方は地方自治体の仕事や援助も得られてウホウホでしょうが、最前線にいるアイドルたちにとってはなんとも恐ろしいシステムですね。

 

◆本当に会いに行って大丈夫?

SNSと実物が違いすぎて整形したアイドル→ geinou ranking geinou reading

SNSと実物が違いすぎて整形したアイドル→ geinou reading geinou ranking

 

※研音に守られた?

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山口真帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

客観的な証拠もないのに「原因は山口真帆」発言!NGT48暴行事件をまるで男女関係のもつれかのように印象づけるAKSに呆れの声

[スポンサーリンク]

 

元NGT48の山口真帆さんへの暴力事件について、AKSのトップである吉成夏子社長が、証拠もないのに事件の原因は山口真帆さんにあるかのように話していると週刊文春が報じています。

 

 

 

 

 

NGT48保護者会で山口真帆と犯人の繋がりを告げた吉成社長

 

先月末、週刊文春はAKS社長である吉成氏がNGT48の保護者会で話した内容を記録した録音データを報じました。

 

それによると、吉成氏は山口さんに対しかなりの不信感があること、特に犯人が不起訴になった理由の説明内容と、犯人と疑惑のメンバーとの関係を証明する証拠があると言いながら理由をつけて見せてくれなかったことについては納得がいかないこと、犯人はもともと山口さんと繋がっていたと話していることなどを、保護者に対して明かしています。

 

 

「犯人が繋がっていたのは山口真帆」NGT運営が保護者会で明かした不信感

 

この発言は、現在進行中の裁判の内容に関わるものであったことから、保護者会直後から関係者の間でもさすがにマズイと話題になったんだとか。

 

しかし基本的に吉成氏の周囲はイエスマンや現場経験のない人ばかりで、その声が届くことはないそう。

 

ちなみに、山口さんは新所属事務所である研音を通じ、犯人との関係や、吉成氏が不信を抱いたという不起訴理由の説明や犯人と疑惑メンバーの繋がりの証拠について話したことはないと、否定しています。

 

参考までに、当時報じられた不起訴理由は、関係者はきっちり処分すると運営に説得された山口さんが被害届を取り下げたからだということでした。

 

また、「行列」でおなじみの北村弁護士によると、犯人が逮捕された理由は暴行罪であること、暴行罪は暴行はしたがケガはしてない場合に適用され(ケガをすると傷害罪)、詳細は下記リンク先のデイリースポーツにありますが、要するに、他の犯罪と比べれば軽微であるため起訴されにくい傾向がある、逆にいえば暴行罪で起訴されるというのはよほど悪質だったと判断された場合だと説明しています。もちろん、被害者が被害届を取り下げれば不起訴になります。

 →北村弁護士が解説する「暴行罪不起訴理由」

 

そんな中、吉成氏はさらなる暴露発言をしていたんだとか。

 

 

吉成氏がNGTメンバーの前で山口真帆を悪者に

 

[スポンサーリンク]

 

 

[以下引用]

そして新たに明らかになったのが、吉成氏のさらなる”暴露発言”だ。決して表舞台には出てこない吉成氏だが、実は保護者会の数日前、現役のNGT全メンバーの前でも説明会を行い、さらに踏み込んだ発言をしていた。

 

「あくまで『犯人側の主張』だと断った上で、吉成氏は事件発生の経緯についても触れました。なぜ事件が起きてしまったのか。それは、事件前から犯人の男性と繋がっていた山口が、あることが原因で男性と不仲になり、無視するようになった。連絡をとれなくなった男性が、直接話そうと山口の部屋を突然訪れた。そのために事件は起こった。吉成氏はそう説明しました。多くのメンバーは吉成氏の言葉にうなずき、納得している様子でした」(AKS関係者)

[週刊文春]

 

 

保護者会での「犯人と繋がっていたのは山口真帆」もそうですが、今回の「仲が良かったのに不仲になったから」云々というのはあくまで犯人の主張なんですよね。

 

決して証拠があるわけではなく、裁判で認められたものでもない、まるで客観性のない主張です。

 

それをなぜ、メンバーや保護者たちに大々的に話せるのか、その神経がわかりません。AKSという会社の社長として発言に責任を持つという気概はないのでしょうか。

 

山口さんも証拠という意味では同様ですが、一応、犯人から直接関与したメンバーの名前を聞いていたのに名前を出してはいませんからね。「フォローを外す」という形で密かに主張しましたが。

 

さらに、もしもそれが事実だとしても、山口さんが主張したのは、メンバーが犯人をそそのかし、帰宅時間を教えていたということ、そして、最初は一人だった犯人がもみ合ううちに犯人がもうひとり増えたが、出てきたのがメンバーが住む部屋だった、ということから、暴行に協力していたんじゃないか、ということです。

 

 

激ヤセ!NGT48山口真帆が男性ファン2人の暴行を暴露!関与したメンバーは処分なしか

 

そのあたりの怒りや疑惑は、文春自ら事件直後の音声データを手に入れたとして、取り乱し口汚く罵る山口さんのことを報じています。

 

 

週刊文春、NGT48山口真帆を個人攻撃か。襲撃事件直後の暴言を報じる

 

そういったことに触れず、ただ吉成氏のショッキングな言葉を報じるというのは、なんだかなあという気がします。

 

 

NGT48事件での週刊文春

 

[スポンサーリンク]

 

なぜか最初から他メディアや山口さんの主張には添わず、AKB側についている週刊文春。

 

直後の報道を見返せば吉成氏の話との矛盾点が多いのですが、今になっていろいろと報じているのも人の記憶が薄れてきたころだから、なんでしょうね。

 

 

騙されて激怒か。スポニチが山口真帆暴行事件の関与メンバーを示唆!追い詰められるNGT

 

事件後には、運営もメンバーの関与を認めていますし。

 

 

メンバーの関与認める!NGT48山口真帆暴行事件の裏には地方アイドル特有の闇が…

 

文春は今回の件についてはかなり信用を落としています。

 

 

週刊文春、NGT48山口真帆を個人攻撃か。襲撃事件直後の暴言を報じる

 

こちら↑の記事にも書きましたが、劇団ひとりさんが以前明かしたところによると、週刊文春はメンバーの1人に1人ずつ記者を付けているそう。何人いるかも定かではないAKBメンバーひとりひとりに!?と驚きますが、その記者は素人の大学生などであり、そもそもがメンバーのファンであるため、1日3000円程度の報酬で満足し文春の手足となっているんだとか。

 

で、今回の暴行事件には、その文春の「記者」が関わっているため、そこを隠すためにいろいろとおかしなことになっているというのがネットの見方です。

 

そんなこんなで、文春砲ともてはやされたのは過去のこと。

 

最近ではEXIT兼近さんの件でも批判を受けています。

 

 

EXIT兼近大樹が謝罪文発表も拒絶反応!吉本興業は週刊文春に対し保的措置の構え

 

一応今回の記事は、これはマズイんじゃないかと関係者の間でもざわついていると、批判的な色も見せてはいますし、記事全体が公開されるのは明日のネット番組内でのことなので、どういう結論になるのかわかりません。

 

ここでスッキリするような展開があれば、見直す声も出てくるかも?

 

◆NGT48の加工女王が整形?

明らかに顔が変わったのは…→ geinou ranking geinou reading

明らかに顔が変わったのは…→ geinou reading geinou ranking

 

※守りたいのですね、これを

[amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山口真帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

「犯人が繋がっていたのは山口真帆」NGT運営が保護者会で明かした不信感

[スポンサーリンク]

 

元NGT48の山口真帆さんに対する暴行事件の件に関し、NGTが所属メンバーの保護者に対し行った説明会の音声が文字起こしされ週刊文春に掲載されました。

 

それには、犯人は山口真帆さんと繋がっていると話していること、山口さんが話していることが必ずしも真実でないことが明かされていました。

 

※9月17日に発売されます。

 

 

週刊文春がNGT保護者会の音声データを入手、書き起こす

 

[以下引用]

「初めまして、AKS吉成夏子です。(中略)ここにいらっしゃる皆様がいちばん、私に対して、疑問に思っている事というか、それはあの山口真帆さんが卒業公演の時に、『不起訴でなければ事件じゃない』って社長に言われて(※4月の公演で山口は「社長には『不起訴になった。イコール事件じゃないということだ』と言われ、そして今は、『会社を攻撃する加害者だ』とまで言われています」と発言した)、会社からパワハラを受けたっていう、その発言が本当だったかどうかっていうところだと思っています。そのような事実は一切ございません。じゃあなんでそれを世間に対して言わないのですかっていうふうに思っていらっしゃる方がほとんどだと思うのですけども、申し訳ありません、あのタイミングで、私がそれを高々に言うと、言った言わないの話になって彼女の卒業がまた更に遅れるという判断をしました」

[週刊文春]

 

こんな感じで文春が書き起こした内容は2万字に及び、一部メンバーに対するSNS講習についての説明もありますが、大半は山口真帆さんについてのことです。

 

吉成さんは山口さんとおよそ15時間話し合い、そのうち半分程は音声データとして、またLINEのやりとりデータとして残っているそう。

 

また、二人きりで対面したことはなく、必ず複数人で面会していたことを明かした上で、山口さんの言動に対する不信感を述べています。

 

 

山口真帆と吉成社長のやりとり一部まとめ

 

[スポンサーリンク]

 

簡単にまとめると

 

・山口さんに犯人が不起訴になった理由を尋ねたら「犯人が初犯であった。そして、非常に反省している。3つ目が、第三者のメンバーの意思があった為この3つが揃って初めて不起訴になったのです。そのうちのどれか一つが欠けていたら起訴できていたのですけど、この3つが揃ったから不起訴になりました」と答えた。第三者のメンバーの意思が起訴・不起訴に関係するのはおかしいと思う。

 

・直接新潟県警に不起訴理由を聞きたいと言ったら、新潟まで行って連れて行かれたのは新潟警察の生活保安課。どうせ不起訴理由は聞けないだろうなと思ったが一応聞いたら一般論に終始されたものの、「ただ、普通に考えてメンバーが関わっているからっていうのは、警察としては普通は言わないですけれどね……」とは言われた。

文春注釈によると、実際に事件を担当したのが新潟警察生活保安課だったためこの対応になったと思われる。県警じゃなかったのは山口さんの責任ではない。

 

・メンバーと犯人の繋がりをはっきりさせる必要があるから、会社が費用を負担するから民事訴訟を起こしたいと言っても山口さんが納得せずできなかった。そのため山口さんが卒業するタイミングでの訴訟となった

 

・メンバーと犯人が繋がっている証拠を持っていると言うので示してほしいと言ったが、証拠を隠滅されるとして出してもらえなかった。コピーでもなんでもすれば隠滅できないと言ったが駄目だった

 

・山口さんが主張していたのは、証拠を見せず、警察の捜査でもなにも出なかったのに繋がっているメンバーのクビを求めるだけもので、到底受け入れられなかった。そのやり取りのなかで、今村支配人が「被害妄想だ」と発言したようだ

 

・現在係争中の「犯人」から和解の申し出があった。彼によると「そもそもAKSや今いるメンバーと争いをしたい訳ではないのです。ただ、今回の事件は、事件じゃないのです。僕は、もともと繋がっていたのは山口さんです」と言っている。ここで和解するとウラで手を回したと言われかねないので、裁判で公明正大に解決する

 

等々…。

 

 

「犯人と山口真帆は繋がっていた」と明かす司法関係者

 

実は、「犯人と山口真帆は繋がっていた」というのは、現在発売中の週刊大衆にも掲載されています。

 

[以下引用]

司法関係者が新情報を明かす。「犯行グループが、ここにきて“暴行事件などなかった”と主張し始めていると言うんです。それも、“山口さんとはもともとお互いの携帯番号まで知り合う仲だ”と語り、一アイドルとファンを超えた関係だったと証言しているようです」

 

だが、それだけではない。「犯行グループの一人は、“山口さんがプライベートで着ている服を、自分が買ったこともあり、事実上の援助をしていた”とも主張しているんです。もちろん、犯人側が裁判で有利になるために一方的に嘘を語っている可能性もあり、鵜呑みにはできませんがね……」

[日刊大衆]

 

 

こんなことを明かす司法関係者、信用なるのかという感じですが、もしかすると週刊大衆の編集部にも週刊文春と同じ音声データが一部でも漏れているのかもしれませんね。

 

しかし、山口さんがバレンシアガの帽子など収入に合わない高級品を身につけていたという話も紹介しており、山口さんに悪印象を与える記事になっています。

 

※確かにお高い…が、この半額くらいからあります。

[amazon]

 

週刊新潮が公開した事件直後の音声データとの不整合

 

[スポンサーリンク]

 

吉成さんの主張だけ見ると、「山口さん、あれ?」という点は多々あります。

 

ですが、不起訴理由についてや、犯人とメンバーの繋がりの証拠について、吉成さんとやり取りした事実はないと否定しています。

 

新潟県警と新潟警察の勘違いさえ確認できない仲で、どこまで山口さんに真実を聞けたのかという気もします。

 

犯人と山口さんが繋がっている証拠もないのにそういうふうに言っていると保護者に伝えるのも疑問です。

 

また、以前週刊新潮が公開した事件直後の犯人と山口さんのやりとりを記録したデータもあります。

 NGT山口真帆、事件直後の録音データを入手(週刊新潮)

 

吉成さんの言うように山口さんが犯人と繋がっていたなら、このデータでの内容はどう説明してくれるのでしょうか。すべて演技だったとでも?山口さんはその特定のメンバーを辞めさせたいがためにそんなことをしたと?

 

犯人を名指し!NGT山口真帆が暴行事件へ関与した黒幕メンバーを明かす

 

山口さんは今日、ラジオの生放送で芸能活動に復帰します。

 

そもそも週刊文春の発売は木曜日で、記事を早出しするのも通常水曜なのに今日は火曜日。こういうタイミングで週刊文春がこういう記事を出してくるというのは、なんとも悪意を感じます。

 

が、吉成さんが音声データやLINEデータを持っているというならそれをすべて、また、山口さんサイドのこの事件直後のデータも、新潮では一部伏せられて公開されているので全文、すべてきれいに公開してクリアにしないといつまでもスッキリしないような。

 

一応、吉成さんはパワハラで訴えてくれれば全部証拠として提出するとは言っています。

 

ただ、吉成さんのずるいところは、15時間分全部記録がある、と言っていないところで、そこでまた何があるのかわかりません。まあ、もしかするとその分は山口さんが持っているかもしれませんが。

 

山口さんはNGTを卒業し「研音」という大手事務所に移籍したので、きっと上手に対応するのでしょう。

 

特に週刊大衆が報じた「山口さんがファンから援助を受けていた」というのは名誉毀損にもなりかねませんし、対応が必要なのではないでしょうか。

 

◆NGT48の加工女王が整形?

明らかに顔が変わったのは…→ geinou ranking geinou reading

明らかに顔が変わったのは…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山口真帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

過激写真流出か。元NGT48山口真帆裁判で超人気メンバーとファンの親密交流が明らかに

[スポンサーリンク]

 

元NGT48の山口真帆さん暴行事件に関連して元所属事務所が暴行を加えた男性ファンの2人に3000万円の損害賠償を求めた裁判において、衝撃の写真が出てくるのではないかと報じられています。

 

 

※研音にいきました

 

 

[以下引用]

裁判を巡っては司法関係者の間で、耳を疑うような話が飛び交っているという。

 

「事件と直接関係があるわけでありませんが、NGT48の超大物メンバーとファンの“あられもない過激写真”が存在するとささやかれているんです。しかも、その写真を所持しているのは犯行グループだとされています。彼らは訴訟前、周囲に写真の存在をほのめかしたとも噂されているんです。

万が一、裁判が自分たちに不利に進んだ場合、形勢逆転のための切り札として、この過激写真を裁判に提出するのではないかともいわれているんです」(司法関係者)

 

写真の存在が噂される“超大物メンバー”とは、いったい誰なのだろうか?

 

「バラエティ番組でも活躍し、NGT48を支える主要メンバーの1人だといわれています。過激な写真は数枚存在するとされます。その中の1枚は、バスローブを着て、胸があらわになった姿とも聞こえてきています……。さらにはもっと過激な写真もあるのだと……。」(別の司法関係者)

[日刊大衆]

 

そんな写真があるならそれは衝撃ですが…なぜ司法関係者がこんな証言を?

 

ちなみに今回の裁判は、2人が事件直後に山口さんらに事件の経緯などを聞かれ、他のメンバーが関与していると返答したために、グループ内の信頼関係が損なわれたこと、インターネット上で他のメンバーへの嫌がらせ行為が起きるなどして、NGT48が劇場公演やツアーを中止せざるをえなくなったこと、NGTメンバーが出演していた広告が打ち切られたこと、などに対する損害の総額1億以上のうち、3000万円を求めて起こされたものです。

 

被告となった男性ファン2人は請求の棄却を求めて争う姿勢を示しているとのこと。

 

であれば、確かに「超大物メンバー」とファンがただならぬ仲であることが証明されるということは、「事件に他のメンバーは関わっていない」という事務所側の主張に疑問が生まれるきっかけになるかもしれません。

 

が、イコール事件にメンバーが関わっていた、という証拠にはなりませんが。

 

事務所の代理人弁護士は、報道陣の取材に対し「暴行の態様や因果関係などが争点となる。最も重要なのは真実の発見だ」と話していますが、本当にAKSは真実が発見されて大丈夫なんでしょうかね。

 

週刊新潮はこの男性ファン2人が山口さんに「事情聴取」されている音声データの内容を報じたことがあります。

 

それには関わったメンバーの名前が匿名で出ていますが、この元データをもとに、AだのBだのも証人として出てくれば、何かしら進展はあるのではないでしょうか。

 

◆週刊新潮が報じた山口事件直後のやり取りデータ

これは解明しなければ→ geinou ranking geinou reading

これは解明しなければ→ geinou reading geinou ranking

 

※終わってしまった感

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山口真帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング