タグ:向井理

 

 

今週発売の写真週刊誌「FLASH」が、テレビ朝日系の人気ドラマ「相棒」の5代目相棒として「向井理が最有力候補になっている」と報じて注目を集めています。

 

 

◆全てはここから始まった・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 相棒 season1 DVD−BOX/水谷豊,寺脇康文 【中古】afb

価格:3480円(税込、送料別) (2021/12/17時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

『相棒』といえば、主演の水谷豊がキャスティングや脚本にも大きな影響力を持っており、“テレ朝の帝王”とも言われているとされるが、同誌の記事によると、向井は水谷の妻で歌手の伊藤蘭と舞台『悼む人』(2012年)で共演経験があり、当時の『文藝春秋』での対談でも「こんな息子がいたら嬉しい」と向井を絶賛していた。


「結婚生活32年の水谷さんと伊藤さん夫妻ですが、水谷さんは業界でも超愛妻家として知られていて、いまだにラブラブだといいますからね。その伊藤さんが向井さんにぞっこんなら、確かに5代目相棒の有力候補と考えてもおかしくない」(芸能プロ関係者)

 

『相棒』のシリーズ開始から20年目を迎えた2019年には、新シリーズに伊藤がゲスト出演するのではないかという報道もあった。


「水谷さんと“相棒”になるためには、プライベートでも親交を深めないといけないと言われています。水谷さんは反町さんのことを“ソリ”と呼び、絶対的な信頼を寄せていましたが、それも普段の親交があってこそですからね」(前同)


反町は歴代最長の相棒という記録を打ち立てることになったが、それも、水谷との家族ぐるみのつき合いがあったからだという。

 

「反町さんは一家で、水谷邸で行なわれるホームパーティに顔を出し、伊藤さんの手料理に舌鼓を打つこともあったといいます。また、家族旅行にも一緒に行くそうですからね」(ドラマ制作会社関係者)

 

2019年11月の『週刊女性PRIME』でも、反町の長女はクラシックバレエを習っており、バレリーナを目指していた水谷の娘で女優の趣里からアドバイスを受けることもあると報じていた。


「当然、水谷さんが愛している伊藤さんのお墨付きがないと、相棒になるのは難しいでしょう。“テレ朝の帝王”とも称される水谷さんが伊藤さんにデレデレだからこそ、彼女の意見がキャスティングに影響を及ぼすことは十分にあり得る。そういった意味でも、向井さんは5代目相棒にピッタリです。反町さんは既婚者だったからこそ、家族ぐるみで親交を深めることができた。向井さんも国仲涼子さんと結婚して子どもが2人いますから、条件をクリアしている。すでに妻の伊藤さんのお気に入りということを考えても、他の候補者をリードしていると言えそうです」(前同)


[日刊大衆]

 

なるほど・・

 

伊藤蘭さんのハートをがっちりキャッチしていることが、向井さんの最大の強みだと。

 

確かに、水谷さんの愛妻家ぶりを考えたらあり得るような気もしますが、あまりにもプライベートと仕事を混同するのはどうなんでしょう?

 

向井さんが数字を持っているというのなら、誰も文句は言わないと思いますが・・

 

◆意外ですが、主演より脇役のほうがずっと多いんです、向井さんは。

『ウェディング・ハイ』2022年3月12日(土)公開、映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

『ウェディング・ハイ』2022年3月12日(土)公開、映画前売券

[Amazon]

 

ちなみに、向井さんは今年4月期に川口春奈さん主演のTBS系ドラマ「着飾る恋には理由があって」に出演するなど、今でも若い世代からの認知度も高いです。

 

ここ最近、テレビ局は13歳~49歳までのコア視聴率を重視しているので、この年齢層への訴求力という点では反町さんからチェンジする意味はあるでしょう。

 

また、「相棒」のメイン視聴者はシニア層ですが、2010年のNHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」に出演していた向井さんは、こちらの年齢層でも知名度は高いのも事実。

 

今の「相棒」ファンからも受け入れられ、さらにコア層からも興味を持ってもらえるというのであれば、テレ朝サイドが5代目相棒に抜擢する可能性も高いかも?

 

 

◆向井理の二人の子供たち

 画像→ geinou reading geinou ranking

 画像→ geinou ranking geinou reading

 

 

いずれにせよ、70歳という水谷さんの年齢を考えたら、次の相棒が最後になるのは確実。

 

ネットでは元SMAPの稲垣吾郎さんを切望する声も多いですが、それと同時にかつての相棒である寺脇康文さんや及川光博さんのカムバックを期待する声もあります。

 

ラストシーズンを盛り上げるという意味では、新相棒に加えて過去の相棒たちを総出演させちゃうというのもアリなのでは?

 

正式発表が楽しみです!

 

◆家族のためにも、安定した仕事が欲しいとか。



 

◆アンケートではアノ人がブッチギリ。

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※水谷豊さん、向井理さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

横浜流星さんのファン離れが加速していると報じられています。

 

いや、そもそも人気があったのかも不明という酷な話も。

 

横浜さんは川口春奈さん主演『着飾る恋には理由があって』で相手役を務め、視聴者から大好評だったはずなのに…

 

※イケメン&運動神経抜群なのに!



 

 

 

 

[以下引用]

『着飾る恋』を毎週チェックしていたのは、横浜流星のファンという女性がほとんどだが、共演した向井理のかっこよさが際立ってしまい、向井の評価が上昇。向井の登場にハラハラドキドキする視聴者が急増してしまったという。

 

「もともと向井さんはイケメン俳優として有名でしたが、年齢的なこともあって、近年は若い女性が見るようなラブストーリーには出演していませんでした。しかし、今回のドラマは随所に向井さんのかっこよさが散りばめられていて、そのイケメンぶりに気付く“横浜流星ファン”が続出。向井さんに乗り換える人たちが増えているようです」(芸能事情に詳しい週刊誌記者)

 

向井の評判が回を重ねるごとに高まっていき、特に最終回での川口演じる真柴に放ったセリフ、「片想いじゃなかったよ。気付くのがちょっと遅かったけど」と自身も真柴が好きだったことを明かしたシーンに、ファンは大興奮。

 

「かっこよすぎる」「流星ファンだけど向井理が好きになった」「向井理のイケメンぶりは別次元」など称賛する声があがっている。

[まぐまぐニュース]

 

確かに実況版を見ても、向井さんを絶賛する声が多く見られました。

 

「イケメン俳優」として旬を迎えていた頃の向井さんは、どちらかというと、その言動から嫌われることが多かったです。

 

おそらく、イケメンな上に明治大学農学部生命科学科で遺伝子工学を専攻したという頭脳を持つことで、いけ好かない言動も多かったんでしょう。

 

その結果、記者にも嫌われたのか、しょっちゅうサゲ記事が出ていました。

 

向井理も「ブスは帰れ!」連呼!笑いを理解しない態度に芸人たちが総スカン!酒癖なのか性格なのか…

 

向井理の重大な欠点と今後

 

それが国仲涼子さんと結婚し、2児の父となり、何度も主演作でコケた結果、最前線というよりは一歩引いた役を演じるようになって、少し変わってきたような。

 

もともと182センチという高身長に加え、全身ショットになると驚くくらい頭が小さくてスタイルがいいんですよね。

 

毒舌が封印され、いい役をやっていれば、そりゃキラキラして見えるわけです。

 

一方、横浜さんもかっこいいですが、社長の向井さんに対し、横浜さんはシェフで幼さの残る普通の男性で、イケメンを活用した役ではありませんでしたからね。

 

深田恭子さんとの共演作で演じた「ゆりゆり」は、そもそもあのピンクの髪が似合った時点でイケメンを大活用した感じでしたが。

 

単にかっこよさだけを全面に押し出さないでも演じられるということは、演技が上手ということなのかもしれません。

 

[Amazon]

 

実は「低視聴率俳優」という噂の横浜流星

 

さて、深田恭子さんとの共演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』でブレイクして以降、人気イケメン俳優として確固たる地位を築いてきた横浜さんですが、実は結果を出すという意味での実力には疑問の声も出ているといいます。

 

[以下引用]

清野菜名とダブル主演した2020年1月期放送のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は平均視聴率が8.1%。同8月期で浜辺美波とダブル主演した『私たちはどうかしている』は平均視聴率8.9%。

 

もちろん視聴率がすべてではないが、人気を表すひとつのバロメーターであることは変わりない。こうした結果から、横浜流星は「事務所のごり押しで人気があるように見えるのでは?」と揶揄する声もあがっている。

[まぐまぐニュース]

 

事務所はスターダストですから、たしかにゴリ押しする力はあります。

 

が、どうでしょうね。

 

『シロでもクロでもー』は日テレの日曜10時半ですから8%台取ればじゅうぶんな気が。

 

それに対して『私たちはー』は日テレ水曜10時、『着飾る恋にはー』はTBS火曜22時で、最近当たるドラマは10%は超えていたので、確かににちょっと厳しいかも?

 

でもまあ、主演の川口春奈さん自身が低視聴率女優と言われている人ですから、それで8%は頑張った方だと思いますけどね。

 

川口春奈メンタル崩壊?7年半ぶりの主演連ドラが視聴率下落で悪夢再び…

 

ネットを見る限り、濃いめのファンもついているようでそこまで不安はないような気もしますが、とにかく女性スキャンダルには気をつけてくださいね!

 

熱愛匂わせ!横浜流星が大好きなモノをアピールしたら西野七瀬が見えてきた

 

◆これぞ匂わせの見本!

 某ジャニタレと…→ geinou ranking geinou reading

 某ジャニタレと…→ geinou reading geinou ranking

 

※全身ショットでわかるバランスの良さ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※横浜流星さん、向井理さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

現在『きみが心に棲みついた』で主演中の吉岡里帆さんが、その役柄とキャラが合いすぎて嫌われ路線まっしぐらだと報じられています。

 

※あざといとは言われていました[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンパクト版MORE (モア) 2018年 03月号 [雑誌]

価格:669円(税込、送料無料) (2018/2/12時点)



 

自己肯定感のない今日子を演じる吉岡里帆

 

吉岡さんが『きみが心に棲みついた』で演じる今日子は、幼い頃から母親に妹と比較され愛情を注がれなかったため、自己評価・自己肯定感が極端に低く、オドオドと挙動不審だという役柄です。

 

大学時代に強引に勧誘されたサークルで出会った、向井理さん演じる星名漣と親しくなる中でコンプレックスを告白したところ、「そのままの今日子でいい」と言われ依存的恋愛に発展するも、星名には冷酷な一面があり、傷つけられることに疲れ距離をおいていたのに、社会人になって再会。そのころ交際を始めていた一見ぶっきらぼうだが根は優しい漫画編集者・ 吉崎(桐谷健太)との間で揺れて…という三角関係ラブストーリーで、星名のサイコパス加減と今日子の依存心からくる星名への揺れがキモチワルイと評判です。

 

ということで、視聴率も現時点では初回の9.4%が最高で、8.5%、8.4%、7.0%と低迷中、吉岡さんの演技に対し「イライラが止まらない」「胸糞悪い」といった声がSNS上で噴出しているとか。

 

 

重なる「裕木奈江」の影

 

実際の性格ではなく役柄で嫌われている現状は、ちょうど25年ほど前にもあったそう。

 

[以下引用]

「裕木奈江という女優の名を聞いて、ピンとくる世代は40代前後だと思います。当時、人気絶頂だった彼女がドラマ『ポケベルが鳴らなくて』(日本テレビ系)で演じたのが、緒方拳演じる妻子あるサラリーマンと不倫し、家庭を壊してしまう女性でした。これによって女性視聴者から“裕木憎し”の声が高まります。さらには、ささやくような声と男に媚びるような目つきも相まって、女性週刊誌がこぞって彼女をやり玉に挙げたのです。裕木は結局のところ、演じた役柄と見た目だけで『嫌いな女』にされて、生理的に受け付けないというムードが醸成されてしまいました」

 

※裕木奈江さん。現在放送中の亀梨さんのドラマで母親役やってます

http://amzn.to/2BSnrXk[Amazon]

 

それと同じようなことが吉岡にも起きているように感じると、同氏は話す。吉岡はブレーク当初から「あざとい」「男に媚びてる」とネット上でバッシングされていたが、「そこに今回の役柄への嫌悪感がないまぜとなり、過剰な批判につながっている印象があって、危険です」(放送作家)。

[サイゾーウーマン]

 

あくまで演技上のものとはいえ、元の吉岡さんのイメージがあんまり、というのもあったんでしょうね。

 →吉岡里帆と共演女優のやりとり

 

波瑠さんも『あなたのことはそれほど』で不倫に罪悪感を感じない妻を演じたときにはバッシングを受け、さらにそれに対してブログで苦言を呈して「それはない」と炎上したことがありましたが、今は『もみ消して冬』で気の強い姉を演じおもしろいと好評価を得ています。

 →波瑠がブログで心情吐露

 

吉岡さんも雑誌などのインタビューでの受け答えや次の役でうまく立ち回れば特に問題ないんじゃないでしょうか。

 

あとは現場スタッフに嫌われないことですかね。

 

下げ記事が出るのはスタッフに嫌われて細かいネタを流されるから、というのもあるでしょうから。

 →現場を一瞬で凍りつかせた女優X

 →名女優の処世術

 

◆人気のある吉岡里帆が嫌われる理由

いろいろ大事だなあ…→ geinou ranking geinou reading

いろいろ大事だなあ…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※吉岡里帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

 

話題性や視聴率、実力や人気などに比較してギャラが不当に高いといわれる芸能人として、織田裕二さん、高橋みなみさん、向井理さんがあげられています。

 

 

[以下引用]

「俳優さんの場合、実力や人気以上のギャラが相場となっていて、陰で『ギャラが高い』といわれるケースが多いです。そのひとりが織田裕二さんですね。現在もドラマ1本あたりの相場は300万円から400万円です。この金額は役所広司さんや佐藤浩市さんと同じランク。ただ今が旬の綾野剛さんなどでも相場は1本150から200万円なのに、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)以降はヒット作品が皆無の織田さんには、視聴率が取れない割に高いとの陰口も多いです」(テレビ局ドラマ部門関係者)

[トカナ]

 

 

役所広司さんや佐藤浩市さんと同レベルのギャラ、と言われると…確かに、え、そこまで?と思えます。

 

織田さんに俳優の仕事があまりないのはそういうワケなんでしょうか。

 

昨年10月期に放送された『IQ246』は、全話平均視聴率10.66%とギリギリ二桁で、正直TBSの日曜劇場なのに…という感じはありました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IQ246〜華麗なる事件簿〜 DVD-BOX [ 織田裕二 ]

価格:15711円(税込、送料無料) (2017/11/5時点)



 

 

他には高橋みなみさんと向井理さんの名前があがっていたそうです。

 

 

高橋さんはバラエティの出演料が1本あたり40万円と、指原莉乃さんの25万を15万も上回っていいながら、面白いことを言うでもなし…と評価が下がっており、向井さんは映画がヒットしないため「興行成績に晴れない俳優」として知られてるにもかかわらず、映画1本あたりの相場は1,500万円と同じ年代の俳優と比べると500万円ほど高く、需要のないところだそう。

 

織田さんが役所さんや佐藤さんレベルのギャラと言われると確かに違和感はありますが、一応織田さんは『踊る大捜査線』できっちり結果を残したひとですので、多少は大物ギャラでもいいような。

 

最大の違和感は、高橋みなみさんですが…

 

元AKBの看板だけで仕事できるのもそう長い間ではないでしょうから、今ちゃんと貯金しておかないとダメですね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高橋みなみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング