パンくずリスト
  • ホーム
  • 吉高由里子
タグ:吉高由里子

 

 

2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」で主演を務める吉高由里子さんが、

 

”中年女優”としてさらなる飛躍をするために重大決意をした

 

と、一部メディアが報じています。

 

◆冷たいアイスで癒やされて。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイス アイスクリーム お中元 御中元 スイーツ ギフト 福袋 詰め合わせ スイ...

価格:3780円(税込、送料無料) (2022/6/27時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「吉高は、平安時代に『源氏物語』を書き上げた紫式部を演じます。当時の最高権力者、藤原道長との恋模様も描かれる見込みで、愛の物語にもなる。ただ、脚本を担当する大石静氏は5月11日に行われた制作発表会見で〝男のエネルギーみたいなものが女に向かう〟〝性的エネルギーが高まる〟〝驚くようなバイオレンス〟などの言葉を用いて刺激的な方針を明言。大河の常識を覆すような〝過激濡れ場〟が挿入される可能性が高まっているのです」(スポーツ紙記者)

 

吉高は、20年1月期の主演ドラマ『知らなくていいコト』でも大石氏と組んでおり、気心知れた間柄。それだけに大石氏の描く〝艶脚本〟にも応じるとみられている。

 

「吉高は初の大河主演決定にヤル気満々です。戦がなかった平安時代を描くだけに、藤原道長ら権勢を誇った男たちとの、当時ならではの生々しく動物的でバイオレンスな激しいシーンを演じる覚悟を決めているようです。クランクインは来夏予定で脚本も詳細は未定ですが、男女の感情がぶつかり合う、ある種、暴力的な狂おしい濡れ場を見どころにする方向で吉高サイドと制作陣は話し合っている。吉高も〝作品が面白くなるなら、できるだけやります〟と話しているそうです」(前同)

 

吉高を巡っては、破局からの復縁を狙っていた『関ジャニ∞』の大倉忠義に、今年1月、広瀬アリスという新恋人が発覚。大きなショックを受けたといわれている。

 

「しかも、大河に主演するとなると男性スキャンダルは放送終了まで原則NGなので、再来年いっぱいまで禁欲生活を強いられることになる。大倉や広瀬への怒りも含め、大河での過激艶演技で溜まった鬱憤を爆発させる可能性は高い」(女性誌記者)

[週刊実話]

 

 

ということで、一見すると実話誌編集者の願望垂れ流しの記事のようにも思えますが、大河ドラマで”戦シーン”がないというのは不利とも言われていますからね。

 

なにかしらの見どころを作るのは必須でしょう。

 

そういう意味で、妖艶なシーンをたくさん作って視聴者を惹きつけるというのは、可能性は高いと思います。

 

まあ、昼ドラの大河版みたいな安っぽい作りになったらアレですけど、しっかりとした脚本があった上でそういった演出が盛り込まれるのなら、大きな話題になるのでは?

 

それこそ、これまでの大河ドラマの歴史を覆すようなブームになるかも・・

 

一方、来月で34歳になる吉高さんにとっても、「光る君へ」が女優としての大きな転機になるのは間違いありません。

 

来年、クランクインを迎える頃には35歳になっているわけで、ついにアラフォーに片足を突っ込むわけですからね。

 

今後は「カワイイ」から卒業し、別の武器を持つ必要があることを考えると、ここで一発ガツンとインパクトのある役を演じるのは、とても意味のあること。

 

◆実はけっこう激しいことは得意なんです!

 吉高由里子[動画]→ geinou ranking geinou reading

 吉高由里子[動画]→ geinou reading geinou ranking

 

ということで、2008年公開の初主演映画「蛇にピアス」で衝撃的な過激シーンを体当たりで演じ、大ブレークを果たした吉高さん。

 

それからちょうど15年後となる「光る君へ」で、同じように第2形態へ進化できるのか、注目です!

 

◆これは予言書?



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉高由里子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」で主演を務めることが決まった吉高由里子さんが、電撃結婚の相手の探しを急加速させているといいます。

 

◆美魔男なお父様へのプレゼントにいかが?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケノン 公式 脱毛器 ランキング3382日1位※レビュ-15万件 最新バージョン...

価格:69800円(税込、送料無料) (2022/5/22時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「吉高は『光る君へ』で、『源氏物語』を書きあげた紫式部役を演じます。藤原道長との関係など、平安時代を生き抜いた紫式部の愛の物語が描かれます。来夏クランクイン予定です」(スポーツ紙記者)

 

大河主演が決まったことで、吉高は今後、いわゆる〝大河縛り〟に直面することになるとみられている。

 

「大河の主演者や重要役は、放送中に原則、結婚や離婚、異性スキャンダルなど、大きな私生活上の動きをできるだけしないよう暗黙のルール、〝大河縛り〟が求められるといわれています。吉高も当然、24年1月からおよそ1年間、結婚したり、男性問題などを起こすことができにくくなるわけです」(芸能記者)

 

そうした中、吉高は恋人探しを急ぎ始めたと囁かれている。吉高を巡っては18年9月に『関ジャニ∞』大倉忠義との破局が報じられて以降、熱愛が聞こえてこない状況が続いている。

 

「実際、結婚を考えていた大倉との破局はショックで、最近まで復縁を狙っていたとの情報もあるほどです。しかし今年1月、大倉と広瀬アリスの交際が発覚したことで、吉高も完全に諦めたようです。結婚願望が強い吉高は、大河が始まる前、つまり23年末までに誰かと結婚する考えを周囲に漏らしているそうです。本気で新恋人探しを始めたというのです」(同・記者)

 

吉高はかなりの〝肉食系〟といわれている。それだけに、行動も早いともっぱらだ。

 

「最近、友人女優らに〝いい人紹介してよ~〟と本気でこぼしており、実際、そうして紹介された複数の男性としばしば飲みに行っているようです。吉高は飲みに行くと何軒もハシゴした上で、酔って相手の家に上がり込んだり、〝お持ち帰り〟することもあるといわれています。近いうちに新恋人報道が出る可能性も十分ありそうですね」(芸能プロ関係者)

 

私生活では〝日照り〟が続いている模様だが、女優としてはアブラが乗っている。昨年10月期には連ドラ『最愛』(TBS系)に主演。いくつもの賞を受賞して評価された。今年3月31日にはNHK・BS8Kのドラマ『風よ あらしよ』に大正時代の女性解放運動家・伊藤野枝役で主演するなど、本格派作品への起用も目立っている。

 

「女優としては大河主演を果たすことで文句なしの実績となりますが、吉高は、大倉との破局だけが心残りだと思われます。それだけに恋敵の広瀬アリスに見せつけるかのように、結婚を急ぐことは確実。早ければ大河の撮影に入る来夏までに、電撃ゴールインする可能性も十分ありますよ」(同・関係者)

[週刊実話]

 

吉高さんといえば、恋愛依存体質の女優さんとして知られていて、その時に付き合っている男性との関係が仕事に大きな影響を及ぼすとも言われていました。

 

しかし、大倉さんとの破局以降は「仕事一筋で頑張る!」と心に決め、一生懸命頑張っていることで女優業も順調になったーーなんて報道もあったのですが・・

 

やっぱり、オトコがいないとダメ??

 

まあ、メディアが書くことを鵜呑みにするわけではないですけど、酔っ払った吉高さんが「イイ人いたら紹介して〜」と周囲にオネガイしてる様子が頭に浮かんじゃいます。。

 

で、元カレの大倉さんがアリスさんといい感じになっているのを見て、

 

「ワタシより先に結婚はさせない!」

「アイツらより後に結婚したら、なんか当てつけみたいでカッコ悪い」

 

こんな風に意地になって、強引に相手を見つけて結婚する可能性はあるかもしれません。

 

というか、もはや大倉さんのことなんて何にも関係なかったにしても、大河の撮影が始まれば、まず終わるまで結婚できないですもんね。

 

となると、

 

「2025年?えーやめてー!先に結婚しちゃえっ」

 

と思ってたとしても不思議はないかも。

 

彼女が本気になれば、落とせないオトコなんていないでしょうから・・

 

ということで、吉高ファンの皆さんっ!

 

今がチャンス・・かもしれませんよー!!

 

◆こういう人、ありがたいよね…

 吉高由里子の神対応→ geinou ranking geinou reading

 吉高由里子の神対応→ geinou reading geinou ranking

 

◆やっぱり、健康が一番です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

酵素ドリンク 美粉屋みらいのこうそ100,000mg酵素と補酵素ビタミンC&酵母...

価格:2916円(税込、送料無料) (2022/5/22時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉高由里子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

再来年(2024年)のNHK大河ドラマが吉高由里子さん主演の「光る君へ」という紫式部を主人公としたものになることが発表されました。

これに対しネットでは賛否両論出ています。

 

 

 

 

[以下引用]

NHKは11日、2024年に放送予定の大河ドラマ(第63作)のタイトルが『光る君へ』であると発表した。主演は吉高由里子が務め、『源氏物語』を書き上げた紫式部/まひろを演じる。脚本は大石静氏が務める。

 

紫式部は、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。  

 

吉高は「当時は、男性社会で動いていたかもしれないけど、女の人に光が当たる内容をやっていく上で、視聴者の方に共感していただける主人公を表現できるよう頑張りたい。平安時代の未知の世界を日々想像して、鮮やかな大河ドラマになったらうれしい」と意気込み。クランクインは来夏を予定している。

[NHK]

 

女性主演は久々ですね。

 

2017年の柴咲コウさん主演「おんな城主直虎」を最後にこのところずーっと男性主演でした。

 

そして、これまで女性が主人公の大河ドラマというと戦国時代か幕末と相場が決まっていましたがテーマが「平安時代」「源氏物語」とはかなり斬新です。

 

しかし攻めどころとしてはなかなか良かったようで、ネットをちょっと見ただけでもかなり楽しみにしている声が多いように感じました。

 

一方で、主演が吉高さんということについては、まあ何事もですが、賛否両論あります。

 

吉高さんというとどうしても舌足らずな感じがありますしね。

 

そして、「またアミューズ!?」という声も。

 

で、2021年がアミューズ吉沢亮さんの「青天を衝け」ですし、最近発表された2023年前半の朝ドラ主演がアミューズ出資の事務所に移籍した神木隆之介さんで、2021年にもアミューズの清原果耶さんと深津絵里さんが朝ドラ主演しているので、無理もないかも。

 

フツーにテレビを観てるだけなら所属事務所なんてあまり気にならないものですが、知ってみると裏も見えてくるものです。

 

NHKは大手事務所との癒着が長く言われていますが、中でもホリプロとアミューズ率の高さはなかなかです。

 

特に2009年からの5年間はすごいです。

 

2009年:妻夫木聡さん主演「天地人」ホリプロ

2010年:福山雅治さん主演「龍馬伝」アミューズ

2011年:上野樹里さん主演「江~姫たちの戦国~」アミューズ

2012年:松山ケンイチさん主演「平清盛」ホリプロ

2013年:綾瀬はるかさん主演「八重の桜」ホリプロ

 

当時の文春報道では、例えば当時NHKの会長がアサヒビール出身で、アサヒビールのCMをしていたのが福山雅治さんと上野樹里さんだったとか、専任理事がトヨタ出身で、綾瀬はるかさんがトヨタ車のCMをしていたとか、事務所というよりは、上層部の出身母体と関係の深いタレントが起用される傾向があるのでは、と分析されていました。

 

あと、アミューズはよく、サザンオールスターズやワンオク、BABYMETALなどを紅白歌合戦に引っ張り出すことが目的だ、なんて言われていますが、はてさて。

 

2014年は岡田准一さん主演の「軍師官兵衛」で、それ以降はまあまあバランスがいいっちゃいいような気もしますが、この辺もきちんと関係を探ると、NHKの大人の事情が見えてくるのかもしれませんね。

 

ちなみに吉高さんは2014年に朝ドラでも主演していて、朝ドラ、大河ドラマ、両方に主演した女優としては、松嶋菜々子さん、宮崎あおいさん、井上真央さんに続いて4人目となります。

 

いずれもその実力を認められている印象ですが、吉高さんもそこに仲間入りするわけですね。

 

昔は大河ドラマに主演すれば大物に仲間入りしてギャラもUPするものだったようですが、近年はコケることも多く、松山ケンイチさんや井上真央さんのように、大河ドラマ主演後に逆に失速した感のある人もいます。

 

吉高さんはどちらに転ぶでしょうか。

 

◆吉高由里子が指原莉乃にケンカを売った!?

ふむふむ→ geinou ranking geinou reading

ふむふむ→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉高由里子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

園子温監督による女優さんたちへの性加害報道が、大騒動に発展しつつあります。

 

園監督はヴェネチアやカンヌ、ベルリン、トロントなど数々の国際映画祭で受賞してきた日本を代表する映画監督の一人だけに、同様の問題で芸能界を追放された榊英雄監督や木下ほうかさん以上の注目を集めています。

 

そんな中、あの吉高由里子さんがツイッターを更新し、名指しこそしないものの、明らかに園監督を非難するコメントをアップ。

 

というのも、彼女は園監督による2006年の映画「紀子の食卓」で芸能界デビューを果たしているからで・・

 

◆お宝映像満載。



 

 

[以下引用]

吉高は「はぁ…なんかそんな件で名前を聞きたくなかった方々が…よくない。優越ある地位を利用して夢に向かう姿を欺くなんて。本当に残念」と、ツイート。

 

「被害者の方は名前を見るだけで深く長く強く苦しむんだから 悲しいや そんな世界だと思われてしまう 真摯に熱意をもって作ってる方達に失礼です」と怒りをにじませた。

[スポニチ]

 

恐らく、吉高さんのファンの方々は、園監督が

 

「主演女優にはだいたい手を付けてきた。オレの周りには仕事が欲しいオンナたちがウヨウヨ集まってくるから、いくらでもヤりたい放題だぜ」

 

と豪語していたと聞いて、かなり心配したのでは?

 

で、そういう声を伝え聞いた吉高さんも黙っているわけにはいかなかったと。

 

ですが、すでにネットでは園監督の代表作である「ヒミズ」の二階堂ふみさんを始め、

 

・「みんな!エスパーだよ!」の池田エライザさん

・「恋の罪」の水野美紀さん

・「リアル鬼ごっこ」のトリンドル玲奈さん、篠田麻里子さん、真野恵里菜さん

・「TOKYO TRIBE」の清野菜名さん

 

などなど、数多くの女優さんたちが疑惑の目で見られつつあります。

 

この中でも、特に「愛のむきだし」で主演を務めた満島ひかりさんに対するご執心ぶりは、業界ではかなり有名だったそうで・・

 

◆こちらの作品です。

愛のむきだし - 西島隆弘, 満島ひかり, 安藤サクラ, 渡部篤郎, 渡辺真起子, 園子温, 園子温, 梅川治男

愛のむきだし

[Amazon]

 

[以下引用]

話題作を手がける園監督に気に入られれば、売れっ子になるのは確約されたも同然。園監督の作品は女優にとっての「登竜門」だったため、以前からそういう噂はあったという。

 

「園監督の作品に出たい女優さんたちは山ほどいるので、やりたい放題だった。園監督ご自身が、女優と付き合うために映画監督をやっているとか、主演女優はだいたい手をつけたと豪語するタイプ。実際、2009年公開の『愛のむきだし』に抜擢してブレイクさせた満島ひかりさんに入れ込んでいたのは有名な話です」(映画関係者)

 

そもそも、園監督の〝性加害〟疑惑は、映画『硫黄島からの手紙』などにも出演歴のあるハリウッド俳優の松崎悠希が、先月からツイッターで告発していたという。

 

「松崎さんの書き込みに反応した『週刊女性』が、被害女優さんたちからの訴えを集めたようです。園監督が11年に結婚した神楽坂恵さんとは下北沢のバーで偶然、出会ったとされていますが、彼女も『冷たい熱帯魚』にキャスティングされています」(前同)

[週刊実話]

 

ということですが、園監督は謝罪コメントは出しているものの、「事実と異なる点も多い」と全面降伏したわけではありません。

 

本人の言い分としては、

 

「自分は肉体関係の対価として、きちんと仕事を与えてきた」

「あくまでも、最終的にはお互いに合意が成立していた」

 

という思いがあるようです。実際、ネットには

 

「オトコの力を誇示して女をモノにしようとするヤツもいれば、オンナを武器にして男をしゃぶり尽くす女もいる。園監督らの行為は擁護されるものではないが、オトナの世界はきれい事だけでは済まないのも事実」

 

という感じで、園監督の芸能界追放や過去作品のお蔵入りなど”行き過ぎた要求”を牽制する声もチラホラ。

 

最近、話題のガーシー砲でも業界に枕営業が実在することは明言されてますし、男女問わず「売れるためなら、何をしてでも・・」という考えの人がいるのでしょう。

 

◆権力者へのアテンドのためだけに存在している芸能事務所もあるとか。

藤井流星のアテンド相手はゼロイチファミリアの真島なおみ!ガーシー砲で暴露される

 

もちろん、その一方では傷つき、悩んでいる人も数多くいるはずですが。

 

◆有名なのはこちら。

週刊文春が報じた ジャニー喜多川  審美眼と「性的虐待」【文春e-Books】 - 週刊文春編集部

週刊文春が報じた ジャニー喜多川  審美眼と「性的虐待」

[Amazon]

 

まあ、その辺りは人によって受け止め方は様々だと思いますが、たとえ園監督を徹底的に叩きまくっても、こういったゲス行為はさらに巧妙さを増して見えない部分に潜るだけで、決してなくなることはないでしょうね・・

 

ちなみに、園監督は昨年辺りからハリウッド進出に向けて動き出していることもあり、榊監督のように簡単に「敗ける」つもりはないと思われます。

 

この騒動、もしかしたら芸能界を巻き込む大事件に発展するかもしれません。

 

◆ハリウッドを席巻したMeToo運動のその後

 どういう意味?→ geinou ranking geinou reading

 どういう意味?→ geinou reading geinou ranking

 

◆主役ではないものの、この作品をきっかけに売れ始めたのは紛れもない事実。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■予約■新品北米版Blu-ray!【エッシャー通りの赤いポスト】Red Post...

価格:5090円(税込、送料別) (2022/4/7時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※園監督のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング