パンくずリスト
  • ホーム
  • 北川景子
タグ:北川景子

 

昨年、不倫が報じられそれまでの地位をなくした芸能人として思い出されるのが、東出昌大さんと渡部建さんです。

 

今年も同じような目に遭いそうな芸能人夫婦がいるというのですが…

 

 

 

スキャンダル報道が盛り上がるか否か

 

[以下引用]

東出と渡部の不倫騒動がここまでヒートアップした背景にはさまざまな要因があるが、やはりパートナーの存在も無視できないだろう。

 

芸能ジャーナリストの竹上光氏はこう語る。

 

「2人とも奥さんが人気女優でしかも、好感度が高いのが共通点です。そして妻の恩恵で、おしどり夫婦の印象もあってか、本人たちのイメージもアップしていました。結果、“上げ底”の好感度と不倫スキャンダルとのギャップにより、世間から猛批判を浴びることになってしまった。実際は東出さんも、渡部さんも昔から女好きで、そこまで“いい人”でもなかったんでしょうが、やはり芸能人はイメージ商売ですからね。妻の好感度の高さが裏目に出てしまった格好です」

[サイゾー]

 

杏さんと佐々木希さん。

 

特に杏さんの好感度は高かったですね。

 

両親の泥沼離婚、親の名前を出さずにモデルとして活躍し有名になった、なども影響していたとは思います。

 

杏と渡辺謙の壮絶な過去!不倫、DVの果てに母親を捨てた父親と再婚した南果歩への拒否感と確執

 

東出さんと杏さんがお子さんを連れて散歩する様子などからは幸せな家族っぽさしか感じられれず、苦労したけどいい人と結婚したね、と、応援する人も多かったと思います。

 

そんな中での不倫発覚は東出さんは元の良き夫良き父というイメージが崩壊して再起不能かと思いましたが、今はなんとなく過去の話になりつつありますね。杏さんの離婚のタイミングが良かったのか、映画の撮影など仕事はしているようですが、あまり露出してないのが良いのか。

 

一方の渡部さんは、もともとそれほど印象は良くなかったような。

 

佐々木さんと結婚しても、笑っていない目は変わりませんでしたしね。

 

渡部さんの不倫が大炎上したのは、元のイメージがあまりよくない上に、多目的トイレという公共の場を悪用した不倫で、お約束とばかりに『笑ってはいけない』で復帰しようとしたのが悪手となったんでしょうね。出演情報が漏れた事情はわかりませんが、遅ればせながら開いた会見も無駄でしかなく、復帰が見えない状況になっています。

 

 

今年狙われている芸能人夫婦はこの2組

 

[スポンサーリンク]

 

まあ渡部さんはともかく、ベッキーさんを思い出しても、イメージと本質のギャップが違うほど世間は驚き炎上するのは確かでしょう。

 

ということで、今注目されている夫婦がこの2組なんだとか。

 

 

[以下引用]

週刊誌のデスクは明かす。

 

「堺雅人さん&菅野美穂さん夫妻とDAIGOさん&北川景子さん夫妻ですよ。大物カップルといえば、他にも『南海キャンディーズ』の山里亮太さん&蒼井優さんや最近結婚を発表した松坂桃李さん&戸田恵梨香さんなどもいますが、堺さん、DAIGOさんに関しては仕事もできて、好感度も高く、イクメンとしても知られており、今や芸能界屈指の理想的な夫像といってもいい存在ですからね。万が一、この2人のスキャンダルを掴んだら、渡部さんや東出さん以上の反響が期待できますからね」

 

実際、堺&菅野夫婦については今年に入って堺がベビーカーを押す姿や菅野がママチャリで買い物するプライベート姿を女性誌や写真週刊誌にキャッチされているが、それもスキャンダルマスコミの徹底マークの表れなのかもしれない。

[サイゾー]

 

この2組に不倫発覚なんてしたら相当驚きます。

 

堺さんと菅野さんは、たしかにしょっちゅうなんてことないふだんの姿がスクープされていますね。DAIGOさんと北川さんも最近あったような気もしますが、お子さんが生まれて割とすぐだというのもあったと思います。

 

2019年11月に沢尻エリカさんが薬物で逮捕されましたが、その前いくつかの週刊誌がなんてことない沢尻さんの姿を報じていたのは、逮捕が近いという情報が流れていたからでは、なんて言われていました。

 

何気なく報じられているように見える週刊誌の盗み撮り写真も意味があるのかもしれませんね。

 

◆2020年にやってしまった芸能人たち

あなたは全員わかりますか?→ geinou ranking geinou reading

あなたは全員わかりますか?→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※東出昌大さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

映画・ドラマに大活躍の有名女優Xが離婚を決意したと報じられています。

 

夫婦仲は良く見えていたものの、実は長年仮面夫婦だったとか…

 

 

※え!私?

 

離婚へまっしぐらな人気女優X

 

 

[以下引用]

 映画やドラマに多数主演する“有名女優”Xに関して、今年に入ってから「身辺整理を行うようだ」といううわさが、まことしやかにささやかれている。私生活では、数年前に人気男性芸能人と結婚しているXだが、実は結婚してすぐに、夫婦関係は冷めきっていたとのこと。そして長らく“仮面夫婦”を続けていたものの、ここにきて「ついに“仮面”を外し、離婚するのでは」と言われているそうだ。

[サイゾーウーマン]

 

記事によるとその有名女優Xの条件はこちら。

・10代の頃から話題作に出演し、瞬く間に人気女優となった

・国民的と言っても差し支えないほど人気と実力を兼ね備えている

・数年前の結婚発表は世間を驚かせた

・夫は人気男性芸能人

・メディアでの発言やSNSの写真などから世間には「夫婦関係は良好」イメージ

・業界内でも離婚どころか不仲という雰囲気すらない印象

・交際期間がそこまで長くなかったためうまくいかなくなってしまった

・生活リズムや価値観の違いで気持ちが離れた

・Xは多くの仕事やスポンサーを抱えるためすぐさま離婚という選択はできなかった

 

X夫妻は結婚して少したってから半同棲に近い状態となり、もう何年も仮面夫婦を続けているとのこと。

 

しかし今年になってXのCMの契約更新と出演作の撮影が終わるタイミングが重なったため、離婚に向けて準備を進めているということです。

 

「もし離婚が成立したとすれば、自身のイメージのために何年も仮面夫婦を続けたXの胆力、また夫の甲斐甲斐しさの方が、ある意味、人々に衝撃を与えるかもしれない。」ということですが…

 

 

人気女優Xとは誰か…上野樹里?

 

[スポンサーリンク]

 

たくさん書いてありますが、さてこのXは誰なんでしょう。

 

ネットでは北川景子さんの名前が筆頭に出てきて、他には上戸彩さん、上野樹里さん、桐谷美玲さん、武井咲さん、杏さん、山口智子さん、佐々木希さんなどなど。

 

この中にいるとも限りませんが、一応、「結婚が数年前」という条件から、昨年結婚した桐谷さん、もう20年以上前に結婚した山口さんを、「出演作の撮影が終わるタイミング」という点から、先日第二子を出産したばかりで女優仕事はお休み中の上戸さんが外せるかと思います。

 

残ったのは北川景子・DAIGO夫妻、上野樹里・和田唄夫妻、武井咲・TAKAHIRO夫妻、杏・東出昌大夫妻、佐々木希・渡部建夫妻で、みなさん「夫は人気男性芸能人」という条件はクリアしてるかと思います。

 

さらに「10代から話題作に出演」という条件を加えると、北川さん、杏さん、佐々木さんは外れます。

 

ただし、北川さんは2003年、10代のときに唯一『美少女戦士セーラームーン』に出演しており、これを「10代の頃から話題作に出演し、瞬く間に人気女優となった」とするなら残りますが…

 

※左から二番目です

[amazon]

 

次の女優仕事は2006年、20歳のときの映画『間宮兄弟』で、とても「瞬く間に人気女優になった」とは言えないかなと。

 

加えて「国民的と言っても差し支えないくらいの人気と実力」「SNSの写真などから夫婦仲は良好」…というイメージからすると、残るのは上野樹里さんのところかなあと思うのですが。10代からドラマに映画に活躍していますし、交際期間も半年ほどのようですしね。

 

 

熱愛発覚の上野樹里が和田唱と結婚へ。藤森慎吾に裏切られたトラウマは克服したものの、周囲は姑・平野レミとの仲を心配中…

 

※演技力は高評価、大河に出れば「国民的」と言われがち

[Amazon]

 

上野さんが離婚となっても、以前からのわがまま評価や独特な感じからして不思議はないですが、つい先日もSNSで仲良さそうだっただけに、さすがに驚きあるような。

 

ネットであがっていた名前から検討すると上野さんが残りましたが、さて、どうでしょうか。

 

◆和田唄の母・平野レミの放送事故級料理色々

改めて凄い…→ geinou ranking geinou reading

改めて凄い…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※上野樹里さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

3月13日に最終回を迎えた北川景子さん主演「家売るオンナの逆襲」の打ち上げパーティで、とんでもない額の商品券が景品として用意されたといいます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「家売るオンナの逆襲」 Blu-ray BOX(日本テレビ 通販)

価格:21254円(税込、送料無料) (2019/3/22時点)


楽天で購入


 

前作「家売るオンナ」を上回る、初回視聴率12.7%という好スタートを切った同ドラマ。

 

 

今作では主人公・三軒家万智のライバル、留守堂謙治役をとして松田翔太さんが登場したり、最終回には舘ひろしさんが特別出演するなど、キャスティングも話題になりました。

 

その甲斐あってか、終わってみれば全10話二桁達成&全話平均視聴率11.5%という素晴らしい成績を残し、打ち上げは大いに盛り上がったといいます。

 

[以下引用]

3月中旬、ドラマの打ち上げが都内のダイニングバーで行われた。スタートの20分ほど前に到着したイモトアヤコをはじめ、仲村トオル、千葉雄大、梶原善、そして第2話にゲスト出演していた泉ピン子などが続々と会場に入っていく。開始から5分ほど遅れて、主演の北川も到着した。

 

「黒いサングラスに全身黒コーデで、女優オーラ全開でしたよ」(会の参加者)

 

会の途中に行われた挨拶では、北川が夫のDAIGOから言われたというこんなエピソードを披露。

 

「ゲームのドラゴンクエストに例えて、“パート1は初めだから当然面白い。パート2は力を入れすぎて少し空回りすることもある。だから第3弾をやれば、ちょうどいい力の入れ具合でできるんじゃないかと。だから機会があればパート3もぜひやってみたい”とドラマの続編への意欲を語っていました」(前同)

 

仲村も、自身が出演したドラマ『あぶない刑事』(日本テレビ系)にかけてこんなスピーチを。

 

「みなさんのおかげで『あぶ刑事』も30年続けることができました。舘さんもこうやって最終回に出演してくれたわけだし、『家売るオンナ』も僕と梶原善さんが元気だったらパート3ができると思っています(笑)」

 

キャスト、スタッフともにパート3を熱望しているようだが、脚本の大石静は今回のストーリーを書くのが大変だったという。

 

「パート1でネタをある程度出しきってしまったようで、打ち上げの挨拶でも“今シリーズはネタを考えるのが大変でした”と言っていましたからね。その空気を感じ取ってか、プロデューサーも“続編をやります!”とは断言できなかったようです」(別の参加者)

 

その後行われた抽選会では、北川が用意した『商品券30万円』がスタッフに見事当選。サラリーマンの月給にも相当しそうな太っ腹なプレゼントに、会場も大盛り上がりとなった。

[週刊女性PRIME]

 

なるほど…ネタ切れですか。

 

でも、これから少しずつ準備していけば、数年後には全10話分のストーリーを揃えることも可能なのでは?

 

近年は、オリジナルストーリーで全話二桁を達成できるドラマも少ないですし、出演者や制作陣から熱烈ラブコールを受けたら大石さんも断りきれないはず。

 

ぜひ、楽しみに待ちたいところですが…

 

商品券30万円って、そんなにビックリするような金額でしょうか?

 

もちろん、普通のサラリーマンの打ち上げでは考えられない豪華賞品ですが、かつてのドラマ打ち上げ現場では、主演のポケットマネーで100万円超えの豪華景品がバンバン用意されていたと聞きます。

 

また、視聴率の女王・米倉涼子さんや太っ腹で有名な中居正広さんなどは、撮影中も自腹で総額ウン十万円の高額弁当を振る舞ったりするのは日常茶飯事だったとも。

 

それを考えると、30万円の商品券くらいでガタガタ騒ぐというのも、なんだか芸能界のスケールが小さくなった気がして寂しいとというか…

 

ちなみに、2次会は近くのスポーツバーで明け方近くまで続いたそう。

 

そこでは、週刊誌では書けないとんでもない豪華賞品が用意されていたとか?

 

◆中居正広の超豪華差し入れ伝説がマジでヤバイ!

 マジっすか?→ geinou ranking geinou reading

 マジっすか?→ geinou reading geinou ranking

 

※ぜひ、また帰ってきてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

帰ってきた 家売るオンナ [ 北川景子 ]

価格:3459円(税込、送料無料) (2019/3/22時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※北村匠海さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

日本アカデミー賞の「優秀助演女優賞」に、今年は『探偵はBARにいる』で悪女を演じた北川景子さんが選ばれています。

 

3月2日に授賞式が行われ、「最優秀助演女優賞」が発表されるわけですが、「優秀助演女優賞」に選ばれた面々を見ると、北川さんだけ明らかに浮いており、「今年の組織票か」と囁く声が聞こえているんだとか。

 

※人気シリーズです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

探偵はBARにいる[Blu-ray1枚+DVD2枚組]「探偵はここにいる!ボーナ...

価格:8424円(税込、送料無料) (2018/3/1時点)



 

2017年度日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した女優たち

 

今年度日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞したのはこの方たちです。


尾野真千子(36)「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(廣木隆一監督/松竹・KADOKAWA)

夏川結衣(49)「家族はつらいよ2」(山田洋次監督/松竹)

広瀬すず(19)「三度目の殺人」(是枝裕和監督/東宝・ギャガ)

薬師丸ひろ子(53)「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(瀬々敬久監督/松竹)

北川景子(31)「探偵はBARにいる3」(吉田照幸監督/東映)

 

興行収入としては昨年12月16日公開の「8年越しの花嫁」が現時点で27億円でトップですが、いずれも話題作ばかりです。

 

広瀬すずさんは2015年に「海街ダイアリー」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、2016年は「ちはやふる」で優秀主演女優賞、「怒り」で優秀助演女優賞を受賞しており3年連続ですね。

 

 

ひとりだけ明らかに劣っている北川景子

 

3月2日にこの中から最優秀助演女優賞が選ばれることになりますが、北川さんだけ「ちょっと違う」んだとか。

 

[以下引用]

「映画が本当に好きで、5本の作品を全部見た人なら分かります。北川さんが他の4人と比べて劣っているのは明らかです。北川さんの演技がひどいという話ではありません。『探偵はBARにいる3』を鑑賞すれば、北川さんの演技に感動して当然です。ご本人は一生懸命に演じておられます。しかし賞とは、役者さんや作品に優劣を競わせるという、非常に残酷なものです。そして助演女優賞に値するか否かという厳しい視点で見れば、尾野さん、夏川さん、広瀬さん、薬師丸さん4人の演技と、北川さんの演技は、やはりレベルが違うのが現実なんです」(映画担当の新聞記者)

[週刊新潮]

 

要するに、北川さんは組織票で選ばれた疑惑がある、そういう話のようです。

 

これはいつかのレコ大のように事務所が賞を買っているという話ではありません。

 

「探偵はBARにいる3」を製作した東映の社員にもアカデミー賞の投票権を持つ者が存在している以上、その人がたとえ自社の作品でなくても北川さんが最も優れているとして投票したのか、それとも「我が社の作品を社員として応援しよう」という考えで投票したのかが不明確であるという話です。

 

組織票については、過去、樹木希林さんや小林薫さん、ビートたけしさんも言及しており、昔から「日本アカデミー賞のブラックボックス」として語られています。

 

ちなみにこちらが、樹木希林さんが最優秀主演女優賞、小林薫さんが最優秀助演男優賞を受賞し揃って「組織票」と言及した「東京タワー」。

 

[Amazon]

 

こちらが、同年報知映画賞、日刊スポーツ映画賞、毎日映画コンクールで作品賞を独占、キネマ旬報ベスト・テンでも1位を獲得し好評価だった「それでもボクはやってない」です。

 

※痴漢の冤罪がテーマ

[Amazon]

 

 

 

北川景子の評価が・・・

 

話題の作品があったらすべての賞が集中するというのもおかしな話なので、賞がバラけること事態はありえるし問題ないことです。

 

しかし配給会社社員や芸能事務所も投票権を持つ賞の作品が一般の評価とかなり違う、となると、マズいですよね。

 

その賞の重みが変わってしまいますから、受賞した俳優にとってもありがた迷惑なのではないでしょうか。

 

今回で言うと北川さんは、演技が下手というわけではないもののほかの女優と比べると見劣りがする、スターダストという大手芸能事務所に所属し何票持っているか不明な東映が配給会社という理由で組織票が疑われています。

 

過去日本アカデミー賞を受賞してきたのが大手関連ばかりというのも疑惑の元なんでしょうね。

 

ただ、今回優秀助演女優賞を受賞した5人が出演したすべての作品を観ていないのでなんとも言えないのですが、名前だけ見ると、広瀬さんと北川さんって、そんなに違う?という気が…

 

それで組織票が疑われるというのも気の毒です。

 

まあでも作品で演技は変わりますよね。

 

たとえばこの役を演じた広瀬さんが評価されたのはわかります。

 

[Amazon]

 

この「怒り」を観た時は、出演者の演技を意識することなく、純粋にストーリーを追えました。

 

本来それが当たり前なんでしょうけど、必ずしもそうではないのが日本の映画やドラマの世界です。

 

北川さんがそこまで酷い演技でもないのに大手が絡んでるから…と邪推されるのも、日本の芸能界の現実なんでしょうね。これで最優秀助演女優賞なんてとったとしても、返ってマイナスかも。

 

せっかく「日本アカデミー賞」なんて立派な名前の賞なんですから、ハリボテ化することないよう運営していってほしいものです。

 

◆見てみますか?

芸能人の卒アル→ ranking reading

芸能人の卒アル→ reading ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※北川景子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング