タグ:世界の果てまでイッテQの記事一覧

タグ:世界の果てまでイッテQ
「イッテQ!」終了のXデーは12月末!文春砲第三弾が年末合併号でとんでもない超弩級スクープを準備中か!

嵐の前の静けさとは、まさに現在の状況のことを指すのかもしれません。

 

週刊文春によってヤラセの実態を明らかにされた日テレ系の超人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」ですが、前回放送分では「一部の『祭り』において開催実績や開催経緯などの説明に誤りがありました」との謝罪テロップが表示され、当面の間、同企画は休止することが発表されました。

 →宮川大輔がヤラセを黙認!数々の疑惑を「信頼」でごまかしていた・・

 

11月8日、15日発売号と2週連続で文春砲が炸裂した形になりましたが、21日発売号では追撃記事は見当たらず、このまま終了かと思いきや、実は第3弾は「確実に番組の息の根を止めるため」に温存されている可能性が高いといいます。

 

※年内で見納め?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の果てまでイッテQ! 10周年記念 DVD BOX-RED [ 内村光良 ]

価格:7929円(税込、送料無料) (2018/11/23時点)

楽天で購入

 

[以下引用]

「番組自体はこのまま継続されるようですが、『文春』は番組の息の根が止まるような超ド級のスクープを温めているというウワサがあるんです。考えられるとしたら、出川哲朗の『はじめてのおつかい』シリーズか、イモトアヤコの『珍獣ハンター』『登山部』シリーズあたりではないか。

 

まず、『おつかい』に出てくる外国人たちが全員エキストラという可能性はありそう。あんなに怪しい東洋人がウロウロしていたら、普通はポリスが駆け付けてくるはず。『珍獣~』も、いかにも危険動物のように見せかけていますが、実は毒がない安全な状態にしてあったという可能性は十分ある。

 

もしやらせがあったとして、番組的に一番ダメージが大きいのが、花形企画の『登山』でしょう。ヘリを使っていたと暴露されたら、イモトはタレント生命を絶たれてもおかしくない。そればかりか、日本テレビの大久保好男社長は、同番組について『やらせやでっち上げの意識はなかった』と否定していますから、番組終了や社長辞任といった事態にまで及ぶのは必至です。年末の合併号あたりで、何かが飛び出るかもしれません(スポーツ紙デスク)

[日刊サイゾー]

こういう時のサイゾー情報って、結構当たる確率が高いような気がします。

 

それだけに、なんだかキナ臭い匂いがプンプンするのですが、それにしてもよくもまあ、こうスラスラとヤラセの”例え”が出てきますよね。

 

それだけ業界では以前から「怪しい」と噂されてきた証拠なんでしょうけど、過去には虚偽の内容を放送した「発掘!あるある大事典II」と「ほこ×たて」(ともにフジテレビ系)が即座に打ち切られていることを考えると、「イッテQ!」はかなりしぶとく粘っている印象があります。

 

まあ、NHK大河ドラマをはじめとして人気番組がひしめく日曜夜8時台において、視聴率20%超えも珍しくないお化け番組ですからね。

 

日テレが番組を失いたくないと考えるのは当然ですし、ヤラセが発覚したのはあくまで1コーナーであり、番組全体は『ガチ』であるという思いもあるのかもしれません。

 

しかし、日テレはすでに番組終了を覚悟していて、なんとか被害を最小限にとどめるために”引き伸ばし作戦”を展開しているとの見方もあるようです。

 

[以下引用]

「未放送ロケのストックも相当にあるものと思われます。今、打ち切りとなった場合には、すべてお蔵入りとなってしまいます。少なくともストック分の消化が終わったのちに、番組打ち切り論が出てくるかもしれません。ある程度、時間があれば次番組の準備も可能です。タイミング的には来年の4月改編で終了の可能性などがあり得るでしょう」(業界関係者)

[日刊サイゾー]

これまでの報道を見る限り、「イッテQ!」のやらせが祭り企画の二件だけという可能性は低いような気がします。

 

一方、今回のヤラセ疑惑に対する視聴者からの擁護の声が非常に多いことを考えると、文春がこれまで同様に第3弾を報じてもスルーさせる可能性も高そうです。

 

しかし、ヤラセが発覚してそれを認めているのに、責任の所在がウヤムヤにされて、番組の存続が許されるのであれば、今後はすべてのテレビ番組において「イッテQレベルの捏造はOK」という前例になってしまうのでは?

 

放送される番組に対する信頼性が失われるということは、テレビ業界が自分で自分の首を絞めてることに他なりません。

 

文春砲第3弾が炸裂して息の根を止められてしまう前に、自浄作用によって問題が解決されたほうが良いと思いますが…

 

どうなんでしょうか、日テレさん?

 

※打ち切られたTV番組の衝撃ランキング!

 一位がヒドイ…→ geinou reading geinou ranking

 一位がヒドイ…→ geinou ranking geinou reading

 

※後継番組も面白いものを期待してます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

内村プロデュース〜俺チョイス 内村光良〜俺チョイス [ 内村光良 ]

価格:2036円(税込、送料無料) (2018/11/23時点)

楽天で購入

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮川大輔さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

女優気取りのイモトアヤコが「珍獣ハンター」降板の危機!視聴者から「代役のオカリナの方がふさわしい」との声多数

8月13日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」で、お笑いコンビ「おかずクラブ」のオカリナさんが珍獣ハンター・イモトアヤコさんの代役として出演し、視聴者からは「イモトよりもいい」と大好評だったといいます。

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]
イモトはドラマ撮影のため、イッテQのロケをいったん取りやめている。『森三中』の大島美幸は「(イモトは珍獣ハンターワールドツアーに)絶対行けるだろ」と不満げな表情を見せるなどスタジオでは戸惑いも見られた。

 

しかしその後のVTRを見た直後、オカリナを絶賛する声が挙がった。現地で木にぶら下がるナマケモノを見たオカリナは、特に驚くような顔もせず「えなり(かずき)君に似てる。髪型も一緒だ」と腕で抱いてみせた。続いて、現地住民から近くに大蛇のアナコンダがいることを告げられたが、驚く様子さえも見せなかった。

 

これを見た同行したスタッフは「オカリナさん、全然冷静ですね」と問いかけると、オカリナは「わたし、ヘビ大丈夫なんです」と涼しげな顔で答えていた。

 

そしてオカリナは、こともなげに体長2メートル、重さ10キロのアナコンダを両手で持ち上げ、その後もススメガの幼虫を手にし、声を出してサルと交流を図るなど、ペルーの動物と思う存分に触れ合っていた。

 

この日の放送を見た視聴者は、オカリナはイモトと別ベクトルでパワーがある》、《イモトよりオカリナの方が珍獣ハンターに向いてる気がしてならない》など、オカリナの姿勢に高い評価を下している。視聴者はイモト不在でも十分に番組を楽しんだ様子だ。

 

加えて《最近のイモトは、女優だのなんだのって昔よりつまらなくなったね》、イモトに飽きた様子の視聴者もいた。

[まいじつ]

 

[スポンサーリンク]

 

ということですが、確かにオカリナさんの珍獣ハンターっぷりは見事でした。

 

イモトさんの場合、大声で怖がったり文句を言いながらも、一生懸命に珍獣に触れようと努力する姿がお茶の間で人気を博してきました。

 

ただ、そのオーバーなリアクションが飽きられつつあるのも事実。

 

そんな時に、珍獣たちをまったく恐がる素振りも見ぜずに積極的に触れ合うオカリナさんの姿は、視聴者にとってはとても新鮮に写ったのでは?

 

現在、イモトさんはバラエティの世界を飛び出して、ドラマという女優の世界に活躍の場を広げつつあります。

 

今はまだいいですが、今後もその路線を突き進めば、「なにか勘違いしてるんじゃないか?」といった声があがってくることは十分予想できます。

 

実際、女芸人の先輩である森三中の大島さんはそれをネタに激しくツッコんでますが、結構マジで怒ってたりして…

 

今回、視聴者からの反応が良かったことで、オカリナさんが”第二のW珍獣ハンター”として仕事を増やす可能性は高いと思われます。

 

イモトさん、ウカウカしてると降板させられちゃうかもしれません。。

 

※自分の原点を忘れずに。



 

 

※最新ドラマ&映画情報はこちらからどうぞ

※今井絵理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

テレビ局に手越祐也の起用を自粛する動きが広まる!その黒すぎる人脈が社会的許容範囲を逸脱と判断か

ジャニーズの手越祐也さんが、いよいよ本格的に苦境に立たされつつあるようです。先月には金塊強奪事件で逮捕された小松崎太郎容疑者との交遊写真の存在が明らかとなり、さらに写真週刊誌「フラッシュ」では元交際女性によって破廉恥スキャンダルが暴露されるなどしていましたが、どうやらテレビ業界では“クロ認定”されてしまったようです。

※昔は虫採りが好きな素朴な少年だった…



この記事の続きを読む

手越祐也の降板が濃厚に!6週連続で視聴率20%超えを達成した絶好調の「イッテQ!」にキムタクが出演した裏事情

6月11日放送の「世界の果てまでイッテQ!」の平均視聴率が20.6%だったことが明らかになりました。過去最多タイとなる6週連続の20%の快挙を達成したことになりますが、これにより制作サイド内部では「不安要素の強い手越は不要だ」との意見が強まりつつあるようです。



この記事の続きを読む