8月13日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」で、お笑いコンビ「おかずクラブ」のオカリナさんが珍獣ハンター・イモトアヤコさんの代役として出演し、視聴者からは「イモトよりもいい」と大好評だったといいます。

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]
イモトはドラマ撮影のため、イッテQのロケをいったん取りやめている。『森三中』の大島美幸は「(イモトは珍獣ハンターワールドツアーに)絶対行けるだろ」と不満げな表情を見せるなどスタジオでは戸惑いも見られた。

 

しかしその後のVTRを見た直後、オカリナを絶賛する声が挙がった。現地で木にぶら下がるナマケモノを見たオカリナは、特に驚くような顔もせず「えなり(かずき)君に似てる。髪型も一緒だ」と腕で抱いてみせた。続いて、現地住民から近くに大蛇のアナコンダがいることを告げられたが、驚く様子さえも見せなかった。

 

これを見た同行したスタッフは「オカリナさん、全然冷静ですね」と問いかけると、オカリナは「わたし、ヘビ大丈夫なんです」と涼しげな顔で答えていた。

 

そしてオカリナは、こともなげに体長2メートル、重さ10キロのアナコンダを両手で持ち上げ、その後もススメガの幼虫を手にし、声を出してサルと交流を図るなど、ペルーの動物と思う存分に触れ合っていた。

 

この日の放送を見た視聴者は、オカリナはイモトと別ベクトルでパワーがある》、《イモトよりオカリナの方が珍獣ハンターに向いてる気がしてならない》など、オカリナの姿勢に高い評価を下している。視聴者はイモト不在でも十分に番組を楽しんだ様子だ。

 

加えて《最近のイモトは、女優だのなんだのって昔よりつまらなくなったね》、イモトに飽きた様子の視聴者もいた。

[まいじつ]

 

[スポンサーリンク]

 

ということですが、確かにオカリナさんの珍獣ハンターっぷりは見事でした。

 

イモトさんの場合、大声で怖がったり文句を言いながらも、一生懸命に珍獣に触れようと努力する姿がお茶の間で人気を博してきました。

 

ただ、そのオーバーなリアクションが飽きられつつあるのも事実。

 

そんな時に、珍獣たちをまったく恐がる素振りも見ぜずに積極的に触れ合うオカリナさんの姿は、視聴者にとってはとても新鮮に写ったのでは?

 

現在、イモトさんはバラエティの世界を飛び出して、ドラマという女優の世界に活躍の場を広げつつあります。

 

今はまだいいですが、今後もその路線を突き進めば、「なにか勘違いしてるんじゃないか?」といった声があがってくることは十分予想できます。

 

実際、女芸人の先輩である森三中の大島さんはそれをネタに激しくツッコんでますが、結構マジで怒ってたりして…

 

今回、視聴者からの反応が良かったことで、オカリナさんが”第二のW珍獣ハンター”として仕事を増やす可能性は高いと思われます。

 

イモトさん、ウカウカしてると降板させられちゃうかもしれません。。

 

※自分の原点を忘れずに。



 

 

※最新ドラマ&映画情報はこちらからどうぞ

※今井絵理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング