パンくずリスト
  • ホーム
  • ほしのあき
タグ:ほしのあき




2012年のペニオク詐欺騒動後、芸能界から姿を消していたほしのあきさん。

 

 

たびたび友人のSNSに登場しては、「忘れてない?」「もう復帰してもいい?」と存在をアピールしつつ観測気球を投げてきましたが、驚くべきことについに芸能活動を再開するようです。

 

 



[スポンサーリンク]


芸能活動に復帰するほしのあき




ほしのあきさんはSTORYの取材にこう答えています。




2013年からお休みをして、昨年プチセブンの集まりで撮影したのが久々の公の舞台でした。私のデビューのきっかけを作ってくれた、親友であり戦友でもあるマネージャーから、「あきは美容やファッションが好きなんだから、そういうことを発信してみたらどう? 子どもが大きくなったら、もっと時間が空くんだし、仕事したらいいと思うよ」そう言われ、確かに、ほんのちょっと子育てが落ち着いて、自分に少し時間ができたタイミングでもあったので、心が動きました。マネージャーは、私が夫や子どものことを大切に思う気持ちも優先してくれるのでありがたいですね。私自身は、もうこの世界に戻ることはないかな?とも思っていたんです。都内から離れたところに住んでいますし、子どもの毎日の送迎もマスト。仕事を始めたら夫にも協力を仰がないといけません。ただ、夫に相談したところ「やってみたら?」って、背中を押してもらえたんです。それで決めました。私が仕事に出るときは彼にも調整してもらい娘の送り迎えなど協力してもらえるようになりました。少し仕事を始めてみたら…本当に別世界!「こんなところに自分はいたんだ」とドキドキ感とときめきが止まらないですね。生活に刺激も加わり、オンオフができたことで、よりハッピーに過ごせるようになりました。

STORYより




 

「子どもがもう少し落ち着いたら、仕事ももっと頑張ろうかな?と思っています。」

 

 

とほしのあきさんはまとめていましたが、お子さんが生まれたのは2012年4月。

 

 

もう12歳、小学6年生です。

 

 

公表はしていませんが、もしかするとまだ小さいお子さんがいらっしゃるのでしょうか。

 

 

まあなにしろちょっと長い育休から戻ってきたよ、という感じでの復帰を目指しているんですね。

 

 

そういえば熊田曜子さんは産休のような顔をしてしれっと復帰していましたし、ほしのあきさんばかり引退、というわけにもいかないのかも。

 

 




ほしのあきとペニオク詐欺




ほしのあきさんさんが出産したのは2012年4月。

 

 

そして休んだのは本人が言うように2013年からなので、出産・子育てが理由で休業したわけではありません。

 

 

2011年ころから被害者が続出していたのがペニーオークション。

 

 

これは安いお金でiPadやヘルシオなどの高額商品が落札できるかも!というものです。

 

 

いろいろうさん臭くはあるものの、多くの芸能人が、「800円でiPadを落札できました♪」等々、商品の写真付きでブログに書くもので、信じたファンたちが次々と参入するもまったく落札できず、国民生活センターへの問い合わせが増え、警察が動き詐欺として関係者が逮捕されました。

 

 

要するに多くの芸能人がペニオク詐欺のステマを行っていたんですよね。

 

 

ほしのあきさんを筆頭に、熊田曜子さん、小森純さん、東原亜希さん、菜々緒さん、ピースの綾部祐二さん、永井大さんなどなどです。

 

 

ほしのあきさんは主犯格の一人松金ようこさんと親密だったことから警察より事情聴取を受けたと報じられ、その後、気づけば表舞台から姿を消していました。

 

 

今Wikipediaを見ると、「友人の松金ようこから紹介され、指示された文面をブログに掲載して30万円の謝礼を受け取った。ペニオクの仕組みは理解しておらず、サイト運営者らとも面識はなかった」と答えていたようですね。

 

 

いずれにしても事情聴取を受けたと報じられたその後、公に向けて事情説明がないために、ほしのあきさんにはペニオク詐欺のイメージがついたままです。

 

 




ほしのあきは復帰して何の仕事をするの?




過去がどうであれ、勤労は憲法にも定められた国民の三大義務の一つです。

 

 

たとえ三浦皇成さんが思うように活躍できず金銭的に苦しいだとしても、人に頼らず自分で稼ごうとするのはいいですよね。

 

 

ほしのあきさんは10代から芸能界にいたわけで、たいへんだったこともあったでしょうが、いい思いもたくさんあったのでしょう。

 

 

なにより今47歳で、ほかの仕事はできないのも現実かもしれません。

 

 

ほかのペニオク芸能人たちも、多くが変わらず仕事していますしね。

 

 

がしかし、ほしのあきさんはいったい何の仕事をするのでしょうか。

 

 

もともとは「最年長グラドル」を売りにしていましたが、まさか47歳で同じことはしないでしょう。

 

 

かといって、大渋滞のママタレ枠で何を売りにするんでしょうか?

 

 

演技はさすがに無理でしょうし、トークの面で言うと、すでに地位を築いている小倉優子さんや鈴木紗理奈さん、若槻千夏さんなどがいますし、モデル系では蛯原友里さんや東原亜希さん、武井咲さんなどがいます。

 

今回のインタビューはSTORYでしたから、STORYの表紙ではなくてもモデルの一人になるのでしょうか。

 

 

男性方面、女性方面、どちらに舵を切るにしても、ペニオク詐欺を忘れていない人は多いと思うので、謝罪したっけなあみたいな思いでしかほしのあきさんを見れないのでは。

 

 

そういう事情がありながらも、人目に触れる仕事をするというのは大きな決断だったと思います。

 

 

※こちらもどうぞ※

 

 

 

 

超ママタレ



ほしのあきさんは一時期一時期売れっ子のタレントでしたが、ある事件をきっかけにすっかり表舞台から姿を消しました。

 

 

それがこのところSNSでの露出が増えているため、これは芸能活動再開、ひいては離婚の前兆ではという声が出ています。

 

 

ほしのあきさんが表舞台から姿を消したきっかけを思うと、そう簡単には復帰できないかなあと思うのですが・・。

 

 

[スポンサーリンク]

露出を増やしているほしのあき。顔の変化がやばい

 

数年に一度、年に一度、数か月に一度、さらに数日に一度とSNSでの露出を増やしているほしのあきさん。

 

 

毎回「わかーい!」「20代みたい!!」と絶賛されている声が報じられています。

 

 

それがたとえ楽しんごさんに似てると言われても、若見えを否定する気はありませんでした。

 

 

 

 

眉毛が太すぎ!と思っても、保ってるなあと思っていたのですが…

 

 

 

 

これはちょっと不自然では?

 

 

 

 

また「20代にしか見えない」という記事のタイトルで絶賛されています。

 

 

同年代からすると確かに若いでしょうしキレイだと思います。

 

 

しかしさすがに20代はないような。

 

 

相変わらずの楽しんごさん感に加えて、何か「入れた」感があります。

 

 

そして気になるのが、この投稿にあった「撮影中のカメラの音好き~」というコメント。

 

 

これは芸能活動を再開しようとしてる、ということですよね。

 

 

 

ほしのあきの露出増の理由は子どもの成長か、夫の不調か、離婚か

 

芸能活動から遠ざかっていた女性タレントが芸能活動を再開するのは、一般的に子どもの手が離れたか、離婚が近いから、というのが相場です。

 

 

ほしのあきさんの場合、夫である三浦皇成さんが騎手という仕事をしている関係上、夫の不調を補うため、という可能性もあります。

 

 

ほしのあきさんは2011年9月に騎手の三浦皇成さんと入籍し、翌2012年4月に長女が生まれています。

 

 

つまり12歳、小学校6年生になったところです。

 

 

早い人は産後数か月、ゆっくりする人でも小学生になったころから復帰することを思うと、まあ遅めです。

 

 

が、いくつになったときに「手が離れた」とするかはそれぞれかなと思うので、三浦家では「今」だったのかもしれません。

 

 

 

ほしのあきと夫・三浦皇成の離婚が現実的な理由2つ

 

もう一つのありがちな理由である「離婚」に現実味があるのは2つの理由があります。

 

離婚の理由1:年の差夫婦

 

結婚当時ほしのあきさん34歳、三浦皇成さん22歳。

 

 

若手有望株の騎手だった三浦皇成さんと遅咲きで「最年長グラドル」を売りにしていたほしのあきさんはでき婚しました。

 

 

当時からほしのあきさんにはめられたなんて言われており、三浦皇成さんの不倫は報じられだけで2度あります。

 

 

子どもができたから結婚したというだけならば、いつか離婚するんじゃないかと言われていました。

 

 

離婚の理由2:三浦皇成の不調

 

三浦皇成さんはデビュー5ヶ月目で重賞初勝利、新人の年間勝利数通算59勝を達成し約50年ぶりに歴代2位の記録を塗り替え、武豊さんが持っていた新人騎手年間最多騎乗回数、、新人年間最多勝記録を更新するなどなど華々しい記録を持ち、「武豊の再来」と言われました。

 

 

しかしその後は「そこそこの活躍」から「低迷」と言われました。

 

 

原因はほしのあきさんとの交際、それが元で師匠の河野さんのもとを独立したが時期尚早だったとか、初年度が良すぎただけで特別悪いわけじゃないとか、いろいろ言われています。

 

 

が、少なくとも「武豊の再来」ではなかったというのは現実です。

 

 

きちんと関係が築けていたなら、今後は私も稼ぐから!と、夫の不調を補う意味での芸能活動再開になるでしょう。

 

 

不倫もあったしもう限界!という状況なら、自立→離婚の意味での芸能活動再開になりそう。

 

 

 

ほしのあきが干された経緯から考えるもう一つの可能性

 

ほしのあきさんが芸能活動から遠ざかった理由は、決して結婚・出産ではありません。

 

 

2010年ころ、ネットで大問題になったのがペニーオークション詐欺でした。

 

 

ほしのあきさんはこの被害拡大に大きな役割を果たしていたんじゃないかということで、芸能活動から遠ざかっていました。

 

 

ペニーオークション詐欺というのは、商品が落札できない仕組みなのに落札可能を装い、入札の度に支払う手数料を騙し取るというものです。

 

 

これが一気に広まったのは多くの芸能人がヘルシオやiPadなど人気商品を激安価格で落札したかのようにブログに書き込み宣伝したから。

 

 

当時、芸能人がブログで紹介する物事に広告料が発生しているというのが周知されておらず、単純に本当に使って良いとか流行ってるからブログに書いてると思われてしまったのが被害拡大の原因です。

 

 

ほしのあきさんや熊田陽子さん、小森純さん、デヴィ夫人、永井大さんなどなど本当に多くの芸能人が宣伝しており、それぞれのブログには、

 

 

「○○ちゃんが落札できたっていうからやってみたけど、なかなか落札できないよ」

 

 

とか、

 

 

「助けて!手数料ばかり吸い取られるから退会したいのにできない!!」

 

 

といった泣きのコメントが見られるように。

 

 

事態を重く見た警察が捜査を進めた結果、ほしのあきさんは主犯格の松金ようこさんという人と親密だったことから警察の事情聴取を受けており、場合によっては詐欺幇助剤に問われると報じられていました。

 

 

その結果、ほしのあきさんは表にちょっとでも出ようものなら「詐欺に加担してたくせに」と大炎上で、芸能活動再開なんてとんでもない状態のまま10年以上が経過しています。

 

 

ほしのあきさんからすると芸能界に未練ありありの状態での半ば強制的な活動自粛だったわけです。

 

 

大王製紙の井川意高さんは暴露本でほしのあきさんとの愛人関係を明かしており、キラキラしたものに執着があるのが本質なら、また表舞台に戻りたいでしょうね。

 

 

離婚や子どもの成長関係なく、チャンスがあるなら復帰したい!と思っていても不思議はありません。

 

 

同じくらいペニオク詐欺にどっぷり浸かってそうに見えた熊田陽子さんは、ちょうど出産が重なり、産休してただけみたいに仕事を休みさらっと復帰を果たし、「詐欺に加担してたくせに」という炎上は華麗にスルーして今に至ります。

 

 

そういうのもほしのあきさんの何かを煽ってるかも?

 

 

ほしのあきの活発化の裏のまとめと、復帰は無理な理由

 

ほしのあきさんが本格的に活動を再開した裏にありえる可能性は、

 

・子どもの手が離れたから

・三浦皇成さんが不調だから

・三浦皇成さんと離婚するから

・単純に自己顕示欲から

 

以上4つです。

 

 

今はテレビに出なくても、SNSやYoutubeで十分活躍できますからね。

 

 

また、Youtubeであれば、ほしのあきさんさんのペニオク詐欺加担をいう経歴があって付きくいスポンサー問題もクリアです。

 

 

しかも、SNSやYoutubeなら見たくない人は遠ざけることもできます。

 

 

とはいえペニオク詐欺は、自分が流した嘘の情報で損をして傷ついた人がいる一方で、自分はひたすら得をしてた、という内容が内容なだけに忘れるのは厳しいです。

 

 

そんな過去を水に流して受け入れよう、と思えるほどの魅力がほしのあきさんにあるかどうかというと難しいですね。

 

 

もともと最高齢グラドルを売りにしていたほしのあきさんがアラフィフの今から何を売りに活動するんでしょう。

 

 

お子さんもいますし、何も芸能活動にこだわらなくても、と思うのですが。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ほしのあきさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

 

◆関連情報◆

 

 

 

 

 

 

 

ほしのあきさんが久々に姿を現したところ、楽しんごさんにそっくりだと話題です。

 

[スポンサーリンク]

 

ほしのあきが楽しんごとそっくりに

 

[以下引用]

「え、ショック。俺の知ってるほしのあきじゃないんだけど…」

「楽しんご、ゲイ界のほしのあきやん」

 

タレント、グラビアアイドルなどとしてテレビでよく見かけたほしのあき(46)。高校時代に10代向けファッション誌「プチセブン」の専属モデルとして芸能活動を始め、2001年からグラビアアイドルとしての活動を開始。約10年の下積みを経て、2004年に“最年長グラビアアイドル”というブランディングで大ブレイクし、バラエティ番組などタレントでの活動も盛んになった。

 

プライベートでは、2011年に騎手の三浦皇成(33)と結婚し、翌年には第一子を出産。その後、プライベートを優先したからか、メディアへの露出は激減し芸能界の第一線から姿を消した。

 

そんな彼女の“現在の姿”が注目を集めている。

 

今月10日、お笑い芸人で整体師・実業家としても活動している楽しんご(44)が、自身のX(旧Twitter)で2枚の写真とともに投稿。

 

《今のほしのあきマジで俺じゃん》

[週刊女性プライム]

 

ということですが、言うほど似てないような。

 

 

 

ただまあ、この仕上がりはちょっと違ったかもしれませんね、ほしのさん。

 

 

近年よく見られる他の「有名人のSNSに久々登場したほしのあき」シリーズは「変わらない!」「ずっとかわいい!!」みたいなコメントが見られますし、これはちょっと失敗パターンなのでは。

 

 

ほしのあきが露出を減らした理由が忖度

 

それよりもここです。

 

プライベートでは、2011年に騎手の三浦皇成(33)と結婚し、翌年には第一子を出産。その後、プライベートを優先したからか、メディアへの露出は激減し芸能界の第一線から姿を消した。

 

ほしのさんが芸能界の第一線から姿を消したのは、ペニオク詐欺に中心で関わり警察から事情聴取されたからですよね。

 

 

まるでそんなことがなかったかのように流す週刊女性プライム。スゴイ。

 

 

さすがにこういう犯罪に関わった人の復活は難しいのでは。

 

 

個人的には、ほしのさんが離婚していないことに驚きました。

 

 

ペニオク詐欺自体結婚してすぐでしたし、13歳の年の差夫婦であり、三浦さんの浮気もたびたび報じられていたので、こんなに結婚生活が続くとは思っていませんでした。

 

 

もしかするとほしのさんが芸能界引退状態なのが良い方に転んでいるのでは。

 

 

 

◆退所間近のジャニタレが吠えた!

え…?→ geinou ranking geinou reading

え…?→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

◆こちらもどうぞ◆

 

 

 

ほしのあきさんが8年ぶりにメディアに登場し、インタビューで自身のグラビアについて振り返ったのですが、それに対してネットを中心にブーイングが起きています。

 

※全員の名前分かりますか?



 

ほしのさんは「週刊プレイボーイ」の連載コラム「創刊55周年スぺシャルインタビュー 7日間の女神たちへ!!」というものに登場。

 

「母になったことで価値観が変わったか?」

 

という質問に対し、次のように答えていました。

 

「美しくいたいということは、自分がだらしなくなってはいけないということ。幸せの感じ方も、歳を重ねて変わってきました。グラビア時代は自分が一番大切でしたが、結婚し子供ができて大切なものが変ってきましたね」

 

 

[以下引用]

「〝最年長グラビアアイドル〟として2000年代のグラビア界を席巻したほしのですが、12年にペニーオークションを使った詐欺事件への関与が疑われたのを機に、芸能活動を休止しています。この事件でほしのは、空気清浄機の写真とともに『お友達から教えてもらったワールドオークションってサイトでお買いものしてみたょ』『1080円で落札したの』などと書き込みをしています。そして『よかったら見てみてね』と、サイトにファンを誘導し、30万円の報酬を受け取っていました。事件が明るみになるとブログで謝罪しましたが炎上は収まらず、その後は長女が誕生したこともあり、育児に専念しています。同誌ではグラビアアイドル時代のことを懐かしそうに振り返っていました」(エンタメ誌記者)

 

ほしのの久々の登場に、ネット上では批判の声が多く飛び交っている。

 

「事実上、引退状態だったほしのですが、同じペニオク詐欺に関わっていた、タレントの熊田曜子や菜々緖らが活躍しているのを見て、内心穏やかじゃなかったでしょうね。つい最近まで、芸能界の友人のインスタグラムにちょくちょく登場し、自己アピールに余念がありませんでした。しかし、本人が思った以上に話題に上がることもなく、効果はイマイチだったようです。また、かつては期待の騎手だった夫の三浦皇成もG1は未勝利の96連敗中。昨年12月の2歳G1ホープフルステークスでは、三浦が騎乗する馬が、4角からまさかの逸走。『画面から馬が消えた』と歴史的大事件になりました。伸び悩む夫にほしのがいよいよ腰を上げたのかもしれません」(芸能記者)

[まいじつ]

 

ということですが、ほしのさんは例の騒動で警察に事情聴取までされていて、世間的には”ペニオク詐欺の主犯格”というイメージが強いのではないでしょうか?

 

 

「あなたはそれくらいで済んでいいよね」全然反省してないほしのあきがペニオク芸能人の友人に愚痴!

 

しかも、現役時代は年齢詐欺やら黒い噂やらいろいろあって、男性からも女性からも好感度は低かったのも事実。

 

さらには、三浦皇成騎手という13歳年下の元天才騎手をハメて”玉の輿”に乗ったのに、そこからサゲマン全開で成績が急降下してしまったのも、すごく印象が良くないというか。

 

ネットには

 

「今さら感ハンパないな。ノコノコ雑誌に出てなにがしたいの?」

 

という声もありましたが、それが世間の本音なのでは?

 

まさか、ついに離婚が確定的になってしまい、再び仕事を始めないといけない状況にでもなったのでしょうか。

 

 

ほしのあき離婚へ。三浦皇成に特定の浮気相手!週末婚から完全別居で養育費、慰謝料、親権が

 

いずれにせよ、今回は男性向けグラビアが多数掲載される「プレイボーイ」に出てきて様子見したようですが、反応を見る限り、芸能界復帰はかなり厳しいような。

 

かといって、今さらバラエティタレントや女優!なんてものになれるわけでもなく、残された道はSNSを活用したママタレ路線のみ。

 

となると、インスタでしっかりとしたママぶりをアピールし、少しずつ好感度を上げていくしかない…

 

って、ここまで好感度が低いのなら、いっそのこと炎上ママタレ路線でいくのはどう?

 

某ジャニーズトップアイドルの妻のように、炎上は炎上でも独自路線でブルーオーシャンを悠々と泳いでいる例もあります。

 

 

工藤静香、犬が苦しげなのに「かわいい」で批判殺到。完全なるSNS依存症か

 

普通にやったのでは、ライバルのママタレたちには勝てそうにないですし、なにかほしのさんならではの強い武器を生かした戦略に期待したいところです。

 

◆今、注目度抜群のこのネタの暴露で勝負してはどうでしょうか、ほしのさん!

 バズること間違いなし!→ geinou ranking geinou reading

 バズること間違いなし!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ほしのあきさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー