このところ聞かれるようになった嵐の解散説ですが、今度はメンバーの1人である櫻井翔さん自ら解散を口に出したと報じられています。

 

 

 

 

櫻井翔が口にした「嵐は解散する」

 

[以下引用]

嵐を知る関係者によると、メンバーの櫻井翔(36)が学生時代の仲間たちとの“飲み会”で、驚きのひと言を発したという。

 

「櫻井は11月の週末の夜、オープンしたばかりの東京・銀座のクラブラウンジに、慶応時代の友人たちと集まって飲んでいたそうです。業種はバラバラで、『82年会』というそうですが、櫻井は酒が進むにつれ、どんどん冗舌に。いきなり『嵐はもう解散するから』『1月以降はスケジュールも入っていないから』と言い放ったんだとか。櫻井は酔っぱらうとはっちゃけるタイプで、場を盛り上げるための悪い冗談かもしれませんが、周りにいた友人たちは驚いていたと聞いています」

[ゲンダイネット]

 

 

櫻井さんが本当に飲みの席で嵐の解散を口走ったんだとしたら、ジャニーズの中で次にお酒の問題を起こすのでは、と言われていたのもあながちウソではないかも。

 →櫻井翔に心配される大問題

 

場を盛り上げるにしても「1月以降はスケジュールも入ってない」ってジョークにならないような。

 

その数日後、二宮和也さんがラジオで人間関係について「(喧嘩して)絆が生まれるとかあるじゃん? あんなの絶対ないと思ってるから」「俺の中ではそれは絶対にないの。喧嘩したらそこまでだから」なんて話していたこともあり、関係者の間では櫻井さんと二宮さんが喧嘩したのか、なんて噂に拍車がかかっているそうです。

 

いい大人が仕事仲間でもある相手と喧嘩して関係修復もできないなんてことある?とも思いますが、SMAPの最後がその状態だったと言われていることを思うと、ありえないことでもないのでしょうか。

 

 

 

 

嵐解散の現実味

 

嵐の中で決定的な仲違いが起きてもおかしくない喧嘩のネタというと、「誰が先に結婚するか」ということが思い浮かびます。

 

1人結婚すれば次はいつになるかわかりませんし、割と切実な問題かもしれません。

 

が、「嵐の解散」はどうでしょうね。

 

解散の話自体は10月にも報じられ、ジャニーズはSMAPの解散に関するドタバタで反省し、嵐はキレイな形で解散しその後のソロ活動につなげようと画策しているとか。

 →嵐の解散説が割とやばい

 

いつかはあるにしても、来年1月以降スケジュールが入ってないわけがありません。

 

現在は20周年のツアー中ですし、嵐のグループとしての仕事は『VS嵐』『嵐にしやがれ』など冠番組の出演だけのようで、「1月以降新しい仕事は入れない」という意味ならわからなくもありません。

 

また、嵐には2016年から2020年まで『紅白歌合戦』の司会をする、という話があり、実際相葉さん、二宮さん、櫻井さんと3人まで来ていますから、少なくとも2020年までは解散しないであろうと言われています。

 

もしかすると「2021年の1月以降はスケジュールがない」という意味だったとか?

 

それならありえるかもしれませんが…

 

現在行われてるツアーは全50公演というかなりの大規模なものであることが判明しました。

 

つまり、それだけやっても席が埋まると見込まれているわけです。

 

嵐のピークは超えたと言われていますがこれだけ人気がありますし、ジャニーズ事務所もなかなか解散の決断はできないでしょうね。

 

 

◆ルックスが良くて高学歴、多彩な才能がある男性芸能人といえば…

誰?→ geinou ranking geinou reading

誰?→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※葵つかささんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング