先日、一部メディアが反町隆史さんの後任として”次期相棒”の最有力候補に福士蒼汰さんが内定したと報じましたが、これに「相棒」制作現場が強烈な「NO!」を突き付け、不穏な空気が流れているといいます。

 

そして、その代わりにこれまで名前の上がったことのない、かなり意外な二世俳優が有力候補として急浮上しているそうで・・

 

絵が下手。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相棒season9(下) (朝日文庫) [ 輿水泰弘 ]

価格:770円(税込、送料無料) (2022/2/18時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「東映サイドが一推ししているのが、『相棒』のスピンオフ映画第2弾『相棒シリーズX DAY』(2013年)でサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月役で出演した田中圭です。知名度も演技力も申し分ありません。サイバー犯罪対策課から特命係に配転されるというのが一番、スムーズな流れです」(テレ朝関係者)

 

そして、もう1人が、ここまで各芸能サイトでもあまり名前の挙がっていなかった松田龍平だという。

 

「主演の水谷豊の推しですよ。龍平の父である松田優作さんと水谷は旧知の間柄。優作さんの代表作である『太陽にほえろ!』『探偵物語』でも共演していますし、若手時代はよく一緒に飲んでいたそうです。そもそも、水谷が現在のように演技力にこだわるようになったきっかけは、優作さんの影響だというんです。龍平の抜擢は恩返しの意味もあるようです」(制作関係者)

 

ここに来て具体的に2人の名前が挙がった理由は、テレ朝と東映サイドのイザコザが原因だという。実はテレ朝が密かに〝ポスト反町〟として猛プッシュしていたのが、反町と同じ事務所に所属する後輩の福士蒼汰。ところが、制作を請け負う東映を筆頭に、現場からは福士NGの大合唱が沸き起こったというのだ。

 

「福士が反町と同じ事務所だから、そのまま『相棒』に出演させようとする流れがあるんですが、そんなに甘くはない。東映には活動屋の血を受け継ぐ勇猛果敢なスタッフが大勢いる。彼らはこの種のバーターを一番、毛嫌いします。まして、福士はドラマや映画で大したヒット作がない。ポスト反町を名乗るのがおこがましい。ギャラも1本150万円と反町の半額という話ですが、金額ではない。スピリッツの問題なんです。もしも福士になったら、大勢のスタッフが辞めてしまうかもしれません」(事情通)

[週刊実話]

 

実話さん、もはやこのネタで遊んでません?

 

福士蒼汰さんがイヤでボイコットとか、スピリッツの問題とか、なかなか想像力が逞しいな・・と感心してしまいますが、理由が「バーターが嫌いだから・・」って、そんなこと言ったら現在のドラマ業界は成立しないと思いますけどね。。

 

というか、演技力が問題ではないのですね。。

 

というのはさておき、さすがに田中圭さんはないんじゃないでしょうか?

 

彼の場合、基本的に「来た仕事は断らない」そうなので、もしかしたらオファーさえ来れば受けるかも知れません。

 

ですが、超売れっ子として様々な作品からオファーが絶えない状況を考えると、シーズンが続く限り毎年半年以上も「相棒」に拘束されるのは俳優としてのキャリアを考えるとあまり良くないような。

 

その辺り、所属事務所も考えていると思いますし、内々に断りそうな気もします。

 

で、松田龍平さんですが・・

 

「相棒」の”絶対君主”として制作総責任者よりも強い権限を持っている水谷さんが推してるなら、もはや決まりじゃないですか、実話さんっ!?

 

発表が楽しみですね。。

 

◆松田龍平さん、アナタはこれに耐えられますか?「相棒」降板俳優が激白!

「辞めた理由」→ geinou ranking geinou reading

「辞めた理由」→ geinou reading geinou ranking

 

やっぱり、絵が下手。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相棒season9(中) (朝日文庫) [ 輿水泰弘 ]

価格:770円(税込、送料無料) (2022/2/18時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松田龍平さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー