長澤まさみさんがインスタグラムの投稿を一つ残して全削除したと話題になっています。

 

一般的に結婚、証拠隠滅など5つの可能性があるものの、メディアからの問い合わせに長澤さんの所属事務所は「深い意味はございません」と回答しており、その方がヤバいのでは、という声も…

 

 

 

 

[以下引用]

まず第一に浮上するのが、年内の入籍、もしくはデキ婚の線。そのお相手として名が上がるのが、来年3月公開の映画『四月になれば彼女は』で初共演を果たした佐藤健で、芋澤貞雄さんも以下のように綴っている。

 

芋澤さんはこの文章を「皆さん、“健ロス”、“長澤ロス”の準備を心してお過ごし下さい」と結んでいるが、そのような日も近いのだろうか。

 

続いて可能性を指摘されているのが「ヤバい写真の証拠隠滅」説で、SNS上には薬物使用を疑うポストが見られる。その可能性も「無きにしもあらず」ではあるが、長澤に限ってそれはあり得ないだろう。また、かつて彼女がお取り寄せしてまで食べていた「コオロギ食」を隠すためという指摘も、長澤自身が2020年にバラエティ番組でその事実を自ら語っているため、可能性としては限りなく低いと言える。

 

さらにネット上では、長澤の老化やメンタル問題を全削除の原因に上げる声もある。しかしこれらも著名人が「謎の行動」を取った際にかならず囁かれる「憶測中の憶測」であり、長澤に当てはまっているとは考えにくいだろう。同様の理由で、「イメージの一新やキャラクターチェンジ、もしくは新しいジャンルの仕事のため、過去写真の全削除に踏み切った」とする見方も当てはまらないのではないか。

 

所属事務所の東宝芸能からの独立、もしくは移籍という噂も根強い。2000年、東宝「シンデレラ」オーディションに当時史上最年少の12歳でグランプリに選ばれた長澤は、以来、東宝芸能の稼ぎ頭として事務所を牽引しているが、これまでも何度か独立や移籍が取り沙汰されてきた。今回こそはそのどちらかを果たすと見る向きも多く、前述のように事務所が「深い意味はございません」とそっけないリリースを出したことも気にかかるところだ。

 

以上が巷に流布する「長澤まさみインスタ全削除をめぐる5つの可能性」だが、可能性があるとすれば「年内の入籍もしくはデキ婚」「事務所からの独立もしくは移籍」のどちらかだろう。少なくとも他の3つの説は単なる噂レベルである上に、あまりに突飛で考えにくいのが現実だ。

 

元テレビマンの男性は、この件についてどう見るのか。

 

「『深い意味はございません』とのことですが、深い意味もなくインスタを全削除するほうがヤバいって思うのは私だけではないと思います。とは言え旧知の業界人に聞いてみても、どうも決め手となる情報は持ち合わせていないようです。常識的に考えれば、移籍か独立の線が濃いのかなとは思いますが、あくまで個人的な予想です」

[まぐまぐ]

 

 

元々あまり更新していなかったことを思うと、そのまま放置で、事務所の人が告知などだけするSNSにしても別に良かったんじゃないかと思うのですが、敢えて消したことを思うと、そして1枚だけ残したことを思うと、やっぱり深い意味がないわけがないような。

 

残した投稿の写真が意味深と言えば意味深なんですよね。

 

 

 

 

所属事務所の「深い意味はございません」と合わせると、やはり独立の可能性が高いような。

 

ここ最近多いですよね。ある程度地位を確立した人が個人事務所で独立するパターン。

 

長澤さんも女優歴が長くなっていますし、それこそ共演した佐藤健さんも数年前に個人事務所を作っていますし、ない話ではなさそう。

 

あとは、プライベートは明かさない方針に変えたかったか。

 

以前、ボクらの時代で池松壮亮さん、太賀さんと共演した蒼井優さんがSNSをやらない理由を語っていました。

 

[以下引用]

「まず個人的に発信したいことがない」と話す蒼井は、最近のドラマや映画のキャスティングでSNSのフォロワーが多いことが関係する話を聞いたことについて言及。

 

「どうなんだろうね。自分が映画を観始めたときに画面にいた人のプライベートって見えなかった。(私は)SNSをやらないことで自分で自分のハードルを下げてる気がする。役者としての自分を守ってると思う」と、SNSをやらない理由を明かした。

 

池松は「いや。(プライベートが見え)ないほうがいいのは絶対そうですよ」と蒼井に共感。太賀は「いつからなんでしょうね、こう俳優が露出し始めたのは」と改めて疑問を持ったようだった。

[しらべぇ]

 

長澤さんもそういう心境になったとしても、不思議はありません。

 

なんにしろ、来年以降も活躍することを祈っております。

 

 

◆プライベートはまったく話さない方が吉だな

という事例→ geinou ranking geinou reading

という事例→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※長澤まさみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー