文春砲によって25歳年下女との5年に及ぶ不倫関係をバラされてしまった近藤真彦さんが、ジャニーズ事務所から追放される危機に陥っています。

 

すでにその後釜としてキムタクが幹部に昇格するとの話もあるようで、離婚が現実となれば東出昌大さんと同じ運命になりそうだとも…

 

 

 

目次

閉じる

 近藤真彦、自分に甘くてすべてを失う

 

[以下引用]

近藤の妻は今回の不倫報道に怒り心頭で、一時は離婚を突きつけられたという。

 

「近藤は目黒区の高級住宅街に一戸建てを構え、妻と子どもとともに長年その家で暮らしていましたが、現在は引っ越しており、より都心に近い“超”がつく高級マンションに住んでいます。また、その近くには個人事務所も構えている。目黒区の一戸建てはまだ手放してはおらず、今では倉庫代わりに使われていて、人影もないといいます。ただ、奥さんが激怒していて、離婚についても話し合われたといいますから今後、離婚という展開になってしまえば、目黒区の一戸建ても財産分与の対象になってしまう可能性がありますよね」(女性誌記者)

 

40年前のレコードデビュー以来、メリー喜多川名誉会長の寵愛を一身に受け、ジャニーズ事務所の最年長タレントとして君臨してきた近藤。しかし、特に後輩の面倒を見るわけでもなく、趣味が高じたカーレースの活動に没頭している様子に、メリー氏以外のジャニーズ幹部は呆れていたという。


「ジャニーズでは通常、タレントが会社経営に関与することはありませんが、近藤だけは特別で、彼は1997年に『ジャニーズ・エンタテイメント』の株式を所有しているんです。そのため、同レコード会社に所属するKinKi KidsやジャニーズWESTなどがヒットを出した際には、近藤にもそれ相応の収益が支払われてきたといいます。ただ、“なんで仕事をしていないマッチさんが悠々自適な生活を送れるんだ”と、近藤について不満を抱いていた後輩タレントも少なくはないといいます。メリー氏も今回の不倫には厳しい見方をしていると伝えられています。これまで近藤を特別扱いされてきましたが、今回の不倫騒動で彼の事務所内ポジションは相当厳しいものになるでしょう」(前同)

 

近藤と並んで、少年隊の東山紀之も事務所内では幹部ポジションに就いている。

 

「さらに、今年7月にファンクラブを立ち上げた元SMAPの木村拓哉(48)が幹部に昇格するとささやかれています。東山も木村も、近藤とは異なり、現在でも第一線で活躍していて、2人を尊敬している若手はたくさんいる。そのため、木村が幹部になるのと前後して、近藤がその座を追われる可能性もゼロではないでしょう。不倫相手のA子さんに対して“俺には不倫記事をもみ消す権力がある”とうそぶいたという近藤ですが、ネット社会の今、そういう時代ではないし、今の彼にそのような力もないですよね、近藤はこの不倫スキャンダルをきっかけに、家族と家、さらには仕事も失い“東出状態”に陥ってしまう、なんてこともありえそうです」(芸能プロ関係者)

[日刊大衆]

 

 

近藤さんは自ら「無期限の活動自粛処分を申し出た」ことになっていますが、実際には”芸能界の母”とも言われるメリー会長から諭され、渋々、処分を受け入れたとも。

 

ネットでは

 

「56歳にもなって、いったい何やってんだ?本当に情けない奴だ」

 

との声がたくさん飛び交っていますが、今回の不倫スキャンダルで失ったものはあまりにも大きかったと言えるでしょう。

 

なんせ、表立って見えたマッチ先輩のお仕事はレース活動で、こちらは結果を出さなくても特に痛い思いをしないものですし、その合間に時々後輩の番組に出て偉そうにしているだけで年収3000万円は保証されていたなんて言われています。

 

今後、しばらくすれば芸能活動を再開させるのでしょうが、メリーさんという最大の庇護者がいなくなれば、ジャニーズ内での立場を完全に失ってしまうのは確実。

 

これまでタレントとしてキャリアを積んできたわけでもなく、かといって演出やプロデュースといった経験もゼロとなれば、表舞台を去って裏方に回ることもできません。

 

そうなると、そもそも一体なんの仕事ができるの?という話に。

 

今年がデビュー40周年のマッチ先輩は、新曲も出していないけれどFNS歌謡祭への出演が発表されていましたし、何もなければまた盛大にお祝いしてもらえたんでしょうに、自分の甘さからキャリア最大の危機を迎えてしまったようです。

 

これで幹部の座が転がり込んでくるキムタクとしては、まさに棚ぼたみたいなもの?

 

 

 

台湾で嫌われた近藤真彦 

 

[スポンサーリンク]

 

さて、今回の不倫報道では

 

「オレはもみ消す権力を持っている」

 

と豪語していた近藤さん。最初のうちはその通りに大手マスコミは軒並みスルーしていたものの、ジャニーズから公式に処分が下されると、堰を切ったようにワイドショーなどでも取り上げられるようになりました。

 

しかし、実は日本以上に大バッシングの嵐となっているのが、親日で知られる台湾。

 

実は近藤さんは、台湾で絶大な人気を誇った香港人の歌手、女優で2003年に40歳で亡くなったアニタ・ムイ(梅艷芳)さんとも二股&不倫疑惑が報じられた過去があるんだそう。

 

[以下引用]

「アニタは生前、台湾メディアに近藤との恋愛を告白。近藤も香港で行われたアニタの葬儀に出席。何度かアニタへの思いを明かし、現地では交際していたことが既成事実化している。台湾人の中には中森明菜との交際騒動を知る人も多く、明菜との二股や結婚後の不倫を疑う人も多い。女性への冷たい態度などで、今回の不倫報道への怒りが増幅している」(前同)

[日刊大衆]

 

 

中森明菜さんが活躍していた時代、台湾人の日本熱は今以上で、日本の芸能ニュースが盛んに報じられており、あの〝金屏風事件〟が日本以上の温度で蒸し返され、「史上最低のクズ男」と断罪される事態になっているんだそう。

 

〝金屏風事件〟とは、結婚をほのめかし中森さんに土地を買わせたのに、中森さんのライバル松田聖子さんと近藤さんがアメリカで不倫をしたことに絶望した中森さんが自殺未遂、大晦日に会見を開き中森さんが涙で謝罪するも、金屏風の前で二人揃って会見したのは、中森さんを婚約会見だと騙して担ぎ出したのでは、という例の話ですね。

 

 

近藤真彦がジャニーズの結婚を語るも、「中森明菜を騙したくせに」の理由

 

婚約会見だと思っていたなら中森さんもグレーではなくてもっと白っぽい服を着ていたのでは?と思うので、ここで婚約発表はさすがに中森さんも期待してなかったような気はするんですが、ここで謝ればその先に金屏風、という期待くらいはさせていたかもしれません。

 

なのに近藤さんが「これでオープンに付き合えます」と言いながら結婚はないと否定するなど、その時もクズで。そりゃ台湾の人の心象はそりゃ最低でしょう。

 

近藤さんの印象が下がりに下がっても別に構わないのですが、それが日本人の印象と直結しては業腹ですね。

 

 

◆ヒガシがマッチに苦言でブーメラン

なんで?→ geinou ranking geinou reading

なんで?→ geinou reading geinou ranking

 

※そんな季節です。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※絶対に不倫できない木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!