今年ジャニーズからデビューし、CDもよく売れ人気も上々、紅白歌合戦初出場も決まり順調そのもののKing&Prince(キンプリ)ですが、ただ順調なわけではなく、ファンの

本人たちはかなりプレッシャーに押しつぶされそうなんだとか。

 

 

 

キンプリの不安要素その1:ファン

 

キンプリというと、順調な活動の一方で思い出されるのが、ファンが仙台駅で起こした新幹線でのトラブルです。

 →キンプリファンの新幹線トラブルは業務妨害罪

 

これはファンが起こしたことであるとはいえ、ファンのイメージはグループのイメージに直結するのでマイナスでした。

 

代理店関係者も「ファンの暴走には手を焼いている」「とにかくファンがうるさくてマナーが悪い」と呆れているとのこと。

 

また、事務所の警戒も相当で、常連でなくても一度でも迷惑と判断したファンには法的措置も辞さない構えであり、「接近禁止命令の発動やストーカーで逮捕者が出る可能性を秘めています」とのこと。

 

他グループでも、先日関ジャニ∞の大倉忠義さんがストーカー的ファンについて苦言を呈しましたが、錦戸亮さんもブログで「何も変わらない」と怒るくらい何も変わっていないよう。

 

ここは実際に警察沙汰にすべきなんでしょうね。

 

 

不安要素その2:メンバーの精神状態

 

メンバーの一人・岩橋玄樹さんは、デビューして5ヶ月足らずで休業を発表しました。

 

幼少期からの持病であるパニック障害の治療に専念するためということですが、元の内向きの性格に加えて両親も芸能活動には反対しているそうで、病気の悪化もアイドル活動のせいだと怒っており、家庭環境も芸能活動の継続には難しいよう。

 

TABLOには「実は同じ大学に彼女がいて、その子が現在の岩橋くんを陰ながら支えているんだそうですよ」という芸能ライターのコメントも。

 

[以下引用]

元々、岩橋くんはアイドルよりもバンド活動に興味があり、音楽の知識にも長けているといいます。王子様路線で活動するキンプリと彼の理想郷はあまりにもかけ離れているのです。そういった面でもストレスを溜め込んでいたのかもしれません。

[TABLO]

 

「ひょっとするとこのまま事務所を退所して引退という線もあるのでは「とありましたが、ジャニーズに入った時点でほぼ王子様路線は決定だったわけで、親も反対している、自分の理想ともかけ離れてる、となったときに、病気もあるのにデビューしたかなあという気も。

 

また、精神的に追い詰められているのは岩橋さんだけではないようで。

 

[以下引用]

デビューして間もないこともあり、意欲的な芸能活動をしているように見えるキンプリ。しかし、「この重圧に耐えられるか不安で夜も眠れない」と、関係者に吐露するなど、彼らは想像以上に疲弊しているようです。楽屋での会話は殆どなく、静まり返っているとか。ファンとの関係性や離脱した岩橋くんの問題含め、ストレス過多に陥ってる彼らをどうか優しく見守ってあげてほしい。

[TABLO]

 

これは高橋海人さんが『RIDE ON TIME』で話していた内容ですね。

 →キンプリの業界内評価が…

 

ジャニーズの今後を大きく左右するグループですから、そりゃ重圧はあるでしょう。

 

デビューまであまり苦労していないと、ありがたみがなくてスキャンダル過多になりがちなのもパターンですが、キンプリの人たちはどうでしょうね。

 

平野紫耀さんは、収入の少なく安定しないJr.時代を「アルバイト感覚」「20歳で辞めるつもりだった」と表現しバッシングされていましたが、デビューした今は「母子家庭なんで、親のためにちゃんとアイドルというお仕事しなきゃなっていうのがある」とコメントするなど、真面目な一面もあるようです。

 

その一方で、いつまでも匂わせ彼女の存在が消えません。

 

キンプリが成功するか否かは平野さんに大きくかかる部分もあると思うのですが…大丈夫でしょうか。

 

 

◆岩橋玄樹に引退が噂される

パニック障害以外のヤバイ理由→ geinou ranking geinou reading

パニック障害以外のヤバイ理由→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※平祐奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング