女子プロレスラー・ダンプ松本さんの半生を描くNetflixドラマ「極悪女王」に、東出昌大さんとの不倫騒動で一躍有名になった唐田えりかさんが出演すると報じられ、ネット上で物議を醸しています。

 

同作については、企画・脚本・プロデュースを担当する鈴木おさむさんが、主演のダンプ松本役にゆりやんレトリィバァさんを指名し、

 

「役作りのために50キロ増量しろ!」

 

と命じたと報じられ、大バッシングを浴びたばかりですが・・

 

 

◆ルックス的にはかなり似てると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダンプ松本『ザ・ヒール』 極悪と呼ばれて [ 平塚 雅人 ]

価格:1540円(税込、送料無料) (2022/2/7時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

『NEWSポストセブン』によると、今回のキャスティングのサプライズはゆりやんが演じるダンプではなく、むしろ長与千種とライオネス飛鳥のタッグチーム・クラッシュギャルズの方だという。そして、その長与千種役として唐田が有力候補だとされているのだ。

 

《なんか、鈴木おさむのドラマって話題性ばかりだな。ゆりやんの次は唐田えりかってどうなんだろ。内容もなんだかつまらなそう》

《唐田えりか本人に体作りする根性や、どんな役でも引き受けるハングリーさがあれば別だけど、そこまでの根性は無さそうだよね》

現役レスラー使えばいいじゃん。よりによって唐田ってあり得ないだろ。話題になればそれでいいのかよ

《クラッシュギャルズの全盛期を知ってるだけに、あまりにイメージが違いすぎてガッカリ。どこまで体重増やして長与千種さんに近づけるかがキモだろうね…》

 

「確かに、唐田が長与千種を演じれば大きな話題になるのは間違いない。となると、ライオネス飛鳥役もスキャンダルが報じられた女性が演じる可能性が高い。ベッキーなら最強タッグですが、子育てに忙しいので現実的ではありません」(芸能記者)

[週刊実話]

 

まあ、どこまでホントかは分かりませんし、これはネタ記事ですね。

 

そもそも、唐田さんのような細身で華奢なタイプの女優さんが、ガッチリとしたレスラー体型の長与千種役をできるのか疑問。

 

プロレスを題材にしたドラマであれば、当然ながら試合のシーンもあるでしょう。

 

ネットには「唐田にも50キロの増量指令だなw」などと揶揄する声もありましたが、ただ単に太ればいいというものではありません。

 

レスラーを演じるためには相当なトレーニングとしっかりした筋肉・脂肪が必要なことは、昨年1月期に「俺の家の話」でレスラーを演じた長瀬智也さんが示した通り。

 

◆凄いガタイになってました。

俺の家の話 DVD-BOX - 長瀬智也, 戸田恵梨香, 永山絢斗, 江口のりこ, 井之脇海, 道枝駿佑, 羽村仁成, 荒川良々, 三宅弘城, 平岩 紙

俺の家の話 DVD-BOX

[Amazon]

 

じゃないと、あまりにも危険過ぎます。

 

試合のシーンがないんじゃ興醒めですし、そこだけ現役レスラーの”スタントマン”を使うなんてこともできないでしょうから、飛ばし記事だと思いますけどね・・

 

って、唐田さんの女優魂がホンモノだったら、可能性はゼロではないですけど。

 

◆覚悟は出来てますか!?

映画『覚悟はいいかそこの女子。』 - 中川大志, 唐田えりか, 伊藤健太郎, 甲斐翔真, 若林時英, 井口昇, 李正姫, 木村元子

映画『覚悟はいいかそこの女子。』 - 中川大志, 唐田えりか, 伊藤健太郎

[Amazon]

 

ちなみに、冒頭にも書いた”ゆりやん増量指令”に対するバッシングですが、これはせっかくコロナ禍を利用して45キロのダイエットに成功したにも関わらず、

 

「それを上回る増量を命じるのは、いくらなんでも酷すぎる・・」

「こんなの、制作側のパワハラに当たるんじゃないのっ!?」

「ゆりあんが可哀想・・彼女が心も体も壊しちゃったらどう責任取るの?」

 

との意見が相次いだと。しかし、当の鈴木さんはツイッターで

 

『なぜ、嘘を書かれて炎上して叩かれなきゃならないのか???? どうしようかね。。。』

 

と投稿し、報道を否定していました(ちなみに、この誤報の出元は「女性自身」)。

 

まだドラマのキャストなども正式発表されていませんし、作品の詳細には触れられないために、こういう遠回しな言い方になっているのでしょう。

 

ですが、このツイートで形勢は逆転し、

 

「ゆりやんへの増量指示は嘘なの?それとも彼女の主演自体が誤報?」

「太らせるって話に批判が集まってたから、そこが間違いなんだろ」

「週刊誌って平気で嘘ばっか書くな。信用できない」

 

など、一転して「女性自身」の記事に苦言が寄せられる流れとなりました。とはいえ、一部ではいまだに

 

「どの部分がどう嘘なんですか?曖昧すぎて分かりません」

「どうしようかねじゃなく、ちゃんと説明しないから炎上してるんでしょ!」

「嘘だというなら、公式発表して法的手段に出ればいいのに」

 

という、よく分かってない頓珍漢な声も飛び交っていますが・・

 

SNSが発達し、世間一般の様々な声がネット上に溢れかえるようになって、民衆がいかにマスコミ報道に踊らされているのかがよく分かるようになりましたね。

 

「女性自身」の50キロ増量ネタなんて、最初から週刊誌の”お約束”な”盛り話”でしょう。

 

ゆりさんさんを含め、当事者本人たちから真相を明かされるまでは、

 

「ハハ、そーなんだ。。」

 

と静かにスルーしておけば良いのに。こんなマスコミのテキトーな情報にいちいち踊らされてたんじゃ、疲れちゃいますよ。。

 

◆プロレスを分からんやつが「極悪女王」に口出すな!がおさむの本音?

 ダンプ松本VSクラッシュギャルズ[動画]→ geinou ranking geinou reading

 ダンプ松本VSクラッシュギャルズ[動画]→ geinou reading geinou ranking

 

◆国公立大学の受験日程前には、マスコミも大人しくなるでしょう。

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論 (SPA!コミックス) - 小林 よしのり

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論

[Amazon]

 

 

[以下引用]

「『自身』はきちんと取材してゆりやん主演の情報を得たようですが、単に『女子レスラー役でドラマ主演』というニュースでは盛り上がりに欠けます。そこで一味加えるため、昨年45キロ減量に成功した話題に引っかけて、ダンプ松本の全盛期の体重115キロを想定した増量の話を付け足したようです。あくまでも“笑える脚色”のつもりだったとみられますが、結果として笑い話にはならず炎上してしまいました」(スポーツ紙記者)

[日刊サイゾー]

 

さて、唐田さんの話題に戻ります。

 

東出さんとの不倫発覚後、彼女は芸能活動休止を余儀なくされ。所属事務所内で事務作業のようなことを行っていたそう。

 

しかし、今年に入ってようやく本格的に女優業を再開させ、今月5日には、主演映画「血ぃともだち」が一夜限りながら都内で上映されました。

 

この映画は「攻殻機動隊」などで知られる押井守監督の作品で、当初は2020年4月に公開予定だったものの、コロナ禍で4度も延期になったという経緯があります。

 

お蔵入りは避けられない・・とも言われていただけに、一夜限りとはいえ日の目を見れたのは良かったです。

 

 

押井守監督が語る映画で学ぶ現代史 - 押井守, 野田真外

押井守監督が語る映画で学ぶ現代史

[Amazon]

 

そして、年内公開の映画「死体の人(仮)」にはデリヘル嬢役として出演し、すでに撮影も終えているとのこと。

 

これに加えて、ネトフリでの全世界配信が決まっている「極悪女王」にメイン級で出演するとなれば、一発逆転と新境地開拓を同時に達成できることになります。

 

果たして、どうなることやら。

 

◆どっちがどっちか分かりますか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】クラッシュギャルズOff VocalSpecial

価格:17409円(税込、送料別) (2022/2/7時点)


楽天で購入


 

 

 

◆二人仲良く芸能活動復帰ですね。

 

東出昌大、クビ報道はガセ!これでようやくバッシングは沈静化するのか?

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※唐田エリカさん、ゆりあんれとりーばーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!