日本テレビ系の朝の情報番組「スッキリ」が来春に終了することが、11月11日に正式発表されました。

 

これによって、同番組MCを務める加藤浩次さんには

 

「他の番組も連鎖的に終了するのではないか?」

 

との噂が飛び交い、民放キー局から追放される恐れも出てきたといいますが、本人はそのことを自覚して”最後の自爆テロ”を画策しているといいます。

 



 

[以下引用]

「吉本芸人の闇営業が社会問題化した際、加藤は『スッキリ』の生放送中に吉本の上層部を批判。いわゆる〝加藤の乱〟を引き起こし、大騒動に発展しました。すぐに日和って上層部に詫びを入れたそうですが、エージェント契約を結ぶことになり、昨年3月で吉本側から契約終了されてしまった。事実上のクビでしたが、『スッキリ』などのレギュラー番組は死守。フリーでもやっていけると安心していたかもしれませんが、テレビ局側は吉本にも忖度しなければならず、〝時間差〟で番組終了を通告したのでしょう」(スポーツ紙記者)

 

『スッキリ』は17年も続いた長寿番組だったが、最近は視聴率も下降気味で、「アイヌ民族への不適切発言」などの騒動も重なり、「打ち切りやむなし」の声も多い。

 

また、加藤はTBS系で『がっちりマンデー!!』と『人生最高レストラン』の2本、テレビ東京系では『占いなんて信じない』、テレビ西日本でも『加藤浩次のちゃっかりバズってます!!』にレギュラー出演しているが、これらの存続も危ぶまれている。

 

「虎の尾を踏んで後ろ盾がなくなった加藤さんを使うより、他の吉本芸人を使った方が局側にはメリットがありますからね。テレ東さんとローカル局は大丈夫かもしれませんが、TBSさんは日テレさんと歩調を合わせる恐れもある」(制作会社関係者)

 

ジャニーズ事務所は崩壊の危機に瀕し、テレビ局に圧力をかける余裕すら失っているが、「吉本帝国」はまだまだ健在であることを象徴するかのような加藤の降板劇。当の本人もさぞかし意気消沈しているかと思いきや、『スッキリ』終了が発表された直後の生放送で、不敵な笑みを浮かべていた。

 

「あと5カ月…俺、なに言うかわかんねぇ」と脅しめいた発言をし、『スッキリ』の番組タイトルにかけて、「あいつスッキリして辞めやがったよ、みたいな」と捨てゼリフを吐いたのだ。最終回で再び吉本に口撃を仕掛けるなど、〝自爆テロ〟を画策しているのかもしれない。

[週刊実話]

 

「スッキリ」打ち切りはずっと噂として囁かれてきましたが、ついに決まりましたね。

 

後任MCはヒロミ!加藤浩次が「スッキリ」をモヤモヤ降板へ

今回の発言は、かつて”狂犬”とも呼ばれた加藤さんらしいコメントですが、

 

「吉本と日テレにしてやられた!」

 

という気持ちが込もっていたと思いますし、

 

「スッキリしてから辞めてやる!」

 

というのは、かなり本気なのでは?

 

その昔、加藤さんは元SMAPメンバーで構成される「新しい地図」に対する理不尽な圧力や忖度に対して、

 

「おかしいだろ!」

 

と、公言してきました。

 

その気持ちはジャニーズだけではなく、古巣・吉本興業を含めた業界全体に対する”挑戦状”のようなもの。

 

「スッキリ辞める」ためには、その問題を避けて通るわけにはいきませんから・・

 

◆芸能界もお掃除が必要です。

特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録 - 特掃隊長

特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録 - 特掃隊長

[Amazon]

 

現在、ジャニーズ事務所を取り巻く状況はどんどん厳しくなっていて、これから雪崩式に”後追い退所”する可能性も高くなっています。

 どんどん信憑性を増すキスマイの後追い退所説。行き先は飯島?それとも滝沢?

 

そうなれば、芸能界に蔓延る古臭い”悪習”に対して「NO!」という世論が形成され、加藤さんにも追い風が吹いてくるはず。

 

ぜひ、自身が経験してきた”芸能界の闇”を徹底的に暴露・糾弾した上で、スッキリとサヨナラして欲しいところ。

 

加藤さんはすでに使い切れないくらいの大金を稼いだと思いますし、今後、テレビ業界から干されたとしても、地元・北海道に帰ればいくらでも仕事はあるでしょう。

 

恐れるものは何もありませんよ、加藤さんっ!!

 

◆興味深い結果。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※極楽とんぼの二人のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング