9月13日、芸能界引退を電撃発表したジャニーズ事務所の滝沢秀明さん。

 

今後はジャニー喜多川社長の後継者として、タレント育成や舞台、コンサートのプロデュース業に専念するとのことでしたが、どうしてこの時期に突然発表したのでしょうか?

 

その裏には、大きくなりすぎたジャニーズが抱える問題が関係してくるといいます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タッキー&翼 公式生写真 (滝沢秀明)TTK00008

価格:1300円(税込、送料無料) (2018/9/24時点)

楽天で購入


 

ジャニーズ事務所には700人以上ものJr.が在籍しているとも言われていますが、彼らがJr.を卒業するためには「CDデビュー」を果たす必要があります。

 

しかし、実質的に事務所経営のトップにいる藤島ジュリー景子副社長は、これ以上”デビュー組”を増やすつもりはないそうで、昨年、ジャニーズの名物振付師がJr.メンバーに対して「もうお前ら、CDデビューできないから」と言い放ったことは有名な話。

 

その後、落胆したJr.の一部は事務所を去っていきましたが、それでもジャニーズアイドルへの夢を断ち切れない子どもたちは数多く存在し、現在もその数は増え続けています。

 

[以下引用]

「ジャニーさんは、純粋にプロデューサーですから、いいタレントを育て、いい舞台を作ることしか頭にないんだと思います。だから後先考えずに、グループをバンバン作っちゃったんですね。それでも増え過ぎてしまったJr.のグループに関して、どうにかしなくては、と思っていたようです」(芸能プロ関係者)

 

若い世代の新しいグループが続々誕生するなかで、年齢を重ねた先輩グループがくすぶり続けている状況。

 

「後輩たち、特にJr.の信頼が厚く慕われているタッキーが、彼らの不満を聞くうちに、何とかしなくちゃと思ったようです。ジャニーさんが彼に後を継がせるのは、Jr.の処遇を任せる意味もあったんだと思います」(前同)

 

ジャニー氏がいま一番のお気に入りは、『King & Prince』だと言われている。その証拠に、彼らは今年春、念願の『CDデビュー』を果たしている。しかし、それは結果として「CDデビューがなくなったはずなのに、まだデビューしていない先輩グループが沢山いる。どうして彼らが…」と、Jr.たちの不満をふくらませることになった

 

「このままでは、いつ爆発するかわかりません。辞めていくJr.も出てくるでしょう。また、ジャニーさんも高齢です。もしジャニーさんになにかあったら、自分たちはどうなるんだろうと当然、Jr.の子たちは不安に思う。ジャニーさんがいなくなったら事務所を出ていく子たちは多いと思います」(スポーツ紙記者)

[週刊女性PRIME]

 

ということで、そんなJr.の救済と流出を防ぐためにタッキーに白羽の矢が立ったということなのでしょうが、問題はどのようにそれを解決するのかということです。

 

すでにジャニーズからはタレント養成に特化した”学校”の設立も発表されていますが、滝沢さんがそこの責任者になることは確実と見られています。

 

それに合わせ、増え過ぎてしまったJr.のグループを一度解散し、ゼロから再編するのではないかというウワサもありますが…

 

[以下引用]

Jr.問題解決のカギは、7月に結成された三宅健と滝沢の新ユニット『KEN☆Tackey』にあるという。リリースされた新曲『逆転ラバーズ』のミュージックビデオでは、ふたりの後ろで大勢のJr.たちが圧巻のダンスを繰り広げている。

 

「なるべく多くのJr.が脚光を浴びるようにしたいんだと思います。ですから1グループあたりの人数を多くして、活動の場を増やすということですね。『EXILE』グループが所属するLDHやAKBのようにしたいんじゃないでしょうか」(芸能プロ関係者)

[週刊女性PRIME]

 

これはまた安易な考えのような気もしますが…

 

ただ、最近のアイドル系グループの傾向が”多人数化”にあるのは事実ですし、テレビではなく舞台やコンサートなどを主軸に活動するのであれば、メンバーが多いことはメリットになるとは思います。

 

逆にテレビだと、AKBやEXILEだけじゃなくジャニーズも人海戦術かとうんざりしてしまいそうなので、そこは加減してほしいところですが。

 

実際、デビューしたジャニーズグループのメンバーが主演を務める舞台には、数多くのJr.がバックとして参加するのが当たり前になっていますが、観客の多くはそういったJr.目当てのファンが多いとも言われています。

 

まあ、売れないタレントにとっては「Jr.時代と何も変わらないじゃん!」という不満も出るでしょうけど、そこは「努力して競争を勝ち抜けよ!」ということで。

 

今後、どのような形でジャニーイズムを実現していくのか、滝沢さんの手腕に注目です。

 

※滝沢の引退に囁かれる驚きの密約説

 マジ?→ ranking reading

 マジ?→ reading ranking

 

※どうぜなら100人のグループを作って一番を狙って欲しい。

GENERATIONS from EXILE TRIBE

GENERATIONS from EXILE TRIBE

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※のんさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング