[スポンサーリンク]

 

先月末、約27年間の現役生活にピリオドを打ち、引退を表明した大リーグ・マリナーズのイチロー選手を巡り、テレビ各局が番組出演の争奪戦を繰り広げているといいます。

 

※限定品。これは買いです!

 

 

イチローMCの極秘番組とは?

 

テレビマンにとって、もしイチローさんのレギュラー出演を実現することができれば、それは値千金の大ホームラン。

 

局内の出世競争で二歩も三歩もリードできるとあって、皆さん目の色を変えて”イチロー番組”の企画を練っているそうで…

 

[以下引用]

「いま飛び交っているオファーはイチロー特集の番組とかロングインタビュー、正統派なものですけど、それはあくまで単発の起用なのでテレビマンとしては長い仕事にならないんですよ。こっちは一番にレギュラー出演を取ろうと狙ってます」

 

こう話すのは長くバラエティー番組に携わってきた制作会社所属のディレクター。彼がキャッチした情報では「10月改編で立ち上げる新番組でイチローさんをレギュラー起用できれば、その名前を番組名に付ける冠番組にしてもいい」という話があるという。

 

芸人2人と女子アナ1人、そしてイチローという4人司会の番組案が出てますが、その中身はトップシークレットになってます

[覚醒ナックルズ]

 

イチロー選手のMC番組なんて、ホントに実現するんでしょうか…

 

って、新井浩文さんの逮捕を予言したことなどで一躍有名になったナックルズさんですから、そんなことを言っちゃダメですよね。。

 

まあ、イチローさんの冠番組となれば大きな話題になることは間違いないですし、局側とすればぜひとも実現したいところなのでは?

 

しかし、イチローさんのちょっと変わった性格は有名な話。

 

しかも、プロ野球選手としての生涯獲得収入は軽く200億円を超え、さらに妻の福島弓子さんがこれを元手に不動産ビジネスや美容ビジネスを始めて大成功し、現在は天文学的な資産を所有しているとも言われています。

 

あり余るほどの富を持ち、性格的にも頑固となれば、高額なギャラの提示ではなく「ん?なんか面白そうだな」と興味を持ってもらうことが不可欠。

 

一部にはイチローさんと親しい人を突破口に接近しようとしているテレビマンもいるようですが、コネで落とせるほと甘くはないでしょう。

 

ちなみに、イチローさんのテレビ出演で思い出されるのが、2006年に放送された「古畑任三郎ファイナル」(フジテレビ系)で、関係者によると同ドラマへの出演はイチローさんが熱心な”古畑ファン”だったことから実現したといいます。

 

当初、制作サイドは犯人をかばう良い人物役を提示したものの、本人の強い希望で殺人犯役になったそう。

 

ここにもイチローさんの”頑固ぶり”が垣間見えますが、ドラマ内で彼が着用した有名ブランドのフード付きジャージの注文が殺到するなど、その反響は全盛期のキムタク並だったとも。

 

スポンサー的にも「金はいくらでも出すから、ぜひ実現してほしい」となりそうですが、とにかく「古畑任三郎」のような、イチローさんがガブッと食いつく餌を用意できるかどうかが鍵となるのは間違いなさそう。

 

※役者として、素人としては上出来でした

古畑任三郎FINAL フェアな殺人者 [DVD]

古畑任三郎FINAL フェアな殺人者 [DVD]

[Amazon]

 

年末の人気番組で、あの大スターと夢の共演か!

 

さて、そこで囁かれるのが、松本人志さんとの共演。

 

イチローさんはかねてから松本さんのファンを公言していて、過去には「人志松本のすべらない話」(フジテレビ系)を見ていることも明かしていました。

 

[以下引用]

「だから、ダウンタウンの番組はどこもイチロー出演を狙うはず。中でも強そうなのは予算がケタ違いにある年末の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)でしょう。引退後の慌ただしさが落ち着く夏あたりから制作チームが獲得に動くのでは」(制作会社ディレクター)

 

ただ、各テレビ局の上層部が、そんな現場事情に関係なく「2020年の東京オリンピック・パラリンピック」の番組に起用したい意向を示すことを見込んで、いまからその作戦を練るプロデューサーらがいるという。

 

「本命は本人のドキュメントとダウンタウン関連ですが、レギュラー出演は難しいはず。対抗がドラマで、基本は単発ですが、NHKが大河ドラマに引っ張る可能性もある。穴は我々が進めるバラエティやスポーツ番組のレギュラーで、大穴は予算の大きい報道番組の定期キャスター」(前同)

 

さらに他では、ヒット番組を多数出したことのある名物プロデューサーが、イチローが子供たちを指導する「選手育成番組」の企画を練っているというウワサもあった。[覚醒ナックルズ]

 

なるほど…

 

そういえば、先月にはラジオで浜田雅功さんがキムタクに年末の人気馬組「笑ってはいけない」への出演をオファーし、あっさり快諾されたことが話題になりましたね。

「笑ってはいけない」出演オファー快諾でキムタクの音楽活動は絶望的に

 

もし、同番組でイチローとキムタクが共演が実現したら、紅白の視聴率を大逆転してしまうかもしれません。

 

そうなると、イチローさんも「ん?そんなスゴイことができるかもしれないなら、ぜひ出てみたい!」と興味を示したりして。

 

ということで、その去就が大きな注目を集めている日本の英雄・イチローさん。

 

日本球界に指導者としてカムバックするのか、それとも誰かさんのようにテレビ業界にタレントとして殴り込みをかけるのか、はたまた一部で噂されるようにビジネス業界に身を投じるのか…

 

どのような「第二の人生」を選択するのか、注目です!

 

※第二の人生は”イチロー球団”で世界一を目指す!?

 けっこう、信憑性あるような→ geinou ranking geinou reading

 けっこう、信憑性あるような→ geinou reading geinou ranking

 

※オレは松井とは違う

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イチロー・インタヴューズ (文春新書) [ 石田 雄太 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2019/4/13時点)


楽天で購入

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※イチローさんのツイッターはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング