どちらかというと好感度からは遠めのところにいた広瀬すずさんの好感度が一気に上がっています。

 

 

 

 

 母校へハンドジェルを寄付した広瀬すず

 

5月28日、静岡県にある広瀬さんの母校の小学校に広瀬さんからハンドジェルのボトルが12本贈られたとのこと。同校の校長は「感謝の気持ちでいっぱい。すずさんが地元を大切に思っていることが伝わりうれしく思う。子どもたちにはすずさんのように、自発的に行動できるように成長して欲しい」とコメント。

 

新型コロナウイルスの感染拡大によりアルコール消毒液の需要が高まり、一時期入手困難になり、価格が高騰していました。

 

ピーク時よりは多少は出回るようになったとはいえ、マスク同様、価格が完全に戻ったとは言えないですし、何より気にかけてもらったことが嬉しいでしょうね。

 

 

※日本製、500mlが2本で1675円です。

[amazon]

 

寄付よりも注目された広瀬すずの直筆 

 

[スポンサーリンク]

 

そんな中、寄付同様注目されたのが直筆の手紙です。

 

[以下引用]

「21歳にして地元への思いやりを見せた広瀬の行為には当然ながら称賛の声が多く集まりましたが、とりわけ注目されたのが、広瀬が母校に宛てた直筆の手紙です。“広瀬すず”の名が記され、『当たり前のように登校できる日が1日でも早く訪れることを願っていました』『あなたの大切な人を守るためにも是非、このアルコールジェルで除菌を続けていって下さい』などと綴られた字があまりに達筆だとして話題となっています。若い女性にありがちな丸文字とは対照的な大人の風格を漂わせる個性的な字体で、このニュースを伝えたコメント欄にも『字が綺麗』『めちゃくちゃ達筆』『大人な字!』『おばさんが字綺麗なのも惚れ惚れするけど、若い子が字綺麗なのってすごく良いよね』『字がとても綺麗…性格って字に現れるよね…』と好意的な声が大半です」(テレビ誌ライター)

[朝日新聞]

 

それがこちら。

 

 

 

確かに。特徴はあるものの予想を裏切る達筆さです。

 

ちなみにこちらが以前の広瀬さんの直筆です。

 

 

 

 

『海街diary』の公開が2015年なので、2014年、14,5歳の頃の時ですね。

 

こちらも丁寧で読みやすいです。

 

広瀬さんは字を書くのがストレス解消だそうで、字を書くのが好きなんでしょうね。

 

広瀬さんというとあざといとか性格がきついとか言われていますが、字が綺麗だと好感度に繋がります。

 

広瀬すずに「品性がない」の声!人を指差して大笑い…『なつぞら』に悪影響か

 

母校への寄付といい、好感度アップですね!!

 

◆沢尻エリカは逆だった…

34歳でこの字…→ geinou ranking geinou reading

34歳でこの字…→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※広瀬すずさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング