結婚以降、辛口評価が続き、ドラマも映画もコケてしまった福山雅治さんが、背水の陣で挑んだ映画『三度目の殺人』の公開が始まり、オープニング2日間の興行収入は約2.3億円だったと発表されました。

 

これは是枝裕和監督との前作『そして父になる』とは一歩下がった結果であり、福山さんへの辛辣な評価が多くなっています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

『そして父になる』『三度目の殺人』の興行収入比較

 

『そして父になる』は全国309スクリーン、『三度目の殺人』は全国314で公開なので、規模はほぼ同じでした。

 

『そして父になる』病院で生まれたばかりの子どもが取り違えられていたことが発覚した2つの家族の話で、「カンヌ国際映画祭」で審査員賞を受賞したことを売りに初日2日間で25万3,370人動員、興収は3億1318万6,500円で、ランキングも1位を獲得。最終的な興行収入は32億でした。

 

※文庫です[楽天市場]

 

 

 

 

一方、『三度目の殺人』は裁判に真実は不要、と勝利にこだわる敏腕弁護士が弁護することになった負け戦が見えている殺人事件を題材にした法廷心理ドラマで、「ベネチア国際映画祭」に出品されたものの受賞ならず。

 

勢いづけることができなかったのも一因なのか、初日観客動員数は17万9,256人、興行収入は2億3311万2,600円の2位スタート。スポーツ紙の速報では20億は堅いと言われていましたが、初動の7倍が目安と言われていることを思うと、よほどの追い風がない限り、16億円くらいなのではないでしょうか。

 

 

 

『三度目の殺人』ネットの評価は…

 

 

[以下引用]

「今回の『三度目の殺人』も『ベネチア国際映画祭』に出品されていたものの、受賞ならず。また、国内で映画を見たネットユーザーからは、『重たい内容で疲れる映画』『スッキリできなかった』などと否定的な見解が寄せられています」(同)

 

さらに、主演の福山に対しても「何を演じても、やっぱりいつもの福山」と批判が噴出。同作には、ほかに役所広司や広瀬すずが出演しており、「福山じゃ、役所の迫力にはかなわない」といった声や、「広瀬の演技にすら食われている」との指摘もみられた。

[サイゾーウーマン]

 

『三度目の殺人』は是枝監督が脚本を書いたもので、もともとすっきり解決して終わり、というような作品にするつもりはないと話していたので、いろいろと余韻のある作品なんでしょうね。

 

福山さんについては、「だってへたくそ」「CMでさえ棒」「年取ってるのに渋さや深みがない」「顔が良かっただけの人」とボロボロ。

 

演技については、短い予告編を観ただけで、ああこういう感じというのがありました。

 

 

予告を観ただけで役所さんに食われている印象はありましたけど、主役は役所さん、福山さんは添え物だと思えばいいのかなと思ったり。

 

それにしても福山さんは何を間違えたんでしょうね。

 

「何やっても福山」は「何やってもキムタク」と通ずるものがあります。

 

演技だけで言うと、名優と言われる人でもそんなタイプの人もいないわけではないので、それだけが問題じゃないような。

 

二人ともカッコイイところから脱するタイミングを間違えちゃったんでしょうね。

 

アラフィフで未だに下ネタを嬉しそうに話す福山さんについては、結婚してもしなくても、時代遅れ感はそのうち出てきていたような気がします。

 

カッコイイだけじゃないところを見せようと昨年は頑張っていましたが、『ラヴソング』や『SCOOP』のようなだらしない感じは、「それでもカッコイイ福山」を主張しているようでなんとも。

 

たとえば小栗旬さん主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』で金子ノブアキさんが演じたような悪役をやっていたほうが面白かったかも。

 

木村拓哉さんは来年公開の映画『検察側の罪人』で悪役に挑戦ということで、一歩リードかと思いましたが、原作を読んだら結局…という感じもありました。

 『検察側の罪人』ネタバレ2

 

 

どちらが先に負のループから抜け出せるんでしょうね。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福山雅治さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング