田村淳さんの番組「セカンドチャンス」への出演を断った木下優樹菜さんの間で生まれたバトルが泥沼化しつつあるようです。

 

 

 

そもそものバトルの始まりは、7月14日の生配信で田村さんが木下さんに仕事を断られたと暴露したことでした。

 

[以下引用]
「田村は、逮捕歴のある俳優・高知東生や、元アイドルグループ・EE JUMPの後藤祐樹らを出演させて『セカンドチャンス』というYouTubeの番組を企画。そこにタピオカ騒動で芸能界引退に追い込まれた木下も誘ったところ、一度は出演を承諾していたにもかかわらず、他のメンツを聞いて断ってきたと明かしたのです」(スポーツ紙記者)


翌15日には木下が反論。当初は「たき火をしながら対談する企画」だと聞かされていたため、オファーを受けようと思っていたが、その後に企画が「セカンドチャンス」を主題としたものに変更されたと主張した。

 

「木下は、自分は『刑務所に入るようなことはしていない』と憤り、〝セカンドチャンス〟という企画タイトルなら『コンセプトに合わない』との判断で断った。そうした経緯があるのに、一方的に生配信で悪者扱いされたと怒っていたわけです」(同・記者)


ところが、今度は田村が21日の生配信で再反論。交渉はスタッフが間に入っていたとした上で、「仕事を断ったから怒ってるんじゃない」と説明。木下が自身のブランディングを重視していることにも理解を示したが、〝断り方〟が失礼だと怒りを滲ませたのだ。

 

田村が言うには、高知や後藤の名前を聞いた木下サイドが、「その並びなら次は〇〇じゃね?」などと言ってきたそうだ。その〇〇は、ある女優の名前だったと明かし、こう続ける。

 

※この二人を連想しました。

[Amazon]


「これで僕は、すごく怒ったんです。この女優さんにも失礼だし、高知さんにも後藤佑樹くんにも失礼だなと思って。だから僕は『人を見てるんだな、嫌だな』って判断に至ったんです」

[週刊実話]

 

まさに泥沼。

 

ですが、別に視聴者はここまで知りたくないのでは?

 

実話が集めた「ネットの声」はこんな感じです。

 

《そもそも仕事をキャンセルされたからといって、腹いせにそのことを世間に公開し、相手のことを暴露するのは、マナー違反。ビジネスの世界では、一晩で信用を失う》


《お互いさ、じかに話してないならどっちも勝手な推測でしかないじゃない。私は木下さん好きじゃないけど、でもこれははじめに発信した淳さんが悪いと思う》


《これは田村の方が上から目線で干されてる木下使って番組やろうとしたのに断られて怒ってるだけだと思う。木下べつに好きでもないけど断ってもいいと思う。今現在業界で圧倒的な力の差がある田村がやる事じゃないと思う》


《淳の企画なら、いったん落ちたタレントにとって「藁をもつかむ」思いだと決めつけて、上から目線で語っているのね。なんかこう、「せっかく救ってやろうと思ったのに」という恩着せがましさが露骨でとっても不快だわ。ちょっとしたハラスメントよね》


《田村淳は自分は正しい事をしてます感が強く、それが万人受けしないことをもう少し理解して欲しい》


《経緯はわかりませんが、企画する側に「やらかした人を面白がろう」というマウントめいた雰囲気はあるだろと思いますね》


《田村淳さんは、数年前に自分のBS冠番組で、薬物逮捕歴のある人=シャブ歴のある人と、しゃぶしゃぶを食べながら当時や今の話を聞くという企画をやっていた。また大麻歴のある人とその知識を試す、クイズ大麻ショックもあった。シャブトークは多少マジメな回顧企画でしたが、大麻ショックはふざけた企画でしたね。今回のセカンドチャンスも、それに近いものだと思いますが、田村淳さんも過去のそういう企画を見る限り、ご自身は色々誤解されるのだと多少織り込んでおくのがいいのかなと》

 

 

ちょっと田村さんに風向きが悪い感じです。

 

個人的には、脅迫を理由に損害賠償請求されて裁判所がそれを認めたわけですから、木下さんは逮捕拘留されたわけではなくても民事的に「有罪」で、「その並び」だと思います。

 

ちなみに「セカンドチャンス」3人目、4人目のゲストはそれぞれ不倫が報じられた乙武洋匡さんと天竺鼠の瀬下さんなので、やっぱり木下さんが出ても違和感は感じません。

 

「書いたら生涯出禁」!木下優樹菜の不倫相手がヤバい。ただしEXILE系ではない

 

が、来た仕事を全部受けなきゃいけない理由もないので、断ったのは別にいいですよね。

 

田村さんも断ったこと自体はいい、としての再反論でした。

 

引用記事にない田村さんの言い分としては、その女優さんの名前を出して断った他、「優樹菜が出たら自虐じゃね?」という言葉もあったとかで、「セカンドチャンス」の動画を送っていたけど見ていないんじゃないか、僕が犯罪を犯した人をイジるコーナーじゃないの知らないんじゃないか、とも感じたと。

 

となると、よく理解もせずに断りやがってみたいな気持ちにもなるかなというのもわかるのですが、やっぱりわざわざ発信しなくてもよかったのでは。

 

ただ、田村さんはすべて計算なのかもしれません。

 

既にこうやって話題になっていますし、最初に木下さんに仕事を断られたという話を明かしたときは、もう二度と話したくない、というスタンスだったのに、今は「もし木下さんが話す気持ちがあれば(自分も応じるつもりがある)。セカンドチャンスの精神に立ち返って」とラブコールを送っています。

 

スルーされても田村さんは痛くも痒くもない一方で、万が一出ればそれなりに話題になるでしょうし。

 

まあ、それで靡くような木下さんじゃないとは思いますが、はてさて。

 

◆木下優樹菜、これもおバカ演技だったというなら

脱帽です→ geinou ranking geinou reading

脱帽です→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木下優樹菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング