幸福の科学の大川隆法氏が公式サイト上で新木優子さんが信者であることを勝手にカミングアウトした件で、現場が戦々恐々としているといいます。

 

[スポンサーリンク]

 

 

勝手にカミングアウトされた新木優子

 

新木優子さんはスターダスト所属の23才。

 

2017年は4月期に小栗旬さんと西島秀俊さんW主演ドラマ『CRISIS』に出演、続けて7月期には山下智久さん主演『コード・ブルー』に出演と、最近女優としての活動が増えてきた印象です。

 

※こちらが1st写真集

 

 

 

そんな新木さんに関して、幸福の科学が「新木優子の守護霊霊言」を公式サイト上で配信したのは8月13日のこと。

 

大川隆法氏によると、新木さんの守護霊は「数年、10年後には合流したいなという気持ちは持っている」「事務所にはカミングアウトしています。もうちょっとお時間を頂ければ、何とか幸福の科学の翼で一つになれたらと思っています」(一部略)と吐露しているとのこと。

 

事務所は確かに新木さん本人から報告は受けているものの、「出家だとか、事務所には迷惑をかけないので仕事を続けたい」と話がついているということでした。

 

 

強制的に出家か

 

 

幸福の科学というと、今年2月に清水富美加さんが突然、事務所の待遇にもう限界だと訴え、出家を宣言。撮影途中の作品をドタキャンしたり、公開待ちの映画のPR仕事ができなくなるなど大きな損害を生み、所属事務所レブロは多額の賠償金を負ったと言われています。

 

新木さんの場合、出家はしないと言っていますが、大川隆法氏が「何とか幸福の科学の翼で一つになれたらと思っています」なんて言っていることを考えると、必ずしも新木さんの希望が通るわけではなさそうです。

 

 

[以下引用]

「新木や事務所は今後も平穏に女優業を続けたいようで、その点は清水のケースと違うところ。しかし、教団はおそらく清水同様に出家させて、広告塔に使いたいところ。教団は今回の映像公開も事務所の確認なしに制作したといい、かなり強引に仕掛けてきた印象です。今後も本人や事務所を無視して、見切り発車で”出家発表”することも懸念されています」(週刊誌記者)

[デイリーニュースオンライン]

 

 

こういったことが宗教の名のもとに行われてしまうんですね。

 

また、東スポが教団に新木さんの守護霊インタビューを行ったきっかけを問うたところ、広報局が「同じ所属事務所の小松菜奈さんの守護霊霊言を収録したあたりから、新木さんの守護霊が何か言いたいことがある感じで総裁のところにちょくちょく現れていたという背景があり、霊言収録となりました」と答えたのも驚きです。

 

大川さんは信者以外でも旬な人や人気のある人の霊言も多くまとめており、小松さんもその可能性はありますが、名前を出されれば、え、もしかしてとなるのも仕方ないところ。

 

ただ小松さんはインスタに「言葉って難しいし すべてを信じるなんて無理かもしれないけど、嘘だったり全然事実じゃない事を作られて言われてる事が悔しい」と、この記事を受けてのコメントと思われるものをあげています。

 

ちがうならなぜはっきり否定しないんだろうという不思議もありますが、事情もあるのでしょうか。

 

憲法で信教の自由が保証されているとはいえ、宗教の中には突飛なものもあり、宗教関連の犯罪も少なくないため、芸能人にとって宗教のイメージはあまりプラスではないと思います。

 

新木さんも今回のことで、今後の仕事のオファーに何か影響があるかもしれません。

 

本人の了承もなくそういう状態に追い込んだ幸福の科学って、どうかなと思います。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※小松菜奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング