「奇跡の50代」として人気が再燃中の斉藤由貴さん50歳が横浜在住の50代開業医と不倫していると週刊文春が報じています。





[以下引用]

敬虔なモルモン教徒としても知られる斉藤は1994年に2歳上の信者・B氏と結婚し、一男二女をもうけている。

相手は斉藤と同じ横浜市在住の50代開業医・A氏。A氏にも妻子がいる。

斉藤とA氏は平日の日中、A氏のクリニックの昼休み時間に、それぞれの自宅とは別の賃貸マンションの一室で逢瀬を重ねていた。

斉藤の所属事務所は、このマンションについて、「斉藤が借りている個人の事務所です」と回答し、不倫疑惑を否定。一方のA氏を直撃すると、「往診です」と答えた。

[週刊文春]



往診ですって…

手つなぎデートまでしてたら怪しいことこの上ないですけどね。

[スポンサーリンク]



斉藤由貴さんは過去、故・尾崎豊さん、そして川崎麻世さんと不倫していたことがあります。

尾崎さんとの出会いは1990年11月発売の雑誌『月刊カドカワ』上での対談がきっかけで、その2ヶ月後には北海道旅行をフライデーされていました。

尾崎さんは1988年に結婚していたので不倫です。

不倫発覚後、斎藤さんは記者会見を開き、尾崎さんとの関係を「同志」と答えました。

なんだかよく分かりませんが、1991年には尾崎さんから別れを切り出し、その翌年1992年4月25日、26歳で衝撃的な氏を迎えます。

死因は覚醒剤中毒 (メタンフェタミン中毒) による肺水腫だとされています。

そして、1993年に斎藤さんは今度は川崎麻世さんとの不倫が報じられました。

ちなみに川崎さんが開いた不倫釈明会見で仁王立ちしていたカイヤさんが、これをきっかけにタレントとしてブレイクしています。

「同志」まで言った人が亡くなった翌年には別の男性との不倫が報じられるっていうだけでもスゴいですが、この報道の2ヶ月後、斎藤さんは同じモルモン教徒の男性と出会い、翌年1994年に結婚し、3人の子供に恵まれました。

もう、根っからの不倫体質なんですかね。

モルモン教というと、自転車に乗った二人組白人男性が布教しているというイメージしかなく、どういった宗教なのか調べる気にもなれませんが、ここまでプライベートがフリーなのってどうなんでしょうか。

◆斉藤由貴の語る美しさの秘訣が

身も蓋もない→ geinou reading geinou ranking

身も蓋もない→ geinou ranking geinou reading

悲しみよこんにちは -
悲しみよこんにちは –

[Amazon]

※息子の尾崎裕哉さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら