タレントの大竹まこと(68)さんが6月27日、「バラいろダンディ」という東京ローカル番組内で、将棋棋士の藤井聡太四段(14)の公式戦29連勝に触れて「誰かシメてやれ」と発言し、ネット上で大きな批判を浴びています。






番組では「これ以上勝たせてどうするの。77歳のじいさんが14歳のガキに『どうもすいませんでした』なんてありえないだろ」と持論を展開した大竹さん。

さらに、「ガムテープでできたような財布から、きつねうどんみたいな金払うやつ。革の財布も持たないようなやつが、ネクタイちゃんと締めろ。そういうやつに77歳のじいさんがボコボコじゃねーか。誰かシメてやれ」とさらなる爆弾発言を投下して大炎上。

「おじいちゃんはもう引退しましょ」

「汚い言葉を使う人間がTVに出てはいけない」

「他人を貶めて笑いを取ろうとするやつは総じてクズ」

ネットではこのような意見が殺到しましたが、本人は全く懲りていないようで、翌日には「凄いのは分かってるって。誰か藤井を止めろよ」と将棋界に呼びかけ、自身の炎上発言に関しては「一人ぐらいはね、色んな意見があっていいじゃないか」と開き直る始末。

革の財布を持ってないやつはダメというのは良くわからない価値観ですが、まあ、80歳近いおじいちゃんが恥も外聞もなく吠えているだけのことなので、そんなに相手にする必要もないような気がしますが…

ただ、大竹さん以外にもテレビでトンデモ発言をして炎上する「老害芸能人」は少なくありません。

その代表とも言えるのが、爆笑問題の太田光さん(52)と元プロ野球選手の張本勲さん(77)です。

[以下引用]

太田は「WBC打ち切れ」「日本人のノーベル賞は飽きた」と様々な問題発言を繰り返し、張本は『サンデーモーニング』の発言で度々炎上。三浦知良(50)には引退を勧め、浦和レッズと済州ユナイテッドの間で起きた乱闘については「両者とも悪い」という立場を表明。事あるごとに異論を唱えてブーイングを浴びている。

「年を食った芸能タレントは、世間の空気を読まず、自分の価値基準で物事を判断するため、時代錯誤でトンチンカンな物言いになりがち。それでもテレビ出演が続くのは話題性があるから。張本氏は特に、何度も炎上してネットニュースで散々取り上げられている。いわば老害を武器にした炎上商法。大竹しかり張本しかり法的、倫理的にマズい失言がないかぎりテレビ出演は続くのではないか」(報道関係者)

[デイリーニュースオンライン]



太田さんは明らかに狙ってやってる部分はあると思いますが、張本さんは典型的な老害おじいちゃんというか、イッちゃってるというか。。

大竹さんについては、毒舌&老害キャラでしか生き残っていけないということを自分でも理解しているのでは?

※大竹まことが起こした死亡事故が美談として報じられた…

 理由とは?→ geinou reading geinou ranking

 理由とは?→ geinou ranking geinou reading

まあ、テレビ局側としても、大人しく無難な発言ばかりなのよりも、炎上して注目を浴びたほうがお得という事情もあるのでしょう。

いざとなったら、降板させればいいだけの話ですから。

[スポンサーリンク] さて、そんなこんなで老害ジイさんにイチャモンを付けられてしまった藤井4段ですが、すでにCM契約を取ろうという企業も数多く現れ、その相場は5000万円~1億円にもなるんだとか。

今後もカネの匂いを嗅ぎつけた芸能人がやたらと絡んでくる可能性はありますし、いろいろな誘惑に惑わされなければいいんですけど…

[以下引用]

将棋界の天才、藤井聡太四段の祖母・清水育子さんは、「好きなことを好きなだけやらせる環境は整っていました。聡太は本当に好きなことをやってきただけなんですよ」と、孫の幼少期を振り返る。

「1歳から電車に夢中になりました。見たいというから線路沿いの道に連れて行くと、帰ろうと言っても駄々をこねて動こうとしない。また、時刻表もよく読んでいましたね。そして、幼稚園に入るころには、いろいろな本を読むようになっていました」

小学生になると幼児用の本だけではなく、大人向けの本も片っ端から読みあさるように。

「あるとき、聡太のお父さんが買っていた『あなたが職場で嫌われる理由』という本を読んでいたのには驚きました。小学生が読む本ではないですよね(笑)。また、あるときには主人が体調を崩してとりあえず病院に行こうと話していたら、“とりあえず病院に行くのはいけません!”と怒りだしました。主人が買った本の“とりあえず病院へ行くというのは、医者の格好のお客様です”という一節を覚えていたからなんです(笑)」

※こちらの本でしょうか?

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法 -
医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

[関連商品]

記憶力が抜群で、漢字を覚えるのも早く、ピアノを習うとすぐに弾き方をマスター。

「私は花が好きで、オシロイバナを育てていました。聡太にこの花は英語で“FOUR O’CLOCK”つまり、“4時に咲く花”だと説明したんです。そうしたらその何日か後に突然“おばあちゃん、もう4時だよ”と話しかけてきました。すっかり忘れていたので驚きましたね(笑)」

記憶力に加えて集中力も高く、幼稚園のときにはすでに五目並べや神経衰弱でも大人を負かしてしまったという。

[週刊女性PRIME]



ということで、こういったエピソードを見る限り、心配はなさそうです。

現在、竜王戦決勝トーナメントで30連勝を懸けて佐々木勇気五段と対局中の藤井4段。

その勢いがどこまで続くのか、注目です。

天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃 -
天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃 –

[関連商品]

※藤井聡太4段のツイッターはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら