ジャニーズがTBSに強い不快感を示しているといいます。現在、日曜劇場枠で放送されているキムタク主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」は初回14.2%、第2話14.7%という視聴率で、最低ラインとされる15%の壁を超えることができていません。しかし、理由はそれだけではないようです。

 → ranking

※オレは本命じゃないのか!?






[以下引用]

「現在、視聴率全体が低迷するテレビ業界において、14%超というのは高い数字といえますが、最も好調なドラマ枠といわれるTBSの日曜劇場で、しかも“視聴率王”木村が主演とあっては、やはり物足りない印象です。ジャニーズも、歯がゆい思いをしているのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

そんな中、ジャニーズは、木村のドラマをめぐって、もう1つ大きな不安を抱えているようだ。

次の4月期に『A LIFE』以上に視聴率を取りそうなドラマが控えているんです。『半沢直樹』や『下町ロケット』など、同枠の飛躍に大きく貢献したI氏というプロデューサーが手がける作品で、キャストは、主演・長谷川博己、二番手・香川照之と、男性の実力派で固める予定だといいます」(前同)

TBSにとって、今年の本命ドラマは『A LIFE』ではなく、むしろこの4月期のドラマだという。

「最終回で42.2%という大記録を叩き出した『半沢直樹』並みのヒットを目指しているそうです。現在『A LIFE』は、幸いにも1月期の『IQ246~華麗なる事件簿~』の視聴率水準は超えていますが、4月期のドラマがそれ以上の成功を収めた場合、木村のブランド力に大きな悪影響が出てしまいます」(同)

ジャニーズサイドは、この番組編成に対して不快感を抱いているというが、TBS側は「1月期と4月期では、プロデューサーが違うので、どうにもならない」などと説明をしているようだ。

「『A LIFE』は、プロデューサーS氏、またTBSドラマ編成部長という布陣で制作されていますが、作り手としての格は、4月期を担当するI氏の方が上です。これまでテレビ業界では、ジャニーズ側の機嫌を損ねかねない編成はご法度だったものの、この1年ほどで、ジャニーズはその威光をすっかり失っただけに、こうした強気の姿勢で行けたようです。そもそも、こんな業界の駆け引きなんて、視聴者にとって一切関係のない話ですが」(前同)

[サイゾーウーマン]



あらら、そうですか…これじゃ、まるでキムタクはお荷物扱いですね。

しかし、製作費を考えたら視聴率20%以上でも赤字と言われている中で、すでにその目標を達成することはほぼ不可能となってしまっているわけですから、それも仕方ないのかもしれません。

※キムタクが撮影現場で超激怒!

 その理由とは?→ ranking reading

 その理由とは?→ reading ranking

※オレをお荷物扱いする奴は斬っちゃうぜ!

無限の住人:チラシ3枚 木村拓哉,杉咲花,福士蒼汰 -
無限の住人:チラシ3枚 木村拓哉,杉咲花,福士蒼汰

[関連商品]

ちなみに、引用記事にあったプロデューサーのI氏というのは、伊與田英徳さんのこと。

これまで、「半沢直樹」「下町ロケット」「ルーズヴェルトゲーム」といった池井戸ドラマをヒットさせただけではなく、キムタク主演ドラマ「Mr.BRAIN」「南極大陸」も手掛けています。

一方、S氏というのは瀬戸口克陽さんのことで、嵐の大ブレークのきっかけとなった「花より男子」シリーズや、昨年4月期のTBS日曜劇場で17.2%の高視聴率を獲得した松本潤さん主演「99.9-刑事専門弁護士-」のプロデューサーを務めていました。

2003年のキムタク主演「GOOD LUCK!!」では平均視聴率30%超えを果たすなど、キムタクからの信頼も厚い人物だと言われています。

ま、外野から見ればどちらが格上か格下かなんて全く興味ない話ではありますが、あのジャニーズ女帝・メリー喜多川氏にとっては重大な問題なんでしょう。

なにせ、ミエとメンツが服着て歩いてるようなものらしいですから。

そう考えると、もし4月期のドラマが「A LIFE」の数字を大きく超えてくるようだと、ジャニーズとTBSの関係は壊れてしまう可能性は高いかもしれません。

もちろん、それも視聴者にとっては関係ないこと。

それにしても、長谷川博己さんと香川照之さんのドラマはどんな感じになるんでしょう?

2015年1月期に放送された「流星ワゴン」のように、前評判だけが先走りしてしまわないといいんですが…

※こちらも伊與田氏プロデュ―スです。

流星ワゴン DVDBOX -
流星ワゴン DVDBOX –

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら