12月8日発売の「週刊文春」で田中萌さん、加藤泰平さんというテレビ朝日の局アナ同士の不倫が報じられましたが、局関係者からは「田中アナにこうした報道が出るのは予想できていた」という声が出ているんだとか。

ranking






入社2年目の田中アナは昨年5月から『グッド!モーニング』に抜擢された期待の新人、加藤アナは実力の伴った中堅どころでしたが、今回の不倫報道後は番組に出演していません。それについて特になんの説明もないままに代役が立っており、元々二人はいなかったかのような扱いになっています。

 テレ朝田中萌が『グッド!モーニング』で共演の加藤泰平と不倫

そんな中、テレ朝内では、田中アナの“裏の顔”についての噂が回っているんだとか。

[以下引用]

「実は田中アナの“オトコ食い”は有名で、かつ“ぶりっ子”を封印しようともしないことから、同性からの評判はすこぶる悪かったそうです。加藤アナ以外に、共演者やスタッフとの関係もささやかれるという肉食ぶりでした。テレ朝内では、『スクープされるのも、時間の問題』とみられていたようです」(テレビ局関係者)

[サイゾーウーマン]



週刊文春には加藤さんとのことは局内でも有名で、「オンエア中にもかかわらず、二人はいちゃいちゃしていて同じスタジオにいるときはカメラに映らないところでアイコンタクトを送りあっているんです。番組スタッフの間でも『いつバレてもおかしくないよね』と話題になっていました」という番組関係者のコメントがありましたが、加藤さん以外とも噂があったなんて。

それが本当なら、入社2年目でスゴイものですし、オンエア中のいちゃいちゃといい、何をしに会社に来ていたんだというところです。

図解マナー以前の社会人常識 [ 岩下宣子 ] - 楽天ブックス
図解マナー以前の社会人常識 [ 岩下宣子 ] – 楽天ブックス

[楽天市場]

そんなアナウンサーとしての自覚の乏しい二人は、今後はアナウンサー職から異動になる可能性があるそうで。

[以下引用]

「田中アナはまだ実力が備わっていない段階ですし、かばう人もいないでしょう。表舞台は、もう無理。加藤は実力があるので復活の目ありますが、ウチは羽鳥慎一さんのように男性アナを外部から引っ張ってくる傾向もあって、人手不足にはなりにくい。事務職に転属させて、勉強し直させるのでは? 誰か彼を推す“大物”でもいれば話は別ですが、番組の看板に泥を塗ったことへの現場の反発は小さくないです」(同)

[サイゾー]



本人たちの自覚のなさもそうですが、オンエア中にもいちゃいちゃして社内でそんなに噂になっていたのに、それを止めようという人は誰もいなかったんですかね。

今年これだけゲス不倫が騒がれていて、アナウンサー同士の不倫がスクープされるようなことになれば大騒ぎになるのは目に見えていたのに。

週刊文春は番組の激励会の会場で番組のチーフプロデューサーに接触していますが、その直後に慌てたチーフプロデューサー二人が青山のファミレスで田中さんに事情聴取している様子も目撃しています。その際、チーフプロデューサーの一人は苛立ち一人は頭を抱え、田中さんは涙目で俯いていたんだとか。

そういう“事情聴取”を人の目のあるファミレスでするのも管理が甘いというかなんというか。

久々のエース女子アナ候補と中堅男子アナ、二人の人材を失ったテレ朝。痛いですね。

◆2016年総括

三大闇に消えた事件→ ranking reading

三大闇に消えた事件→ reading ranking

テレビ朝日女性アナウンサー 2017年 カレンダー 卓上 A6 -
テレビ朝日女性アナウンサー 2017年 カレンダー 卓上 A6 –

[Amazon]

※田中萌さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら