清原和博さんの覚醒剤逮捕をきっかけに巻き起こった“芋づる逮捕報道”が収束に向かいつつある中、今月に入って突然、「近々、捜査当局の動きがありそうだ」といわれる元プロスポーツ選手が浮上してきました。現役引退後もたびたびメディアを賑わせるその人物は、過去に激ヤセや意味不明の言動で話題になったこともあるというのですが…

[楽天市場]



[以下引用]

その人物(以下、X)といえば、80~90年代の活躍ぶりから、国民的人気者となった超一流アスリート。現役引退後もスポーツ界に深く携わっており、メディアに登場する機会が多い人物だ。

「私生活では家族がらみのトラブルが相次ぎ、スポーツ紙やワイドショー、週刊誌にも幾度となく追いかけられている“お騒がせ者”。しかし、最も世間に衝撃を与えたのは“激ヤセ”かもしれません」(情報番組スタッフ)

現役時代に比べ、あり得ないほど激ヤセしてしまったXだが、そのほかにも「目の焦点が定まっていない」「ブログが意味不明で、不気味」など、ネット上ではその言動にたびたび注目が集まっていた。

「つい最近も、近影が報じられた途端に、ネット上で『もはや別人』『病気じゃないの?』などと驚きの声が上がっていました」(同)

そんなXの薬物疑惑は、今までメディアなどで大々的に取り上げられることはなかったが、ここ最近になって「捜査当局がXの覚せい剤使用に関して、目を光らせるようになった」という情報がマスコミ関係者の間で流れるようになったという。

「組対5課(警視庁組織犯罪対策部第五課)筋から『Xの周辺が騒がしくなる』という話が漏れ伝わってきたんです。かなり前から警察はXに目をつけていたようですが、頭を丸刈りにした頃から、本格的な内偵捜査が行われるようになったそう。これまで検挙された著名人でも、確かに激ヤセや激太りといった体形の変化があったり、薬物使用を調べるための毛髪鑑定対策として、極端に髪の毛を短くするという例は後を絶ちません」(週刊誌記者)

[サイゾーウーマン]



ということで、例のごとく当てはまる条件を列挙してみると…

・1980~90年代に活躍して国民的人気者になった超一流アスリート

・現役引退後もスポーツ界に関わり、メディアで目にする機会も多い

・私生活で家族がらみのトラブルが多かった

・過去、マスコミに何度も追いかけられたお騒がせ物

・激ヤセが大きな話題になったこともある

・近年は丸刈り姿になった

・ブログに書いてあることが意味不明

さらに、「仮に逮捕されれば、清原同様世間に衝撃が走ることは必至」ということで、かなりの大物であることは間違いないようです。

どうでしょう、ピンときましたか?

って、さすがにこれだけヒントを羅列されれば、おそらく多くの人が思い浮かべるのはあの人しかいないでしょうね…

実際、ネットを見ても「ほぼ確定」とされているようです。

◆世間を驚愕させた近影

画像→ reading geinou ranking

画像→ ranking geinou reading

アサヒグラフ 臨時増刊1993年2月10日号 大関貴ノ花 曙貴時代の始まり -
アサヒグラフ 臨時増刊1993年2月10日号 大関貴ノ花 曙貴時代の始まり

[関連商品]

さて、貴乃花親方の3月25日付のブログを引用してみると、確かに普通の人には理解し難い言葉が並んでいて、「意味不明」とか「宗教的」と言われても仕方ないような內容になっています。

[以下引用]

厳粛

忠誠と信義を重んじ、この人生に身を捧げる思いを、過去にない意地と懇親を抱いて皆様のご期待にお応えし、相撲道復活の道筋を常に歩み続けたいと思う毎日です。

人生は長くとも短いと申しますが、今日死に直面しても悔いはない人生を訓示として、我が身我が友我らが仲間と共に身を削る覚悟に至りました。

相撲道の普及は、我が人生の名代でもあります。我が故郷我が生き甲斐でもあり、記憶を辿れば、幼心に芽生えた軍神のように生まれてきた思いがいたします。日本の国益のお役に立てるための、相撲道の本懐を遂げるためのものです。

言うが易し行うは難しい、と社会の気風を打破してこの後の相撲界に大きな貢献に鉾を立てて、将来を担う力士たちの柔軟なしなやかな心を育てて参ります。これからもご支援ご指導を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

[貴乃花ダイアリー]



薬物使用者の中には、突然スピリチュアルな世界に目覚める人も多いと聞きます。

ですが、貴乃花親方の場合はスピリチュアルではなく、武士道や神道精神といった「日本古来の伝統的な考え方」に傾倒しているのでは?

まあ、いつも「目が虚ろ」だったり、「ラッパーのようにゴツい指輪」や「ジャラジャラとぶら下げたブレスレット」が怪しいという声もありましたが、どうなんでしょう…

平成の大横綱「貴乃花」伝説―花田家三代血の証明 -
平成の大横綱「貴乃花」伝説―花田家三代血の証明

[関連商品]

ちなみに、引用したブログは、3月28日に両国国技館で開かれた相撲協会の理事長選に向けての決意表明を兼ねたものだったと思います。

しかし、当日は八角親方(元北勝海)に敗れ、ナンバー3の総合企画部長から代わって巡業部長に就き、協会常勤の執行部から外されました。

以前から「これが最後の勝負で2度と理事長選には立候補しない」と意気込みを語っていましたが、これで完全に協会の本流からは外れてしまったことになります。

また、ある外部理事のもとにはその筋から「貴乃花を応援したら殺すぞ」という脅迫電話があったそうで、なんともキナ臭い裏がありそうな…

って、もしかして「捜査当局が動きそう」っていうのは、そっちの意味だったとか?

個人的には、貴乃花親方が薬物を使用している(使用していた)とは、到底思えないのですが…

ただ、激ヤセ、丸刈りというのは捜査当局がチェックするポイントではあるようです。

 清原和博以上の衝撃!次に警察が逮捕を狙う覚醒剤疑惑の3人

しかも、貴乃花親方が丸坊主にして姿を現したのが偶然とはいえ清原和博さんの逮捕後というのが、こういう話題に巻き込まれた一因なんでしょうね。

他の元力士と比較するとかなり痩せてはいますが、それはずいぶん前からで、本まで出していますし、現役時代も筋肉質な感じでもともと太りづらい体質なのかも?

とりあえず、そろそろこれで“名前当てゲーム”は終わりにしてほしいものです、マスコミの皆さん。

※貴乃花が痩せた方法

シコアサイズ―貴流運動法 -
シコアサイズ―貴流運動法 –

[Amazon]

※貴乃花親方のブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら