ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんの妻が週刊文春の取材に答え、結婚直前に元カノにふらふらしたことや、ベッキーさんとの不倫発覚後から離婚を性急に催促されていることなどを独占告白しています。

ranking

[楽天市場]



週刊文春のベッキーさん不倫の第一報はこちら。

 不倫熱愛ベッキー「ヒルズ族に教えたい 本当の幸せはお金かからないよ」川谷絵音との赤面LINE流出

週刊文春は川谷絵音さんの妻を再度直撃したところ、妻は「結婚していないとか、私のことは友達だとか、本当に夫がそんなことを言ったのでしょうか。発売の前日、私には『記事は嘘だ』と連絡がありました」と、胸のつかえをぶつけるように記者の質問に答えていったそうです。

それによると、結婚して初めてのお正月ということで、もともと二人で帰省するためにチケットを予約していたが、ベッキーさんが川谷さんの前に現れた頃から夫婦の仲は急速に悪化していたために帰省の話は自然消滅し、川谷さん一人で帰省することになったとのこと。

しかし実際にはベッキーさんと二人での帰省であったことが明らかになり、A子さん(妻)はかなりの衝撃を受けたわけです。

ベッキーさんは1月6日、会見を開き長崎旅行を全面的に認めたものの、あくまで友人関係だと主張。

それに対してA子さんは、「彼女はスポンサーやスタッフ、ファンに向かって謝っていましたが、私への謝罪がなかったことには正直、驚きました……」ともっともな本音を漏らし、さらに「(会見のあった)あの日は私の誕生日だったんです(赤字は週刊文春より引用)と衝撃の事実を告白します。

結婚して初めての誕生日に夫の不倫相手が自分の利益しか考えていない不倫否定の会見を開いたなんて、最低にも程がありますね。

世界でも珍しい「謝罪会見」という光景【電子書籍】[ マッド・アマノ ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
世界でも珍しい「謝罪会見」という光景【電子書籍】[ マッド・アマノ ] – 楽天Kobo電子書籍ストア

[楽天市場]

さらに衝撃的なことに、ベッキーさんが幕張で過ごした2015年のクリスマスイブのちょうど一年前、A子さんはプロポーズされていたのです。

[以下引用]

「彼がサプライズで恵比寿のウェスティンホテルを予約してくれていたんです。表参道のレストランで食事して、ホテルのバーに寄ってから部屋に入りました。すると、彼が机に座ってホテルの便箋3,4枚にバーッと手紙を書き始めたんです」

川谷は手紙を一気に書き上げ、A子さんに手渡したという。

〈守りたいと思うことが増えた。ずっと一緒にいようね。子供がほしい(笑)〉

そして、日付が25日に変わる0時きっかりに、「結婚してください」とプロポーズ。指輪の箱を差し出されたが、中身は空だった。申し訳なさそうに「間に合わなかった」と言う川谷に、A子さんは涙が止まらなかったという。

[週刊文春]



いやー熱烈ですね。

まさかこんな熱烈プロポーズの翌年にベッキーさんとディズニーシーでデートして、幕張のホテルニューオータニで一夜を過ごすとは。

A子さんは、川谷さんのもう一つのバンド「indigo la End」がインディーズで活動していた頃からの知り合いで、自主制作CDの手売りを手伝うなど活動を支える中惹かれ合い、12年春、ゲスの極み乙女。の活動が始まった頃交際を始めたそうです。

自然な成り行きでA子さんのワンルームマンションでの同棲が始まり、まもなく2DKへ引越。

14年4月にゲスとindigoが同時デビューし川谷さんの収入が安定した秋、3LDKのマンションに引越し、家賃全額を川谷さんが支払うようになり、そしてその年のクリスマスに感動のプロポーズ。

ここまで順調で、川谷さんも長編ラブレターを書いてまでのプロポーズで幸せだったはずなのに、なぜ結婚を隠したかというと、事務所の意向、ではなくて、川谷さんが「若い女性ファンが多い」ことを考慮して決めたそうです。

川谷さんはデートもバレるのを恐れて自宅デートのみ、たまに外に出ても喉の保護も兼ねて大きなマスクをしていたそうですから、かなりその辺気を遣っていたんですね。

◆なるほどだからこの写真もマスク。

ベッキーとの流出画像→ ranking reading reading ranking

しかし入籍前後に一度破局の危機を迎えています。

[以下引用]

6月の幕張ライブだった。川谷の大学時代の元恋人が会場の関係者席にいたのだという。関係者席で観ていたことから、A子さんは、川谷が招待したのだろうと思い、複雑な気持ちになった。

それからしばらくしたある日。当時、多忙で食事が不規則になりがちな川谷を気遣い、A子さんは毎日のように手作りの弁当を用意していたが、その弁当が入った手提げ袋を、川谷がわざわざリュックの中にしまって出かけたのだという。

「おかしいと思い、後日、彼を問い詰めました。すると『元カノに会った』と。私と結婚したことを伝えたのか訊くと、『伝えていない』ということでした」

川谷はライブで遠征していた札幌から、元カノに結婚の事実を伝えたという。その直後、川谷は妻に電話をかけてきた。

「彼が電話口で大泣きしているんです。聞くと元カノから『ずっと好きだった』と言われたと。『どうしたらいいのかわからない』と泣いていた。電話を受けたとき、私は友達に結婚を祝ってもらっていて、ケーキが出てきた瞬間でした。私はその場を離れ、彼に『ちゃんと考えて決めてほしい』と告げました。彼の性格を考えると、頭ごなしではなく、冷静に対応した方がいいと思ったのです。でも、その日は朝まで眠れませんでした。翌日、彼から『(A子さんに)決めたから』と言われ、その危機は乗り越えたんです」

[週刊文春]



A子さんとの交際は2012年からだというのに、いつの元カノだったのでしょう。

しかも「ずっと好きだった」と言われて大泣きって、川谷さんにも気持ちがあったのでしょうか。

第三者からすれば、元カノは売れてきた川谷さんが惜しくなっちゃったのかなーと思うばかりですが。

※2015年4月リリースのこの曲がコカ・コーラとタイアップし周知に一役

私以外私じゃないの(通常盤) - ゲスの極み乙女。
私以外私じゃないの(通常盤) – ゲスの極み乙女。

[Amazon]

結婚後もライブを手伝うこと多かったA子さんですが、なんとなくA子さんの存在がバレるのを恐れる周囲の空気を感じ、A子さんは2015年の10月から会場に顔を出すことを止めたそうです。

そして10月21日に渋谷で行われたファンクラブ限定イベントにベッキーが現れ、今回の騒動が始まります。

[以下引用]

「来ていたのは私も見ています。ただその後、ベッキーさんと食事するときには彼から報告を受けていました。他の人も一緒だと聞いていたし、変だとは思いませんでした。彼も『あんなに売れているのに周りの人に感謝の気持ちを忘れないすごい人だ』という口ぶりで。ただ、11月くらいからは週一ペースで食事をしていることを知り、頻度が多いなとは感じました。

彼の口から初めて『離婚』という言葉が出たのは、11月21日のことです。文春さんの記事では12月18日となっていますが、本当はひと月早いんです。その夜、彼は突然、『一人になりたい』と言い始め、『離婚するしかないかな』と。驚きました。その日は2,3時間話し合いましたが、彼は頑として聞かない。そのとき初めてピンときた。ベッキーさんの存在が頭に浮かんだのです」

[週刊文春]



年末に向け、ゲスは音楽番組の特番や紅白初出場が決まるなど多忙で帰らない日が続き、迎えたクリスマス・イブは「明日は幕張でMステのライブだから泊まる」と出ていきましたが、25日夜遅くに帰ってきた川谷さんにA子さんが「一年前、プロポーズしてくれて有難う」と伝えたものの、川谷さんには逆に「大事な人がいる」と再び離婚を迫ってきたとのこと。

※本当にゲスですよ。

踊れないなら、ゲスになってしまえよ - ゲスの極み乙女。
踊れないなら、ゲスになってしまえよ – ゲスの極み乙女。

[Amazon]

相手の名前は明かさなかったものの、A子さんにはベッキーさんしか思い浮かばなかったそうです。

[以下引用]

ベッキーの会見の翌日以降、A子さんには川谷から電話やメールが入っているが、精神的ショックから出ることができないという。それでも小誌発売日の7日夕方には、思い切って夫に折り返した。

「彼は『あっちの事務所に、こってり絞られた』と言ってました。そして、『離婚の話はちゃんとしたいと思ってる。会って自分の口で説明したい』というので、そんな状態じゃないと言うと、『俺と話ができないんだったら代理人を立てるしかない』と。ごめんね、とかそういう言葉は……ありませんでした

だが3時間後、再び電話が入り、思い出したように「ほんっとに申し訳なかった」と川谷は初めて妻に詫びたという。A子さんが切ろうとすると、川谷は慌てて言葉を継ぎ、「直接会いたい」と食い下がった。

[週刊文春]



勝手な理由で離婚を言いだしているのは川谷さんなのに、ずいぶん高圧的ですね。

それには「あっちの事務所に、こってり絞られた」結果、“卒論提出”しないとベッキーさんに会えないことになっているから、という理由があるとのこと。

 川谷絵音の妻に連日の「卒論」催促!ベッキーとは別れておらず、会わないのは離婚成立までの約束

A子さんは両目に涙を溜めながら「やはり私に黙ってお正月に二人で実家に行ったことが一番ショックでした。どんな気持ちで彼は家族にベッキーさんを会わせたのか。彼女はどんなつもりで彼のご両親に会ったのか。正直、今は何も考えられないし、考えたくありません」と話していたとのことで、離婚についてはまだ心が決まっていないようです。

人の気持ちは変わるものではありますが、元カノといいベッキーさんといい、川谷さんはふらふらしすぎ。

「守りたいと思うことが増えた。ずっと一緒にいようね。子供がほしい(笑)」なんていうプロポーズをしたA子さんをまったく守らず捨てようとしている川谷さん。そしてそんな川谷さんにについて行こうとしているベッキーさん。

行く先に幸せはなさそうです。

それにしても「ゲスの極み乙女」というバンド名。

たまたまトートバッグに書いてあったということですが、なんてまあピッタリなんでしょう…

両成敗 【初回生産限定盤CD+DVD】 【Loppi・HMV限定オリジナルトートバッグ&手拭いセット】 -
両成敗 【初回生産限定盤CD+DVD】 【Loppi・HMV限定オリジナルトートバッグ&手拭いセット】 –

[Amazon]

※川谷絵音さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら