やはり週刊文春によるベッキーさんと川谷絵音さんの不倫報道の続報がありました。今度は川谷絵音さんの妻の独占告白が掲載されるとのこと。また、ベッキーさんと川谷さんはそれぞれ会見とFAXにて不倫を否定、友達関係であると主張し、その裏で二人は既に別れたと報じられていましたが、実は別れておらず、川谷さんから妻に対して連日のように「卒論(離婚届)」の催促があるんだとか。

 → ranking

みんなノーマル [ ゲスの極み乙女。 ]

みんなノーマル [ ゲスの極み乙女。 ]
価格:1,620円(税込、送料込)

[楽天市場]



[以下引用]

川谷はA子さんと2012年春頃から交際。昨年7月に入籍したが、結婚の事実は週刊文春の報道まで公表されてこなかった。

ベッキーと川谷が今年正月、川谷の郷里である長崎へ極秘旅行をし、実家にも足を踏み入れていた事実も週刊文春が報じたが、それについてA子さんはこう話した。

やはり私に黙ってお正月に2人で実家に行ったことが一番ショックでした。どんな気持ちで彼は家族にベッキーさんを会わせたのか。彼女はどんなつもりで彼のご両親に会ったのか。正直、今は何も考えられないし、考えたくありません」

ベッキーの会見の翌日以降、A子さんには川谷から電話やメールが入り、“卒論”(離婚届)の提出を催促してくるのだという。 

「一部スポーツ紙の報道では、2人は『もう二度と会わない』と周囲に約束したと報じられていますが、違います。実際には双方の事務所同士の話し合いで、『卒論を出すまでは会わせない』ということだけが決まっているのです。水面下では2人は連絡を取り合い、『卒論を出すまでくらいなら、会えなくても全然大丈夫』と励まし合っているのです」(音楽関係者)

現在、A子さんは食べ物もろくに受け付けないほどの健康状態で、横になってばかりいるという。

[週刊文春]



これは確かに週刊文春による「追撃」と言えるのでは。

 瀕死のベッキーに週刊文春がさらなる追撃か。不倫相手の川谷絵音は雲隠れ中

特に好感度が命のタレントであるベッキーさん。

「芸能人生終わるほど」の衝撃かと言うと微妙ではありますが、白いブラウスを着てげっそりやつれて謝罪の言葉を述べたベッキーさんが「友人です」と涙目で言いながら、その裏で「卒論が提出されれば復活」という約束をしていたんだとしたら、スポンサーやベッキーさんを擁護した人としては騙された感、裏切られた感たっぷりですよね。

第一報の時はベッキーさんを信じようとしたスポンサーも、コレは嫌うのでは。

井上公造さんによると、もともと不倫ネタは奥さんが持ち込んだもので、奥さんは証拠を揃え訴訟の準備をしているともいいます。

不倫で裁判になったら、さらにベッキーさんは芸能界で居場所がなくなるのでは。

また、ベッキーさんをこんな状態に追い込んだ川谷さんへもしっかりダメージがあってほしいところ。

 芸能界追放も…ゲスの極み乙女川谷絵音が稼ぎ頭ベッキーを不倫に巻き込んだ代償は大きい

タイミング良く、世間の話題はSMAPの独立解散騒動で一色に塗りつぶされつつありますが、こちらの不倫騒動からも目が離せませんね!

◆川谷絵音が辛口すぎる

画像→ reading geinou ranking

画像→ ranking geinou reading

※「ベッキー」で検索したらコレがトップに出てきました。。

ギターマガジン 2016年 02 月号 [雑誌] -
ギターマガジン 2016年 02 月号 [雑誌] –

[関連商品]

※ベッキーさんと川谷絵音さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら