世間を騒がせているベッキーさんとゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音さんの熱愛不倫報道。両者は本日午後に謝罪を行いましたが、会見を開いてカメラの前で何度も頭を下げたベッキーさんに対し、FAX1枚で済ませた川谷絵音さんにはマスコミから批判が集中しているといいます。

※まさに下衆の極み?

MUSICA (ムジカ) 2014年 11月号 [雑誌]

MUSICA (ムジカ) 2014年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料込)

[楽天市場]



文春報道はこちら。

 ベッキー「ヒルズ族に教えたい 本当の幸せはお金かからないよ」川谷絵音との赤面LINE流出でも妻は離婚を拒否!

2人は昨年秋に知り合い、今年のお正月には川谷さんの実家をベッキーさんが訪れていたことなどが、こと細かく書かれていました。

また、同誌にはホテル内でのツーショット写真や赤面モノのLINEのやり取り、そして川谷さんの妻への直撃取材した様子も掲載されており、まさに週刊誌のトップに君臨する週刊文春さんならではの、非常に見応えのある記事。

まったく、他のマスコミも見習って欲しい…というのは置いといて、昨日の速報時点では妻帯者に手を出したベッキーさんに非難が集中していましたが、一夜明けた現在では風向きが変わってきたようです。

[以下引用]

「マスコミが、記事の早売りを手に入れた正午過ぎあたりから、ベッキーの事務所であるサンミュージックは、『記者会見を開く方向で調整中』と回答。そして夜8時には、質疑応答こそなかったものの、本社でベッキーが会見を行うことに。川谷との関係は友人であると強調しつつも、軽率な行動だったと謝罪を繰り返しました。一方で川谷側は、ベッキーの会見が終わったタイミングで、書面での謝罪対応のみ。それだけでも『女を盾にして逃げている』と、マスコミや世間の心証は最悪ですよ」(ワイドショースタッフ)

また、川谷の所属事務所から送られてきたFAXでは、ベッキーとの交際は否定しつつも、「文春」の取材に対してはキッパリと否定していた「既婚者であること」をあっさり認めていた。

「問題なのは、川谷の事務所の対応。うちにも謝罪の書面を送ってほしいと連絡すると、事務所関係者は『FAXを送ったのは別の担当者なのでわからない』『その担当と連絡が取りにくい状況』など支離滅裂の言い分を繰り返し、結局FAXは送られてきませんでした。対応は書面のみ、しかも親しいメディアにしか送らないということで、完全に逃げに徹した印象です」(週刊誌記者)

[日刊サイゾー]



ベッキーさん、素早い対応でしたね。

もちろん、会見を開いて謝罪したからといって世間の厳しい声が和らぐとは思えませんが、逃げなかったということで同情的な意見が出てくる可能性はあると思います。

※サンミュージックはのりピーの件で対応慣れしてた?

Sentimental Best - 酒井法子
Sentimental Best – 酒井法子

[関連商品]

それに対して、川谷さん。

ベッキーさんが“男気”を見せただけあって、FAX一枚で逃げたという印象はどうしても拭えません。

しかも、交際を開始した当初、ベッキーさんに自分が既婚者であることを隠していたというのは、かなりマズいような。

というか、今回の謝罪FAXで“ついでに”ファンに結婚報告をするあたり、なんだかずいぶんズレた人なんだなあ…という印象です。

実際、ネットでは「結婚はしてないって言ったのに、もう何も信じられない」「新婚なのに、クズすぎる!」「奥さんを置いて、ベッキーだけ実家に連れて行くなんて、どういう神経してるんだろ」「バンド名そのままだ」などなど、ベッキーさん以上に川谷さんに対するバッシングが起きつつあります。

ここで「オレはゲスの極みなんだ!文句あんのか、テメーら!!」と開き直っちゃうと面白いんですけど、どうやら川谷さんは非常に繊細で人付き合いが苦手なタイプのようですから、それも無理か…

※謝れないなら、ゲスになってしまえよ。

踊れないなら、ゲスになってしまえよ [ ゲスの極み乙女。 ] - 楽天ブックス
踊れないなら、ゲスになってしまえよ [ ゲスの極み乙女。 ]

[関連商品]

ま、本当にベッキーさんが川谷さんの結婚の事実を知らなかったのかどうかも、怪しいところですけどね。

なぜなら、ベッキーさんは既婚者であることを知った後も、LINEで“卒論提出(=離婚届)”を促すようなメッセージを送っていましたし。

そもそも、二人だけの初デートが11月26日で、川谷さんが既婚であることを伝えたのが11月というならば、深い中になったのは既婚であることを知ったあとなのでは。

 不倫熱愛ベッキー「ヒルズ族に教えたい 本当の幸せはお金かからないよ」川谷絵音との赤面LINE流出でも妻は離婚を拒否!

「結婚を隠し、夢中にさせてから既婚者であることを告白した川谷は世間的に「外道」もいいところ。ベッキーが徹底して被害者であることを強調すれば、逃げ切ることも不可能ではない」との意見もありましたが、果たしてどうなることやら…

ちなみに現在、各芸能マスコミは「妻と離婚協議中」とされる川谷さんへの直撃取材を試みるべく奮闘しているといいます。

後追い報道でどんな展開となるのか、注目です。

※これを逆手にぶっちゃけキャラに転身しちゃう?

風とメロディー (限定生産盤) - ベッキー♪#
風とメロディー (限定生産盤) – ベッキー♪#

[関連商品]

※ベッキーさん、川谷絵音さんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら