フジテレビの亀山社長が開局以来初めて営業利益で赤字に転落したことについて答える中で、視聴率低下のきっかけは何と思うかという質問に対し、2011年3月11日の東日本大震災に一因があると答え、「分かってない」と話題になっています。

ranking

※確かにデモは2011年でしたが。

[楽天市場]



[以下引用]

フジテレビの亀山千広社長(59)が27日、定例社長会見に臨んだ。開局以来初めて営業利益で赤字に転落したことについて、視聴率低下のきっかけは何と思うかと質問を受け、私見とした上で「(東日本大震災のあった)3月11日ではないかなと思います。やっぱり、今までの押し出してきたワクワク感だったり、ドキドキ感だったり、少し浮き世離れしたお祭り感がどこかで絵空事に見えてしまうようになったのかなと思います」と述べた。

フジテレビと言えば、1980年代以降で特に「オレたちひょうきん族」やバラエティー番組や「月9」に代表されるようなトレンディードラマなど、スターが顔をそろえる“派手な”キャスティングが局の特徴となっていた。「楽しくなければテレビじゃない」とのキャッチコピーもあった。

亀山社長は「すべてが震災(が原因)ではないと思う」とした上で、「その時、(視聴者の)気持ちをくみ取ることができていたのか、いないのか。テレビを楽しみにしていた人たちの期待感は助け合ってる人たちや頑張ってる人を応援することだと思うんですよね」と、震災後のニーズをとらえきれなかったと反省した。

[デイリースポーツ]



フジは面白いものを作ってきたけど、それが視聴者の求めるものと違っていた、ということでしょうか。

これに対しネットでは、「ちげーよ韓国上げするからでしょ」「単につまらない」「とうとう災害に責任転嫁」等々、亀山社長に同意する声はありません。

確かにフジテレビが8年続いた年間視聴率三冠を日テレに奪われたのは2011年、震災の年でした。

そして確かに、震災に関する報道ではいろいろやらかしてはいます。

首相会見中の「ふっざけんなよぉ また原発の話なんだろ どうせ~」「ああ笑えてきた」という発言や、

 お騒がせな人たち・・・大地震報道の狭間で

安全なところにいる安藤優子さんが妙にフジテレビを主張したマーク入りヘルメットをかぶり、スポーツ中継さながら「家も車も人も流されていきます」と中継したことが不謹慎と言われたり、

 安藤優子に非難殺到!フジのロゴ入りヘルメットを被りKYな発言を連発!!

緊迫状態が続いていた福島第一原発の状況を報じるために東電に詰めていたはずの記者が酒盛りしていたり。

 非常識!フジテレビ記者は東電社内で酒盛りをしていた

ま、実際には原発全部止まっても電力が足りなくなることはなかったんですけどね。

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 -
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 –

[Amazon]

その年に放送された「27時間テレビ」が、電力不足で計画停電が行われている中放送する意味が問われたのに放送を強行したにも関わらず、さらに「楽しくなければテレビじゃない」はずなのに全然楽しくなかったというのは、確かにフジと視聴者のズレではあったかもしれませんが、あれが面白くなかったのは震災とは関係ないですよね。

 27時間テレビ2011で岡村隆史がマジギレ寸前!福徳秀介の悪質ぶりに批判殺到、出演者のブログも炎上!

いろいろありましたが、それは見る方の意識の変化とは関係ありませんし、それだけでフジテレビがここまで嫌われたわけではないと思います。

それよりもやっぱり、不自然な韓国上げ、だったんじゃないでしょうかね。

パッと思い出すのは、フィギュアスケートでのおかしいまでの浅田真央さん下げ、キム・ヨナ選手上げ。

 小倉智昭が証言!浅田真央の母・匡子さんもフジテレビの偏向報道には怒っていた!

何かと目立つ、日の丸ではなくて韓国の国旗。

 「すぽると」のスタジオ内が韓国国旗だらけ

ドラマやアニメで気づけば挟み込まれている韓国上げ、日本下げ。

 フジテレビが日本を侮辱!瑛太&満島ひかりのドラマ「それでも 生きていく」にて蔑称を使用!

 

そういえば「笑っていいとも」でなぜか人気の鍋1位がチゲ鍋、「日韓戦」ではなく「韓日戦」と表現、というのもありましたね。

それらをズバリ指摘した俳優さんもいましたね。

 高岡蒼甫が韓流ブーム捏造のフジテレビをツイッターで猛烈批判!

◆フジテレビってどこの国のテレビ局?

見れば見るほど疑問になる画像→ reading geinou ranking

見れば見るほど疑問になる画像→ ranking geinou reading

フジテレビに新しい企画を提案すると「その企画、数字取れるの?」「このタレントって引きあるの?」と妙に挑戦を怖がるようになり、作るテレビ番組が面白くなくなったというのももちろんあるでしょうが、これだけやってれば嫌われますよね―。

 週刊誌を見てキャスティング、年収は3年めから上がらず、リメイクばかり…フジテレビ低迷の背景を長谷川豊が語った

会見で率直に言えない部分もあるとは思いますが、内部ではしっかりと敗因を把握していると思いたいです。

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話 [ 長谷川豊 ] - 楽天ブックス
いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話 [ 長谷川豊 ] – 楽天ブックス

[楽天市場]

※高岡蒼甫さんのツイッターはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

名前が面白い大学で打線組んだwwwwwwww