「フライデー」に夏目鈴さんとの熱愛同棲を報じられた嵐の大野智さん。個展用に描いたパグの絵のモデルが彼女の飼い犬だったのではないかという疑いを含め、数々のプライベート写真流出が問題になっていましたが、今度は大野さんが自身の作品集に夏目鈴さんの本名である「藤岡まなみ」の名前をアナグラムで隠して掲載していた疑惑が浮上し、ネットでは大きな波紋を呼んでいます。

ranking

[楽天市場]



[以下引用]

宮城県で開催されたコンサート『ARASHI BLAST in Miyagi』を前に降って湧いた大野の熱愛報道。「フライデー」で“Aさん”とされていた元女優の素性はすぐさま「夏目鈴」とネット上で特定され、夏目のインスタグラムから大野と同棲生活を送っているとみられる自宅写真などが次々に発掘された。大野本人はコンサート前に一部マスコミの取材に応じ、彼女との交際や同棲の事実は否定した上で「友人の1人」「もう会うことも一切ありません」とコメントしたが、ネットユーザーからは「友人なのに『もう会わない』ってなんだよ」「友達なら遊んだりすればいいのに」との厳しいツッコミを受けていた。

 数々の証拠画像→ reading geinou ranking

 数々の証拠画像→ ranking geinou reading

「ネット上では報道から2週間が経過してもなお、彼女のインスタグラムのキャプチャ画像や2人が釣りの際に利用していた船の船長のブログに関心が集まっています。そんな中、大野の作品集『FREESTYLE II』(M.Co.)のクレジット欄に『Fujimi Manaoka』という表記があり、これが夏目鈴の本名“藤岡まなみ”のアナグラムではないかと、騒ぎに。タレントが作品クレジットに彼女の名前をこっそり入れ込んでいたというのは珍しいケースで、ファンの間に衝撃が走っています」(ジャニーズに詳しい記者)

※ネットに出回っている画像です。

manaoka_fujimi.jpg

ファンからは「せめてもっと捻ろう」「そこまでして名前を入れる必要があったのか」「公私混同しすぎ……自分の立場も考えなきゃ」「これはアウト」と、大野に対して辛辣なコメントが続出する一方で「事務所公認?」「事務所は止めなかったのか」などと、名前を載せたジャニーズ事務所側への批判も出ている。また、2008年放送の大野主演ドラマ『魔王』でも物語の中でアナグラムを使った場面があるため「魔王からヒントでも得たのか」という指摘も上がっている。

魔王 [DVD] -
魔王 [DVD]

[関連商品]

さらに大野に関しては本人のプロ意識の低さが問題になっているだけでなく、周囲の人間の脇の甘さも懸念されています。親交のある長崎県在住の船長がブログで、定期的に大野と交友関係にあることを匂わせるような文章や写真をアップしているんです。例えば、『VS嵐』(フジテレビ系)について『今年も観覧に行きや~す』とつづったり、大野へ魚を送ったことや、嵐マークのTシャツの写真を載せ、『あの方とコラボ』したTシャツで、釣りのときに着ると綴るなど、浮かれ気味に投稿していました」(同)

[サイゾーウーマン]



ここまでくると大野さんの熱愛云々ではなく、彼の公私混同ぶりが問題になってきているようです。

アーティストとしての活動も“国民的アイドル”としての基盤の上に成り立っているのですから、ファン感情を無視して好き勝手に創作活動を続ければ、それなりの結果を受け取ることになるのは仕方ないかと。

プライベート流出に関しても、大野さん自身がジャニーズ事務所にとって良くも悪くも“商品”であることを自覚していれば、このような事態にはならなかったのでは?

大事な商品であるからこそ、仕事を与えられ、一般人からは想像もできないほどの収入を得て、さらには様々な“困った事態”から守ってもらえるわけです。

もちろん、その代わりにプライベートでの自由度は大幅に制限されてしまいますが、“特別な存在”としてあり続ける代償としては仕方ないかと。

そういった意味で、大野さんの恋人や友人たちの浅はかな行為によるプライベート流出は、ジャニーズ事務所にとって女性スキャンダルとともに頭の痛い問題なのでは?

ファンの声を見てみると、「幻滅した」「もう応援できない」といった批判とともに、「そういったところも含めて大野くんらしい」「何も悪いことはしてない。逆に大野くんは被害者」などと擁護する声も見られます。

果たして、予想以上に波紋を呼んでいる“大野事件”は、いつ収束するのでしょうか?

もし、これ以上の爆弾スキャンダルが投下されるようだと、嵐のファン離れが一気に加速する恐れもあるあもしれません。

※いちおう、嵐のリーダーやらせてもらってます。

嵐 公式写真 Your Eyes 大野智  ARASHI. -
嵐 公式写真 Your Eyes 大野智  ARASHI. –

[関連商品]

それにしても…

フライデーの翌日に「彼女は友人の一人。もう会うことも一切ございません」とバッサリ切り捨てたのは、初期対応として完全に間違っていたような。

「友人の一人」と熱愛を否定せざるを得なかったのは仕方ないにしても、35歳の大人の男性として、せめて彼女を庇う一言があれば、また違った展開になったと思います。

 大野智の熱愛否定発言に賛否両論

※大野智さん関連のブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら