人懐こい印象の天海祐希さんですが、実はかなりピリピリしているんだとか。

ranking

※天海さんの高視聴率ドラマ

[楽天市場]



[以下引用]

「私は結婚したことがないからドラマで結婚の実態を学びたいと思います」

天海祐希(48)が“禁断”の結婚に触れたのは、10月スタートの新ドラマ「偽装の夫婦」(日本テレビ系)の取材の場だったという。

スポーツ紙文化部記者は、

「驚きましたよ。独身の天海さんが、いちばん触れにくい話題をみずから切り出すとは。どんな心境の変化があったのかと、記者の間で話題になったほどです」

[アサ芸]



天海さんはこれまで幾度となく熱愛や結婚間近報道がありましたが、48歳になった今も独身です。

※最近密会報道のあった真田広之さんの若いころ

吼えろ鉄拳 [DVD] -
吼えろ鉄拳 [DVD] –

[Amazon]

なのでたしかに微妙なテーマではありますが、天海さんは笑いもわかるタイプですし、イメージは「男前」「サバサバ系」「理想の上司」ですから、これくらい言って当たり前な感じがしますが、実はそんなさっぱりした人ではないんだとか。

[以下引用]

「完璧主義の天海さんは、撮影現場で宣材写真の選び方一つからADや宣伝担当者を叱責する。インタビューでも、つまらない質問が浴びせられたら『ない! その質問』とバッサリ。相手によって態度を豹変させるだけに、対策として天海さんの取材ではオンエア上は使わなくても必ずカメラを回すのが鉄則なんです」(テレビ制作スタッフ)

元宝塚トップスターの恐怖素顔に、現場はいつカミナリが落ちるかピリピリ緊張しているのだという。

「芸能界での出世作となった冷酷な女教師を演じた『女王の教室』(日テレ系)では、子役たちが『カメラが回っていない時の天海さんがいちばん怖い』とおびえていたくらい。一昨年、心筋梗塞で舞台を降板し、急きょ宮沢りえが代わりを務め『奇跡の代役』と騒がれた際にも、内々では『誰? あの子に代役なんて頼んだの』とスタッフに当たり散らしたといいます」(前出・スポーツ紙文化部記者)

[アサ芸]



つまらない質問をバッサリ切るのはある意味天海さんのイメージ通りですかね。

「女王の教室」は役柄が役柄ですから、子どもにほんわか接することはできなかったかも。

宮沢りえさんの代役の件は…どうなんでしょうね。

脚本を書いた三谷さんも天海さんの復帰を待ちたいという気持ちがあったようです。

 三谷幸喜は天海祐希の代役に反対だった!宮沢りえの成功のウラに複雑な舞台裏

天海さんの突然の降板に際し、りえさんが2日でセリフを覚え舞台を全うし絶賛されたというのは事実ですが、

三谷さん自身、次のようにコメントしていました。

「天海さんが1ヶ月の稽古で作り上げたものを 宮沢さんが2日でやってのけたわけではありません。

宮沢さんの負担を減らすために台本を書き換えました。

出番を減らしセリフを削りました。

つまり新しい台本を作ったのです。

宮沢さんが2日で舞台に立てた陰には、その新しい台本で深夜まで稽古をしたキャストとスタッフの努力があることも忘れないでほしい」


心筋梗塞という不測の事態だったとはいえ、1ヶ月打ち込んだことが結果に結びつかなかったというのは、一生懸命やったからこそそう簡単に納得はできないんでしょうね。

しかしそれでも「誰?あの子に代役なんて頼んだの」という言葉は大人げないかなーとは思いますが^^;

「偽装の夫婦」の現場には、もう一人カリカリタイプの脚本家・遊川和彦さんが介入するため現場の雰囲気はピリピリしているんだとか。

 また天海祐希が大コケの危機!遊川和彦の現場介入で「偽装の夫婦」の視聴率に黄信号

そんなピリピリの現場から高視聴率ドラマが生まれるのかわかりませんが、とりあえず初回は楽しみにしてみようと思います。

※長澤まさみさんのインスタグラムはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

松本人志の1番面白かった言葉

[画像]夏目鈴に“さっちゃん”と呼ばれていた大野智。彼女のフェイスブックや船長のブログから流出した疑惑写真の数々…