AKB48から誰かが“卒業”するとたまに流れるのが「クビ」の噂。

それはあくまで噂の範疇でしたが、実際にAKB運営サイドから本当にクビを言い渡された人がいるんだとか。

ranking

※なんだか顔が違う…

[楽天市場]



[以下引用]

「2013年に卒業した篠田麻里子ですよ。同年6月に行われた選抜総選挙で『1つの決断をしようと思いました』と卒業宣言し、翌月のコンサートをもってグループを卒業した篠田ですが、実は運営サイドから解雇を通達されていたんです。前年の総選挙では、後輩たちに向かって『潰すつもりで来てください』と見栄を切り、『心強い後輩が出てきたならば、私は笑顔で卒業したいと思っています』としていた篠田ですが、その翌年にあっさりと卒業してしまった原因は、ほかならぬ“クビ”だったためです」(AKB運営関係者)

[サイゾーウーマン]



当時篠田さんは27歳でしたし、年齢的にも卒業は自然な流れでした。

でもたしかに、「心強い後輩が出てきたならば」卒業したいと言ってたのに、そんなにスゴイ後輩が出てきたわけでもないのに卒業しちゃったのは不思議ではあります。

さらに、一応は総選挙では上位常連で、MOREの専属モデルでもあり、単独レギュラーもあった人気メンバーだったのに、と思うと、別に卒業しなくても良かったかも?という気もするのですが、クビにせざるを得ない理由があったようで。

[以下引用]

「当時篠田は、運営サイドの上層部、それこそ秋元氏から窪田康志AKS前社長まで、トップ陣営とも連絡を取り合ったり、食事に行くほどの仲でした。しかし、そこで彼らがついしゃべってしまった機密事項を、篠田はほかのメンバーやスタッフに言いふらしてしまったそうなんです。そのことが問題視されるようになり、何度か篠田本人も注意を受けたようですが、その悪癖に改善はなく、所属のサムデイや直属のバーニングプロダクションとも調整を行った結果、強制的に卒業させられることになってしまいました」(同)

今回の10周年イベント開催の発表にあたり、篠田はTwitter上で「ラインニュースで知る(笑)」とツイートしていたが、実質的にクビという形でグループを去っていた篠田だけに、出演決定報道はファン以上に意外だったのかもしれない。

[サイゾーウーマン]



篠田さんは愛人疑惑までありましたし、そりゃいろんなこと知っていたかもしれませんね。

 『週刊文春』 AKB喜び組 篠田麻里子は社長の愛人報道

注意を重ねても大事なことを言いふらす篠田さんに、相も変わらず何かと漏らすほうが悪いとも思いますが、それが理由ということならば、クビというのも納得かも。

それにしてもあれだけ人気があるように見えた篠田さんですが、今はかなり存在感がないですよね。

せっかく強い事務所に所属しているのに残念でした。

※現在27歳です。

小嶋陽菜写真集 『どうする?』 -
小嶋陽菜写真集 『どうする?』 –

※篠田麻里子さんのツイッターはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら