りそな銀行の行員家族が芸能人の免許証のコピーや住所を入手しツイート、個人情報漏洩を行っていたことが騒動になっています。



ranking



※バカッターTシャツ



[楽天市場]


[以下引用]


りそな銀行は8日夜、中目黒支店(東京都目黒区)に来店した特定客の情報がツイッター上に漏えいしたことへの謝罪文を公式ホームページ上に掲載した。



謝罪文では「特定のお客さま」として来店客の個人名を挙げていないが、ネット上では、同支店に勤務する従業員が「関ジャニ∞」の大倉忠義(30)や俳優・西島秀俊(44)が来店したとの情報を家族に伝え、家族がその内容をツイートをしていた。さらに、大倉の住所や、西島の免許証の顔写真のコピーなどを入手したとのツイートもあり、情報漏えいを指摘する声が相次いでいた。



[スポーツ報知]




他にも、中居正広さんが遺産手続きでマネージャーとともに来店、という内容もあったようですが、これはなんだか真偽不明なような気がします。



これまでもホテルの従業員やコンビニ店員が来店情報を流したことはありましたが、今回はまた酷いですね。



 ひらめきこんなパターンもありました



二宮和也が巻き込まれたバカッター事件 → ranking reading reading ranking



そもそも行員がこういった情報を持ち帰っているということがおそろしいです。



企業によってはUSBなどの記憶媒体の持ち込みや持ち帰りを禁止していたり、社内に持ち込む携帯電話のレンズに傷をつけるなどカメラ機能を使えなくしている、なんて話を聞いていましたが、りそな銀行、緩すぎます。



※金融庁が乗り込んでくるレベルでは?



半沢直樹 -ディレクターズカット版- DVD-BOX -

半沢直樹 -ディレクターズカット版- DVD-BOX –



[Amazon]


今回は芸能人相手で、しかも家族が事の重大さを理解しているんだかしてないんだかツイートするというバカな行為に出たため判明しましたが、ひっそりと友だちと共有する場合もあるかもしれませんし、行員が一般人の顧客リストから個人情報を流出させていたとしても分からない場合もありそうです。



今回りそな銀行の対応は早く、既に「お詫びとご報告」と題した謝罪文を発表し、事実関係の調査結果に基づき厳正に対処していくこと、守秘義務等に関する研修を行い全社員から誓約書の提出を受けているにも関わらず今回のような事態になったのは、金融機関としてあってはならいことで再発防止に務めること、などを述べています。



バカッター本人は反省する様子もなくアカウントを削除し逃亡したつもりでいるようですが、これまでのいろいろを考えても本人確定に至るのは間違いなく、そうなればもちろん母親にも処分があるでしょうね。



※バカッター被害に遭ったことのある田中美保さんのツイッターはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング