ママ友トラブルが原因で、マネージャーに落書きを指示したとして騒動に発展した江角マキコさん。



トラブルのあった名門・青山学院からインターナショナルスクールに娘と息子を転校させた江角さんですが、転校先でもママトラブルがあったと女性自身が報じています。



ranking



※江角さんプロデュース



[楽天市場]


[以下引用]


2月下旬の午後3時。都内にあるインターナショナルスクールの校門前に、1台の高級外車が止まっていた。なかにいたのは、江角マキコ(48)。子供たちのお迎えのため、保護者の車が次々とスクール内へ入って行く。だが、江角は離れた場所に停車したままだ。校庭では子供や母親たちが談笑しているが、彼女がその輪に加わることはなかった――。



[女性自身]




江角さんが突然ブログでママ友いじめにあっていたことを告白したのは昨年7月末のことでした。



それをきっかけにママ友から猛反発を受け、江角さん側のモンペぶりが暴露され、



 江角マキコ、ママ友から抗議声明文!「いじめていたのは江角さん」



さらに8月末には江角さんが元マネージャーに落書きを強要していたと、週刊文春が報じました。



 江角マキコ、長嶋一茂の妻とのママ友イジメ合戦で落書きを強要か



一連の騒動に江角さんは謝罪をしましたが、その誠意のなさに逆風は増すばかりで、仕事面もすっかり勢いをなくしました。



 江角マキコの謝罪にウソ発見!誠意のない言葉に擁護の声もなく…



[以下引用]


「現在、江角さんのレギュラーは3番組。しかし、どれも前事務所がキャスティングしてくれたもので、独立してから新規の仕事はいっさい入っていません。“降板説”も囁かれるなか、彼女としては何がなんでも今のレギュラー番組にしがみついていくしかない状況です。



以前の江角さんは番組進行に口を挟むことで有名でしたが、今ではすっかり“貝”になっています。



『ギャラが安くてもいいので仕事をください!』と旧知のプロデューサーたちに売り込んでいるそうです。何とか4月以降も降板は免れたみたいですが……」(テレビ局関係者)



[女性自身]




つい最近江角さん、3月で『バイキング』降板!なんていう情報もありましたが、安泰なんですね。



※4月から全曜日メインとなる坂上さんとは合うのでしょうか…



力を引き出すヒント 「9個のダメ出し、1個の褒め言葉」が効く! -

力を引き出すヒント 「9個のダメ出し、1個の褒め言葉」が効く! –



[Amazon]


それにしても、生涯給与が5億と言われるフジテレビ社員と結婚しながら、そこまで仕事にしがみつくのって、もはやお金じゃなくて、やりがいなんでしょうか。



以前テレビで、家でもじっと座ってることなんてない、いつも何かしら動いていると話していたのを見たことがありますが、忙しい状態が好きなのかもしれません。



とりあえず仕事の面では安泰なようですが、プライベートはちょっと難しいようです。



二人の子供を転校させたインターナショナルスクールでも、ママトラブルを抱えているそうで。



[以下引用]


「原因は、ほかならぬ江角さんです。彼女が『娘は自分のせいで転校することになってしまった。だから、新しい学校生活を過ごしやすいようにしてあげなければ!』と、かなりナーバスになっているみたいなんです」(芸能関係者)



その結果、彼女特有の“歯に衣着せぬ発言ぶり”がマイナスの影響を及ぼしているようだ。



彼女はスクールの方針に注文をつけ、クラス行事でも意見を言うように。ママたちから反発されたこともあるそうです。周囲も、江角さん家族が転校してきた理由を報道などで知っていますからね。『また何かしでかすんじゃないか』と彼女の一挙手一投足を警戒しているとも聞いています」(前出・テレビ関係者)



本誌が見たこの日、授業を終えた長男と合流した江角は誰とも話すことなくスクールを後に。そそくさと長男の手を引いて車に乗せると、そのまま去って行った。再び試練のときを迎えた江角。“騒動再燃”とならなければいいが……。



[女性自身]




江角さんが他のママたちと交流しなかったのは、例えば英語がわからないとか、青学で懲りてあえて距離をおくようにしているとか、そんな理由じゃないんですかね?



「スクールの方針に注文をつけ」って、これが本当なら、江角さんは何も学ばなかったことになります。



以前も子供の使用する鞄について、青学は「自由」としていたのに対し、江角さんは「肩掛けカバンは発育によくない」としてランドセルを使用するよう校則を変える運動をしていたと報じられています。



 江角マキコはモンペ!ママ友だけでなく教師も恐れる正義感



そういった言動が「モンペ」とされ、やがてママ友とのトラブルにもなったのですが…



江角さんのお子さんが通うインターナショナルスクールはいわゆる芸能人御用達ではないそうですが、東日本大震災以降、本来の入学者である海外の子女が自国へ引き上げることが増え、入学者が減っている現状の打開策として、芸能人枠としか言えないような特別枠があるそうです。



本来は親子ともども英語ペラペラじゃなきゃ入れないところを、芸能人の場合あまり問題にしないとか。



また、欧米人の母親はグループでつるんで行動するという概念がないと言われていますが、それでもママ友派閥とかトラブルはあるそうで、江角さんがお子さんを転校させた直後から、そういったトラブルに巻き込まれるのでは、なんても言われていました。



 江角マキコ、転校先でもトラブルか。新しい学校にある不穏な噂とは



江角さんが「スクールの方針に注文をつけ」た内容はどんなものなんでしょうね。



一度トラブルを起こしたからとにかく大人しく、というのもおかしいですが、客観的に見て、子供の為を思うとそうだよねと言いたくなるような問題なのか、青学でのランドセルのように、校則は自由なんだから、自分の子供にはランドセルを持たせるでいいじゃないかというような内容なのか…。



まさかもう落書き騒動はないでしょうが、お子さんのためにも慎重に…



※たまには迷って!



もう迷わない生活 (集英社文庫) -

もう迷わない生活 (集英社文庫) –



[Amazon]


※江角マキコさんのブログはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆



辻希美のあでやか十二単姿wwwwwww



及川光博本性を語る!王子様キャラについて赤裸々告白&全国模試で一位の過去