松居一代さんといえば、船越英一郎さんの妻であり、もはや懐かしくもある「マツイ棒」に代表される実業家であり、最近は株で大儲けした投資家、そしてエッセイストなどなど、女優以外の肩書が先行する方です。

そんな松居さん、業界ではあまりにマナーがなってないと嘆く声が噴出しているんだとか。

ranking

※「金運アップの掟」「財布交換の掟」「財布の掟」などなど

[楽天市場]



[以下引用]

松居一代(57才)に初のマネー本『松居流マネーの掟』(主婦と生活社)についての取材に本誌記者が自宅を訪問したところ、びっくりする事態が待ち受けていた。

記者が名刺を差し出すと、「時間がありません。名刺だけちょうだいします!」とやにわに名刺を片手で受け取り、高級車で走り去った。翌日彼女はブログで、≪呆れた女性セブン≫というタイトルで、怒りをあらわにした。≪真実とは異なった報道ばかりをよくも書けるものだと呆れています。(中略)もう一度現れたら名刺をみなさまにもお見せしますね≫とも付け加えられていた。

[NEWSポストセブン]



松居一代さんのブログを見ると、松居さんはちょうど歯医者の検診に出かけるところだったようです。

 ※松居一代さんのブログはこちらから→芸能人ブログ全集

急いでいたとはいえ、ただ取材に来ただけなのにもう一度来たら名刺を公開するまで言うとは、ずいぶん敏感に反応していますよね。

これは、松居さんの知人によると、つい最近女性セブンが掲載した「船越英一郎 松居一代からの避難所が消えた」という記事がお気に召さなかったのでは、とのこと。

この記事の内容は、夫婦喧嘩で家を追い出された船越さんが“避難所”として足繁く通っていた自宅近くのレストランが移転し、動揺した船越さんが店に抗議の電話をした、というものです。当然ですが、女性セブンは取材に基づいて書いたそうです。

船越さんはその“避難所”レストランに一人で来ると、「嫁さんがうるさいからひとりで飲みたいんだよ~」とか「嫁が寝てからがやっと自分の時間なんだよね」とか大きな声で愚痴っていたとも書いてあり、そのあたりがカチンと来たんですかね?

女性セブンは松居さんのブログを見て怒っていることは理解しつつ、新著『松居流マネーの掟』の取材に行っただけなのに…と、誤解を解くべく再訪問したら、またも訪問の目的を話す前に玄関先で「あなたがたは、一体どれだけ私を不愉快にすれば気が済むんですか!」「毎回取材もなしに、好き勝手に書くだけでしょう! 私は凄く不快です。いい加減なことをやって。お引き取りくださいどうも!」と追い返されてしまったようです。

これまでは快く取材に応じてくれていたのに、ということですが、振り返ると女性セブンは結構この夫婦の下げ記事を書いていますし、逆にこれまでよく取材に応じてたなという感じでしょうか^^;

 船越英一郎と松居一代が別居!2億円マンションで1人暮らし

 松居一代、本宅で出たゴミを船越英一郎の別宅マンションに捨てに行く

少し前には週刊文春の取材にも高圧的に出ていますし、週刊誌の取材全体がもういやっ!近寄らないで!!という感じなのかも。

 松居一代が高級ホテルでワガママ三昧!スタッフも困惑!?

ただ松居さんはテレビ的には女優というよりも主婦タレントとしての活動がメインですから、週刊文春はともかく女性セブンはせめて話を聞いてから態度を決めたほうがいいようにも思いますが…

※女性週刊誌ですから、家事ネタも多いです

松居一代の超整理・収納術 / 松居一代 / 住まい・インテリア / バーゲンブック / 新品 / 20-4

松居一代の超整理・収納術 / 松居一代 / 住まい・インテリア / バーゲンブック / 新品 / 20-4


[関連商品]

松居さんに散々高圧的な態度をとられた結果、女性セブンは松居さんの著書についてではなく、その女王様ぶりを報じることにしたようです。

[以下引用]

実は松居の周囲では「マネーの前に“マナー”をなんとかして…」という嘆きの声が噴出している。

「インタビューをしても、写真やタイトル、文章など、1から10まで全て思い通りにならないと許さないんです。

自分の記事ならまだわかりますが、夫の船越さんのインタビュー記事も、自ら全てチェックしています。船越さん本人の了承を得ていたのに、自分が気に入らないからと、掲載をやめるよう出版社にクレームを入れたこともあります」(ある出版関係者)

実際、これまで本誌の取材に対しても、長男の大学合格といった松居のプラスになるようなテーマの場合は饒舌になり、そうでない場合は冒頭のように一方的にまくし立てられることが少なくなかった。

テレビの通販番組で松居のプロデュース商品を取り扱う際は、写真の角度、宣伝文句、使い方まで微に入り細をうがつ指示をするそうで、松居の笑顔の裏で、スタッフはミスをしないよう戦々恐々としているという。

「自分の商品だけじゃありません。芸能界の人事にも介入しています。過去に夫の船越さんと恋仲を噂された女優に関して、共演をNGにするよう事務所に通達したという伝説まで持っています」(テレビ局関係者)

※2時間ドラマの女王の若いころ。

片平なぎさ/ゴールデン・ベスト

片平なぎさ/ゴールデン・ベスト


[関連商品]

プライベートでも・女王ぶりは変わらない。会員権が4000万円超という都内の高級会員制ホテルでは、こんな姿が目撃されている。

「レストランのラストオーダーがとっくに過ぎた時間でも、自分のためだけに料理を作らせて部屋まで運ばせるんです。ホテル側も、松居さんの対応には苦労しているそうです…」(ホテル関係者)

[女性セブン]



片平なぎささんと船越英一郎さん、同じ事務所で、しかもホリプロなんですけど、妻だからと共演NGの要請なんてできるんですかね?

あ、そういう伝説がある、ということなんですね。

長男の大学合格など自分に都合のいい記事の時はニコニコ、それ以外はつっけんどんというのは、人間らしくはありますがウケは良くないでしょうね^^;

最後のエピソードは以前週刊文春にも掲載されていました。

会員権が4000万円超っって、そんな世界があることからしてびっくりですが、どうやらここはお台場にある完全会員制のホテルで、猪瀬直樹さんや郷ひろみさんも会員なんだとか。

それだけお金を払ってるんだし、好きなようにさせて!という感じなんでしょうかねえ。

※ちなみに料理本のレビューは…寂しい。

松居一代の超お料理術 -
松居一代の超お料理術 –

[Amazon]

松居さんは裏表あるようには思えませんが、松居さん自身、船越さんの携帯をボキッと折ったり水から煮たと話すこともありましたし、夫の船越さんが松居さんをエキセントリックな人と言うこともありますから、そういう人なんでしょう。

以前、「私が出る番組は二桁行くわよ」と豪語する割に数字が取れないというだけで「性格が悪い」と分類されていて違和感があったのですが、要は日々の積み重ねなんですね。

 本当に性格が悪い芸能人!人の手柄を取るジャイアンは、あの大物芸能人だった!

ひらめきなんかモヤモヤするので…

芸能人面白語録で笑いましょう→ ranking reading

芸能人面白語録で笑いましょう→ reading ranking

※松居一代さんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

※当記事は芸能スクープ、今旬ナビのものです。引用の際はご連絡下さい。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら