主演映画「ルパン三世」の興行収入が30億円突破も確実視されるなど好調な小栗旬さん。しかし、先日話題になった“芸能界批判”が問題視され、早くも某勢力から圧力が掛かり始めているといいます。

※過去の遺産にすがる前にやることがあるでしょう。

[楽天市場]



小栗さんといえば「ルパン三世」にとどまらず、フジテレビ開局55周年記念プロジェクト「信長協奏曲」に映画とドラマでW主演するなど、俳優業は絶好調。

そんな彼が窮地に立たされている理由とはいったい…

[以下引用]

「『ルパン三世』でも共演している綾野剛やNHK連続テレビ小説『花子とアン』で赤丸急上昇中の鈴木亮平、瑛太、三浦春馬、藤原竜也ら、イケメン若手俳優らとともに小栗会を結成。三宿や三軒茶屋、中目黒周辺の居酒屋やバーで、演劇論を熱く語っている姿がたびたび目撃されています。また小栗は、自腹で芝居ができるスタジオとトレーニングジムを完備した稽古場も建設中なんです。さらに、バーニング系列やジャニーズ事務所など力の強い芸能プロがキャスティングを牛耳っている、日本の芸能界の現状に嫌悪感を抱き、一石を投じる構えもみせているんです」(前同)

実際、雑誌「Quick Japan」での鈴木亮平との対談において小栗は、「『自分は誰かに殺されるかもしれない』くらいの覚悟で戦わないと、日本の芸能界を変えるのは難しいっすね」と語っている。

「小栗はその現状を打破するために、役者の労働組合をつくろうと小栗会のメンバーを中心に声をかけているんです。しかし、バーニング系列やジャニーズ事務所による圧力を恐れ、なかなか賛同者が得られていない様子です。また、テレビ局や映画会社に『小栗を起用するな』という要請もあったようだ。一方、小栗本人は断固戦う構えを見せています」(民放キー局プロデューサー)

[アサ芸]



ま、芸能界ではいかにもありそうなことで、今さら驚きはありませんが、小栗さんは対談の中でさらにかなり過激な発言を連発しています。

「僕らの同世代でも上の世代でも“この人、何も考えてないのによく生き残ったな”っていう人はいますから。事務所の力もありますし」

「“映画にしか出ない”とか言ってる人がコンサバなテレビコマーシャルに出ているのを見ると、“話が違くね?”って思ったりするんですよ。“金もらったらコンサバなテレビコマーシャルに出るのに、テレビドラマは下に見るんだ。意味わかんねえ”って」


うーん、これは確かに多くの芸能人や芸能事務所を敵に回しそう。

※全発言はこちらでどうぞ。

クイック・ジャパン 115 -
クイック・ジャパン 115

[関連商品]

過去、芸能人の立場でここまでズバッと言い切った人はいないと思いますが、小栗さんの気持ちの中には現状の芸能界に対して「我慢できないほどの苛立ち」を抱えているといいます。

[以下引用]

小栗は“いい作品”をつくるためにも、俳優の労働条件を改善するべく、俳優のための労働組合づくりを構想しており、「ぼちぼち本格的にやるべきだなと思っています」と語っている。アメリカにはSAG-AFTRAといった役者のための組合があるが、日本ではこれに匹敵するような大規模な組合はない。小栗は、あえて自分がその“旗振り役”になろうと考えているようなのだが、「みんなけっこう、いざとなると乗ってくれないんですよ」と落胆ぎみ。そして、“乗ってくれない”理由を次のように分析する。

「たぶん傷つきたくないからだと思うし、今の自分の立場を失いたくないからだと思う。その気持はわかるけど、「意外と口先だけで覚悟がねえんだな」って思うことは多いし、ちょっと悲しくなりますね。僕はどこかで、無理してまでこの世界に生き残っていたいとも思ってないんですよね。だからこそ、変えるしかないじゃんと思ってる」

[LITERA]



芸能人は皆、自分が売れることだけを考えているのかと思っていましたが、小栗さんは違うんですね。

ここまで芸能界全体のことを考え、俳優のことを考えて行動しているのは、なんとなく幕末の志士を連想させます。

小栗旬First Stage

小栗旬First Stage


[関連商品]

しかしながら、これら一連の発言の中では聞き捨てならない発言も。

「ここのところはちょっとね、負け始めてます、組織に。やっぱり組織ってとてつもなくでかいから、“自分は誰かに殺されるかもしれない”くらいの覚悟で戦わないと、日本の芸能界を変えるのは相当難しいっすね」

ここでも、芸能界の闇を隠すことなく言い切っちゃってますが、大丈夫?小栗さん…

そういえば、奥さんの山田優さんはケイダッシュ系でしたね。

先日、テレ朝のプロデューサーが“自殺”した事件が起きましたが、今の日本は本当に“邪魔な奴は消される”ことが誰の目にもバレバレになってますから、ちょっと心配になってしまいます。

 デング熱報道と岩路ディレクターの死についての真相

でもま、日本の芸能界を一部の大手芸能事務所が牛耳っていることは、今では知らぬ人がいないくらいの公然の秘密。

“ゴリ押し”という言葉がネットを賑わせていることからも分かる通り、事務所の力が強ければ人気に関わらずテレビ等での露出は増え、スキャンダルも圧力で握り潰します。

逆に力のない事務所だと、マスコミは容赦なくスキャンダルを書き立て、あることないこと好き放題に騒ぎ立てます。

大手芸能事務所・研音から独立した江角マキコさん…の場合は自業自得ですけど。

 江角マキコに擁護の声もなく、CM契約終了ともに引退確実

とにかく、“第4の権力”であるマスコミがそのような弱腰では存在する価値がないのですが、それが現状なんだから情けないですよね…

第四権力<スキャンダラス・テレビジョン data-recalc-dims= – “>
第四権力<スキャンダラス・テレビジョン>

[関連商品]

そういえば、先日は光文社が自ら“発禁処分”を下したことが話題となりましたが、

 FLASH発売中止の理由はジェニファー・ローレンスの流出画像!

最初から闘う気がなく、ただただ権力の広告塔としてしか機能していないマスコミが、ネットで“マスゴミ”と言われるのも仕方ないです。

 川田亜子さんの死にも関与?吉松育美ストーカー事件の裏の闇

ま、そんなことを小栗さんも考えているのか分かりませんが、とにかく俳優主体の労働組合を作るなんてことは、芸能界を牛耳る勢力にとっては“殺してでも阻止すべき”存在なんでしょう。

しかしながら、小栗さんはまだまだ闘う意欲を失っていません。

盟友である鈴木亮平さんによると、小栗さんは借金までして“俳優のための稽古場”を建てているといいます。

[以下引用]

「“俳優が自分たちを向上させていけるような場を作りたい”って言って、口だけじゃなく、実際に作ってるんですよ。自分だけでなく、役者みんなで向上していこうよというこのストイックさは、この若さではいままで誰も実行してこなかったと思いますし、ちょっとやっぱりおかしいですよね(笑)」(鈴木)

この稽古場をつくる理由は何なのか?

「アメリカなんかは、メジャー作品にこの前まで無名だった俳優が、ある日突然主役に抜擢されることがあるのに、日本ではそういうことはほとんどないという現状がある。それを起こすためには、大前提としてスキルを持っていないとできないので、その力をみんなでつける場所を作りたいということですね」(小栗)

[LITERA]



正直、視聴者を無視した事務所のゴリ押しによる芸能人の売り出しはウンザリです。

※言っちゃっていいんですか?

剛力彩芽/あなたの100の嫌いなところ(通常盤)(CD)

剛力彩芽/あなたの100の嫌いなところ(通常盤)(CD)


[関連商品]

小栗さんの試みがうまくいくかどうかは、テレビ局側が彼の動きに賛同するかどうか次第かと。

結局、芸能人の売り出しは全てテレビでの露出に懸かってますし、芸能事務所とテレビ局の力関係は圧倒的にテレビ局が上だと思います。

ですが、現状では芸能事務所の接待攻勢で、完全にズブズブの関係になっていることは明らか。

 モー娘の枕営業告発!NHKプロデューサーとバーニングの黒い仲

「より良い物を作る」という原点に立ち返れば、テレビ局が主導権を握り、その意向に沿うように芸能事務所が努力をするのは当然だと思いますし、そのような志を持ったテレビマンがどれだけ小栗さんに力を貸してくれるのか…

小栗さんの発言はすでにネットで拡散されてますし、視聴者の声も無視できないはず。

ぜひ、現状を打破して欲しいです。

でも…

奥さんのことは大事にね。。

💡小栗旬のスキャンダルは妻公認だった!!

 いったいなぜ??→ ranking reading

 いったいなぜ??→ reading ranking

※旦那が干されたらどうします??

山田優/Fly So High

山田優/Fly So High


[関連商品]

※小栗旬さんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

💡今旬ナビ!最新記事はこちら