今、一本の“ビデオ”が闇ルートに流出していると週刊文春が報じています。それは、CHAGE and ASKAの飛鳥涼さんが薬物を透明なガラス製のパイプで吸引する様子を詳細に記録しているものです。

さらに、ASKAさんと暴力団組員との関係、チャゲアス復活ライブ消滅の真実の理由などが記されていました。

 → ranking

※「SAY YES」「はじまりはいつも雨」「太陽と埃の中で」等、名曲がいっぱい

[楽天市場]



ビデオにあるのは、ASKAさんと親しい山口会系の暴力団組員“山本(仮名)”という人が、ASKAさんに薬物を渡し、ASKAさんがそれを慣れた様子で吸引、恍惚の表情を浮かべ、“山本”が「あのさあ、もうそろそろ、いいんでないかい。シャブはもうやめたほうがいいっしょ。体ほんとに、ボロボロになっちゃうよ」と忠告するも、ASKAさんは頷くだけ、陶酔しきったASKAさんの姿が確認できるとのこと。

細かい様子が週刊文春本誌にありますし、これは実際に存在するビデオなんだと思われます。

これを撮影したのはクスリを提供してきた“山本”です。

ASKAさんは福岡出身ですが、父親の転勤で中1から4年ほど北海道に住み、その時に友人になったとのこと。

“山本”が盗撮したのは、トラブルがありながらもこれまで長くさまざまな薬物を提供してきた中で、“山本”にも警察の手が伸びクスリの提供が難しくなったときにも矢のように薬物を催促するASKAさんに対し、「なにかあったら面倒みてくれるのか」と聞いたら「そりゃ知らねえよ。そっちの問題でしょ」と突き放され、キレたのが理由だそうです。

ビデオは今年初めに撮影し、3月にこのビデオを使ってゆすろうとしたところ、驚くべきことにASKAさんは逆ギレします。

[以下引用]

「ASKAは山本に対して『バカ野郎』と怒鳴り、『お前がそのつもりなら、あらゆる手を使って潰してやる』と言ったんです。

しかも山本が所属する組の最高幹部の実名を出して、その人に直接頼むとまで言ったそうです。その一方で、ASKAは手打ち金として200万円を提示したそうですが、山本は『これまでの飛行機代にもならない』と交渉は決裂しました。現在もなお、水面下でトラブルは続いています」(ASKAと親しい芸能関係者)

[週刊文春]



“山本”とASKAさんのやりとりはメールで行われており、そのメールも週刊文春は把握しているとのこと。

ASKAさんは’89年にイギリスに移住した時にドラッグを体験、はまりはじめたのはここ10年で、最近は打ち合わせ中に突然脈絡のない話をするため「宇宙人」というあだ名がついたとレコード会社関係者がコメントしていました。

※10年前…この曲がリリースされた頃です

ASKA/心に花の咲く方へ

ASKA/心に花の咲く方へ


[関連商品]

また、ASKAさんがクスリに溺れているのは知る人ぞ知る話で表沙汰になっていないのが不思議、という証言も。

そんな状態ですから、当然チャゲさんも感づいていたようです。

[以下引用]

暴力団と揉める一方、6月の休養発表前には、CHAGEとの間でこんな事件を起こしていた。

「ASKAが繰り返す異常な言動を心配して、CHAGEが『8月のライブは中止にしようか』と提案した。するとASKAは『何言ってるんだ。予定通りライブはやる』と言い張った。激しい口論になり、ずっと我慢していたCHAGEは『いい加減ヘンなモノやめろよ』と注意すると、ASKAがCHAGEを殴りつけたんです。CHAGEはマスコミに漏れないよう大人の対応をしましたが、CHAGEの奥さんが『警察に訴える』と言ってきかなかった。復活ライブはその時点で終わりになりました」(別のレコード会社関係者)

[週刊文春]



それが、ライブ中止の本当の理由だったんですね。

そうこうするうち、東スポが「超大物シンガーが重度の薬物中毒疑惑で逮捕秒読み!」と報じたため、週刊文春が真相を確かめるべく、ASKAさんの自宅に直撃しました。

そこにいたのは、全体に太り、顔だけ浮腫んでパンパンに張り詰め、据わった目は血走り、顔色は艶もなく土気色という、昔のASKAさんとはまるで別人だったとのこと。

ひらめきアンジェラアキにそっくり!?

ASKAの娘[画像]→ ranking reading reading ranking

ビデオに記録されていたのは覚せい剤吸引の場面で、最近は覚せい剤がお気に入りだったということで、ならば痩せるのでは、と思うのですが、コカインやマリファナ、MDMAなど様々なクスリに手を出していたということですし、何か原因があるのでしょうか。

取材に対しもちろん本人は否定していますが、終始無表情に「ウソれすよぉ」「ぜ~っんぜん。もう、ぜ~んぜん。ハッハッ」などなど。キン肉マンポーズをして「もうこんな感じですっ!」と答えるなど55歳の大人とは思えない態度で、終始ろれつが回っていませんでした。

滑舌が悪いのは、以前報じられた一過性脳溢血症の影響とも思えなくありませんが、吸引ビデオの存在がある以上、それだけとも思えません。

また、“山本”はASKAさんはひと月に覚せい剤を30グラム使用していると話しているようで、ヘビーな麻薬常用者でも月4,5グラムであることから、これが本当なら麻薬Gメンは、ASKAさんは麻薬中毒者でも末期的なレベル、相当な重症だと断言しています。

活動も長く名曲も多く、ファンも多いASKAさんのこんな状態は非常に悲しいです。

東スポがもう一人報じた薬物疑惑の人気ロッカーは、現在治療中だとか。

ASKAさんも治療中ならいいのですが…

ひらめき随分涼やかですが、売れないミュージシャンです

ASKA息子[画像]→ ranking

ASKA息子[画像]→ reading

ASKA息子[画像]→ ranking

ASKA息子[画像]→ reading

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

当サイトのコピー・複製はご遠慮ください。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

FNS歌謡祭の裏でハプニング!元夫婦が…画像&ももクロの破壊的な生歌「秋桜」動画

藤井リナ、関東連合との関係が問題になり事務所をクビに!「石元太一と交際」以上のヤバネタが

キスマイの新冠番組プランが消滅の危機!玉森裕太「ぴんとこな」のあまりの低視聴率ぶりに飯島氏の思惑が崩れ始めた…