最近激太りも噂される“着うたの女王”西野カナ(22)さんは、可愛らしい見た目に反してかなりの“傲慢キャラ”との噂です。

確かに、芸能人であれば“イメージ”と“素”のギャップはつきものですが、彼女の場合はあまりの傍若無人ぶりに周囲もあきれ始めているとか。いったいどれだけスゴイのでしょうか…

 → ranking

※今や飛ぶ鳥を落とす勢いです。[amazon]

Thank you, Love(初回生産限定盤) [CD+DVD, Limited Edition] / 西野カナ (CD - 2011)

Thank you, Love(初回生産限定盤) [CD+DVD, Limited Editi...



<以下引用>

デビュー3年目にして出すCDが全てヒットしている西野カナ。「彼女はデビューまでの3年間、大事に育てられてきた歌手。レコード会社にとっても箱入り娘みたいなもの」とは業界関係者だ。そんな彼女も、デビューから快調に飛ばしてきたこともあってか、〝着うたの女王〟から〝真の女王様〟のような態度が垣間見え始めているという。

「先日のイベントは散々だったみたいですね」とはあるレコード会社関係者。西野がイメージキャラクターになった商品のイベントで、その場で新曲「たとえ どんなに…」を披露したのだが…

※いい曲です[関連商品]

西野カナ/たとえ どんなに…

西野カナ/たとえ どんなに…


「歌詞が全然、出てこなかったんですよ。肝心のサビの部分も歌えず大慌て。一応、2番は何とか歌い切ったんですが、歌い終わって出てきた言葉は『PAの調子が悪い』。音響さんのせいにしたんですが、よくよく聞けば自分が歌詞を忘れてたんですって。それをスタッフのせいにしちゃうんですから」(同)

ただ、こんな西野ネタが世に出ることはなかった。「スタッフが夜通し必死になって、ワイドショーなどに連絡を取って『間違ったところは使わないでくれ』と頭を下げて回っていたそうです」とはレコード会社スタッフ。

「浜崎あゆみが絶頂期の頃、決まった取り巻きで周囲を固めていたように、今の西野も同じように『チーム西野』みたいになっている。だから、西野本人も勘違いしちゃってるんでしょう」(前出の関係者)

もともと地元での評判は、まさに女王様そのもの。地元学生が暴露する。

「今年の春まで名古屋の大学に通ってましたが、コッチで西野といえば〝合コン女王〟。ただ、西野合コンの参加者は誰もが『二度と行きたくない』って言います。彼女、男が気に入らない時は途中で帰るのが当たり前。ある時、『車で送って』と頼まれて『車ないから送れない』と断ったら、西野に『マジ使えない!』とブチ切れられた男の子もいましたよ」

<東スポ>



西野カナさんと言えば、地元三重ではかなりの“お嬢様”として有名なようで、それを象徴するような逸話があります。

<以下引用>

「西野カナの父親は中部地方の財界の大物らしく、その父親の口利きでスポンサーがデビュー資金として1億円をポンと出したんです。生まれ持った“才能”の1つではありますが、余計な詮索を避けるため、西野は本名さえ非公表にしています」(音楽業界関係者)

<アサヒ芸能>



1億円をポンと…

そんな人生なら、ワガママ放題に育たないほうが難しいでしょう… ^^;

ただ、売れている間は誰もがチヤホヤするでしょうが、売れなくなったら手のひらを返されるのが芸能界。

彼女もいつかは壁にぶち当たる時がくるでしょうし、その時に頼れる人が一人もいない…なんてことにならないといいですね。

※西野カナさんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



よかったらシェアしてください!