タグ:YOSHIKI

 

先日、木村拓哉さんと工藤静香さん夫妻に”電撃離婚説”が浮上していることを、写真週刊誌「FRIDAY」が報じたのですが、このことが大きな波紋を呼んでいます。

 

同誌によると、電撃離婚発表のXデーはキムタク主演映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』の上映が一段落し、4月期の主演ドラマ「風間公親-教場0-」が始まるまでの間だそうで・・

 

◆お返し、考えてますか?



 

 

[以下引用]

「同誌は、この衝撃情報の出どころは〝フジテレビ周辺〟で、1月下旬に掴んだとしています。さらに、一部メディアが裏取りに動いているとまで報じていますから、かなり信ぴょう性の高いスクープと言えそうです」(スポーツ紙記者)

 

木村は、昨年春に放送されたテレビ朝日系のドラマ『未来への10カウント』の視聴率が爆死し、映画『レジェバタ』も興行収入が伸び悩んでいる。

 

一方、〝不倫疑惑〟が噴出した工藤は、夫のピンチより2人の娘を売り出すことに必死で、業界内では「ゴリ押しが過ぎる」と問題視する意見も出始めているという。

 

「木村は、2人の娘のデビューに反対していたという情報もある。それを工藤が押し切った上に、異常な売り込みぶりが業界内で失笑を買っているのも、木村にとっては許せないのではないか」(芸能プロ関係者)

 

『FRIDAY』の記者の直撃に、工藤は空を見上げて吹き出し、ノーコメントの姿勢を見せたというが、夫婦の溝は埋められそうにない。

[週刊実話]

 

2人の離婚説は、年明け早々からマスコミの間を駆け巡っていました。

 

その原因は、元カレであるX JAPAN・YOSHIKIさんと現在も連絡を取り合っていることを当の本人に暴露され、キムタクが激怒したというもの。

 

 

木村拓哉、ついに離婚を決意か!工藤静香とYOSHIKIの不倫疑惑で年明けから夫婦関係はギクシャク

 

その前に、静香さんが家族しかフォローしてないSNSで突然YOSHIKIさんをフォロー、そして解除したのも怪しまれた原因です。

 

 

工藤静香が元カレYoshikiをフォロー!一方木村拓哉の誕生日は家族総出で祝福

 

二人がLAで半同棲生活を送っていたのは今から30年近く前のことですし、結婚後は完全に連絡を断っていたものと思われていたのですが・・

 

昨年の大晦日に鳴り物入りで結成した新バンド・THE LAST ROCKSTARSを率いて紅白に出場したYOSHIKIさんが、同じく久しぶりに出場を果たした静香さんを発見するや、

 

「お~い、静香~!」

 

と、関係者がズラリといるのもお構いなしに声がけを敢行。

 

さらには紅白終了後、自身の動画チャンネルでメンバーシップ向けの「年越し生配信」を行った中でも、「静香!」と呼び捨てにし、彼女との関係を暴露するなどやりたい放題。

 

ヤバいと感じたTHE LAST ROCKSTARSのメンバーが、酔ってベラベラしゃべるYOSHIKIさんを止めようとしたほどだったといいます。

 

その後、YOSHIKIさんは文春の取材に応じ、

 

「静香に迷惑を掛けてしまった」

 

と反省の弁を出していたのですが、この一連の騒動によって木村家の夫婦関係は年明けから一触即発の状態になっていると伝えられております。

 

しかし、そんな状態でも娘二人のゴリ押し戦略は実を結び始めていて、先日にはKokiさんがブルーリボン賞を受賞したことが大きな話題となりました。

 

受賞理由が酷い!Koki,がブルーリボン新人賞を受賞したのは親の七光りじゃなかった説

 

正直、キムタクと静香さんが離婚しても、二人が”キムタクの娘”であることには変わりないですし、ここまで知名度がアップすればそろそろ独り立ちしても大丈夫かも?

 

そう考えると、確かに離婚のXデーが迫っているとも言えるのですが・・

 

ただ、キムタク自身がジャニーズ内で微妙な立場になっているのは見逃せません。

 

 

ジュリー社長、しつこい!再びキムタクを松潤の引き立て役にすべく、「浜松まつり」騎馬武者行列への参加を決定

 

現社長のジュリー氏は、就任早々に自分の手に負えないベテラン経営陣を追放し、現在はオキニではないタレントたちを次々と追い出しに掛かっています。

 

滝沢秀明さんやキンプリなどがその代表格。

 

さらに、ジャニーズJr.のIMPACTorsはメンバー7人全員揃っての退所を決定し、先日は”うるさ型”の筆頭とも言われたベテラン・三宅健さんも去ること明らかになりました。

 

もし、キムタクがこの動きに続くようであれば、移籍先は静香さんの個人事務所になるであろうことは明らか。

 

それだけに、離婚というのはなかなか考えにくいようにも思います。

 

[以下引用]

1990年台半よりアメリカに活動拠点を移し、以後はロサンゼルスに移住。世界各国を回るワールドツアーを開催し、海外アーティストとの共演やコラボも多数。また『グラミー賞』のボーティングメンバーで、ハリウッド映画でも音楽プロデューサーを任せられるなど、米エンターテイメント業界とつながりが深い。いわばアメリカとの強力な“コネ”を持っているYOSHIKIだ。

 

「静香が母親になって間もない頃に描いていのが、世界で活躍する娘たちと一緒に海外移住するという夢だったと聞きます。当時は芸能関係に就くとは考えていなかったと思いますが、フルート奏者としてソロデビューを果たした長女のCocomi。そして次女のKoki,はモデルとして、そして女優として世界に羽ばたくチャンスを掴もうとしています」(芸能プロ幹部)

 

2022年5月、『ルイ・ヴィトン2023クルーズ・ファッションショー』に参加するために米・カリフォルニア州に赴いた静香とKoki,。また11月の『ブルガリ』イベントに出席した際には、女優として海外映画に参加したことも明かしている。そして年が明けた2023年2月にも、ニューヨークから帰国する母娘の姿がキャッチされるなど、ここにきて渡米を繰り返しての“海外活動”が活発化している。

 

彼女たちの手助けをしているのがYOSHIKI、とは言いませんが、何らかのアドバイスをもらっている可能性はありますよね。娘たちにできる限りのサポートをしたい気持ちは静香とて、世の中のお母さんと同じこと。ならば多方面に備えておくのは当然のことで、それが元カレだとしても使えるものは使いたいのでは?」(前同)

 

Cocomiは21歳、Koki,も2月に20歳を迎えた今、世界がコロナ禍から日常を取り戻しつつある今、いよいよ母娘の“夢”を叶えるべく動き始めているのだろうか。もしかしたら、そんな娘たちのプロデュースに夢中になる妻、そして家に残されることが多くなった夫の現状も、離婚説が浮上した一因になっているのかもしれない。

[週刊女性PRIME]

 

ということで、週刊女性さん、上手にまとめていますね。

 

ただ、そうはいってもまだまだ”キムタク娘”という看板は必要な時期。

 

また、レジェバタの撮影で京都に長期滞在していたキムタクを、静香さんが手弁当持参で激励に訪れていたのも事実。

 

 

不倫疑惑からの離婚危機!木村拓哉のご機嫌取りに必死な工藤静香が話題に

 

離婚しても娘は娘ではありますが、やはり”家族”として仲良く一緒に暮らしているかどうかというのは、芸能人のイメージとして大事なことでしょう。

 

なので、もし夫婦仲がギクシャクしていたとしても、まだまだ離婚することはないと。

 

そういう意味で、静香さんは否定せずに笑って誤魔化したのかもしれません。

 

「離婚はないよ、今はね。まだまだ拓哉のネームバリューは必要だから」

「でも、その時が来たらサヨナラする可能性は高いよ」

「だって、娘と海外でセレブな生活をするのがアーシの夢だったから・・」

「それに付いてくる気がないなら、拓哉のことも捨てちゃうよ、アーシは」

 

そんな気持ちが、フライデー直撃インタビューでの最後の高笑いに繋がったのでしょう。

 

恐るべし、静香。

 

そして・・どうする、キムタク!?

 

◆最初からタクヤでもヨシキでもどっちでも良かったのよ、アーシは。



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

紅白出演直後のYOSHIKIさんが生配信で「静香」と今も交流があることを暴露し、話題になっています。

 

 

※工藤静香の「深紅の花」はYOSHIKIプロデュース、

 

突如「静香」呼びしたYOSHIKI

 

事件は大晦日の夜、YOSHIKIさんが『THE LAST ROCKSTARS』のメンバーとしてNHK紅白歌合戦に出場した後、メンバーのHYDEさんやSUGIZOさん、MIYAVIさんとともに会場を移し始めたライブ配信で起こりました。

 

 

[以下引用]

PPV(ペイ・パー・ビュー)番組のために主なトーク内容は割愛するが、4人が登場してから1時間が経過した頃、紅白でのパフォーマンスをひと通り振り返った後に“事件”は突如として起きた。

 

YOSHIKI「あ、そう。静香がいて、今日。静香が」

 

HYDE「言っちゃっていいんですか?」

 

YOSHIKI「いやいやいや、(静香とは)仲良いよ。えっ、こういうのマズい話なの?」

 

3人「いやいやいや」「大丈夫っすよ」「知らないっす」

 

MIYAVI「工藤さんね」

 

YOSHIKI「ほんとにね、彼女は素晴らしい人で……」MIYAVI「うん、素晴らしい」

 

HYDE「いいお母さんですよね」MIYAVI「いいですよね~」

 

YOSHIKI「あの~、たまにアドバイスいただきます、僕は。なんか、(電話する仕草で)“この彼女どう思う?”とか」

 

HYDE「そういうこと言っちゃいけない」

 

YOSHIKI「あ、待って、待て待て。これ(発言は)、かなりマズいと思う。これ、巻き戻して。(時間を)巻き戻して。まあ、いいや。いい人はいい人じゃん、それは。自分としても色んな意味で感謝してるし。歴史に感謝だよね」

 

HYDE「歴史に感謝!感謝ですよ!」

 

SUGIZO「ノーコメントです」

[週刊女性プライム]

 

HYDEさんちょいちょいフォローしてますね。

 

「いいお母さん」というのも、YOSHIKIさんに工藤さんが今は結婚して子供もいることを思い出させようとしたのかもしれません。

 

しかしYOSHIKIさんは・・・「静香」ではなく「工藤さん」ならまだましだったかもしれませんが。

 

 

 

工藤静香と木村拓哉、YOSHIKIの複雑な関係

 

YOSHIKIさんは1994年にアメリカで酒酔い運転とスピード違反で捕まった時に助手席にいたのが工藤さんだったことをきっかけに交際宣言しているため、過去二人が交際していたことは噂レベルの話ではなく事実です。

 

1994年の時点で交際していたことが明らかでも、別れがいつだったのかははっきりしません。

 

しかし、2000年11月8日に発売された工藤さんの「深紅の花」のプロデュースはYOSHIKIさん。

 

2000年から2002年はYOSHIKIさんの主宰するレコード会社に所属していました。

 

レコーディングの時期など考慮すると、ふつうに考えたら、少なくとも2000年までは普通に仲良く交際が続いていたんだろうないうところ。

 

しかし、木村拓哉さんと工藤さんが結婚を発表したのは2000年12月。当時すでに妊娠4か月だったので、少なくとも夏ごろには木村さんと交際していたのでしょう。

 

新曲リリースやらレコード会社の話やら、別れちゃったからナシにして、というような話でもないんだろうとは思いますが、それでも少なくとも2000年に入ったころはYOSHIKIさんと工藤さんは順調だったんでしょうね。

 

木村さんの方も、ずっと工藤さんのファンだった、とか、長年交際していた「かおりん」との破局と工藤さんとの交際開始時期がかぶってる、なんて噂もありましたし、まあまあ入り組んだ関係だったんでしょうね。

 

ただ、もし裏切られて別れたなら今も仲良しだなんて言えないでしょうが。。

 

まあ複雑です。

 

そんな複雑な関係だったからこそ、今も「静香」と呼ぶのはダメじゃないでしょうか。

 

いくら現在50overで、付き合っていたのは20年以上前で、芸能界では狭い世界で別れたりくっついたりを繰り返し、誰かの元カノ・元カレだらけだと言っても、今回の話はキムタクが舐められてるなと感じました。

 

キムタクは嫉妬深いなんて話もありましたが、

 

木村拓哉が嫉妬心から共演NGに指定、テレビに映るとチャンネルを変えるほどの人物とは。

 

実は不倫しているなんて話も。

 

 

ついに!木村拓哉が不倫!相手は30代女優だとか…

 

今更家庭崩壊もないと思いますが、多少の波風にはなったのではないでしょうか。

 

◆木村拓哉元カノかおりん(工藤静香似)の今

家族4人みんな美形→ geinou reading geinou ranking

家族4人みんな美形→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

工藤さんがSNSでフォローしているのは、夫の木村拓哉さんと娘のCocomiさん、Koki,さんの合計3人だけ。

 

それが一時4人になっており、しかもそれが工藤さんの元カレYOSHIKIさんだったことで、ネットが騒然となったとかならなかったとか。。

 

 

 

 

[以下引用]

「工藤とYOSHIKIは元恋人同士と言われています。1994年、生活の拠点をロサンゼルスにしていたYOSHIKIは、泥酔した状態で車を運転し、飲酒運転で現行犯逮捕されました。その際、助手席に乗っていたのが工藤。1994年から1996年の年明けごろまで交際しており、〝結婚秒読み〟とも言われていましたが、YOSHIKIの浮気が発覚してアッサリ破局したようです」(芸能記者)



この珍騒動に気づいた人は少なかったものの、ネット上で拡散され、

《工藤静香のフォローが4人になってる、誰だ?と思ってみたらYOSHIKI…。嘘だろ、おい》

《工藤静香、YOSHIKIのインスタフォローしてるけど、なんかの事故?》

《工藤静香がYOSHIKI様をフォローしてる…。何か意味があるか、特別な思いがないとこんなに分かりやすい匂わせはしないよね?》

《いやーーー! もうやめて! 悪夢です!》

など波紋が広がっていた。

 

「YOSHIKIをフォローしたのは誤りだったようで、現在工藤がフォロー中なのは家族3人だけに戻っています。しかし、インスタでフォローするには相手のアカウントを検索しなければいけません。工藤はYOSHIKIの投稿を観察していたのでしょうか。工藤は木村と結婚する直前、YOSHIKIのレコード会社からシングル『深紅の花』をリリース。元カレであるYOSHIKIを利用し、木村を嫉妬させて結婚したといったウワサもあるだけに、何か不穏な動きがなければいいのですが…」(同・記者)

9日に工藤は、35周年を記念して今年8月に開催されたツアーのBlu-ray&DVDを宣伝。11日にはいつものように自慢のお料理を投稿するなど、通常運転でSNSを運用している。

[まいじつ]

 

工藤さんがYOSHIKIさんをフォローしていた瞬間のスクショがないと信じられないなあと思っていたら。

 

 

 

ほんとだったんですねえ。

 

フォローはついうっかりだったんでしょうけれども、まあ、見てたんでしょうね、元カレのインスタを。

 

工藤さんがYOSHIKIさんをフォローしたのは11月9日で、この前日に、Yoshikiさんがプロデュースを務める4人組ロックバンドのヴォーカルに選ばれたYOSHIさんが亡くなったことについてコメントをしたところでした。

 

だから、なのかもしれませんが、よりによってフォローしてしまっていたとは。

 

しかも、その時間は数十分だったらしいのに、その瞬間がスクショされてるとは。

 

気は抜けませんが、以前からラビオリを伸ばすときにドラムのスティックにしか見えないものを使ったり、チューリップの葉がXの形になっているのを嬉しそうに投稿したり、敢えてやってそうなこともあります。

 

工藤静香が元彼YOSHIKIを大胆匂わせ!木村拓哉、Koki,もびっくりか

 

そんな工藤さんの愛する夫である木村拓哉さんは本日誕生日。

 

もう定番となった写真付きの家族総出のお祝い投稿はすでに出そろっていますが、今年は子どもの頃の写真に加えて、最近と思われるツーショットが投稿されていますね。

 

家族仲良くて素晴らしいですが、そこでこの元カレフォロー騒動はタイミング悪かったですね。

 

キムタクは若かりし頃とても嫉妬深く、工藤さんの元カレの一人である的場浩司さんは共演NGに指定していたという話もあります。

 

穏やかな誕生日だといいのですが。

 

◆チューリップのXもキムタク誕生日絡みだった!

こ、これは…→ geinou ranking geinou reading

こ、これは…→ geinou reading geinou ranking

 

※ウォールステッカーです

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

『24時間テレビ』に出演したX-JapanのYOSHIKIさんがノーギャラで出演したことを公表し話題となっています。

 

 

 

YOSHIKIが変えた24時間テレビの歴史

 

[以下引用]

武道館での出演前に自身のツイッターを更新。「これから24時間テレビに出演します。色々と意見をもらいましたが、今回、番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演させて頂いています」と報告。続けて「みんなと一緒に、少しでも人々に夢や希望そして勇気を与えることができれば。それだけです。応援してね!」と自身の思いを告白した。

[スポニチ]

 

このノーギャラ宣言は『24時間テレビ』ではギャラが出ていると認めることにもなります。

 

以前ダウンタウンの松本人志さんもギャラをもらったと明言していましたが、YOSHIKIさんもそれに続いた形です。

 →松本人志が24時間テレビのギャラ問題に決着

 

以前FLASHが『24時間テレビ』のギャラ問題を報じたとき、明石家さんまさんは「チャリティーならギャラは寄付して」と日テレに頼んだところ「他の出演者の手前それはできない」と言われて以来『24時間テレビ』に出演しなくなったと報じています。

 →嵐は5000万円、大島美幸は1000万円、サライは200万円

 

つまり、昔は横並びでギャラを受け取ることが出演する条件でもあったということです。

 

それが今回YOSHIKIさんがノーギャラで出演したということは、『24時間テレビ』の歴史は変わるということなのでは。

 

YOSHIKIさんの場合、ノーギャラに加えて300万円を募金したと羽鳥慎一さんが明かしており、まさにチャリティーとはこのことですね。

 

 

 

24時間テレビは「日テレを救う番組」と言われる理由

 

『24時間テレビ』はチャリティー番組であり、Tシャツを始めとするグッズ販売と募金額はすべて寄付されています。

 

一方例年約6億円という制作費はスポンサーから出ています。番組のイメージの良さから多くの企業が広告枠を求めるため、広告収入は一説によると例年20億ほどに上るとか。

 

20億から6億引いても14億も収益が上がる上に、なんだかんだ『24時間テレビ』は高視聴率番組です。

 

そしてあれだけ有名タレントが出演し多くのコーナーがあるにもかかわらず6億程度の制作費で済むのは、「チャリティーだから」と通常よりもギャラやスタッフに支払う経費を押さえているからだとか。

 →24時間テレビはCM収入丸儲け、視聴率3冠を約束する「日テレを救う番組」だった

 

メインパーソナリティのジャニタレも、一人1000万円換算だと言いますが、売れっ子嵐でも同額で起用できるというのは確かに破格なのでは。

 

ちなみに日テレが『24時間テレビ』とジャニーズを絡めるのは、ジャニーズを起用して番組内で流すドラマを作ればファンがDVDを買ってくれる、グッズも売れる、視聴率も期待できるという利点があるからだとも報じられています。

 

『24時間テレビ』が放送された40年間で寄付した総額は372億を超えており、番組がなければその額は生まれなかったというのは確かです。

 

そのため番組があること自体は否定しませんが、いまいちスッキリしないのは、「チャリティー番組」と銘打ちながらがっぽり稼いでいることなんですよね。

 

どうせなら募金とグッズの売上のみならず広告収入も必要経費を除いて寄付すればいいのに。

 

そして出演者も、YOSHIKIさんのように番組の趣旨に賛同しギャラはいらないという人が参加すべきです。

 

「チャリティーだから」とギャラを値引かれてお金を得てもイメージは下るだけです。ホントの意味でのチャリティーに参加したほうが、もらったギャラ以上によいイメージが生まれるのでは。

 

 

◆日テレが嵐のために異例の宣言

嵐はボランティアです→ geinou reading geinou ranking

嵐はボランティアです→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※YOSHIKIさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング