パンくずリスト
  • ホーム
  • 長澤まさみ
タグ:長澤まさみ

長澤まさみさん主演の人気シリーズ『コンフィデンスマンJP』の新作が制作されることになり、東出昌大さんも出演が決定したと報じられています。

 

 

東出昌大さんは唐田えりかさんとの3年不倫報道に伴い、杏さんに対するモラハラ的な態度も報じられる中離婚。

 

 

その騒動が落ち着いた頃に更に次の彼女をロケ現場に連れてくるなど不真面目な態度から所属事務所からも愛想を尽かされ契約解除となり、現在は山奥で暮らしつつ、仕事があれば出てくる方式で、映画メインで仕事中です。

 

 

そんな東出昌大さんが『コンフィデンスマンJP』に復活と言われる経緯とは。


[スポンサーリンク]



長澤まさみとフジテレビの思惑が一致



コンフィデンスマンJPの実績



フジテレビの連ドラとして始まった『コンフィデンスマンJP』は2018年4月クールの月9で放送され、全話平均視聴率は8.9%とある意味月9らしい成績を残しました。

 

 

しかしその後映画としてシリーズ化した結果、合計約97億円もの興行収入となっています。

 

『コンフィデンスマンJP』映画興行収入詳細 

 

『ロマンス編』(2019年5月公開) 29.7億円

『プリンセス編』(2020年7月公開) 38.4億円

『英雄編』(2022年1月) 28.9億円

 

 

『プリンセス編』『英雄編』はともにコロナ禍での公開で座席制限がありましたし、観る側にも心理的な壁がある中での結果です。

 

 

通常時であれば、もっと高い結果が出せていたかも。

 



フジテレビの思惑



「製作を手掛けるフジテレビはテレビ事業が絶不調ですから、ドル箱コンテンツの『コンフィデンスマンJP』シリーズは絶対に終わらせたくないでしょう。あとは俳優陣のスケジュールと気持ち次第ということになりますが、調整がどうやらつきそうだといいます。話が上手く進めば撮影は来年、公開は2026年になりそうだといいますよ」(前出の制作会社関係者)

ピンズバより引用


フジテレビの凋落はもう定番過ぎて話題にもなりません。

 

 

しかしもはやテレ東にも抜かされてしまい、10年ほど前まではキー局トップだったのが嘘のようですもんね。

 

 

主要キャストであった2020年7月に三浦春馬さんが、同じ年の9月に竹内結子さんが亡くなってしまいましたが、それでも中で働く人たちにとってはどうにかして稼ぎたい、そんな気持ちなのでしょう。



長澤まさみの思惑



「以前から主演の長澤さんはハワイでの撮影を希望しているといいますが、他のキャストのスケジュールの都合もありますからね。出番の多い長澤さんはずっとハワイに滞在できるでしょうが、他のキャストは日本とハワイを行き来する必要も出てくる。ですので、長澤さん以外のキャスト陣は、“国内の撮影でいい”と思っているとも聞こえてきていますね。」(前同)

ピンズバより引用


長澤まさみさんからすれば、ハワイでバカンスを楽しみながら映画も撮れる、よい機会です。

 

 

たまにはのんびりそんな仕事もないと、疲れちゃいますよね。



東出昌大は『コンフィデンスマンJP』に欠かせない!



第4弾への東出さんの出演はないのでは――という声も一部ではあった。しかし、やはり『コンフィデンスマンJP』は長澤さん、東出さん、小日向さん3人の作品ということで、第4弾も続投するといいますね」(前出の制作会社関係者)

ピンズバより引用


もともと東出昌大さんが演じる「ボクちゃん」は堅気な気質で詐欺なんてよくない!と、なんとか2人から離れようとするも、気づいたらダー子こと長澤まさみさんの策略にハマり戻ってきてる、というような役柄です。

 

 

『英雄編』のあと、ついにいなくなっちゃっていても問題なかったと思うのですが、そういうわけにもいかないんですね。

 

 

不倫→離婚から4年経ちましたし、公開は2026年ならもっと経ちますし、最近東出昌大さんの露出も増えていますし、もういいんじゃない?ということでしょうか。



東出昌大の今



山奥で女優3人と暮らす東出昌大



東出昌大さんは、離婚成立後、基本的には山で自給自足生活を送っています。

 

 

電気も通らないような山奥で、近所の人に助けられながら、狩ってきた食べ物をメインに食べ過ごしているようですが、そんな生活に即発された女優が3人、同居してるとか。

 

 

恋愛関係にはないという話ですけど、はてさて。



主演男優賞を受賞していた東出昌大



東出昌大さんは2023年3月公開の主演映画『Winny』で日本映画批評家大賞の主演男優賞を獲得しています。

 

 

その他、ほそぼそとではありますが映画をメインに仕事しており、棒演技と言われた人ではありますが、結果を出しているという話もあったり。


 

 


ひろゆきとともに南米旅終了。再び山へ?



現在アベマでひろゆきさんとともに南米を横断する旅が放送されていますが、前回のアフリカ旅に続き、プロデューサーがちょいちょい質問し東出昌大さんがポロッとしゃべっちゃうことでの反響がとても大きいです。

 

 

先日は唐田えりかさんとの不倫を「オイタ」と呼んで、杏さんはもちろん唐田えりかさんにも失礼だ、という声が上がっていました。

 

 

きっと世間のほとんどの人にとっては東出昌大さんの過去の不倫はどうでもいいことになっていそうですが、アンチがいるのも事実です。

 

それでもフジテレビは本当に大枚はたいて『コンフィデンスマンJP』を作るのでしょうか。

 



◆こちらもどうぞ◆


 


 


 

 

 

長澤まさみさんがインスタグラムの投稿を一つ残して全削除したと話題になっています。

 

一般的に結婚、証拠隠滅など5つの可能性があるものの、メディアからの問い合わせに長澤さんの所属事務所は「深い意味はございません」と回答しており、その方がヤバいのでは、という声も…

 

 

 

 

[以下引用]

まず第一に浮上するのが、年内の入籍、もしくはデキ婚の線。そのお相手として名が上がるのが、来年3月公開の映画『四月になれば彼女は』で初共演を果たした佐藤健で、芋澤貞雄さんも以下のように綴っている。

 

芋澤さんはこの文章を「皆さん、“健ロス”、“長澤ロス”の準備を心してお過ごし下さい」と結んでいるが、そのような日も近いのだろうか。

 

続いて可能性を指摘されているのが「ヤバい写真の証拠隠滅」説で、SNS上には薬物使用を疑うポストが見られる。その可能性も「無きにしもあらず」ではあるが、長澤に限ってそれはあり得ないだろう。また、かつて彼女がお取り寄せしてまで食べていた「コオロギ食」を隠すためという指摘も、長澤自身が2020年にバラエティ番組でその事実を自ら語っているため、可能性としては限りなく低いと言える。

 

さらにネット上では、長澤の老化やメンタル問題を全削除の原因に上げる声もある。しかしこれらも著名人が「謎の行動」を取った際にかならず囁かれる「憶測中の憶測」であり、長澤に当てはまっているとは考えにくいだろう。同様の理由で、「イメージの一新やキャラクターチェンジ、もしくは新しいジャンルの仕事のため、過去写真の全削除に踏み切った」とする見方も当てはまらないのではないか。

 

所属事務所の東宝芸能からの独立、もしくは移籍という噂も根強い。2000年、東宝「シンデレラ」オーディションに当時史上最年少の12歳でグランプリに選ばれた長澤は、以来、東宝芸能の稼ぎ頭として事務所を牽引しているが、これまでも何度か独立や移籍が取り沙汰されてきた。今回こそはそのどちらかを果たすと見る向きも多く、前述のように事務所が「深い意味はございません」とそっけないリリースを出したことも気にかかるところだ。

 

以上が巷に流布する「長澤まさみインスタ全削除をめぐる5つの可能性」だが、可能性があるとすれば「年内の入籍もしくはデキ婚」「事務所からの独立もしくは移籍」のどちらかだろう。少なくとも他の3つの説は単なる噂レベルである上に、あまりに突飛で考えにくいのが現実だ。

 

元テレビマンの男性は、この件についてどう見るのか。

 

「『深い意味はございません』とのことですが、深い意味もなくインスタを全削除するほうがヤバいって思うのは私だけではないと思います。とは言え旧知の業界人に聞いてみても、どうも決め手となる情報は持ち合わせていないようです。常識的に考えれば、移籍か独立の線が濃いのかなとは思いますが、あくまで個人的な予想です」

[まぐまぐ]

 

 

元々あまり更新していなかったことを思うと、そのまま放置で、事務所の人が告知などだけするSNSにしても別に良かったんじゃないかと思うのですが、敢えて消したことを思うと、そして1枚だけ残したことを思うと、やっぱり深い意味がないわけがないような。

 

残した投稿の写真が意味深と言えば意味深なんですよね。

 

 

 

 

所属事務所の「深い意味はございません」と合わせると、やはり独立の可能性が高いような。

 

ここ最近多いですよね。ある程度地位を確立した人が個人事務所で独立するパターン。

 

長澤さんも女優歴が長くなっていますし、それこそ共演した佐藤健さんも数年前に個人事務所を作っていますし、ない話ではなさそう。

 

あとは、プライベートは明かさない方針に変えたかったか。

 

以前、ボクらの時代で池松壮亮さん、太賀さんと共演した蒼井優さんがSNSをやらない理由を語っていました。

 

[以下引用]

「まず個人的に発信したいことがない」と話す蒼井は、最近のドラマや映画のキャスティングでSNSのフォロワーが多いことが関係する話を聞いたことについて言及。

 

「どうなんだろうね。自分が映画を観始めたときに画面にいた人のプライベートって見えなかった。(私は)SNSをやらないことで自分で自分のハードルを下げてる気がする。役者としての自分を守ってると思う」と、SNSをやらない理由を明かした。

 

池松は「いや。(プライベートが見え)ないほうがいいのは絶対そうですよ」と蒼井に共感。太賀は「いつからなんでしょうね、こう俳優が露出し始めたのは」と改めて疑問を持ったようだった。

[しらべぇ]

 

長澤さんもそういう心境になったとしても、不思議はありません。

 

なんにしろ、来年以降も活躍することを祈っております。

 

 

◆プライベートはまったく話さない方が吉だな

という事例→ geinou ranking geinou reading

という事例→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※長澤まさみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

実に4年半ぶりの連ドラ主演となる長澤まさみさんが、満を持して挑んでいる話題作「エルピス―希望、あるいは災い―」が、業界で注目を集めているといいます。

 

※長澤さん?

 

 

 

すでに第1話(10月24日)と第2話(10月31日)が放送され、それぞれの平均世帯視聴率は8.0%、7.3%ということで、期待された二桁には遠く及ばなかったのですが・・

 

同枠で前クールに放送されていた波瑠さん主演「魔法のリノベ」の第1話7.4%、第2話6.7%と比べれば「まずは及第点」とのこと。

 

しかし、同ドラマでフジテレビは画期的?な商売を思いついてしまったようで・・

 

 

[以下引用]

制作元のカンテレは「視聴率を爆上げさせる」と絶対の自信を見せているというが、その根拠となっているのは長澤のヤル気だ。

 

長澤ファンだけでなく、大人を魅了するサスペンスや濡れ場も設定されているのが『エルピス』です。今後、色気漂わせる大人の長澤をドラマで堪能できるんです」(芸能プロ関係者)

 

実は同作には民放連ドラでは非常に珍しい〝インティマシー・コーディネーター〟が制作陣として参加している。インティマシーとは「親密」という意味で、コーディネーターは主に映画などで性的なシーンを撮影する場合に監督と女優の間に入り、男優との濡れ場について合意を取り付ける調整役のことだ。

 

今回、ドラマのメガホンを握るのは映画『モテキ』で長澤にディープキスや胸もみシーンを実践させ、女優として一皮むけさせた大根仁監督。長澤も阿吽の呼吸で濡れ場を演じられるといわれている。

 

「インティマシー・コーディネーターはキスなら『舌を入れる? 入れない?』『唇? あるいは頬のみ?』、胸を触る場合も『服の上、あるいはブラの上?またはナマ?』、カラミも『どのような体位で行うのか?』といったかなり具体的に詰めるんです。

 

長澤の役は元アイドルアナだったが、写真誌に路チュー現場を撮られて閑職に飛ばされる落ち目の局アナです。当然、元恋人役の鈴木亮平とのキスシーンでコーディネーターが入っています。

 

しかし、このシーンだけで30万円以上も掛かるコーディネーターを起用するとは思えない。実は今後、鈴木とは違う元彼に撮られたリベンジポルノがドラマの鍵となってくるんです。こうした過激なシーンはフジの有料配信チャンネル・FODで視聴できるそうです」(事情通)

[週刊実話]

 

これまでもテレビ局は「続きはHuluで・・」とか「第二シーズンはWOWWOWで・・」という手法を繰り出し、視聴者から反感を買ってましたが、

 

「長澤のハダカが見たければ、FODに加入するべし!」

 

というのは、いかにもフジテレビらしい斬新なアイデアですね!

 

まあ、ストーリーに関係しない部分であればそれほど反発を喰らうこともないような気がしますが、果たしてどれだけの人がFODに加入するんでしょうか?

 

ちょっとよく分かりませんが、もしこのやり方が成功したら、今後も追随するテレビ局が出てきそうではあります。

 

でも、なんだかインティマシー・コーディネーターの使い方を間違ってるような気がするんですけど・・まあ、実話ですからね!

 

ちなみに、同ドラマは長澤さん自身が惚れ込んでようやく実現した企画だそうで、これまでの作品以上に気合いが入っていることは間違いないようです。

 

ということで、視聴者の皆さん!

 

ぜひ、FODに加入して長澤さんの本気を堪能してみてはいかが?

 

◆長澤まさみ、メガネっ子時代の写真

あら意外→ geinou ranking geinou reading

あら意外→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※長澤まさみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

10月から始まるフジテレビ系ドラマ「エルピスー希望、あるいは災いー」で、約4年半ぶりに連ドラで主演を務める長澤まさみさんが、共演者の眞栄田郷敦さんをロックオンしたとの極秘情報が飛び込んできました。

 

◆愛に年の差なんてカンケーねえ!



 

 

同作で長澤さんは、スキャンダル報道でエースの座から転落したアナウンサーを演じ、眞栄田さんは新米ディレクター、鈴木亮平さんが2人の先輩で報道局のエース記者の役。

 

主人公が犯人とされる男の死刑が確定した連続殺人事件の冤罪疑惑を追う中で、一度は失った自分の価値を取り戻していくという、硬派な物語なのですが・・

 

[以下引用]

「最近の長澤は、映画『キングダム』や『シン・ウルトラマン』で見事な美脚を見せつけ、話題になりました。今回のドラマもスキャンダルで転落する役柄ですから、濡れ場も期待できる。お茶の間の男性視聴者をクギ付けにするような、地上波ドラマの限界に挑んでほしいものです」(スポーツ紙記者)

 

とはいえ、このところプライベートでは浮いたうわさがない長澤。親交の深いシンガーソングライター・あいみょんからは、7月21日に放送された『LOVE LOVE あいしてる最終回・吉田拓郎卒業SP』で、こんなエピソードを暴露されていた。

 

「(長澤は)健康の話が多い。恋愛の話はあんまりしないですね」

 

かつて長澤は、俳優の伊勢谷友介と交際していたが、それを引きずっているのではないかと見る向きもある。

 

「伊勢谷はDVなども報じられていたからね。薬物でも逮捕されているし、長澤はいろいろなことがトラウマになっているんじゃないか。そのせいで、恋愛恐怖症に陥っている恐れもあるよ」(芸能プロ関係者)

 

そんな長澤だが、今度のドラマで共演する眞栄田が〝タイプ〟だという。

 

「眞栄田の父は、コロナで亡くなった千葉真一さんだからね。兄の新田真剣佑はガーシー議員に女性と金のスキャンダルを暴露された〝不良物件〟だが、眞栄田は真逆。礼儀正しくストイックで、まるで〝現代のサムライ〟のような好青年なんだ。父親が厳格だった長澤は、好きなタイプのはずだよ。そういう意味では、鈴木も当てはまるが、伊勢谷のような〝陰〟がない。眞栄田は、どこか謎めいたところもあるから、長澤がロックオンするならこっちだな」(前同)

[週刊実話]

 

長澤さんは35歳で、眞栄田さんは22歳。

 

ひと回り以上も年が違うので、恋愛感情が芽生えるとは思えませんが・・

 

ただ、眞栄田さんと仲良しのお姉さん(異母姉・野際陽子さんの娘)は25歳も年上。

 

もし眞栄田さんに”マザコン気質”があれば、13歳くらいの年の差なんて関係ないかも?

 

今後が気になりますね。

 

◆眞栄田郷敦の筋肉がスゴイ件

 筋肉好き必見[画像]→ geinou ranking geinou reading

 筋肉好き必見[画像]→ geinou reading geinou ranking

 

◆年上はお好きですか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Numero TOKYO (ヌメロ トウキョウ) 2022年 3月号増刊 眞栄田...

価格:980円(税込、送料別) (2022/8/14時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※長澤まさみさん、眞栄田郷敦さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング