タグ:杏

杏さんと離婚後、再起不能と思われた東出昌大さんですが、案外順調に俳優業、タレント業をこなしています。



 



そんな東出昌大さんは、ABEMAで放送されている『世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた』に出演。



 



その中で、東出昌大さんが杏さんとの離婚原因となった唐田えりかさんとの不倫を「オイタ」と表現しネットで呆れる声があがっています。



 


[スポンサーリンク]



東出昌大が離婚原因を「僕のオイタ」と語る



『世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた』は、10万円だけ持たされて二人で南米を横断するアベマの企画です。



 



前回はひろゆきさんメインで、同行者として東出昌大さんが登場しアフリカを横断しましたが、今回は先に東出昌大さんが南米に放り込まれ、2日目からひろゆきさんが合流する流れでした。



 



これだけでも東出昌大さんのタレント価値が上がった感じがありますね。



 



基本的には二人が言葉が不自由なその地でヒッチハイクやローカルバスを利用しなんとか旅をする様子を楽しむ内容です。



 



が、その旅に同行する豊川さんというディレクターが、ちょいちょいプライベートな質問をするのも一つの見所になっており、今回は東出昌大さんに再婚の気配を質問。



 



東出昌大さんは「ない」と即答し、その理由をこう述べました。



 



「僕がオイタしたっていうことが、別れる直接の原因だったけど」と前置きしつつ「もしうちの娘たち、息子が大きくなったときに、お父さんのところだったらいつでも来ていいよって言える親父でいたいんですよ。だから新しい家庭を持つことは全然考えていない」と父親としての考えを明かしていた。

Abema timesより引用


 



オイタとは、いたずら、悪ふざけ、お遊び、出来心。



 



あれは東出昌大さんのいたずらだったんですね。。



 



とても軽い表現です。



 



「オイタ」どころではなかった東出昌大の不倫



女遊びがバレることを「オイタがバレた」と表現することもあるようですが、東出昌大さんの場合は「女遊び」の範囲でしょうか。



 



唐田えりかさんとの不倫は3年に及んだと報じられています。



 



3年も同じ相手と不倫して「遊び」とは。



 



それで傷ついた杏さん、父親と会えなくなった子どもたち、不倫発覚でキャリアを失った唐田えりかさん、皆気の毒過ぎます。



 



不倫報道後の囲み会見で、杏さん、唐田えりかさん、どちらが好きなんですかというとんでもない質問に対し、13秒も沈黙した上で



 



「申し訳ございませんが、お相手のこともあるので。私の心の内を今ここでしゃべることは妻を傷つけることになると思いますので、申し訳ありません」



 



と返し、唐田えりかさんに本気だったんだと世間に思わせたのに。



 



不倫発覚時、唐田えりかさんは東出昌大さんとの不倫を匂わせるような未熟さが嫌われましたが、当時22歳だったので、不倫開始時は未成年。



 



東出昌大さんは10歳年上で、家庭があって、その状況で未成年をオイタに巻き込んだとは。



 



杏さんは好感度が高い女優だったこともあり、離婚後の東出昌大さんの評価は地に落ちました。



 



それが徐々に露出を増やすなかで、狩猟の腕などを披露しつつ少しずつ回復してきたところだったのに。



 



東出昌大には育児放棄、モラハラも報じられていた・・



東出昌大さんの不倫報道のとき、イクメン、スパダリのように報じられていたがそもそも東出昌大さんはそんないい人ではない、という報道が次々と出てきました。



 



例えば、東出昌大さんは子供は可愛がるものの、基本的には面倒なことはせず、家事全般を含めて杏さんに丸投げで、第三子妊娠中も毎晩のように飲み歩いていたとか。



 



不倫を疑われたときに、「頭おかしいんじゃないの」と否定したとか。



 



このあたりは「関係者」が語る真偽不明のないようですが、東出昌大さん本人が披露していたのは、



 



「家は(友人が多数訪れるので)人の出入りが激しい。子どもも全然人見知りしないんです。7時を過ぎるとピタッと寝て、夜泣きもしない」



「(家に友人が訪れたら)男連中でずっと将棋を指している」



「その際杏さんが食事などもてなしてくれる」



 



当時双子は0歳で、7時すぎるとピタッと寝て夜泣きしないなんてなかなか信じられる話ではなく、「夜泣きに気づかないだけでは」と言われていました。



 



また、年子なのでその頃杏さんは妊婦だったはず。



 



そうなると、0才児の双子、妊婦の妻がいながら常に家に人を呼ぶダンナの気がしれない、という声も多く上がっていました。



 



東出昌大に「オイタ」され人生が変わった杏と子どもの今



杏さんと東出昌大さんはNHKの朝ドラ『ごちそうさん』での共演を機に交際し、2015年に結婚。



 



2016年5月に双子の女児、2017年11月に男児にめぐまれました。



 



しかし2020年に東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫が発覚し離婚。



 



2022年に杏さんはフランスへ拠点を移すことを発表し、3人の子ども共々フランスへ移住。



 



現在は日本とフランスを行き来しつつ仕事をしています。



 



双子と年子で3人という、とても大変な幼少期の育児だったと思いますが、杏さん曰く、周囲の助けを得ながら子育てしてきたとのこと。



 



現在は3人共小学生になっている年齢ですから、少しは落ち着いたかもしれませんね。



 



東出昌大と「オイタ」して人生が変わった唐田えりかの今



不倫をオイタというのであれば、不倫相手だった唐田えりかさんは東出昌大さんと一緒にいたずらをしたことになりますね。



 



唐田えりかさんはフラームに所属し、不倫発覚前は女優仕事が増え始め、これから売れていくのかなというタイミングでした。



 



しかし不倫発覚ですべてなくなり、一時期は事務所で事務仕事をしていたといいます。



 



2022年にNetflix配信の『極悪女王』(ゆりあんレトリィバァさん主演)で、10キロ増量し長与千種さんの役を演じていると発表されましたが、ゆりあんレトリィバァさんの怪我の影響か、結局未だ配信はされず日本での復帰はなされていません。



 



韓国でも活動しているということですが、あまり報じられることはありませんね。



 



不倫報道がなく、いや、せめて匂わせしていなければ、まだここまで嫌われることもなかったかもしれませんが・・



 



 



女優3人と同居中の東出昌大の家に子どもは遊びに行けるのか



「オイタ」というのは、この東出昌大さんが出演中のアベマの番組で、同行している豊川ディレクターが悪いのかなとも思います。



 



プライベート質問をぶちこんで話題になりそうなキーワードがほしかったんでしょう。



 



番組を紹介する記事のタイトルは、



 



「東出昌大、『僕がオイタしたことが、別れる直接の原因だったけど…』再婚には否定的、離れて暮らす3人の子どもたちへの想いも語る」



 



この言葉のニュアンスが東出昌大さんに与える悪影響を考えたらこういう記事のタイトルにはしないでしょう。



 



しかし再婚は否定した東出昌大さんですが、現在は山奥で女優3人と同居しているはずです。



 



その3人との関係がクリーンなものだったとして、そんな状況の家に子どもが来たいと思うものなのでしょうか。



 



再婚さえしてなければ遊びに行けるという話ではないですよね。



 



話せば興味深い部分もありますが、すぐにボロが出てしまいます。



 



養育費が払えないという話もあるので仕事は必要だと思いますけど、お子さん3人のためにも、バラエティーは止めておいたほうがいいのではないでしょうか。





◆関連情報◆



 

 

 

唐田えりかさんと不倫し杏さんと離婚、その後もスキャンダルが続き事務所を解雇された東出昌大さんがツガイについて語り話題になっています。

 

 


Winny [ 東出昌大 ]


楽天で購入

 

 

長いですが、まるっと引用します。

 

 

[以下引用]

役者としての仕事と比例し、それ以外の分野での需要も伸びている東出さん。特に西村博之氏とアフリカを旅した『世界の果てに、ひろゆき置いてきた』(ABEMA)では、牛をさばく姿も話題になった。

 

現在フリーランスで、仕事を取捨選択できる東出さんが、俳優業のみならず、そうした素が見えるバラエティ番組など、自分自身の身をさらす必要のある仕事まで引き受けているのはなぜなのか。

 

「僕にスキャンダルがあって、事務所も辞めてフリーになったというのは動かしようのない過去です。情報としては確かにそのまま。ただ僕としては、家庭内のことが紙面に載って騒ぎ立てられていったのは、そもそも何に需要があったんだろう、と疑念を抱いた時期もありました。  

僕の中の悪を世間に露呈させて、是正しようという動きだったのかなと思うんですけど、でもちょっと待てよと。僕の中に悪があったとして、是正しようとするために、なぜ嘘を書くんだろうと。あとまわりまわって、これって僕の子どものためにはなってないよね、とか」

 

――そうですね。 

 

「結局、好奇の目にさらされて、嘘をつかれて消費されたってことだな、と思う部分もあったんです。いくら身から出たサビとはいえ、です。  

そんな“うーん…”となっている時にも、一緒に仕事をしようよと言ってくれる人や、“東出がそうじゃないって知ってるから”とか、新たに仕事をしようと言ってくれる人たちが、ありがたいことにまだいてくれた。それで一緒にお仕事しましょうとなった。それと同じような方向でバラエティからも話がきたんですけど、そこで消費されるのは簡単ですよね」

 

――消費されるイメージはありますね。

 

「そもそも、僕は生活を売り物にしたいと思ってないわけだし。そうやって消費されるのは簡単だとは思うけど、今まで嘘や、虚像のようにしてもてはやされた頃の成れの果てのように消費されるのは嫌だし。そういったことを正直に話したときに、“そうじゃなくて、人と人として仕事をしましょうよ”と言ってくれるプロデューサーさんからのオファーだったんです。それで、じゃあ、楽しそうだし、やってみようかなと」

 

――結局、人と人ということですね。 「そうですね。あとはまあ、アフリカに行きたかったし(笑)。それでギャラも入るし(笑)。いま僕がその場で何をやったところで迷惑をかける相手もいないので、素でいればいいかと。でもその“素”というのもね、結局嘘だと思うんですよね」

 

――というと、どういうことでしょう? 

 

「アフリカを旅していても、カメラが回っているわけですし、“はじめまして”のひろゆきさんの前で、小学校からの親友の前と同じような過ごし方はしないわけです。何かの皮をかぶっている部分はあるんだけど、でもそれで面白がってくれる人がいて、僕自身も面白かったし、人との出会いもあった。だったらこういうのもいいかなって」

 

――まだ35歳ですが、出会いという選択肢には今後、結婚も含まれてくると思いますか?

 

「いやー、そこはわかんない。今のところはないと思ってますね。こんなに自分のことで手いっぱいの人間には、今のところはないかな。  

ただ、そういえば、人間って、年をとっても野生だなと感じる出来事がありました」

 

――野生、ですか。

 

「中目黒の遊歩道で、ふと目の前を2人で歩いていた老夫婦を見たときに“野生のツガイだな”と思ったんです。人間として生きてきて、道路という人工物の上を、本人たちの自由意思のもとで歩いているこの人たちは、すでに生殖行為もしない老夫婦なのに“ツガイ”として生きているんだなって」

 

――老夫婦の姿に“ツガイ”という野生を見たんですね。

 

「性的嗜好や相手が同性の場合もあるけれど、人間は一生“ツガイ”になりたがるものなんだなと思って。その意味とか、なりたい欲求は、今の僕にはないですけど。ただ田舎に住んでいると、“一人でずっとは大変だよ”っておじいちゃんに言われます(苦笑)。“大事な人は作るべきだよ”って」 

 

――周りの方に心配してもらっているんですね。

 

「ひとりって大変なのかな。将来はそう感じるようになるの? と考えることもありますけどね。先人の言葉も聞き入れるのなら、いつかはできるのかもしれないけれど、でも今はないです」 

[THE CHANGE]

 

 

生殖行為があるかどうかが東出さんにとって大事なポイントなんでしょうか。

 

人が動物と違うのは、関係性を維持するための努力をすることだと思います。

 

人として尊重しあえる間柄であるから、生殖行為がなくても自由意志で一緒にいるのでは。

 

そして、この老夫婦は野生のツガイというよりは、理性的なツガイだと思うんですけどね。

 

たぶん、大小いろんな喧嘩をしてもう嫌だ離婚だと思う事がまったくなかった、という夫婦は稀だと思います。

 

結局、夫婦のことは外からは分からないんですよね。

 

杏さんと東出さんのことがどうかはわかりませんが、完璧な人だからこそ、息苦しかったとか。

 

それに、夫婦に限らず友だち同士のことであっても、同じ出来事を同じこととして受け止めているかはわかりません。

 

まったくそのつもりがなかったことでも相手にはそう理解されて亀裂になっていたとか。

 

そういうすれ違いがあって、東出さんにとっては嘘のように報じられたこともあったかもしれませんけど、わざわざ開いた会見で東出さん自身が口にした、まるで唐田えりかさんの方が好きだったととれるような言葉もあるわけで。

 

でももう3人それぞれ新しく人生をスタートしてるわけですから、東出さんの言う「嘘」が本当はどうだったのかはどうでもいい話です。

 

離婚後1年ほどでできた彼女をロケ先に呼び寄せていたのが嘘でないなら、少なくともそのころまでは東出さんの判断力や役者としての意識に問題があったとは思います。

 

 

「とろけそう♡」東出昌大の新恋人に怪しい動き

 

しかし、人は一面だけではありませんからね。

 

スキャンダルでクビになり、現在は個人事務所で、演技力も後半多少良くなっていたとはいえ高く評価されることなく、はっきり言えば大根代表だった東出さんがなぜ今も仕事が得られているのかというと、まずは現場人気。

 

東出昌大の男性人気が超爆発寸前!文明滅亡の日は近いのか?

 

そしてネットだから、なんでしょうね。

 

東出さんを面白いと思う人がいて、テレビのようにスポンサーを気にしないでいい活躍の場があったら、とりあえずやってみようというくらいの冒険心がある人がいると。

 

双子と年子を抱えた杏さんに対し育児放棄やモラハラ的行動があったと報じられた東出さんが女性に支持されるのは難しいと思います。

 

この先東出さんがどう生きていくかで、最終的に「東出さんの良さ」が勝てばいいですね。

 

そして、しっかり養育費を払って少しでも子どもへの気持ちを示してほしいです。

 

 

◆あれだけ大々的に宣伝してたのに…マジ?

テレビってズルい→ geinou ranking geinou reading

テレビってズルい→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※杏さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

朝ドラ「ちむどんどん」で夫婦役で共演した黒島結菜さんと宮沢氷魚さんが熱愛していると報じられています。

 

 

 

 

 

[以下引用]

「初共演で、それまでは会ったこともなかったそうです。朝ドラは1年ほど撮影が続きますが、黒島さんと宮沢さんとは劇中で結ばれて夫婦となっていますから、特に撮影期間の後半は一緒にいる時間も長く、仲を深めていました。 現場では、“結菜ちゃん”“氷魚くん”と呼び合っていて、カメラが止まっていてもよく一緒にいましたね。食べ物をつまみながら休憩していたり、お互いの写真を撮り合ったりもしていました。2人とも現場が楽しかったようです」(前出・映像制作関係者)

 

撮影当時、この現場の様子を聞いて意外に思ったという芸能関係者の話も聞こえてきた。

 

「黒島さんは、淡々としているというか……。人見知りな性格もあるせいか、共演した俳優とあまり雑談したりはしない印象でした。まだ彼女が10代のころですが、ある恋愛系の作品で、相手役の俳優と休憩中に話しているのをほとんど見なかった、という現場の逸話を聞いたこともありますから」

[女性自身]

 

 

そんな人見知りの黒島さんが宮沢さんとは名前呼びで仲良く過ごしていたとなれば、そりゃ熱愛を邪推されても仕方ないとは思います。

 

さらに、「ちむどんどん」撮影開始頃に黒島さんは2020年に交際が報じられた高良健吾さんと破局し、さらに「ちむどんどん」の悪評に主演として最も矢面に立つ中で、恋人役の宮沢さんがそばで温かく見守っていたなら、そりゃなにかあったかも?

 

でも、根拠に乏しいような…。

 

まず、共通点が多いとかで、二人ともカメラに料理、犬好きだそう。

 

さらに雰囲気も似ていて、2人ともまじめでチャラついたところがないと。

 

そして、昨年11月に、二人は共通の友人宅からそろって車で帰宅するところが撮られているとのこと。

 

共通の知人というは杏さんで、杏さんが一次帰国したときに長男の誕生会を開き、そこに過去共演歴があり友人関係である二人も呼ばれていたということでした。

 

が、それを友人じゃなくて恋人である根拠にするのはかなり無理矢理なのでは。。

 

しかも、同じ女性自身が昨年12月に同じ杏さんの長男の誕生日会のことを報じたときは、宮沢さんと黒島さんが訪れたことにも触れつつ、宮沢さんが杏さんに熱烈アタック中だと報じています。

 

女性自身が報じたことが真実ならば、マジメでチャラついたところがないはずの宮沢さんにチャラ男疑惑が浮上してしまいますが。

 

ちなみに黒島さんの「人見知り」は後天的、または限定的なものかもしれません。

 

以前、共演した小瀧望さんや永瀬廉さんとの仲の良さが話題になったことがありました。

 

 

黒島結菜は共演したジャニタレKと親密だった!現場では「お似合いだね」の声も…

 

それもせいぜい現場の噂や名前で呼ばれてるとかそのレベルの話でしたが、そのレベルでも炎上し、攻撃されていたようです。

 

そうなると、現場で共演者、特にジャニーズと仲良くなるのも面倒だな、となりますよね。

 

◆だって対応を間違えると暴動にも発展しかねないんだもの。

これは大変→ geinou ranking geinou reading

これは大変→ geinou reading geinou ranking

 

 

その点宮沢さんはジャニーズではないですから、黒島さんから壁を作る理由もなく、その上で単にウマが合ったから現場でも打ち解けたのかもしれません。

 

なんにしろ二人は独身ですから、誠実な付き合いなら良いのでは。

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※杏さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

東スポが東出昌大さんにインタビューした記事のタイトルが「東出昌大 離婚騒動の影響はないと断言「『何でそんなこと騒いでるの』っていうこともある」で騒ぎになっています。

 

 


LIGHTS [ 杏 ]


楽天で購入

 

 

現在東出さん主演の映画「とべない風船」が公開中である関係で、プロモーションを兼ねてインタビューを受ける機会が増えています。

 

映画のオファーを受け、撮影を行っていたのは杏さんとの離婚を発表したころと重なるということで…。

 

[以下引用]

その影響について東出は「私生活というのは、みんな紆余曲折があると思う。僕らの仕事、報道の余波を受ける仕事って、僕の生活の本質からズレている。ウソだったり、『みんな、何でそんなこと騒いでるの?』っていうこともある。役者の仕事って、私生活の波長の影響を受けているんだろうけど、ことさらにプライベートが報道されてるからこの作品に支障をきたすとか、逆に好影響を持ってくるってこともない」とキッパリ。

 

宮川監督も「みんなのことを気にかけてくれているし、集中する時は集中していた。座長として引っ張ってくれたと思う」と東出に感謝していた。

[東スポ]

 

これは…

 

日頃の行いがまるで見えない、またはいい話しか聞こえてこない人なら言ってもよかったかもしれませんが、東出さんのような人は、言ってはいけなかったのでは。

 

失言!東出昌大「杏と唐田えりかどちらが好き」の質問に「妻を傷つけることに…」

 

離婚当時はこの作品に集中し良き座長だったということですが、その1年後には、新しくできた恋人を撮影現場に連れてきてイチャイチャして。

 

[文春砲]東出昌大、離婚から1年でもう新恋人!節操のなさに所属事務所も激怒か

 

その節操のなさが原因で、不倫では見放さなかった当時の所属事務所が東出さんを放り出す結果になりました。

 

しかも影響、ありましたよね。

 

桐谷健太さんとのW主演ドラマ「ケイジとケンジ」が割と好調なスタートを切ったのに放送中に東出さんの不倫が報じられた結果、テレ朝お得意のシリーズ化はなくなりましたし、それが別な人とのバディものに変化しましたし。

 

これは気まずい…東出昌大の誕生日スルー!『ケイジとケンジ』現場が寂しすぎる

 

その後地上波ドラマにまるで出演していませんが、これが不倫、離婚騒動の影響ではないというなら原因は、演技が下手だから、ということで良いのでしょうか。

 

東出昌大が干される!原因はスキャンダル以外の理由。

 

臨機応変な対応、言葉選びができないタイプなんでしょう。

 

まあ、映画は観たい人しか観に行きませんからね。

 

結果が出せないとなれば、今後の仕事は難しいでしょうね。

 

 

◆主婦が選んだ不倫芸能人”大嫌い”ランキング!

 トップはもちろんアイツ!→ geinou ranking geinou reading

 トップはもちろんアイツ!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※杏さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー