パンくずリスト
  • ホーム
  • 市川猿之助
タグ:市川猿之助

 

松竹が市川猿之助さんが10月まで休演することを発表しました。

この発表に違和感を唱える声が出ているとか。

 

 

 

 

6月3日に松竹が公式ホームページに発表したのは次の内容です。

 

《市川猿之助につきましては、今なお当局による対応が続いており、さらに、推察される本人の心身の状態に鑑みましても、6月公演に引き続き、その後の出演も困難と判断し、10月までの下記各公演につきましても休演とさせていただきますことを決定いたしましたので、お知らせ申し上げます。》

 

 

[以下引用]

 「段四郎さんと延子さんは死亡しており、猿之助さんは向精神薬中毒による2人の死に深く関与していた可能性も報じられています。6月1日発売の『週刊文春』では、警視庁捜査一課が猿之助さんを自殺幇助罪で逮捕する方針を固めたことが報じられています」(芸能記者)  

 

事件は現在も捜査が進められており、猿之助が殺人罪に問われる可能性も残っている。そんななか、歌舞伎の制作、興行を一手に担う松竹が発表した内容に、SNSでは不安の声が相次いでいる。

 

《この時点で予め休演の発表などは、手回しが良すぎる。或いは、社会的関心に無頓着で非常識》

《警察の捜査も終わらないのに》

《この時点で復帰させる意向というのが怖いですね。》

《猿之助は10月まで休演とかそんな次元の話じゃないんじゃないのか...》

《何で復帰前提なんですかね? 親2人を手にかけたのは事実。お涙頂戴の演出で復帰とかありえないんだが…》

 

「猿之助さんは、2024年2月に新橋演舞場で予定されている『スーパー歌舞伎II 鬼滅の刃』への出演が予定されており、出演が難しい場合も、演出家として復帰する方向で、水面下で調整されていた、との報道もあります。今回、発表されたのは10月までの休演ですが、それ以降のスケジュールは不透明な状況になっています」(同前)  

猿之助の早期復帰を待望する声も大きいが、事件の解明と本人のケアを優先してほしい。

[Flash]

 

 

10月まで休演、と言われたら、そのあと復帰するのかと思いますよね。

 

なぜ「無期限の休演」という発表の形を取らなかったんでしょうか。

 

捜査の結果の正式発表がない現時点で明らかなのは、ご両親が亡くなったこと、猿之助さんも一命をとりとめたもののその危険があったこと、です。

 

猿之助さんが心中をほのめかしたとも報じられていますが、現時点で捜査中で何も結論が出ていない以上、引退に言及することはできないのはわかりますけど、10月なんてあっという間です。

 

なぜ10月、と思ったら、この記事にある2024年2月の「スーパー歌舞伎II 鬼滅の刃」のためなのでしょうか。

 

「出演が難しい場合も、演出家として復帰する」とすれば、10月はあり得る時期かもしれません。

 

しかし本当に、どういう計算なんでしょうね。

 

猿之助さんが刑事で責任を問われるとすれば、嘱託殺人もしくは自殺教唆、自殺ほう助のいずれかと、向精神薬が使用されているなら麻薬及び向精神薬取締法違反だと言われています。

 

嘱託殺人、自殺教唆、自殺ほう助いずれの場合も法定刑は6月以上7年以下の懲役または禁錮です。

 

が、もしもいずれも不起訴になったとしても、二人が亡くなっているのに、10月という具体的な数字を示す意味が理解できません。

 

そういえば七月大歌舞伎の猿之助さんの代役は市川中車、つまり香川照之さんだとか。

 

香川さんは40代に入ってから歌舞伎を始めた割に器用にこなしているとは言われていますし、そもそも「猿之助」の直系は香川さんの方ではありますが、キャリアには大きな差があります。

 

代わる人が他にいないのかもしれませんけど、ここに香川さんを据えることで注目度アップの集客効果アップ、香川さん全面復帰、といろいろ狙っているのでしょう。

 

なんだかんだ言って興行が打てなければ困ってしまうわけですから。

 

いとこのピンチの裏で香川さんは正念場ですね。

 

◆猿之助の恋人がやばい

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※市川団子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

6月16日公開予定だった映画「劇場版 緊急取調室 THE FINAL」の公開延期が1日に発表されました。

この映画は市川猿之助さんがキントリと敵対するラスボス・内閣総理大臣として出演しているため、単なる公開延期では済まず、猿之助さんの出演シーンに代役を立てて撮り直す方針であり、現在代役を探して奔走中なんだとか。

 

 

 

 

猿之助さんは5月18日にご両親とともに自宅で倒れた状態で発見され、ご両親は死亡が確認されました。

 

直前に報じられていた猿之助さんによるセクハラが報じられていたこともあり、現在も捜査が続いています。

 

 

市川猿之助が両親道連れに自殺未遂!?原因はジャニー喜多川を彷彿とさせる性加害スキャンダルか

 

そんな中、映画の製作サイドは公開延期という決断を発表したわけですが…

 

 

[以下引用]

「とりあえず延期としたが、だからといっていつ公開できるかはさっぱり分からない。現在の状況を考えると、とてもこのまま公開できないと判断した。だからといってお蔵入りさせるわけにもいかない。シリーズの最終作であること、そしてすでに10~13億円と言われている製作費を投入している。そこで猿之助の代役を立てて、出演シーンだけを撮り直し、公開を目指す方向で決まりました」(映画関係者)  

 

天海ら共演者のスケジュールを押さえるのだけでも大変だが、それでも撮り直した方が公開に近づく、と判断したということだ。  

 

すでに猿之助の代役探しも始まっている。〝ラスボス〟とあって人気、知名度があり、なおかつ首相役としてふさわしい貫禄ある俳優がリストアップされている。  

 

有力候補は、テレ朝の人気ドラマシリーズ「相棒」で4代目相棒を務めた反町隆史。そして劇場版キントリで監督を務める常廣丈太氏、脚本を担当した井上由美子氏とドラマ「BG~身辺警護人~」(テレ朝系、2018年)でタッグを組んだ経験のある上川隆也の名前が挙がっている。

 

「候補者サイドにはすでに内々で打診している。反町、上川のほかにも唐沢寿明、オダギリジョーらも候補に挙がっており、現在は返事待ちの状態です。まずは代役を決めてから、再撮影のスケジュールを組むので、いつ公開できるかはまだ全く決まってない」(テレ朝関係者)

[東スポ]

 

 

映画では、天海さんが演じる刑事・真壁有希子が、猿之助さん演じる被疑者・総理大臣に事情聴取するシーンが山場の一つとなっていて、これが現実の猿之助さんの状況とリンクすることが「エンタメとして成立しない」と指摘されています。

 

また、状況的に猿之助さんが両親の自殺ほう助で逮捕される可能性もあるため、そのまま公開するのが難しいのは分かります。

 

が、すでに作品としては完成していたのに公開延期、そして代役による撮影し直しはキツイですね。

 

でもお蔵入りするよりはよほどいいのかも。

 

ネットでは、天海さんが研音所属であることから、同じ事務所の唐沢さんか反町さんが最有力候補なのでは、という声が多く上がっています。

 

また、上川さんの悪役が観てみたい、総理大臣という役に反町さんやオダギリジョーさんでは若すぎる、という声も。

 

実際には猿之助さんは47歳。そして反町さん49歳、オダギリさん47歳。さらに上川さんは58歳、唐沢さんに至っては60歳です。

 

猿之助さんが案外年齢の割に貫禄があったことに驚きましたが、年齢だけで言えば、反町さんやオダギリさんもアリですね。

 

以前だったらこういう役は猿之助さんのいとこである香川照之さんの独壇場だったのかも。

 

そういえばオダギリさんは香川さんの不祥事のときに代役を務めてました。

 

今回猿之助さんの代役も、となると、なんだかそういうイメージがつきそうなので、オダギリさんは避けるかもしれません。

 

ただ、東スポは代役説で報じていますが、お蔵入りを報じるメディアもあります。

 

試写会での評判は上々だったというだけに、お蔵入りだけは避けられるといいのですが…

 

状況が難しいですが、猿之助さんは売れっ子でCMも含めて仕事も多かったので、ふつうに考えれば損害賠償がとんでもない額になりそうです。

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※天海祐希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

18日午前、東京都目黒区の歌舞伎役者市川猿之助さん宅で、猿之助さんと両親が倒れているのをマネジャーが見つけ、119番通報したとの報道がありました。

 

3人はすぐに病院に搬送されたものの、ご両親は死亡が確認され、猿之助さんも意識朦朧状態とのこと。

 

自宅の地下からは遺書のような内容の手紙が見つかったとも報じられていますが、実は同日午前にネットメディア「NEWSポストセブン」が、猿之助さんによるセクハラ・パワハラスキャンダルを報じたばかり。

 

それだけに、ネットでは様々な憶測が飛び交っているようで・・

 

 

 

[以下引用]

拒絶という手段に訴えられないのは、一門で絶対的な力を持つリーダーの猿之助と、一門の弟子筋や俳優、スタッフの力関係に理由がある。

 

師匠と弟子、座長と役者・裏方の関係は絶対で、無言の圧力のなかで、間違っても口答えしたりすることはできません。性被害に悩んだ役者も“がまんするしかない”と無言で耐えていたといいます。厳然たる上下関係を感じ、泣き寝入りするしかないんです。澤瀉屋周辺では、そうした猿之助さんの行動は知られた話で、周囲は、“今日は彼が腕枕要員だったんだな”という目で見るばかりだと言います」(劇場関係者)

 

別の劇場関係者が続ける。

 

「劇場のスタッフが、猿之助さんからキスを求められたことがあったそうです。そのスタッフは猿之助さんの公演に携わってきていた人でしたが、キスを拒否した途端、次の公演から担当を外されてしまいました。それがキスを拒絶したことが理由なのかはわかりませんが、周囲はそう理解しています」

 

猿之助の周囲では、そうした証言が後を絶たない。ある澤瀉屋関係者が告白する。

 

「猿之助さんは陽気でチャーミングで洒脱で、“いいお兄さんキャラ”なのはその通りです。ただ、夜にお酒を飲んだ後、2人きりになるのが怖いんです。私の場合はタクシーで手をつなぐのは当たり前で、キスをされたり、下半身を好き勝手にされたりする程度でしたが、周りにはもっと深刻な接触を求められている人もいました。拒否したらどうなるか。舞台で役を与えられなかったり、無視されたり、スタッフなら仕事を取り上げられたり……。狭い世界なので断るのは本当に勇気がいることなんです

 

猿之助のご乱行は、それに留まらない。ある澤瀉屋関係者が明かす。

 

「コロナ禍の前から、誕生日会や新年会、忘年会、公演の打ち上げといった名目で、猿之助さんが主催するパーティーが頻繁に行われていました。参加するのは、澤瀉屋の一門にいる若手の歌舞伎役者や、猿之助さんの興行などに出演する舞台俳優やアクション俳優などです。ただコロナ禍だったこともあり、ここ数年は歌舞伎座近くの名門高級ホテルのスイートルームや、横浜や鎌倉、葉山、河口湖などの隠れ家的な高級ホテルを一棟貸し切ったりして、ドンチャン騒ぎをやっていました。周囲の目がないところで身内ばかりで遊べるので、“淫靡な濃厚接触”がよりエスカレートしたんです

 

そういったパーティーでは、夜が深くなると雰囲気が変わるという。

 

「猿之助さんが“お風呂に入ったら”とすすめることがあり、参加者が複数人で一緒に入浴させられるんです。そのうちに、猿之助さんも酔っ払ってきて一緒に入浴することもありましたし、手を握ったり、体を触ってスキンシップをとったり、キスをするといったことは、平然と行われていました。猿之助さんの周囲では、パワハラにセクハラを上乗せしたような行為が日常茶飯事です。内心ではそれを嫌がっている人もいます。ですが、次の猿之助さんの公演に関わることができるかどうかなど考えると、拒否できないんです」(芸能関係者)

 

ここでもまた、猿之助が興行で持つ大きな「パワー」が厳然と影響をおよぼしているのだ。

 

「一般社会では、絶対に許されませんよ。ですが、猿之助さんはそういった行為が、許されないことだと認識できていないみたいなんです。澤瀉屋のリーダーという立場上、誰も“それはおかしいことだよ”と注意できない。当たり前のように行われ、それがエスカレートして、上下関係で下にあたる人の気持ちをまったく考えられなくなってしまう。まるで“裸の王様”です。もし発覚したら社会的にも、組織のなかでも処罰されるようなことでも、誰にも指摘されないので、猿之助さんは、ある意味で無邪気に“悪気”なくやっているようなんです」(前出・劇場関係者)

[NEWポストセブン]

 

「女性セブン」の記者は、5月15日夜にこの件について猿之助さんを直撃。

 

しかし、記者が名乗ったとたんに不機嫌な表情を浮かべ、「答える義務はありません」とだけ話し去っていったとのこと。

 

そして、女性セブンの発売日の今日、こんな事態になってしまいました。

 

これが無関係だというのも、難しいのでは。

 

猿之助さんは慶應義塾大学文学部国文学専攻を卒業したインテリとしても知られ、過去の暴力問題で活動休止していた香川照之さんはいとこです。

 

香川さんへの猛烈なバッシングを思い、絶望してしまったのかもしれませんが、今回の報道を受けてネットでは、

 

「この人もかよ たまげたなあ」

「この界隈クズしかいないな」

「半沢組壊滅」

「ジャニー喜多川と同じかよ」

「お稚児の存在も正に喜多川とジャニタレとの関係と同じ」

「この時期だとジャニーズの影に隠れて埋没しそう」

「いや、逆に火に油を注ぐことになりそう」

 

など、ジャニー喜多川氏の性加害問題と関連付けた声がたくさん飛び交っています。

 

・・なにか関係あるのでしょうか?

 

性加害問題、なんだかとんでもない展開になってきちゃいましたが・・

 

とりあえず、半沢直樹の続編は本当の本当に消えてしまったようです。。

 

「半沢直樹」続編が完全消滅。堺雅人の独立で今後はテレビから干される可能性も

 

◆2980キロじゃないですよ!



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※市川猿之助さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

俳優の香川照之さんが「市川中車」を襲名し、香川さんの念願だった歌舞伎デビューが果たされました。同時に三代目市川猿之助さんは「市川猿翁」、市川亀治郎さんは「四代目市川猿之助」を襲名しています。

しかし、香川さんのこの歌舞伎入りをおもしろく思わない人もたくさんいるとか。

この襲名ではいったい誰が得をし、誰が損したのか。香川さんは何を狙うのか。週刊女性にまとめてありました。

ranking

※静かなるドンを演じた過去も…

静かなるドン THE MOVIE

静かなるドン THE MOVIE


[関連商品]


この記事の続きを読む