パンくずリスト
  • ホーム
  • 加護亜依
タグ:加護亜依

 

加護亜依さんが先月末にSNSで発信していた韓国旅行の同行者が暴力団関係者であったと報じられています。

 



 

 

 

加護さんは7月31日、インスタグラムに韓国のホテルのプールや網焼き料理など、友人女性との旅行を楽しむ様子を動画で投稿しました。

 

 

 

 

女性同士の旅行と思われたこの韓国旅行だったのですが、実は暴力団関係者が一緒だった、としてFlashに掲載されたのがこちら。

 

 

 

 

加護さんの水着、ビールが一致するので同じ旅行の写真なのがわかります。

 

刺青といい小指といい、パッと見てカタギじゃないのは明らかですね。

 

[以下引用]

暴力団事情に詳しいジャーナリストが写真を見て話す。

 

「右端の男性は、稲川会二次団体の幹部を務めるX氏です。X氏の所属団体は稲川会のなかでも若手が多く、武闘派といわれています。ほかの団体より経済的にも潤っており、勢いがあると評判です。ヤクザ界で “大物” と言っていい人物でしょう」  

 

前出の関係者によれば、加護とX氏は、旅行以前からの知り合いだという。 「今年になって、港区にある飲食店で加護さんとX氏が知り合った縁で今回、一緒に韓国旅行に出かけることになったと聞いています。  

 

人目を警戒したのか、出国時は別行動でしたが、韓国のホテルで落ち合い、写真にいない女性1人を合わせた計5人で過ごしました。カジノも訪れて、ホテル代やカジノでの遊興費などはすべてX氏が負担したと聞いています。  

X氏らと一緒に写っている写真は、ほかにも複数枚あったようで、かなり親密な関係に思えました」  

 

2児の母である加護。育児から解放された時間を大物ヤクザと満喫したというのか。

 

加護のマネジメント担当者に事実確認を求めると、写真を韓国旅行でのものと認めて、こう弁明した。

 

「X氏が暴力団員とは知りませんでした。友人と1泊2日の韓国旅行に行ったところ、ホテルで別の “ママ友” と偶然出会い、そのときに男性2人を紹介されたのが初対面です。  

その後もたまたまホテルのプールサイドで男性らと再会して、ビールを奢ってもらうのと同時に、写真撮影をお願いされて断われませんでした」  

 

初対面を強調するが、その後の旅行中もたびたびX氏らと行動を共にしていたという。

 

「つねに一緒だったというのは事実ではありませんが、カジノで遊ぶ前に男性2人と一緒に30分ほどホルモン料理店で食事をして、空港に移動する際にも、X氏らが手配した車に同乗したと加護は話しています。  

ビールなどを奢ってもらうことはありましたが、旅行のお金をすべて負担してもらったというのは事実ではありません。ホテルや航空券は加護が予約しており、領収書もお見せできます」(同前)  

 

だが結局、領収書を確認することはできず、締切直前には加護の夫から「再回答する」と連絡があったが、期限までに具体的な回答はなかった。  

 

一方、加護は8月19日までにインスタ動画を削除している。  大物ヤクザとの “ごっつぁん旅行” とは、起きる波紋の大きさはミニでは済まなさそうだ。

[Flash]

 

 

加護さんは12歳でデビューするも、未成年での喫煙写真流出がきっかけで表舞台から姿を消しました。

 

その後何度か再浮上するも、当時の交際相手であり、今はすでに離婚した元夫の関係のトラブルで自殺未遂を起こしたりと、なかなか安定しない日々でした。

 

加護亜依の彼が恐喝未遂で逮捕!劣化の原因は男運の悪さ?

 

それが、ここ数年は元モー娘。メンバーたちとも共演を果たし、今年7月には『ぽかぽか』(フジテレビ系)など複数の地上波番組に出演するなどやっと安定してきた感じがあったのですが…。

 

暴力団関係者はマズイですね。

 

写真を頼まれただけ、というのは以前からこういう写真が流出したときの定番で、もしかしたら本当なのかもしれません。

 

実際、女性だけの旅行でコワモテな人につきまとわれたら、短い間だけ、適当に相手をしちゃった方が楽な場合もあるかもしれませんし。

 

でもそれならそれで、きっちり領収書出さないといけないですよね。

 

ありますよ、と言っておきながら出さないとなると、ごまかしてるとしか思えません。

 

領収書が見つからなくても必死でどうにかしないと、反社はダメです。

 

元々加護さんはなんとなくグレーなところにいました。

 

元夫も山口組系組長との関係をちらつかせた恐喝未遂での逮捕歴があったり、薬物疑惑があったり。

 

高部あいは加護亜依と出会い変わった…。二人で薬物使用の過去も。元カレの逮捕は時間の問題だとか

 

DVも報じられた元夫と別れて、今は穏やかそうな人と結婚しているのに、こんな反社男性交じりの旅行、夫は把握していたのでしょうか。

 

この人はいったいどうしたら幸せになるんでしょうね。。

 

 

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※加護亜依さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

1月21日に配信された「藤森慎吾のYoutubeチャンネル」で、加護亜依さんが「W(ダブルユー)」時代のゴシップを明かし、ネットが騒然としています。

 

※20年近く前のお話になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 2005年 辻希美・加護亜衣(W)主演ミュージカル ふしぎ少女探偵 キ...

価格:300円(税込、送料別) (2022/1/23時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

ともに「サウナ好き」という2人は、サウナの中でトークを展開。恋愛についての〝ぶっちゃけトーク〟を期待された加護は「で、本当に話はほんとに名前は伏せないといけないと思うんですけど…え、ほんとに言っていいんですか!?」と前振りし「若い時、すごく芸人さんに口説かれた時があったんですよ」と切り出した。

 

さらに「16歳とか17歳のときに、ちょうど(モー娘を)辞めて辻(希美)ちゃんと『W』してるぐらいに、ある芸人さんのお家に行ったんですよ。○○○の」と話し始め「行ったときに○○○が、『加護ちゃん大好き』って言ってくださって、ずっとメールアドレスを聞かれたっていうエピソードがありました」と実名入りで暴露した。

 

「○○○」の部分はピー音が入り、名前は分からなかったが、藤森は「いやでけぇでけぇ! 名前がでけぇから。俺にはリアクションとれないから」「ごめんなさい、とりあえず今の話は俺は聞かなかったことにしとくわ。なぜなら、怖ぇから」とひたすら狼狽。かなりの〝大物〟であることをうかがわせた。

[東スポ]

 

ということで、エピソード自体は大したことないですが、〇〇〇の部分の名前に対する藤森さんのビビりようが凄かったために、皆さんいろいろと想像してしまったようで。

 

 

TOKIO山口達也 未成年アイドル喰い疑惑 衝撃の舞台裏 (実話ナックルズ) - ナックルズ編集部

TOKIO山口達也 未成年アイドル喰い疑惑 衝撃の舞台裏

[Amazon]

 

 

まあ、ここまでの大物となると限られてきますし、ネットではまずこの人の名前が。

 

 

とんねるず - とんねるず, 石橋貴明, 秋元康, 見岳章, 水谷公生, 高田弘

とんねるず - とんねるず

[Amazon]

 

 

ただ、石橋さんは工藤静香さんやみちょぱさんなどヤンキー系が一番の好みで、ハロプロ系だと後藤真希さん推しだったので違うような。

 

 

変なおじさん【完全版】(新潮文庫) - 志村けん

変なおじさん【完全版】

 

 

志村けんさんと予想する声もありましたが、藤森さんのリアクションはすでに亡くなられている方に対するものではないような気がします。そもそも加護さんも亡くなられた方を、ここで名前出さないですよね。おそらく。

 

ということで、ネットで最も有力視されているのはこの人。

 

 

松紳 - 島田 紳助, 松本 人志

松紳 - 島田 紳助, 松本 人志

 

 

島田紳助さんも名前は出ていました。

 

しかし彼が現役時代に作っていた”喜び組”のメンツをを見れば、好みじゃないことは一目瞭然ですからね。

 

一方、松本人志さんはというと・・

 

まず、ネットでは過去本人がしたと言われる危うい発言が、事実として根強く残ってるんですよね。

 

それに、過去熱愛が報じられた島袋寛子さんも20歳差。加護さんとも24,5歳差で、あれ、顔の系統が似てる、ような・・

 

って、こえー!

 

別の意味でも怖すぎるので、この辺で止めときます。。

 

以上、ネットの声をご紹介しました。

 

※えーっと、加護亜依さん?

かなり別人なのですが…→ geinou ranking geinou reading

かなり別人なのですが…→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆現在の基準だと、「松本!アウトーーー!!」ですよ!

対談後編 - 庵野秀明, 松本人志, 品川ヒロシ, 嶋和也, 金山竜介

対談後編

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※加護亜依さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

加護亜依さんが所属事務所と契約解除となったことで、もしやまた何かやらかしたのでは…と話題になっています。

 

 

 

 

加護亜依の契約解除→契約解消発表 

 

加護亜依さんの所属事務所というと、「娘」と呼ばれるくらい可愛がられてきた自転車の元世界王者・中野浩一氏の妻、中野尚美氏の運営する株式会社アルカンシェル代表です。

 

その中野さんが今回ブログで発表した内容がこちら。

 

[以下引用]

約3ヶ月程前から弊社(株)アルカンシェルと加護亜依はマネージメント提携契約上弊社としては合意出来ない点があり話し合いを重ねて参りました。

 

結果マネージメント提携契約を昨日24日付けで契約解除 基 「契約解消」致しましたことをご報告させて頂きます。

 

かれこれ弊社が窓口になり約4年の間にどうにか加護亜依を以前いた場所に少しは戻せたかな?と思っております。

 

そして今回手を離すことに致しました。苦渋の決断でした。背中を押すことに致しました。

 

今後は女性として母として「人間力、社会性」を更に学び大人としての成長を切に願っております。

[中野尚美さんブログより]

 

 

 

親子とも言える関係で、薬物疑惑時代も支えていたのに…

 

[スポンサーリンク]

 

中野尚美さんのブログを見ると、よく「妹」だの「娘」だの血縁に例える人が出てきはしますが、それでも加護さんの仲は一朝一夕のものではなかったように思います。

 

薬物で逮捕された高部あいさんが変わったきっかけになったという加護さんとの出会いが2010年。

 

高部あいは加護亜依と出会い変わった…。二人で薬物使用の過去も。元カレの逮捕は時間の問題だとか

 

加護さんの一度目の夫の素性が怪しくて、薬物疑惑や裏カジノなど黒い噂が立ち込め自殺未遂を起こしていたのが2011年。

 

 

加護亜依が逮捕される!?安藤陽彦容疑者の裏カジノ疑惑につながる大物芸能人とは…?

 

そんな頃でも見放さず、親子とも言えるような親交を続けてきました。

 

最近の加護さんはかなり落ち着いていて、春には辻希美さんとのユニットも復活するくらいにまでなりました。

 

家族のイベントでは「マジメな性格が垣間見える」とまで言われたきっちりとしたお弁当を作り、公私ともに安定してそうに見えたのに、それでも生じた「マネージメント提携契約上弊社としては合意出来ない点」ってなんでしょうね。

 

「今後は女性として母として『人間力、社会性』を更に学び大人としての成長を切に願っております」という、あえてこの文章に加えられた一文が気になります。

 

 

加護亜依契約解除に対するネットの声

 

[スポンサーリンク]

 

ネットでは、Wの復活で調子に乗って手に負えなくなったのか、反社会的勢力との繋がりか薬物、不倫など、かばいきれない何かがあったのでは、近々週刊誌が何か報じそう、と予測する声が多いです。

 

これは、「今後は女性として母として『人間力、社会性』を更に学び大人としての成長を切に願っております」という点と、過去の加護さんのいろいろを思えば当然出てきてしまう疑惑かと。

 

一方で中野尚美さんも、この契約解除の記事からも片鱗が見えますが、ちょっと変わった人だということもあり、加護さんだけに原因があるわけじゃないのでは、という声も。

 

なんにしろ、どん底で芸能活動どころではなかった加護さんがステージに立てるまでになったのは中野さんの手腕でしょう。

 

しかし加護さんにどこまで需要があるかというと難しいところですし、芸能界はこの先一人でどうにかできるような甘い世界ではないでしょうから、このまままたフェードアウトしていきそう。

 

そのときに、しっかり明るい道を歩いてほしいものですが…

 

◆「加護亜依は毒親育ち」と言われる所以はなに?

これは…ひどい→ geinou ranking geinou reading

これは…ひどい→ geinou reading geinou ranking

 

※加護さんの過去が赤裸々に。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※加護亜依さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

国民的美少女だった高部あいさんの薬物逮捕から約1ヶ月が経ちましたが、未だ周辺の噂が途絶えることはありません。

今週発売の週刊文春によると、高部さんは現在妊娠中であるとのこと。また、加護亜依さんと薬物使用を匂わせるメールをやり取りしていたということで…

ranking

※これは2011年。

[楽天市場]

この記事の続きを読む
カテゴリー