パンくずリスト
  • ホーム
  • 乙武洋匡
タグ:乙武洋匡
[スポンサーリンク]

 

乙武洋匡さんが衆院東京15区補欠選挙に無所属で出馬することを表明しました。

 

 

過去、5股不倫を報じられたことについて反省の言葉を述べながら、「5股ではなく15年の結婚生活で5人」と言い訳になるようなならないような発言をしていますが、本当の問題は不倫ではなくモラハラであったと言われています。

 

 

※障害の有無関係なく、自己肯定感の高さがスゴイ

 

乙武洋匡氏、衆議院選挙に出馬し念願の政治家へ

 

 

[以下引用]

会見序盤、自らタブーに触れた。16年の参院選で自民が目玉候補として擁立を検討していたが、不倫騒動が報じられて断念。この日、乙武氏は「8年前の私の私生活における出来事は恥じ入ること。深く反省している。深くおわびしたい」と改めて謝罪。その上で、「過去は変えられない」「二度と表舞台に出てくるなというのは人生の再起というものを許さない社会になってしまう」と、やや開き直って危機感を口にした。  

 

さらに不倫の詳細も明かした。「『5股』と書かれているが、15年の結婚生活の中で5人ということで『5人同時』ではないです」と細かく訂正した。

[スポーツ報知]

 

 

今月行われる衆院東京15区補欠選挙は、柿沢未途元議員が公職選挙法違反で逮捕されたことに伴い行われるものです。

 

 

現時点で出馬を表明しているのは

 

 

立憲民主党の酒井菜摘氏

日本維新の会の金沢結衣氏

参政党の吉川里奈氏

諸派の飯山陽氏

無所属の須藤元気氏

同区選出の元自民議員で無所属の秋元司氏

 

 

ここに乙武さんが加わりますから、候補者乱立、大混戦、というところでしょう。

 

 

一般的な知名度だけで言うなら乙武さんも須藤元気さんも良い勝負でしょうけれど、それだけで国民の代表が決まるようなら困ります。

 

 

乙武さんは無所属とはいえ「ファーストの会」で副代表を務めているため、「二枚舌」と突っ込まれたりもしています。

 

 

このあたりをどうスッキリさせるのかと、あとは過去のスキャンダルですよね。

 

 

乙武さんは過去の過ちで二度と表舞台に立てないなんて、とおっしゃっていますが、不倫報道後も表舞台にいました。

 

 

あまり被害者意識を表に出さない方がいいような気がします。

 

 

 

乙武洋匡の不倫と、重要な役割を果たしていた古市憲寿

 

乙武さんは5股ではない、15年の結婚生活の中で5人だ、と自らタブーに触れたと話題ですが、正直なところ、5股も5人も大差ありません。

 

 

乙武さんの不倫が大々的に報じられたのは2016年3月の週刊新潮です。

 

 

新潮によると、2015年末にチュニジア、パリ旅行に20代後半の女性を同伴しダミーとして1名の男性を同行させていたとされます。

 

 

お相手の女性は、乙武さんの外出先での介助するスタッフで、事務所に家賃ゼロで寝泊まりしていたそう。

 

 

ダミーとして同行した男性の一人が古市憲寿さんだったことも話題になりました。

 

 

乙武さんの15年5人不倫は一夜限りの関係もカウントされていましたが、新潮が報じたこの女性の仲は長く、2013年に乙武さんが銀座のレストランに入店拒否されツイッターで店名を明らかにした上で批判した時にも一緒にいました。

 

 

 

 

 

なんと報道当時で4年半も続いた関係でしたが、翌年に控えた出馬を前に身辺整理をすることを目的に一緒に旅行したところ、週刊誌に報じられてしまった、ということでした。

 

 

奥さんも謝罪文を出しましたが、それが出馬を前に「消火に必死だな」とさらに炎上。

 

 

奥さん本人が謝罪文を出した背景を語ったところによると、当時子どもが8歳、5歳、1歳で、乙武さんの世話を合わせると子供が4人いるワンオペ状態で、乙武さんの相手をあまりできていなかったと、そういう反省があったとか。

 

 

そのため一度は離婚せず再構築を選んだものの、最終的には離婚しています。

 

 

乙武さんを国会議員として受け入れるのが難しいのは、不倫だけが原因ではありません。

 

 


 

乙武洋匡の離婚の理由は不倫ではなくモラハラだった

 

不倫報道後の離婚ということで、離婚原因は不倫だと思われがちですが、実際には違いました。

 

 

翌年週刊新潮に報じられたところによると、離婚理由はモラハラだったといいます。

 

 

乙武さんは不倫報道後しばらく自宅で謹慎しており、外出ができない代わりに友人を家に呼び元妻・仁美さんにもてなしをさせていたそう。

 

 

当時末っ子が1才だったこともあり、仁美さんが「控えてもらいたい」と言うと「それならお前の両親も呼ぶなよな」と彼女の実両親を出入り禁止にしてしまったといいます。

 

 

しかも乙武さんは仁美さんに子どもたちよりも「俺を優先しろと『命令』」したとか。

 

 

お子さんは8歳、5歳、1歳で、なんでも一人でできるわけではありません。

 

 

習い事や幼稚園の送迎で家を留守にすると、「どれだけ自分が惨めか分かるか」、「俺の面倒を見ないと、障害者虐待防止法で訴えるぞ」と脅したといいます。

 

 

その一方で、乙武さんが『ワイドナショー』に出演したときに、離婚に至った理由を、「まあ、私がしでかしたこと自体は、夫人はずっと前から知っていたことなので」「離れたほうが子どもたちのためっていうのが、やっぱり大きかったのかなあ……」と説明していたことで仁美さんは大きく傷ついたと。

 

 

まず、離婚の経緯を一切他言しないという「守秘義務契約」に違反していること。

 



さらに、乙武さんが話した離婚理由はウソだったということで、契約違反の違約金とウソの弁明を垂れ流した不法行為による精神的損害の賠償を求めて提訴した、同時に不倫相手にも損害賠償請求をした、ということでした。

 

 

ちなみにこの裁判は始まる前に取り下げられました。

 

 

乙武さんが仁美さんの怒りを知り、大慌てて全面降伏したからだと言われています。

 

 

不倫のみならず、こういう理不尽で不誠実な人が国民の代表になろうとしてるんですね。

 

 

どれだけのことを学び、人として成長し、表舞台に出ようとしているんでしょう。

 

 

過去、新宿区長選に始まり出馬表明は何度目か、という乙武さんが、今度こそ政治家の椅子に座ることができるのか、注目です。

 

 

◆関連情報◆

モラハラ常習犯疑惑が浮上!妻・仁美さんの提訴で乙武洋匡が再起不能に

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]
カテゴリー

乙武洋匡さんの元妻・仁美さんが乙武さんと不倫相手を提訴した件で、乙武さんのモラハラぶりが明らかになりつつあります。

 

[スポンサーリンク]

 

 

不倫発覚から離婚当時の乙武夫婦

 

 

昨年3月に週刊新潮が乙武さんがしていた5股の不倫を報じた際、さすがに即離婚かと思いきや、夫婦はそれぞれコメントを出し、今後も家族としてやっていくと宣言しました。

 

 

実際4月に行われた乙武さんの40歳記念誕生パーティーでは仁美さんも参加しきちんと挨拶し、こうやって日常に戻って行くのかと思いきや、程なくして別居が報じられ、9月には離婚。

 

 

11月に乙武さんが『ワイドナショー』に出演し、一度は再構築することになったのに離婚に至った理由を、「まあ、私がしでかしたこと自体は、夫人はずっと前から知っていたことなので」「離れたほうが子どもたちのためっていうのが、やっぱり大きかったのかなあ……」と、妻は不倫を容認しており夫婦仲は問題なかったが、世間からのバッシングがすごいため、子供達を守るため離婚したと説明しました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

五体不満足 (講談社青い鳥文庫) [ 乙武洋匡 ]

価格:723円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)



 

 

 

 

元妻仁美さんが乙武洋匡、不倫相手を提訴した理由

 

しかし、今回仁美さんが乙武さんと不倫相手を訴えたことで、まず仁美さんが不倫を容認していなかったことが明らかになりました。

 

 

また、週刊新潮に掲載された仁美さんの知人の証言によると、仁美さんは乙武さんの『ワイドナショー』での発言で非常に傷ついたといいます。

 

 

まず、離婚の経緯を一切他言しないという「守秘義務契約」に違反していること。

 



さらに、乙武さんが話した離婚理由はウソだったということで、契約違反の違約金とウソの弁明を垂れ流した不法行為による精神的損害の賠償を求めて提訴した、というのが今回の事態です。

 

 

ちなみに不倫相手に求めたのは、不貞行為の損害賠償です。

 

 

当時の報道を思い出しても、不倫相手は軽い気持ちで乙武さんと不倫したようでしたが、不倫って配偶者に損害賠償を求められて当然の行為なんですよね。

 

 

※今井さんも、ね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ココロノウタ 息子と歩んだ4年間、そしてこれから [ 今井絵理子 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)



 

 

 

 

実際の離婚理由はモラハラ

 

 

それでは実際の離婚理由はというと、ズバリ乙武さんのモラハラです。

 

 

『ワイドナショー』で乙武さんが明かしたように、不倫報道後、『ワイドナショー』出演まで、乙武さんは謹慎生活をしていたそう。

 

 

その間、外出ができない代わりに友人を家に呼び仁美さんにもてなしをさせ、当時末っ子が1才だったこともあり、仁美さんが「控えてもらいたい」と言うと「それならお前の両親も呼ぶなよな」と彼女の実両親を出入り禁止にしてしまったといいます。

 

 

当時長男8才、次男5才、長女1才と子供は3人、そして乙武さんも言ってみれば子供のようなものですから、仁美さんは4人をすべて一人で世話することになりました。

 

 

しかも乙武さんは仁美さんに子どもたちよりも「俺を優先しろと『命令』」し、子供も小学生にもなれば習い事もあるでしょうし、幼稚園ならお迎えだのなんだの外出する機会もあったでしょうに、外出すると「どれだけ自分が惨めか分かるか」、「俺の面倒を見ないと、障害者虐待防止法で訴えるぞ」と脅したと週刊新潮は報じ、これらの乙武さんの行為はモラハラだとしています。

 

 

障がい者特有の事情があり、不倫に走ったことは、奥さんは容認はしていなくても、子供3人の世話もあり自分がすべてを受け入れられない以上仕方なかったと自分を納得させたのかもしれません。

 

 

それでもこんなモラハラが事実だったなら、離婚は当然の流れだったということでしょう。

 

 

今年1月に出演したAbemaTVの番組で、乙武さんは「もう浮気はしないですか」と聞かれて「不倫にならないように、もう結婚しないです」、「結婚ってそんなにいいもんじゃない」などと発言し炎上していましたが、仁美さんの気持ちを思うとなんとも言えません。

 

 

もうすぐ日テレの夏の風物詩『24時間テレビ』が放送され、また障がい者にスポットが当てられます。

 

 

乙武さんはいつもこの『24時間テレビ』には物申しており、「障がい者は特別ではない」と主張してきましたが、まさにそうなんだということですね。

 

◆関連情報◆

批判殺到!乙武洋匡が「結婚ってそんなにいいもんじゃない」と発言し「本物のクズ」「嫁と子供のこと考えろ」

 

やっぱりしょうがなかった?乙武洋匡の五人不倫。妻が謝罪文を出した背景とは。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※乙武洋匡さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

 

乙武洋匡さんが、26日に放送されたインターネットテレビ局AbemaTVの「アベマショーゴ ~キテる人フカボリSHOW~」に生出演した際、不倫を繰り返さないために、今後は「結婚しない」と明言、さらに「結婚ってそんなにいいもんじゃない」と発言し、批判が殺到しています。





※自分だけを愛してもダメではないでしょうか[楽天市場]


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分を愛する力 [ 乙武洋匡 ]

価格:820円(税込、送料無料) (2017/1/26時点)

 

 

 

[以下引用]


番組では、ゲストの乙武氏や特別MCの「キングコング」西野亮廣(36)らがユーザーからの悩み相談に答えた。

 

夫の浮気ぐせに悩む主婦に対して昨年“不倫離婚”を経験している乙武氏は「この番組、僕へのあてつけですか」と苦笑い。主婦から「乙武さんはもう浮気はしないですか」と突っ込まれると「不倫にならないように、もう結婚しないです」ときっぱり言い切った。

 

また「2次元男子しか愛せない」という31歳のグラビアアイドルの悩みには「普通の男子を愛そうとする努力よりも、人と比べなくてもいいんだと思う方に寄せていった方がいいのかな。人並みの年齢で結婚して、幸せな家庭を築かなきゃみたいな固定概念さえ捨てちゃえば、すごい楽になるのかな」と真剣にアドバイスした。

 

この意見にゲストたちも感心した様子で、うなずいていたが「今日初めてまともなこと言いますけど、結婚ってそんなにいいもんじゃない」と本音を吐露。この発言に西野は「重いなぁ。説得力あるな」と思わず天を仰いだ。



[東スポ]





「もう浮気はしないですか」と聞かれて「不倫にならないように、もう結婚しないです」と答えるということは、浮気はし続けるということですよね。

 

 

不倫で非難され結果離婚し間近に控えていた政界進出も断念することになり、それでも反省はないということなのでしょうか。

 

 

また、「結婚ってそんなにいいもんじゃない」って、自分の不倫で家庭を壊しておきながらできる発言じゃないのでは。

 

 

ちなみに乙武さんは先日週刊現代に不倫の真相を次のように答えています。



[以下引用]

〈 端的に言うならば、家に帰ることがつらくなってきてしまった。家のなかで自分の居場所を見つけられなくなってしまったということです。

 

たしかに子供が生まれてから、私たちの夫婦関係は一変しました。妻は子育てと私の介助をともに負わなくてはならず、負担は非常に大きいものでした。

 

そんな生活が続いていくなかで、妻が体調を崩してしまうようなこともありました。私の存在が彼女の負担になっているのだと思うと、本当に苦しかった。不甲斐なかった。

 

でも、そうしたこともすべては言い訳です。今回の騒動は、ただただ私の弱さが引き起こしたことです。〉

[週刊現代]





当事者以外が軽々しく言えることではないと思いつつ、奥さんだけでなく乙武さんも大変だったんだろうなとは思います。

 

 

それで他の女性に逃げたのは、乙武さんが言うように乙武さんが弱かったのでしょう。

 

 

こうやって家庭が壊れていったという自覚があるのに、「結婚ってそんなにいいもんじゃない」って、ずっとすべてを世話してきた奥さんに失礼だと思わないのでしょうか。

 

 

これを聞いた奥さんや子供の気持ち、考えたのでしょうか。

 

 

奥さんこそ、結婚ってそんなにいいもんじゃないと言いたいのでは。

 

 

乙武さんの視点は独特でなるほどと思うことも多かったですが、こんな発言を公の場でしたのは非常に残念です。

 



ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



 

[スポンサーリンク]
カテゴリー

先週発覚した乙武洋匡さんの5人を相手にした浮気について、乙武さんと共に妻・仁美さんが謝罪したことについて批判の声があがっていましたが、今週発売の週刊文春に仁美さんがした独占告白を見ると、乙武さんの友人たちが「彼は特別だから目をつぶろうよ」と援護するのも仕方ないと思わざるをえないような…

 

 

※自らが肉食系であることは告白済み



五体不満足完全版 [ 乙武洋匡 ]

五体不満足完全版 [ 乙武洋匡 ]

価格:555円(税込、送料込)

[楽天市場]




週刊文春が妻・仁美さんに取材を申し込んだところ、不倫については昨年から長い時間をかけて話し合いをしてきて、夫婦で乗り越えようと決めた矢先の報道だったこと、仁美さんが取材を受けることはできないことを述べた上で、先日の謝罪コメントについて言葉足らずだった点のみ説明させてください、ということで、メールにて取材がなされています。

 

 

乙武さんと仁美さんは、乙武さんが21歳、仁美さんが18歳、『五体不満足』が出版される前に共に在籍していた早稲田大学で出会い、3年半ほど交際した頃に乙武さんの父親が肝臓がんで余命いくばくもない状況になったことから結婚を決意したといいます。

 

 

当時、乙武さんは24歳。仁美さんは22歳でした。



[以下引用]

 

乙武氏との新婚生活を仁美さんはこう綴る。

 

「多くの方は、乙武は自分ひとりで何でも出来ると思っているようですが、彼は一種一級障がい者です。22歳で結婚した時、彼と暮らす事の難しさを理解していたつもりではいましたが、実際、自宅のドアも開けることの出来ない彼との生活は、決して楽なものではありませんでした

 

乙武氏は原因不明の「先天性四肢切断」という両腕両足がない障害を持って産まれた。彼が認定を受けた「一種一級」は、身体障害の中で最重度である。乙武氏の知人が語る。

 

「乙武氏は仁美さんと結婚の話になった時、仁美さんに『僕はトイレに行っても、自分でお尻を拭けないんだよ。君に毎回拭いてもらわないといけない。それでも大丈夫?』と聞きました。その時仁美さんは『私、犬を飼ったことがあるから大丈夫』と応じたそうです」

[週刊文春]

 



この部分を昨日のうちに「最初、奥さんは乙武さんとの結婚の話になったとき「犬を飼ったこともあるし大丈夫」みたいな気持ちだったそうです」とまとめた記事がありました。

 

 【衝撃】乙武の妻が週刊文春に激白! 夫の世話から逃げたかったことが判明

 

犬を例に出したのは確かにいい印象はありませんが、“「犬を飼ったこともあるし大丈夫」みたいな気持ちだった”とは一言も書いてないんですけどね。

 

 

仁美さんは大変可愛らしい外見ですが小さな頃から人付き合いが苦手で、早稲田大学法学部に入学し司法試験に向けて勉強していたのも、「私のような人間が、結婚してだれかと暮らしていくことなど考えられない。長い人生、どうせひとりで生きていくことになるのだから、しっかりとした収入を得られる仕事につこう」という理由からだったとか。

 

 

こういうところからも仁美さんの性格がちょっと垣間見えますかね。

 

 

そんな二人の結婚生活は、想像以上に大変だったようです。



[以下引用]

夫婦生活では、08年に誕生した8歳の長男の下に、5歳の次男、1歳の長女と、3人の子宝に恵まれた。

 

「ただ、仁美さんは両親や乙武氏の母に頼ることなく、一人で子育てをしています。乙武氏はおむつ替えなどの育児に関わることができない。仁美さんにとっては子供を四人抱えているようなものです」(関係者)

 

仁美さんはその思いをこう吐露する。

 

子どもが生まれてからは、私自身が子育てに精一杯で、心身ともに疲れきっており、主人の世話から少しでも解放される時間が欲しいと思ったのは事実でした

 

加えて、夫婦にはもう一つ問題があった。

 

「乙武氏の欲です。普通の男性は、欲が高まれば自分で処理することが出来ます。ところが、乙武氏は物理的に不可能で、その処理を他人に求めるしかない。まだ学生の頃、女性に積極的に声をかける乙武氏を知人がたしなめると、そうした事情を告白しながら『そんな僕の気持ちが、あなたにわかりますか』と涙ながらに訴えたこともあったそうです」(前出・関係者)

 

乙武氏は、〈デート中でも、いいオンナには視線を奪われるスケベじじい〉(『五体不満足 完全版』)と自ら認める“肉食系”だ。

 

昨年、乙武氏と食事をした女性が明かす。

 

「イタリアンに誘われました。ご飯を食べ終わった後に、物欲しそうな顔で、『この後、時間ある?』と、ホテルに誘われました。私はもちろん断りましたが、私の知人も、グイグイ誘われたと話していました」

 

ただ、妻からすれば、

 

「子育てで疲れ切ったところに、夜遅く帰ってきて、夫の世話や“夜の営み”を求められても体力が持たない」(前出・関係者)

 

そこで、仁美さんは乙武氏にあるお願いをした。

 

「子どもは朝が早いので、午後10時を過ぎたら、スタッフのいる事務所に泊まって欲しいとお願いしていたのは私の方です」

[週刊文春]





ここまで読んで、個人的には乙武さんが不倫したのは仕方がなかったように思えてきました。

 

 

そうは言っても、仁美さんは育児が落ち着くまでの間だけでも、家の中で育児または介助を助けてくれる人を雇うなどしてもよかったと思いますし、乙武さんは自分で処理できないということに甘えすぎていたようにも思いますけどね。

 

 

ちなみに今回週刊新潮が報じた不倫相手は、乙武さんを外で介助するスタッフだったとか。

 

 

で、その女性は家賃なしで事務所に住んでおり、2013年に乙武さんが銀座のレストランに入店拒否されツイッターで店名を明らかにした上で批判した時にも一緒にいたとのこと。

 

 

また、乙武さんは彼女の存在を隠そうとしておらず、小泉進次郎議員と会った時も不倫相手を「僕の彼女です」と紹介し周囲を慌てさせたんだとか。

 

 

今回の不倫騒動で参院選への出馬を断念したと報じられていますが、乙武さんは2014年にも新宿区長選に出馬するつもりでいろいろ準備していたものの、「女に関する記事が出るのが怖い」と漏らし、最終的に出馬を見送ったそうですが、自ら隠していないんだから、これまで出なかったのが不思議ですよね。

 

 

奥さんが昨年から不倫について乙武さんと話し合ったというのも、参院選へ出馬するにあたり過去を精算するために仁美さんに洗いざらい伝えた結果だったといいます。

 

 

週刊新潮にの記事になったチュニジア・パリ旅行はけじめが目的だったといいますが、その最後の旅行が大々的に報じられたのも因果なものですね。

 

 

仁美さんは乙武さんの行動は社会的に許されるべきものではなく、仁美さんにとっても許しがたいものだったとした上で原因の一端は自分にもあると反省していると述べています。

 

 

そして、「世間が叩く以上に、すでに私が主人を叩けるだけ叩いておりますので、どうか許してやって下さい。子どもたちはまだ小さいですし、これ以上はご容赦ください。心からお願いします。本当に申し訳ございません」と話していました。

 



突き詰めれば川谷絵音さんの「正直内輪での話だからみんな関係ないじゃん」と同じようなことを言っているのですが、言い方ってありますね。

 

 

 川谷絵音がライブのMCで「世間の誰に謝ればいいの?」

 

 

とにかく仁美さんの謝罪文はこういった反省があったために、周囲に反対されたものの仁美さんの意思で出したものだったそうです。

 

 

それでもネットには「イメージ回復に必死だな」、なんて言葉もありますが…

 

 

なんにしろ、乙武さんは政治的に実現したいこともあったでしょうに、不倫発覚でひとまず遠のきました。

 

そこにがっかりするひともいるでしょうね。





◆関連情報◆

乙武洋匡の不倫の言い訳がゲス過ぎる…今回の旅行は政界進出前の身辺整理が目的だった

 

 

[スポンサーリンク]